« 千原ジュニアの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 平野綾ちゃん出演のピカルの定理を観る! パート2 »

有吉先生のタレント進路相談2を観るbyロンドンハーツ

さて本日は8月に第1回が相談された恐るべき有吉先生の進路相談、そのパート2が本日放送されたのでそのことについて

有吉先生の的を得た発言が非常に爽快でした。

では観ていきましょう。

今回のターゲットは小森純、さとう珠緒、JOY、にしおかすみこ、保田圭の面々、前回同様何も企画を聞かされていない獲物を狙う有吉先生の姿がそこにはありました。

そんな中企画を知らされた一同絶句。そしてマネージャーの登場の運びに

1人目の進路相談は保田圭と鬼高マネージャーです。

まずは保田さんの過去の活躍のVTR、モーニング娘。の第2期生として活躍し同期は矢口と市井の2人。01年にはサブリーダー、03年に卒業。その後はバラエティやドラマを中心に活躍し現在は舞台女優の道へ

そのVTRを見た有吉先生は、モーニング娘。の曲はあなたの曲ではないとキツイ一言。

マネージャーの展望は近年はメディアの露出が少ないが、舞台女優の星にすべく売り出し中、今年は7本の舞台に出演し歌が好きなのでミュージカル出演も考えている

有吉先生は1:力のある方が出演と2:仕事が無いヤツをねじ込むの2パターンが舞台出演にはあり、安田さんは2のパターン。

保田圭になってもらいたい目標は大地真央さん。先生曰く大地さんはおキレイ、だがハロプロにいた保田さんですがタレントの中では決してキレイではない、それが個性。

同期の矢口さんからのメッセージでは歌が上手い。後輩メンバーに優しい。「最近どう?」が口癖。悩み事を解決してくれる(笑)というコバカにしたメッセージを観た後は有吉先生は

保田さんみたいな立場の人は後輩に気を遣わせるので聞いてはいけない。相談を解決出来るのか?あなたが一番危ない。

ここで保田さんは飽きっぽく、モノを揃えても長続きしない唯一続いているのがカメラで、その写真を有料会員に配信しているそうですがダウンロードされている?と聞くと23人ぐらいとマネージャーが一言。

そんな保田さんに最終判断ですが、後輩の面倒見もいいし慕われているのであればハロプロの寮のオバさん。寮母さんになって後輩達を盗撮していればいい。

2人目の相談者は小森純さんと野村マネ

今はマルチな活躍をしてテレビでは観ない日はない人気者だが一通りバラエティに出演したのでこれからの2週目が大事

マネとしては元彼の話やスッピンなどいろいろぶっちゃけて来て売れたがこの先が不安、純ちゃん自身もこの先が不安で、テレビに出た時に「誰でも1週は出来る」と言われたが、最悪カリスマモデルなのでモデルに戻ればいいと思っている

だがこの発言に有吉先生は事務所にカリスマが多すぎ、デコレーションのカリスマきらきら☆きん。お姉系ギャルのカリスマLie。他にもカリスマブロガーてんちむ。これは完全にカリスマ詐欺、何でもつけちゃう、名前が知れていないから付ければいいと思っている。

有吉先生は最初出てきたときにコレほど人気者になるとは思わなかった、ただのブスが出てきたと思っていたので非常に素晴らしい。小森さんはブス!

マネとしては今後はマルチモデルとして活躍をさせたい。だが有吉先生はマルチモデルというありもしない言葉を考えて誤魔化すのは辞めなさい。だが目指す人物像としては久本雅美さん。

ここで有吉先生がマネとエッチした?と聞くと、去年、告白されたと爆弾発言。告白した理由は意外と可愛かったから、告白場所は恵比寿、だが断られた3ヵ月後にリベンジしてきたそうです。2回目は渋谷とのこと。

そんな小森純さんへの最終判断ですが、マネージャーとお付き合いを、そこが一番の幸せへの近道、そしてアドバイスはぶっちゃけのスタイルもいいが上と下、どっちかは固く。

3人目の相談者はさとう珠緒さん

96年に初代ミニスカポリス、以降は競馬番組や王様のブランチ、その後はブリっ子キャラで引っ張りだこ、現在は映画や舞台に活躍している。

まずは真剣に舞台、それとも仕事を埋めるためどっち?これは後者の部分が多い。舞台は今年4本出演しハマってきてはいるので女優の道をすすで行きたいそうです。

だがここで有吉先生は本日は何キャラ?と聞くと普通と言うと、ブリブリしているキャラは小倉優子さんとのキャラ戦争で負けたので捨てる必要がある。

マネの展望は歴史とか色々勉強してもらってNHKの大河や時代劇に挑戦して欲しい。女優として頑張って欲しい。目標は大竹しのぶさんちょっと似た部分もある

この発言に大竹しのぶさんもナメられたもんですねと有吉先生がご立腹。

ここで結婚しては?と聞くとチャンスがあればいつでもウェルカム。今まで噂もチョイチョイ、マネとしても恋愛はOKで毒舌キャラも出して欲しい、普段は物事をハッキリ言うタイプで週刊大衆でもコラムをしているそうです

そこでは台湾で男性に襲われそうになったことも、ここで有吉先生が何かを隠しているなら出せ、腹を割って話せと、マネとしては第2のマツコ・デラックスとしても充分やっていけるほどの毒舌は持っているというも、当の本人は人のいいところを見つけることが特技とウソをついたため、ずっとキャラを被ってろと先生

そんなさとう珠緒さんへの最終判断ですが、タレントはウソをついて生きているが全てウソで固められるとどうしていいかわからない、だから「結婚詐欺で捕まるぞ」

4人目の相談者はJOYと中居マネージャー

高校生の時にモデル活動開始、メンズエッグで7年間トップモデルとして活躍、今はバラエティ番組で人気者に、1月には歌手デビュー、今年、最もブレイクしたタレントの一人。

そんな順調なJOYですがバラエティも一通り1周したので不安でちょっとビビってる。マネとしては番組のMCや歌手としてソロ活動などもさせたい。JOYとしては2、3日で適当に考えたいと発言するが、その発言に薄っぺらい笑いをやるな!と説教

マネとしては目標はユースケ・サンタマリアさんや高田純次さん。

お笑いも好きなJOYはM-1に2回出場し1回戦で敗退、そのVTRを見た有吉先生は笑いのセンスゼロと、だがJOYもそれで気づいたそうです笑いはダメだと、お笑いの人に失礼それで嫌われるのもイヤだしと長々と話すJOYに先生はお喋りが過ぎるな!とまたまた説教

有吉先生はJOYは臆病者、今は震えているそうでここで何が一番不安?と聞くと、自分は何なのか?わからない。だが世間もいったい何なんだと思ってみているが今は1周回って結論として、ただのでくのぼうだと思っている。なのでこのままでは露出が減る

あと気になるところはユージや中野裕太などの類似タレントが多いので厳しいだろうと、そのため今後差別化を図る必要がある。だがここでJOYが有吉先生の発言は世間一般と言う言葉を使ってそれを押し付けようとしているその態度は自分を守っていると突っかかると先生は、そんな展開はいらねぇと一蹴されてしまいました。

そんなJOYへの最終判断ですが、1つは来年消えるといったのは申し訳ない再来年、消えます。

最後の相談者はにしおかすみこと阿萬マネージャー

94年太田プロからデビュー、02年にワタナベエンターテイメントへ、そこでコンビを組むも3年で解散、その後紆余曲折アリSMの女王様キャラでブレイク。抜群の運動神経・高学歴で調理師免許も持っている、現在も舞台などで幅広く活躍中

舞台はこの間主演、この舞台の出演は仕事の穴埋めのため

マネの展望は舞台や、35歳なのでワイドショーのコメンテーターや美容関係の仕事もさせていきたい。だがお笑いの路線は?という状態に

現状は毎日が充実していて楽しい、前より明るく生きている。格付けの07年当りはボロボロだったそうですが26時間テレビのさんま師匠の絡みの失敗も痛いところ。

26時間テレビでのテンパリ、深夜にさんま師匠の前で泣く。これを避けては通れない。ここで阿萬さんの本音を聞くと26時間テレビの失敗は大きかった。それを受け止めて次に進もうと一致団結した。そのことは本人が消したい過去にしている。

だが有吉先生は芸人は黒歴史も笑いに変えなくてはいけない。結婚は?本人のためにいい、マネとしても結婚して欲しい。

だがにしおか本人は結婚したいとテレビでは言うが結婚願望なし。結婚したいという言葉はテレビ的なコメントとして使っている。だがここで仕事が来ればいいというスタンスでウソを言っているが結婚しませんかという企画に呼ばれた際に断れなくなりまた号泣するぞと一言。

今一番人生で力を入れているのは全部、もらった仕事は100で望みたい。だがこの発言に真面目、悪いところもないが何で好かれない?だれも好きではないと

そんなにしおかすみこさんへの最終判断ですが、SMキャラが強いのでキャンドル・ジュンに便乗してキャンドルすみこになる。もう一つはあなたの活かし方がわからない、ロンドンハーツのスタッフじゃ活かせないのでエンタの復活を待つ

キャンドルすみこでエンタ待ちという結論

最後に一番問題ありの赤点者の発表ですが今回はにしおかすみこさん。挽回のチャンスとしてSMのネタを披露、それに巻き込まれた有吉先生は大怪我をしていました。

という感じ終わった今回ですが、非常に有吉先生的を得ていましたね、流石は地獄を見た男です。

今回で非常に勉強になったのが、舞台出演へ路線を変更したタレントの見方ですかね。有吉先生曰く、1:力のある方が出演と2:仕事が無いヤツをねじ込むの2つ。

これは非常に面白いかなと感じましたね、たしかに今回5人中3人が舞台へ進路変更している感じで、僕としては今までは上手いこと女優へのシフトが出来ているなーと思っておりましたが、舞台の出演は仕事が無いヤツをねじ込むという考え方もあるのかと、一概に仕事が無いからというのは失礼ですがたしかに舞台の場合は1つの役を数人で演じるパターンがあったりするのでスケジュール調整はつきやすいかもしれません。

この考え方は今後テレビを観る上で面白い考えとして自分の中に持っておきたいと思います。最近テレビで観なくなった?あの人何してるのかなーという人は舞台に出てるという考え方です。

流石有吉先生!観ているところが違います。

さてそんな有吉先生にイジられたモデルの2人。一通りバラエティに出演するということはその後呼ばれるか否か?という重要な局面に立たされているということもわかりました。なにせ同じように2人とも今後が不安がっていましたから

よく考えれば一時異常なほどテレビに出演していた人が年を越えて一切見なくなるパターンは何度もありましたからね。この2人の来年の動向に期待です。

そして誰かがいって欲しいと思っていた、カリスマが多すぎ、カリスマ詐欺。有吉先生スッキリしました誰も知らないからと言ってカリスマとつければ良いわけではない。ごもっともです。

ということで有吉先生の進路相談面白かったです。

終わり!

|

« 千原ジュニアの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 平野綾ちゃん出演のピカルの定理を観る! パート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事