« ダイナマイト関西2010を観に行ってきました! | トップページ | 第4回アメトーク大賞前編を観るbyアメトーク »

マツコグータンを観るbyグータンヌーボ

本日はグータンヌーボのスペシャルからマツコグータンについてです。

マツコ・デラックスが優香と小池栄子の話を聞くと言うまったく想像のつかないシチュエーションに興味を持ったので観て行きたいと思います。

先に待ち合わせ場所に登場したマツコ、座る場所に悩む滅多にない姿が観れましたが結局は人の通らない場所に決定

次に登場したのは小池栄子さんマツコが喫煙中ということに気づかずイスの心配や席の心配をする小池栄子さんの姿が

最後に登場したのは優香、一抹の不安を抱えながら登場した優香ですが最後でないことにホッっとしていたらマツコの登場!

3人揃って最初に注文したのはお酒と大量の料理、だが一番最初に頼んだ長芋のグラタンがないことにショックを受けるマツコ、乾杯から14秒で一杯目のビールを飲み干すマツコ、そして番組の構成のスタジオに男が必要?という毒を履いてから始まりいよいよ本題へ

優香の仕事について話を聞くと、相談できる人はいない。その優香に対してマツコは大変だと思う、女の子の理想はナンですか?と聞くと優香ちゃんはすべての要素が入っている。小池栄子がタイプの人でも優香ちゃんは大丈夫、広末涼子さんが大好きな人も優香が大丈夫のようにタイプはナンですかと男性が聞かれた際にすぐ選ばれる。そういう子は大変なのよ~と話を続けるマツコ、その姿を観て何故か優香ちゃんが泣き出してしまうというハプニングに

そんな話をしているさなか頼んだ料理の量が少ないのでは?と文句を言い出すマツコ、結局はそのままの量でよかったとのこと。

話がズレたので今度はマツコの恋について、恋愛はすべて虚しかったので最近はしていない。最初に燃え上がり、車から引きずり出されて置き去りにされたことも

納得がいくまではどんなことを言われても食い下がる、だが男は本音を言わない。それは面倒くさいからやさしいからと言う理由でもつないでおきたいからという理由も無い。男は寂しい=やりたい。となりにいても時期を見ておっぱいを揉んでくる。

そして寂しい時に会った男が一番イイ男。無理して恋愛をする必要もない。1人で考える時間も重要。

ここで皿を片付けに来たウェイターに彼氏の有無を聞いていたので期限が悪くなるマツコ

また話を戻してマツコはクレーマーキャラに見えると小池さん、マツコはちょっと問題に商品があっても言えない。だが食事の料理には最後の最後まで文句を言っていました。

続いては場所を移すためにタクシーに乗り込み、タクシー内のトークです

タクシーに乗るだけで精一杯のマツコですが、ここでマツコの恋愛指南です。

後藤真希さんから「付き合うと男は何でダラけていくのか?」、マツコの回答は女は何度も出来ない排卵日などがあるから自分を大事にしなくてはいけない、結婚するまでは気を抜かないが結婚してからダラけることが多い。だが男はそこまで考えず、固体として違うし理解はし合えないので男性の行動には妥協するしかない。それでも好きならダメな所も含めて許す

スザンヌから「何で男性は未練タラタラなんですか」、マツコの回答は男はプライド、自分が捨てられたりすると現実を受け入れない、それとタダやりたいだけ

男はしょうがない、やりたいだけ重みのある言葉を言うマツコ

だが女の人も絶対っていいぐらいみんな演技をしている、それは愛しているからの演技と傷付けたくないからの演技の2つ、それを使い分けれる女はデリカシーがある。最後に女の方が絶対にエライ

という感じで終った今回ですが、マツコ恐るべし!

もう観ていてスッキリする男として、男の思いを語ってくれて、男は未練タラタラですからねー、そこは許してくれーと言わせて頂きたい。男は思い出を大切にしているんですよ・・・

それでいて今は草食男子と呼ばれる輩が増えております。その部分も許してくれー、それにしてもいつからこんな状態になったんだかわからない。そう考えると僕の大好きな「恋のから騒ぎ」を観ていても昔ならバカな男の話が多かった気がするがここ最近はそんなにない。

ホントこの放送を観て思い出した、やっぱり男が昔より元気がないということが

話ズレましたが、今回の放送は非常に面白かった。やはり今年の顔の1人ですからねマツコ・デラックスは、歯に着せぬもの言いようは今の芸能界にはあまりいないので

今回もマツコの男女論を聞けた面白いな!という放送でした。

ということでマツコグータン終了です。

|

« ダイナマイト関西2010を観に行ってきました! | トップページ | 第4回アメトーク大賞前編を観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事