« DVD10・11・12巻発売記念SPを観るbyアメトーク | トップページ | 中島美嘉ちゃんの挨拶を聞きに行って来ました! »

さらば愛しの大統領の初日舞台挨拶を観てきました!

54_20101105_00016

さて本日は世界のナベアツ監督作品「さらば愛しの大統領」http://saraba-d.asmik-ace.co.jp/を観てきたのでそのことについて

今回は東京での初日ということもあり舞台挨拶には、世界のナベアツ、宮川大輔、ケンドーコバヤシ、柴田大輔監督が登壇しました。

さて作品なのですが、世界のナベアツが大阪府知事選で当選し大阪を日本から独立させるという大それた提案、だがその提案を快く思わない謎の組織がナベアツ暗殺計画を実施、それを防ぐために刑事として大輔さんとケンコバさんが登場という感じですかね。

そうとう簡略して書かせて頂きましたがこの作品はそんなストーリーも重要なのですが一番思ったことは

ナベアツさん風に

超オモロー!

でした。

この作品を見た人はだれしも思ったはずです、なんか今まで考えていたことや悩んでいたことがバカバカしく感じると

まず上映前に流れるこの映画を観る上での注意点に

みなさんアホになって観てください。

インテリぶるのは格好悪いです。

てきな注意があります、というよりこの映画笑わずに観れた人は多分、相当お笑いが好きでない人です。そもそもそんな人はこの映画すらみないと思いますが

所々面白いシーンがあったのですが

僕が一番ハマったのは取調べのくだりで中川家の2人が出演するのですが、そのくだりのなかにある出前に使うオカモチを遣った剛さんの「オカモチロボット」に涙を出して笑ってしまいました。これはあくまで僕が一番ハマったシーンなので人それぞれあると思いますが、是非観ていただきたい!シーンです。

そんな映画ですがキャストも豪華でそれに関しては公式HPにて確認してください。驚くべき人が出演しております。

さて舞台挨拶ですが、ここ最近は女優さんばかり観てきたのでお笑い芸人という新鮮さがありました。今年は10回ほど舞台挨拶を観ておりますがここまで笑わせてもらった挨拶も記憶に無いぐらい面白かったです。

挨拶の前に小さい男の子が「オモロー」と何度も言う姿に会場中がほんわかした雰囲気で出演者も喜ぶだろうなーと思っておりましたが。実はそこには悲しいヤラセがありました、あんと「オモロー」と叫んでいたのが柴田監督のお子さんだったとのこと。これを知ったケンコバさんが開口一番ツッコミをいれるということから挨拶スタート

挨拶ですけどホント面白すぎてあまり覚えてないです。とにかく面白くてしょうがなかった。

芸人が3人集まるとこうも面白くなるのかと!1人がボケると2人がツッコミを入れるそのパターンがずーっと続いていました。

とくにケンコバさんはエアおっぱいモミモミをしたり、油断しすぎて家でテレビを観ている感じの雰囲気に、大輔さんやナベアツさんが呆れる始末。だがその2人も暴走しだすため、柴田監督がその暴走を見うまくまとめる流れで、柴田監督がいなかったらまともな挨拶になっていなかったぐらいハジけていました。

ここ1~2年で20本近くの舞台挨拶を観てたいていは話をほぼ覚えているので記事としても正確に伝えることが出来るのですが今回に関しては本当に面白すぎてまったく覚えていないに近いです。

笑った記憶しかないです。ほんの2時間ぐらい前に見てきたばっかりなのに

一応、作品内でリットン調査団の水野さんがものすごくカッコイイ役なのですが、その撮影を見ていた大輔さんとケンコバさんはあまりの面白さに大爆笑していたそうです。

他にも大輔さんが「屋根飛びジジイ」という劇中の話で沖縄国際映画際ではものすごくスベってしまったと苦い思い出を語るもナベアツさんは次回作で作りますなど適当な発言をしたり

挨拶が終った後に何故か世界の美女ということで外国人の女性が登場し、花を贈呈してキスをするというくだりに、またこのくだりのケンコバさんがヒドイという言葉以外浮かばないくらい最低で、ケンコバさんの男の大事な部分が「○起」してしまうという発言をしてなおかつ花束で隠していたのでそこから汁が出ていたのでまたもリアルな感じになる一幕も

これには大輔さんが呆れていたぐらいです。

さて一応僕が覚えていない大事な発言を記事抜粋させていただきます。

最後の挨拶でナベアツさんが劇中に登場し屋根の上で用を足す“屋根飛びジジイ”のネタで「渡辺謙さん主演でスピンオフ、THE MOVIE作りましょう」と意気込み、「今回は100%アホだったので、次回は200%アホの映画を作りたい」と次回作に向けてアピール。柴田監督も「さらば愛しの○○が、シリーズになってくれたら」と期待を込めていた。

ということで挨拶終了です。

ホントお笑い好きは是非観て欲しい、そして数少ないであろうリットン調査団の水野さんのファンの人も是非、この作品で一番カッコイイシーンは間違いなく水野さんが演じています。

ということで最高に面白かった映画「さらば愛しの大統領」オススメです。

終わり!

|

« DVD10・11・12巻発売記念SPを観るbyアメトーク | トップページ | 中島美嘉ちゃんの挨拶を聞きに行って来ました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事