« 高島彩アナ卒業後のフジテレビ朝の顔について考える! | トップページ | ラ☆ゴリスターズを観るbyアメトーク »

フジテレビ新ドラマ枠「日9」について考える!

今回は以前から言われていたフジテレビの日曜9時ドラマ枠新設についてです。

さてさて日曜日のドラマ枠と言えばTBSの日曜劇場枠、フジテレビは31年ぶりにこの枠でドラマを放送するそうですが

なんでドラマ枠を増やしたのか考えてみようかなと今回は

そもそも今現在ドラマの視聴率が悪くただ単に予算を使っているだけにしか見えないのですがフジテレビは一体どういう勝算があって日曜日に放送するのか不思議でなりません。

フジテレビ側としては記事抜粋です。

約30年間、同枠で「花王名人劇場」などバラエティー番組を放送してきたフジは、「家族が一緒にテレビを見ることができる最高の時間帯。フジテレビが誇るドラマ制作力を駆使して、最高のドラマを送りたい」とのこと。

うーん中途半端なつぶしあいにしかならない気がするのは僕だけでしょうか?

一応過去3年分の日曜劇場のドラマと平均視聴率を見て行きたいと思います。

08年1月~3月から順に「佐々木夫妻の仁義なき戦い」11.07%、「猟奇的な彼女」8.31%、「tomorrow」12.73%、「SCANDAL」13.12%、09年「本日も晴れ。異常なし」8.30%、「ぼくの妹」8.01%、「官僚たちの夏」9.05%、「JIN-仁-」19.02%、「特上カバチ」9.38%、「新参者」15.22%そして今現在が「GM 踊れドクター」10.89%という感じです。

とですね。あまり視聴率がよろしくないんですねこの枠はたまたま09年の「JIN-仁-」と10年「新参者」の平均が15%オーバー、「JIN-仁-」にいたっては最終回の視聴率が25.3%というトンでもない数字を叩き出しました。

この枠の特徴としてはジャニーズ主演ドラマが非常に多いという傾向もあります。08年から現在までは4本、08年から11本のドラマが制作されそのうち4本がジャニーズ、そしてジャニーズを主演に起用したドラマは木村くん以外大抵は外すという恐るべき枠、だからといってジャニーズ勢以外が主演の時も両極端という傾向もあります。

そんなTBSも実際は順調ではないと思われるドラマ枠にフジテレビがぶつけるドラマが、テレビ局報道記者の奮闘と成長を描いた「パーフェクト・リポート」http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/100826-i009.html、主演は松雪泰子さん、共演には相武紗季ちゃんや小出恵介さん

新枠の初代主演に抜てきされた松雪さんは「本当に光栄。報道の世界を演じるのは、私にとって未知の領域ですが、よりリアルに人間臭く演じられたら」と誓った。

ということですが、では裏のTBSはどういう布陣で挑むのかということですが

TBSは小栗旬くん主演の「獣医ドリトル」http://www.tbs.co.jp/jyuui-dolittle/共演は井上真央ちゃん、成宮寛貴さん。原作は夏緑作、ちくやまきよし画の人気コミック、脚本は「華麗なる一族」の橋本裕志さん、演出は「花より男子」の石井康晴さんというマンガ原作、TBSのヒットドラマの脚本と演出を起用とフジテレビを向かい撃つ体勢が出来ております。

とどちらも強力な布陣で対決をすることになり非常に楽しみです。

ですが上にも書いたとおりただのつぶしあいになりそうな気がして平均視聴率15%オーバーが今後生まれるのかなと不安もあります。

フジテレビとしては月9、木10というドラマ枠がここ最近低迷しているため今回の日9で新たなドラマ枠と築き上げたいところ、TBS側としてはフジテレビに負けまいと今後強力なドラマを製作するためより一層力をいれるということに

まあ僕としては面白いドラマを製作してくれればそれで良いです。

ということでフジテレビの新ドラマ枠「日9」一体どうなるのか10月を楽しみに待ちたいと思います。

終わり!

|

« 高島彩アナ卒業後のフジテレビ朝の顔について考える! | トップページ | ラ☆ゴリスターズを観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213910/49258896

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ新ドラマ枠「日9」について考える!:

« 高島彩アナ卒業後のフジテレビ朝の顔について考える! | トップページ | ラ☆ゴリスターズを観るbyアメトーク »