« 松下奈緒がビストロスマップにやって来た! | トップページ | マツコグータンを観るbyグータンヌーボ »

ダイナマイト関西2010を観に行ってきました!

さて本日は人生初のお笑いイベントについてです。

お笑い好きでありながら基本はテレビで観ることを主として劇場などには足を運んだことなく生の臨場感を感じることをしてこなかった僕ですがとうとう行ってまいりました。

今回行ってきたのは前々から気になっていた「ダイナマイト関西」今回はダイナマイト関西forth、場所は中野サンプラザ

非常に見応えのある大喜利大会でした。では観た感想です

最初は主催者であるバッファロー吾郎木村さんが登場!その姿は何故かサングラス姿で会場からは笑い声が、今回は中野サンプラザで開催ということでサンプラザ中野さんのコスプレで登場と意気揚々に挨拶をするもあまりの恥ずかしさからすぐサングラスを外し挨拶スタート

挨拶も終わり続いては出場芸人の登場、芸人達が左右の扉から登場する中、何故かケンコバさんがユニフォームであるTシャツを脱いで上半身裸で歩き回るといういかにもケンコバさんらしい動きをしていました。

出場者の紹介も終わりいよいよ大会スタート、本戦の前にオープニングマッチでピース又吉さんVS野生爆弾の川島さん

この2人、川島さんが主催のグループに属す先輩後輩、それでいて吉本オシャレ芸人ランキングでも1位と2位ということで又吉さんが下克上なるか?それともくーちゃんが先輩としての強さを見せてくれるのか?という白熱の対決

接戦の末又吉さんが川島さんを破り勝利!

さてここからはトーナメントです。

トーナメント一回戦第一試合:オードリー・若林VSスリムクラブ・真栄田賢

過去の対戦成績が1勝1敗の両者、因縁の対決になりましたが今回は若林さんの勝利

第二試合:ヨーロッパ企画・上田誠VS南海キャンディーズ山里亮太

山ちゃんは上田さんとは当りたくなかったと、これは上田さんも同じく2人も互いのことを知り尽くしていたが、山ちゃんが怒涛の回答で相手のポイントを奪い見事勝利

第三試合:博多華丸大吉・大吉VS笑い飯・西田

互いに中学のときイケてない芸人の2人、同じような中学時代を過ごしたが今回は大吉先生の勝利

第四試合:バッファロー吾郎・竹若VSケンドーコバヤシ

最初のインタビューの際にケンコバさんが竹若さんのことを若竹と逆に呼び、司会の浅越ゴエさんに注意されるとプレゼントとしてイニシャルが「W」のペンダントを用意していたとボケをかましていました。

そんな2人ですが互いにダイナマイト関西初期の頃から出場、優勝回数も竹若さん4回、ケンコバ6回ともはやダイナマイト関西の顔、そんな2人の対戦成績は5勝4敗で竹若さんがリードこの対決どうなる?と思いきや、ケンコバさんが圧倒的な大差で勝利、竹若さん1ポイントもとれず敗れる。

1回戦の全試合が終わり続いてはエキシビジョンです。

最初は6人サバイバル戦、出場者はしずる池田、野生爆弾ロッシー、ガリットチュウ熊谷、東京ダイナマイト松田、ピース綾部、レイザーラモンRG

1人ずつ紹介されて登場するも何故か綾部さんが田原俊彦さんの「抱きしめてトゥナイト」を踊りまくる一幕が

出場芸人で揃い一人ずつ挨拶をしていくと今度はRGが市川AB蔵に扮して海老蔵さんの記者会見ばりの受け答えを披露、外に出てはいけませんと見事会見の言葉をパクリ会場を笑いに包んでいました。

挨拶も終わりここからはサバイバル戦のスタート!1人3ポイントずつで回答する際に誰のポイントを消すかを指名してポイントがなくなった人から退場というルール

居酒屋の「個室あります」より魅力的な言葉は?という問題にて、綾部さんが開口一番の回答にて下ネタでポイントを失い、その後も互いに互いのポイントを奪い合うというまさにサバイバルを見せてくれましたが、残り1ポイントの綾部さんが相手のポイントを減らそうと回答するも下ネタのため自爆そして一番最初に退場ということに

続けてRGも順調かと思いきや自爆し退場、その後何故か自爆が続き熊谷、池田と退場し残り2人。ここで残り時間が発表されるとなんと5分ということで会場がどよめき、解説の木村さんもこの時点で2人は早すぎると呆れ気味に

だがそんな自爆が多い戦いを勝ち抜いたのは野生爆弾のロッシーでした。

エキシビジョン2試合目

今度は6人制タッグマッチにて

しずる村上、ロンブー亮、キングオブコメディ高橋さんによるお笑いイケメン軍VSキングオブコメディ今野、拙者ムニエル・伊藤修子、オードリー春日のお笑いモンスター軍の対決

対戦方式は3人から代表が1人でて回答を行い、それがポイントを獲得しようがダメであろうが1回答終ると次の人に回答交代それを繰り返していくルールです。

イケメン?VSブサイク?という対決でしたが、イケメン軍はチームワークが良かったが上手いこと相手のポイントを減らすことが出来ず、一方モンスター軍は見事なチームワークで回答を重ねていました。だがイケメンチームは相手のポイントを減らした際のハイタッチは様になるも、モンスター軍は最後まで上手く行かず最終的には伊藤さんにセクハラまがいの腰を押し付けるような喜び方でヒカすといういかにもモンスターらしいやり方でした。

他にも春日さんが面白回答で中野サンプラザの屋根を飛ばすと息巻き残り1分で相手のポイントも残り1ポイントというオイシイ場面に自身が回答者に回るも結局屋根を飛ばすことが出来ず

結果はモンスター軍の勝利、戦いを終え互いにインタビューをすると、ロンブー亮さんがチーム紹介のVTRの際に村上さんが自分達のチームは噛む人が多いという発言がプレッシャーになりのびのび出来なかったと言っていました。

たしかに回答の際に噛んではいませんでした。

エキシビジョンが終わり休憩を挟みいよいよ準決勝の開始です。

準決勝1回戦はオードリー若林VS南海キャンディーズ山里

互いに仲が良く若林さんも芸能界で唯一の友達というぐらいの仲の良さの2人、だが最初の挨拶では目を合わせてくれないことに嘆く山ちゃん。そんな山ちゃんこの対決はどちらが下衆かを決める対決でもあると別の意味合いを含めた親友対決

そんな対決ですが互いに回答の連発で行き着く暇もないほどの回答を繰り広げていましたが、最後の最後まで互いの残り1ポイントを奪うことが出来ずサドンデスへ

サドンデスでは最初に若林さんが答え続けて時間をおいて山ちゃんが回答、互いの回答で揃いいよいよ審査員3人によりジャッジ。ジャッジの結果2:1で若林さんが勝利をおさめ、見事親友対決を制していました。

準決勝2回戦は博多華丸大吉・大吉VSケンドーコバヤシ

こちらもプライベートで親交がある対決、アメトークでみれば互いにプロレス大好きということもあり互いを知り尽くしている感じではありますが、大吉先生はまったく間逆の芸風のためどうなるのか?と、ケンコバさんはここでも1回戦同様名前を読み間違え違ったイニシャルのペンダントを用意していたというボケを行った後いよいよ対決スタート

1回戦よりは回答のペースは早くないものの互いに強力な回答を行い相手のポイントを減らし続ける2人。だがここでケンコバさんが一気にたたみかけ見事大吉さんのポイントを奪いきり勝利

準決勝が終えいよいよ決勝です。オードリー若林VSケンドーコバヤシ

互いに見事な大喜利センスをみせてくれた2人、互いの力も拮抗している中いよいよ対決スタート

決勝戦は相手のポイント(5)を全部失くすまで戦う時間無制限マッチ、白熱した対決が来たいされるなかケンコバさんの回答が若林さんのポイントを奪い続け若林さんの残りが1ポイントの時点でケンコバさんは3ポイント、このまま終ってしまうのか?と思い若林さんの回答に期待するも見事ケンコバさんが若林さんの最後のポイントを奪い勝利をおさめ優勝です。

木村さんからベルトと金のフリップを贈呈された後の挨拶でケンコバさんが2010年は木村さんで1回も笑わなかったと失礼なことを言ったいかにもケンコバさんらしい挨拶をした後に、出演者1人1人からの挨拶そして木村さんの挨拶があり最後は浅越ゴエさんの掛声の後に全員でForthと言って終了です。

という感じになった今大会ですが、これ次回というよりも来年は開催され観にいける大会に関してはすべて行きたいかなと思うほどの面白さ

存在は知ってはいたがタイミング合わず行けなかった自分が悲しい・・・、もう一つ悲しいのは笑わせてもらったため問題と回答がまったくかけませんでしたすいません。ホント面白くてインタビューやなどをもっと臨場感タップリ伝えたかったのですが残念です。

それにしても優勝したケンコバさんはホントに面白かった、ケンコバさんは先月ですかね世界のナベアツさん監督の「さらば愛しの大統領」の初日舞台挨拶で拝見しましたがフリートークも大喜利も面白くホントこの人はスゴイなと、実際僕のツボにハマったのはケンコバさんの入場曲が「ママレードボーイ」の主題歌だった点ですかね、アメトークでアニメソング芸人の回に言っていたことを思い出しました。たしか録画したもの残っているので再度観てみようと思います。面白くてマニアックホント最高です。

他の出場者ですが惜しくも準優勝だった若林さん、才能はスゴイと思っていましたが改めてオードリーには若林さんがいないとダメなんだなと感じました。あの才能をもっと番組で見せて欲しいものです。ですが以外にも春日さんも大喜利のセンスがあり解説に回った際も同じことを繰り返すだけということもありましたけど、発言で会場から笑いが出る僕ももちろん笑いましたがオードリー2人ともスゴイなと面白いコンビだなと

それ以外は前から天才だと思っていた南海山ちゃんの回答の早さの尋常じゃなさ、今大会で一番回答していたと思います。やっぱり言葉のセンスがスゴイなとなんでこんだけ才能があるのに女性に嫌われているのか?やっぱり見た目って重要なんだなと感じました。

ということでまだまだ書きたいこともありますがこれくらいにしようかなと思います。そして驚くべきことに人見知り芸人の若林さんが今大会の後の打ち上げに参加していると南海山ちゃんのツイッターにて報告がありました。決勝が終った後にケンコバさんに打ち上げに行こう!と誘われましたとインタビューにて答えていましたがホントに言っているとは驚きでした。

来年はなるべくお笑いのイベントに足を運びレポートがかければと思っております。ですが笑いすぎて内容を覚えていないこともあると思いますがそこは許して欲しいと思います。

ということでダイナマイト関西2010forthのレポートでした。

終わり!

|

« 松下奈緒がビストロスマップにやって来た! | トップページ | マツコグータンを観るbyグータンヌーボ »

映画・テレビ」カテゴリの記事