« 今年の紅白司会は松下奈緒&嵐について考える! | トップページ | さらば愛しの大統領の初日舞台挨拶を観てきました! »

DVD10・11・12巻発売記念SPを観るbyアメトーク

さて本日は来週発売のアメトークのDVD10・11・12巻発売記念SPについてです。

恒例になったDVD発売前の出川哲朗さんの宣伝企画、今回はアメトーク大好きの僕の感想も交えて書こうかなと思います。

では見ていきましょう。

今回の出場芸人は肥後克広、上島竜兵、土田晃之、有吉弘行、ウド鈴木、ドランクドラゴン、オードリー若林、Wコロン・ねづっち、出川哲朗さんです。

座り位置の前列が竜兵会の面々、収録前日の竜ちゃんは充電で次の日も充電だそうで、久々にスタジオのまぶしさに困惑。

ホトちゃんがおっさんばかり、服もグレー基調とこれでは困るということから女性ゲストとして藤本美貴ちゃんが登場です。だがここで有吉さんが「華というほどの華じゃない」と一蹴、流石は有吉先生というところを見せてくれました。

さてオープニングトークも終わりいよいよプレゼンスタート、出川さんが2枚組みと熱く語りだすも「今までは1枚組み」と言葉のチョイスミス、だが未公開シーンも入っていても価格は同じと熱く語ると、何故か鼻くそがそよいでいることが発覚し辱めにあう悲しさ。

芸人にとってハナミズはダイヤモンドだが、芸人にとって鼻くそは鼻くそと名言を、そして鼻くそでねづっちが「鼻くそとかけまして、一休さんに出てくる屏風とときます。その心は取らない(虎ないと)困ります」と見事ななぞかけを披露していました。

vol.10

中学の時イケてないグループに属していた芸人Ⅱ:アメトークがギャラクシー月間賞を受賞した栄誉ある企画

この企画はアメトークの定番になりました。今は売れっ子の芸人が中学の時はまったく目立たない存在だったということが判明した全国のイケてない中学生達に勇気を与えた素晴らしい企画。

人見知り芸人:芸人で人見知りが多いことが判明した若林さん。実はウドちゃんが人見知りだというが実は一人旅が大好き。

この放送後、若林さんがFUJIWARAのフジモンと同じ楽屋などになると、若林さんは逃げ回り、間違えてアイドリングの楽屋に入ってしまったそうです。

この企画はホント面白かったです。人見知り芸人達が楽屋の座り位置を決める際に、フジモンがモンスターということになりましたが、その決め方が最高でしたね。有吉先生も人見知り芸人ですから意外なものです。

町工場芸人:この企画からブレイクしたのがねづっちと高らかに宣言した出川さんですがねづっちが困ってしまうという一幕も

町工場のステッカーには3万8000件の応募があったそうです。

この企画は機械好きというか工作好きにはたまらない企画、この企画のせいで「アキシャルポンプシステム」が頭から離れません。もちろん「リテーナープレート」も、だが中川家の剛さんの話やロッチ中岡さんの地味な話もなかなか面白いです。

あぁ農業高校芸人:ウドちゃんがプレゼンした企画、ウドちゃんが熱く語るもまったく聞き取れず。

農業高校というところがイマイチわからなかったので本当に勉強になった企画。出ている芸人は非常に地味だがウドちゃんの高校レポートなどは必見。この企画は是非お子さんにいる家庭は見せてあげて欲しいものです。

vol.11

ポンコツ芸人:自分達がやっているのでわからないと出川さん、だが上島さんは自分達のポンコツぶりが分かったみたいだが、ポンコツ同士で絡んだためまったく面白さがなく、ケンカをしようとしても有吉先生にキスのくだりとネタをバラされるかなしいポンコツたち

まさにポンコツが揃った珠玉の企画、出川・上島・山崎・三村の4人。この4人は芸人としては最高級の実力を誇りなお且つ神がついているにも関らず、最後の最後までオチまで話を決めることができないポンコツたちを非常に楽しめる企画

腰痛い芸人:出川・土田・ドランク鈴木さんが登場した、視聴率15%近くというアメトーク最高の視聴率を記録するもそのあとだだスベりという悲しいもの

僕自身も中学の時腰痛で悩まされて部活などがまったく出来なかった経験があるため非常に良く共感できた企画。腰痛というモノを理解するには一番の作品

おなかピーピー芸人:おならピーピーと間違えるという最低のミスを出川さんがしましたが。サバンナ高橋さんのプレゼン企画。このオンエアの後に高橋さんはCMをゲットしたとのこと。

なぜか町中の女性にインタビューしておなかピーピーを探すと大胆な企画を実施したものですが、男性はピーピー、女性に便秘ということが改めて判明したものでした。

肥後という男Ⅰ&Ⅱ:ダチョウ倶楽部で一番ポンコツのリーダーに密着、これでダチョウ倶楽部には変わり者とバカ2人ということが判明した悲しい企画でもありました。

一番面白いのはダチョウ倶楽部3人がトウモロコシを楽屋で食べる際にジモンさんのことを無視する2人が最高に笑える作品、もちろんポンコツのリーダーを楽しむものでもありますが、リーダーの息子がとんでもないポンコツということも判明したもの。

土田さんが行っていたダチョウ倶楽部の楽屋のシーンは是非とも見て欲しいです。

vol.12

徹子の部屋芸人Ⅱ:芸人が事故にあう姿を見れる悲しい企画。今回の出場メンバーではオードリー、ドランクドラゴン、ねづっちなどがまだ出演なし。

この企画が放送された後から芸人が出場する回を常に注目するようになりました。徹子さんの恐ろしさが何故か素人にも伝わるある意味ホラー作品

鈴木拓ナイト:鈴木さん自身よく自分を取り上げたと思ったほどの企画。鈴木さんが番組内で取った魚拓ではなく「拓拓」は新潟テレビにも展示されたそうです。

塚地さんが働いていればその半分のギャラをもらえる鈴木さん、釣ばっかしている鈴木さん、まあ最終的にはホントコイツはダメだなと思ってしまう悲しい企画。

RG同好会:HGの陰に隠れていたRGをフューチャーした企画。RGは放送後の単独ライブのチケットが4枚しか売れなかったそうです。

RG好きの僕にとってはホント最高に面白かった企画、奴さんとのコンビ芸や市川AB蔵など、実は歌唱力などがスゴイことが判明。やっぱりRGは最高だと思わしてくれました。

江頭2:50with HG:05年の当時絶好調だったHGに困惑するエガちゃんが見もの

05年の企画、ハッキリ言って面白かった記憶しかない。エガちゃんの動きを封じてトークを行わせたのはアメトークぐらいですからある意味お宝VTR

そして特典映像は出川の休日。10巻は朝の出川、11巻は昼の出川、12巻は夜の出川の初の撮りおろし。

だがコレに納得いかない竜ちゃんと出川さんがお決まりのケンカのくだりを実施しようとするも有吉先生に「チャンス」と言われてしまったので焦るも最終的にはキスは実施、そして竜ちゃんの足踏みをしてからの全員ジャンプも有吉先生の合図がないとできないポンコツ姿を見せてくれました。

という感じで終った今回ですが、今回のラインナップも最高ですねー、僕としてはアメトークのアニメ企画を全部まとめたDVDも出して欲しいんですよね。アメトークと言えばアニメ好きにはたまらない企画が多いので、ジョジョ・キン肉マン・ドラゴンボールなどなど

DVDの嬉しい点は未公開VTRが含まれている点、これは非常にありがたい。だが出川の休日は購入した人しか観ることが出来ないところが残念です。まあ僕は購入しますから大笑いさせていただきます。

そんなDVDの発売はもうすぐです。

ということでDVD10・11・12巻発売記念SPでした。

終わり!

|

« 今年の紅白司会は松下奈緒&嵐について考える! | トップページ | さらば愛しの大統領の初日舞台挨拶を観てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事