« 10~12月クールのドラマの視聴率について考える! | トップページ | 中島美嘉の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

第23回東京国際映画祭のグリーンカーペットを観て来ました!

さて本日は去年に引き続き東京国際映画際のグリーンカーペットを観てきたのでそのことについて

とにかくミーハーな僕ですが今回に関しては観たい人が限られていたので早目に切り上げました。

まずはグリーンアンバサダーを務める、モデルの杏さんと本日めでたく東山紀之さんと結婚した木村佳乃さんが登場、まあ杏ちゃんのスタイルの良さは以前、表参道ですれ違ったことがありますがやっぱりハンパないです。

次にインパクトがあったのが12月公開、今回はたしか25分のみの映像公開である「TRON:LEGASY」の一行、今回グリーンカーペットに現れたのがギャレッド・ヘドランドさんとオリヴィア・ワイルドさんそして、多分監督だと思うのですがジョセフ・コシンスキーさん、その後ろに映画の衣装に身を包んだトロン部隊という構成、流石はハリウッドスターならではのファンサービスで沿道のファンにサイン書きまくり、だが僕は主演とヒロインよりもトロン部隊にいたストレートへアー美女に夢中でした。あのこの正体は一体?

ハリウッドスターもいいですが今回実は一番見たかった方が「百夜行」http://byakuyako.gaga.ne.jp/に出演した堀北真希ちゃん、若手の女優さん例えば、北川景子ちゃん、長澤まさみちゃん、新垣結衣ちゃんなどは何度も観ておりますが実は堀北真希ちゃんが今回初めて、あんなにカワイイとは思いませんした。他にも高良健吾くんや船越英一郎さんなど豪華面々でした。

「チェブラーシカ」http://www.cheb-project.com/の大橋のぞみちゃんも可愛いかったですが一番可愛かったのは間違いなく「怪盗グルー月泥棒」の吹き替えを務めた芦田愛菜ちゃん

N0027853_l

この可愛さはヤバイです。以前、おしゃれイズムに出演したさいも記事として取り上げましたが、生で見るとホントかわいい!15年後みたいなーどんだけ可愛くなっていることやら

そんな愛菜ちゃんと一緒にグリーンカーペットを歩いた笑福亭鶴瓶師匠も最高でしたね。もうテレビで観るままの人柄の良さ、今回は悪瓶の方は顔を見せなかったですが、本当にイイ人、沿道の我々のサインや握手にもきちんと応えてくれてなおかつ、立ち入り禁止エリアのお客さんにまで気を使って握手をしようとしてスタッフに止められる姿を観ると師匠は本当に最高の男だと思いましたね。愛菜ちゃんのサインする姿も超可愛かったです。

他にも「ふたたび swing me again」の日本映画界の宝とも言える俳優陣の数々、僕は俳優ではありませんが渡辺貞夫さんを観ることが出来たのが嬉しかったですね、あんな風に年をとりたい渋すぎる!

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢ちゃん可愛かったなーhttp://star-studio.jp/aya/、同じ北海道出身のため頑張って欲しいものです。

そして僕のヒーロー好き精神をもろに掴んだのが「牙狼<GARO>~RED REQUIEM~」http://www.garo-3dmovie.jp/index.htmlの面々、牙狼のコスチュームあれカッコよかった~~~、シビれましたね。

この方々が僕の中で印象に残った方々であります。実際今回は日本の映画に関しては昨年よりは豪華でなかった印象です。

もう海外スターがまったくわからなくてですねー、ただキレー、カッコいい~という感想しかもてませんでした。だって顔がまったくわからん。アジア系の俳優さんを特に勉強しなくてはと反省しました。

とりえず僕は用があったため16時ぐらいまでしか観ることが出来ませんでしたが、来年はベストポジションで見たいですね。ミーハー精神を強く発揮したいと考えます。

まあ後は六本木ヒルズに行くと必ず寄る「ル ショコラ ド アッシュ」http://www.lcdh.jp/index.htmlでウィークエンドショコラというパウンドケーキを購入した感じです。

という感じで、昨年に引き続きグリーンカーペットについてでした。

終わり!

|

« 10~12月クールのドラマの視聴率について考える! | トップページ | 中島美嘉の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事