« 競馬芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 菊池凛子の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

FNS歌謡祭2010を観る!

さて本日は年に一度のお楽しみFNS歌謡祭についてです。

とりあえず色々観ていて感想を書きなぐろうかなと思います。4時間分なのでタップリ書きます。

今年も豪華な面々が揃ったこの番組、SMAPの「THIS IS LOVE」からスタートした今回、今年はコラボレーションをテーマということでオープニングからLOVE PSYCHEDELICでコラボを見せてくれました。そして感想を黒木メイサちゃんが言うという豪華な展開でした。

その後の展開ですがコラボで気になったものを取り上げたいと思いますが、倉木麻衣×CHEMISTRYのコラボあり

TOKIOは玉置浩二さんにドタキャンされた模様。

鈴木雅之×菊池桃子の「渋谷で5時」はテンションあがりましたし倖田來未、EXILE・ATSUSHIとコラボ3連発はもう観ることが出来るのか?というほどの豪華なコラボで大興奮

TOKIO×V6のコラボの「平家派」で光GENJIの曲「Graduation」を熱唱。城島くん、坂本くん、長野くん、山口くん、井ノ原くん、これmixiでエンタメ情報で書いてあって気になってはいたのですがその答えが番組を観て分かりましたけど、面子を見るとアラフォーばかりでなんか面白かったです。僕はジャニーズ好きですが光GENJIはギリギリでその時組まれていたユニットなんてまったく知らなかったので今回を期に復活も面白いと思いました。

郷ひろみ×AKB48が歌っている時のTOKIO長瀬くんと松岡くんの盛り上がり具合、カメラに手映りこんでいましたからね。つるの剛士、前田亘輝そして最後の「GOLD FINGER99」の時のAKB48が揃った際のステージのごちゃごちゃ具合

槇原紀之さんのコラボに何故か、芸人のぐっさんが!歌唱力が凄過ぎて芸人とはまったく思えず、ガルネクの千紗、秦基博、伊藤由奈×城南海×miwaの3人がマッキーの曲を熱唱、WaTとつるの剛士さんなど豪華な面々でした。去年も豪華でしたけど今年も負けずに豪華でした。miwaちゃん小さくて可愛かった

嵐×松下奈緒さんのコラボも衣装が白と紅ということで紅白意識しすぎ、まあ紅白ではやらなそうな演出をフジテレビは実現させたということでしょう。松下さんのピアノに嵐の歌。こういうところがフジテレビの遊び心であり抜け目のなさかなと感じました。これによってNHKで同じことをすればフジの二番煎じなりますからNHK関係者の胸中はいかに?

ゆず×JUJUは聴きましたねじっくり、小田和正さんの「言葉にできない」小田さんの歌も最高ですけど、この組み合わせもまたイイ!その後にMY LITTLE LOVERのAKKOさんとJUJUの「HELLO AGAIN」AKKOさん相変わらずお綺麗で

コラボではないですが久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」「LOVE RAIN~恋の雨~」この2曲を聞くと「ロングバケーション」「MOOM LOVERS」のドラマを思い出します。この2曲が主題歌のドラマに主演は会場にいる木村拓哉さんなので木村くんに感想を聞いてほしかったですね。

伊藤由奈×K×宮本笑里、倖田來未×ヴァイオリニストTAIRIKU、miwa×WaT、WaT×miwaの4曲。僕はヴァイオリニストの宮本笑里さんの大ファンでありまして来年のサントリーホールのチケットもすでに手に入れております。今年も笑里様を観れて良かった~。そしてまたまたmiwaちゃん可愛かった~

AKB48と少女時代の日韓人気グループの曲が立て続けに披露された場面は迫力がありましたね。AKB48が歌い終わってから少女時代が登場すると雰囲気がガラリと変わり、それよりもいくら美脚が売りの一つであるからといって足の動きだけを映し出すシーンはマニア心をくすぐる素晴らしいカメラワークと思う自分がいました。よーく考えれば少女時代をテレビでジックリ観たのは初めてだったのでKARAもイイが少女時代も最高かなと、ですがまだ少女時代のメンバーの名前を全員把握できていないですし9人でのパフォーマンスでなかったのが残念でした。

そして改めてAKB48と少女時代はメンバーの年齢も近い、身長なども似通っている感じでもあるのに、異常なほど少女時代が大人びて見えたのが不思議でしたね~。KARAと比べるとまったくそうは思わないんですけど不思議な感覚でした。

加山雄三さんのデビュー50周年とTUBEの25周年いう節目のメドレーは聞き惚れましたね。倉木麻衣ちゃんTUBE、キンキキッズ×加山雄三。TUBE×ガルネク千紗、miwa、伊藤由奈、城南海。槇原紀之×加山雄三。氷川きよし×加山雄三。AKB48とTUBE。ラストの加山さんには森山良子さんと南こうせつさんが加わり超豪華な演出となっていました。

Superfly×秦基博でスピッツ「楓」はスピッツの曲を久々に聴いたからなのかわかりませんが、やっぱりスピッツはイイ曲歌っていたなーと改めて感じさせてくれました。

福山雅治さんの「HELLO」「桜坂」「心color」、改めてアーティスト福山雅治のカッコよさを痛感させてくれた非常に見応えのあるライブでした。やっぱりカッコいい。福山さんが「桜坂」歌っている時の女性出演者の聞き惚れている感じ、ホントすごいなこの人は。僕はコーラスの女性のハンパのない色っぽさに食いついてしまいました。何故か歌い終わりに久保田利伸さんの無表情な感じには笑ってしまいました。

キンキキッズ×宮本笑里×VOJA。堂本兄弟を見ている限りではまったくアーティストと思えないキンキの2人も歌を歌うとやっぱりカッコいい。それに笑里様ホントにかわいいー、来年のリサイタル早く行きたいけどその前に8日丸の内のミニコンサート開くみたいなので行ってみよう。郷ひろみ×宮本笑里×VOJAも素敵でした。

長瀬智也×クレージーケンバンド横山剣。タイガー&ドラゴンですよー、横山さん相変わらず渋かったなー。いいね!

久保田利伸×平井堅×押尾コータローの「missing」アコースティックver.最高!平井堅さんが久保田さんの歌を唄うこと辞退素晴らしいのにコラボ、そこに押尾コータローさんの演奏が加わるとは、くぅ~たまらない!

ビリー・バンバン×坂本冬美・倉木麻衣で「また君に恋してる」はビリー・バンバンの2人いったいいつ振りに観たことであろう。それにしてもこの曲胸に響く

氷川きよしさんを挟んで

平井堅×松下奈緒で「アイシテル」。松下さんの衣装が紅から白へ代わりホント素敵でしたが松下さんの顔のアップはヤバかった。それに平井堅さんの歌声やっぱりハンパない。松下さんは11月にコンサートにも行きましたが超綺麗ですからね。才色兼備そのもです。

和田アキ子×徳永英明で「あの鐘を鳴らすのはあなた」、アッコさんの名曲の1つ。アッコさんだけの歌声も最高ですが徳永さんが加わることでまた違った印象がありましたが、アッコさんが歌いだしたときはもう圧倒されてしまいました。アッコさん緊張から唄いだし間違えた感じでもありましたけどね。

サリナ・ジョーンズ×JUJU×Kで「I LOVE YOU」は、尾崎豊さんの名曲であり今回は英語Ver.でしたが、サリナ・ジョーンズさんの情報が少なすぎて観ている人困惑したことでしょう。もちろん僕もその一人

Superflyが「Eyes On Me」をしっとりと歌い上げ、その時に松下奈緒さんと宮本笑里様が隣同士の席に何故かテンションがあがる僕

ゆず×花井悠希のコラボですが、花井さんhttp://columbia.jp/hanaiyuki/本日初めて拝見しましたがまあカワイイこと。現役音大生ですかー、日本のヴァイオリニストはカワイイ人が増えてきたなーと改めて感じる僕。

SMAP×槇原紀之で「Love&Peace Inside」8日にコンサートDVDが発売になることを宣伝する中居くん、自分の誕生日が8日だという吾郎ちゃんがいましたが、この曲の後に慎吾くんはテレ朝に向かってスマステ生放送を考えると忙しいなー

EXILEを挟んで

秦基博×徳永英明×小池徹平×花井悠希で「ハナ」、やっぱり花井さんに目が行ってしまう僕、なんだろうかヴァイオリニストが好きなんだと改めて感じる。それに徹平くんが演奏者として参加しているのも不思議な感じ

石井達也×AKB48で「君がいるだけで」、あっちゃん、ゆうこ、こじはる、ともちん、たかみなと選抜上位メンバーのみ出演、まゆゆは年齢制限でなんで麻里子様はいなかったんだろう?と、石井さんが歌い終わりにメンバーに握手を求めたのは石井さんらしい。

続けて石井達也×じょんて☆もーにんぐで「浪漫飛行」、じょんてさん相変わらずのインパクト、あのカツラの輝きは一体ナンなんだろうか?

安全地帯×倖田來未で「ワインレッドの心」「じれったい」「悲しみにさよなら」、まさか玉置さんを出演させるとはフジテレビ、怖いものなしか!と思う。ぶっとび発言が流石になかったのが幸いですかね。でも唄っている姿はカッコよかったです。「悲しみにさよなら」はやっぱり名曲、「愛をふたりの」の歌詞を「愛をFNSのために」と変えたのは遊び心ですね。

近藤真彦×堂本剛・堂本光一で「スニーカーぶる~す」「ミッドナイト・シャッフル」そしてソロで「ざんばら」、デビュー30周年のマッチ、紅白には出場しない可能性が大きいためこの出演はありがたいです。光一くんが自身の主演ドラマ「銀狼怪奇ファイル」の主題歌「ミッドナイト・シャッフル」を唄うのが良かったですねドラマは日テレで放送されていたのに

そして最後は出場者で「世界に一つだけの花」を唄い終了しました。

これにて今年のFNS歌謡祭2010終了です。

という感じで今回も素晴らしかったですね。ガッツリ感想書きました、ほぼ時系列で感想を書いておりますので見逃した方はこんな感じだったんだと思っていただければです。ですがソロで歌った曲に関してはあまり書いてはないのでそこの部分はすいません。

個人的に一番ウケたというかなんというか、まさか紅白よりも先に嵐×松下奈緒さんのコラボを観ることが出来るとは!このフジテレビのしてやったりという組み合わせに何故か笑いが出てしまいました。流石はフジテレビ抜け目ない

それに生放送で4時間という長丁場、人によっては紅白よりも豪華と思わせる出演陣まさに年末に相応しいというか、紅白が消し飛ぶんですよねこの番組を観ると、視聴率は紅白の方が上ですけど内容の濃さは間違いなくFNS歌謡祭でしょう。若い人向けかなと思いきや、番組の途中で懐かしの映像が流れますから実は全年代を対象としているところも素晴らしい。

ですが今年は例年よりも曲数が多かったためにアーティストとのトークはなく視聴者には聴かせることがメインだった演出を心がけたのかなーと、トークも聞きたかったですけど歌謡祭というぐらいですからこの演出の方が好きですかね僕は

最後の「世界に一つだけの花」を唄う際に慎吾くんがいなかったのは残念ですが、まあ大人の事情なのでしょうがないですね。

そして最後に気づいたのですがいつもであれば黒木瞳さんが司会だったのに今回はアヤパンだけだったことに気づきました。まったく違和感がなかったのがこれまた不思議な感覚でした。よく考えればフジテレビのアナウンサーとしてこの番組に関るのがラストと思うと感慨深いものがありました。アヤパンお疲れ様という感じです。

さて年末は音楽番組の特番が多いですが僕の中での定番は残すは、ミュージックステーションと紅白歌合戦ぐらいですかね。Mステも豪華で面白いですから楽しみです。

ということで、これからテレビ好きの僕としては音楽番組・バラエティ番組等たまらないラインナップが続きますが、今回に関しては年に1度のお楽しみFNS歌謡祭楽しみました。

終わり!

|

« 競馬芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 菊池凛子の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事