« シルベスター・スタローンの素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | ミッツ・マングローブの素顔に迫るbyしゃべくり007スペシャル »

渡部陽一の素顔に迫るbyしゃべくり007スペシャル

さて本日はしゃべくり007スペシャルということでマズはこの方を観て行きたいと思います。

それは戦場カメラマンではありますがバラエティに引っ張りだこのカメラマンの渡部陽一さんです。渡部さんを初めてテレビで観た時からそのキャラクターに注目してきた僕ですが、今回しゃべくりメンバーとどのような化学反応を起こすのか楽しみに観ていました。

では観ていきましょう。

まずは登場した渡部さんですが名倉さんは何故か腰が抜けてしまった模様、上田さんは毎日テレビに出ているから戦場にいってないのでは?と聞くとアフガニスタンで取材をしていたそうです。そんな渡部さんに対して有田さんはがっかりだと失礼なことを言っていました。

オープニングトークも終わりいよいよ渡部さんの素顔に迫ります。

過酷な戦場に行っている渡部さんですがバラエティに出演することは不思議な実感だとのこと、ここまで人気が出るとは思わなかったので不思議な2010年だと、様々な職業の法則ということをある番組で報告したら電話が掛かってきてスタジオに行ったことから今日に繋がったそうです。

渡部さんが早口になったり驚いたりすることは?と聞くとないとキッパリ、だが有田さんはプライベートは普通では?と、

ホリケンさんが歌を歌うとどうなる?と聞くとSPEEDの歌を歌ったことがあるとのことで歌声が披露されましたがまったくスピード感もない別の唄になっていました。

現在38歳の渡部さんですがしゃべくりメンバーとほぼ同世代、ハマったドラマは「東京ラブストーリー」、最初に買ったレコードは「TMネットワーク」の「Get wild」、だがテンポが速いので歌えないそうです。

こんかいはそんな渡部さんを迎えて渡部陽一のなぞの私生活プロフィールです。

生年月日:1972年9月1日、静岡県、A型、少年時代は魚釣りばかりしている魚と共に育ってきたそうです。小さい頃は魚博士とも言われていたとの事。

戦場カメラマンになったキッカケは中学生の時に観たビールのCM、空港の中を1人の男性がペンとノートを持って走り回っていてその人がビールを飲んでいる右下に「国際ジャーナリスト」と書かれていたことから目指すようになったそうだが

ここで有田さんがAVは観ます?と聞くと観ますとゆっくりのテンポで

話がズレましたがプロフィールに戻ります。

経歴ですが93年:大学時代にアフリカに行く、2000年:ソマリア内戦を取材、04年:イラク戦争で米軍従軍取材を経験、06年:レバノン紛争を取材、09年:結婚、10年:長男「世海」と名づける。

取材で訪れた国は18年で130カ国以上、写真の撮影枚数は100万枚以上。その中のベストショットを今回は披露してくれました。その写真はイラク・バクダットでの撮影、1日500人が様々な事件でなくなる中、アメリカ軍が自分の子供と同じぐらいの年代の子供たちと出会うと笑顔で接するという戦場の1枚を披露していました。

現地での取材については現地の方で当時独身の時に結婚しなさい・子供を産みなさい・写真を撮り終わったらすぐ恋人に告白しなさいと言われたことがあったそうで、日本に帰国後すぐに告白して結婚したそうです。

その時は「バクダットでずっと考えていたことがあるんですアナタと結婚したいんです、僕と結婚してください。」という感じでプロポーズをしたそうです。

こだわり:帽子とベスト。帽子は今かぶっている1つだけ、ベストはいくつか持っているそうで今回は自宅から持参してもらったものがスタジオに登場。だが代わり映えしないデザインのベストが登場しましたが、アラビア語でサハーフィー「報道」と書かれたモノなどありましたが、ベストのポケットやデザインは全て同じものになっているそうです。

そこでメンバーがベストを着てみると有田・泰造・徳井の3ショットが撮影されました。泰造さんが着ていたものがアフガニスタンの最前線で着たもの、有田さんが着たのがイラク、同じものに見えるのに何でわかる?と聞くとイラクでクリーニングにかけたときにファスナーが潰れてしまったそうです。

最近怒ったこと:カメラを壊されたこと

私の弱点:ニュー・シネマ・パラダイス。メインテーマを聞くと涙腺が緩んでしまい気持ちが落ち着くとのこと。曲を聴いていた渡部さんたしかにほんのり涙腺が緩んでいる?というよりは渡部さんのアップが続くという斬新なカメラワークでした。再度挑戦するもただアップになるだけで非常に面白い鉄板芸みたいになっていました。

それを観ていた徳井さんが自分もやりたいということで試すと、

秘密のデートスポット:スペイン料理店。スペイン料理が大好きで奥様も好き、その中でもパエリアが好きでデートと言えば横浜のお店に行くそうです。そのお店のパエリアが今回スタジオに用意されました。お店の名前は「オリーブ」というお店。オリーブ風パエリア2800円です。今回渡部さんは徳井さんと一緒に食べることになり、渡部さんにパエリアを取り分けてもらっていました。何故か渡部さんと同じ口調で喋り続ける徳井さん。戦場では食べ物があるだけでラッキーと思わなくてはいけないと徳井さんが代弁、そして飲み物も水があるだけでラッキーと

パエリアを食べた渡部さんと徳井さん顔を見合わせて美味しいと一言。だがその姿が殺風景だったため有田さんがBGMは?と言うとニュー・シネマ・パラダイスが流れだし2人の顔がずーっと映されるという鉄板の笑いに変わっていました。

という感じで終った今回ですが1ついいことがわかりました。渡部さんはAVを観る!ここにつきます今回は

やっぱり百戦錬磨のしゃべくりメンバーも渡部さん独特のペースを最後まで崩すことは出来なかったのかなと、そこが渡部さんのスゴイ所です。ニュー・シネマ・パラダイスのくだりはホント面白かった。ただ笑いととりたいだけで徳井さんや有田さん、泰造さんがカメラがだんだん近づいていくというだけのシチュエーションを試すとは

ですが渡部さんが数多く撮影した中で選んだ写真にはグッと来ました。やっぱり死と隣り合わせの世界にも安らぎの時はあるんだなと

それにしても渡部さんのプロフィールは実際何度もテレビで渡部さんを見ていますが初めてしりましたね。あえてウィキペディアなどで調べようともしなかったので非常に良かったかなと知ることができて

それにしても2時間半スペシャルでオープニング35分が渡部さんなんて日テレ頑張りました。

ということで戦場カメラマン渡部陽一の素顔に迫る終了です。

|

« シルベスター・スタローンの素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | ミッツ・マングローブの素顔に迫るbyしゃべくり007スペシャル »

映画・テレビ」カテゴリの記事