« バナナマンの素顔に迫るby5LDK | トップページ | 格付けしあう売れっ子たちを観るbyロンドンハーツ »

楽しんごの素顔に迫るbyおしゃれイズム

さて本日は楽しんごがおしゃれイズムに登場したのでそのことについて

昨年からのブレイク、新おネエキャラとして大活躍中の楽しんご、あまり情報を仕入れていなかったので今回仕入れてみました。

では観ていきましょう。

大歓声で迎えられる楽しんごですが、ここ半年間は充実して忙しんごで楽しんごとのこと。

そんな楽しんごを迎えてまずは最近引っ越した新居の映像から

部屋には整体師として使う道具や薔薇の花、バナナケースなどの小物を観た後に、部屋での筋トレ風景を逆立ちして腕立て伏せをする運動を10回、途中まで下げて圧をかけると下がった胃も上がり代謝がよくなること。続いてはお風呂にワインを入れてのワイン風呂のシーン、まるまる1本を入れての入浴シーン。なぜか乳首に星マークが入る乙女の演出、お風呂はアロマを焚きながら入るそうです。

VTR後のスタジオでは筋トレについては、中国拳法を以前習っていたということから型を披露することに、険しい顔をしながら最終的にはネタに持って行くということで上田さんから注意を受ける始末。

学生時代の部活はブラスバンド部でコントラバスを弾いていたそうです。素敵な先輩や同級生については、いたので恋したが実らず、相手からアプローチがあったそうです。

当時、ポケベルに「踊り場に来て」と言われたので言ったら憧れの先輩から「俺の弟になって」と告白されたそうです。夢に見ていたことが現実に起こったので驚いたそうです。

芸能界については20歳の時に俳優事務所に入所して宣材写真でピストルを持って撮影をしたそうです。それはVシネマの事務所だったので中国拳法や演技の練習をしたら、初めて出演したVシネマの役は福建省から来た不法入国者だったとのこと。

セリフは「ワダジ ヅグッタ」

当時は男らしくしていたが中身はキャピキャピで声も低い声にして誤魔化していたそうです。食べていくために警備員のバイトの履歴書を渡しに行くも転んでしまい地声が出たことも

カラオケでもグローブやサラ・ブライトマンなどの高い声の歌を、スタジオで披露するも結局はネタになるも上手な歌でした。

男らしい一面としては相当な大食いで牛丼屋に良く行くと必ず並盛3杯。他にも回転寿司だといつも67皿ぐらい。

お酒はカルアミルクやモッコリ(マッコリ)などを

お姉さんからの情報では虫が苦手で掃除している時にゴキブリがでるということで上田さんがおもちゃで脅すと「うわぁ」と叫んでいました。

他にも情報を頂こうと思ったが面倒くさいためスタジオにお姉さん登場です。

可愛らしい姉の純子さん。姉と会うのは久々というも1週間から2週間ぶり。最近の活躍についてはテレビ付けると出ているので「本当に人気があるのかな・・・」

ダメ出しについては弟としか観れないので心配で、顔が脂ぎっているところなどは前から注意していて、この間は目ヤニが気になったのでメールをしたそうです。ネタや振る舞いについてはいい加減に同じ事ばっかり言って、3つぐらいの事を去年から繰り返しやっているので、いい加減に違う事を言って欲しい。

楽しんごのお姉さんですよね?とは元々の友人は知っているが、最近の友人には言って無いのでテレビを観てビックリするだろうと、ここまで来たら・・・

インコが「シンゴ!シンゴ!」と言っているエピソードは、いつも家で怒られているのでインコが「シンゴ」しか言えなくなってしまったことも

未だにお父さんに高い高いをしてもらっている。という話では姉は10代で終ったが、しんごは未だにやってもらっている。父が「骨が丈夫になる」と自分のトレーニングとして利用しているみたいだが、流れとしてはマッサージをし終わった後にやってもらうそうです。

お父さんは68歳だそうです。

お姉さんとケンカしたことは?取っ組み合いのケンカをしたことも。お姉さんの部屋から洋服や化粧品やウィッグとかが無くなったりしたため。「貸して」と言えばいいのに黙って持って行って、仕事に行く際に言うと、目の前に置いてあるのに「僕じゃないよ」とすぐバレる嘘をついてくる。

ケンカになっても暴力は振るわず、姉が一人で飛び掛り殴ってくると、高校の時ヤンキーっぽかったと言われると全力で否定していました。

救急車事件については、去年の姉が子供と手を繋いで通り過ぎて覗いてみたら「お姉ちゃ~ん」と言ってきて「はねられちゃった」と言ってきたそうです。青信号で渡っていたら車が来てはねられてしまい救急車を呼んだ。通りかかったのは偶然だったそうで「後で行くね」と言ったそうです。重体だったらいくつもりだったが軽い打撲だったので断ったとのこと。

続いてはロケVTRです。

今回は普段整体師をしているので、たまには逆に癒されたいということでイケメンのいる整体師の元に

東銀座のとある普通のマンションの一室にあるエステ「アンジェリック」へ、そこには兼子先生というイケメンが、楽しんごもカッコよさにテンションアップ。

歪みチェックの際も顔をガン見、そして先生が股間の前に顔があるとドッキリする楽しんご、整体スタートはあまりのキモチさに目がとろんとしだし「ああ~ん」「気持ちいい」と絶叫。足のマッサージの際は声が東幹久さんの感じに

先生の股間が頭上にある時は「我慢できない」とも

股関節が硬いので足を広げてのマッサージでは先生の胸に抱きつき注意される楽しんご。何度もやるので藤木さんも止めに入る始末。行きたい気持ちを我慢するも結局は行く楽しんご。そして先生が整体ストップ

頭と首に整体では小顔矯正ということで指サックを嵌めた先生が楽しんごの口に指をツッコミこねくりまわしたので楽しんごは先生の指を舐めようとするも痛みに全身が震えだし、つかまる棒が欲しいといった瞬間は今回一番の冷たい態度をとっていました。

最後は得意の歌マネglobeを披露して終了です。

という感じで終った今回ですが、まさかのお姉さん登場。

おしゃれイズムらしいサプライズでしたが、お姉さんの気持ちわかりますね。確かにネタが一辺倒というのはわかります。だがそれがバレていなかったんですが今回のお姉さんの指摘でバレるハメに

まあ芸人としてよりも整体師としての収入の方が多いのでまあ問題ないでしょう。あとは今年飽きられない事が重要かなと、久々に現れたおネエきゃらのニューフェイスですからね。

それにしても楽しんご、今年は一体どうなることやらあのキャラですからね、ドラマなどワンポイント起用やそういうキャラとしての役柄も面白いとは思うんですけど、やっぱり微妙かな

さて今回登場したお姉さんですが非常にキャラが面白いです。芸人の家族ってなんであんなに面白いのだろうか?不思議ですね。

68歳のお父さんに高い高いをしてもらっている事実も家族全員みたいですよホント

ということでなかなか面白かった楽しんごの素顔に迫ったおしゃれイズム終了です。

|

« バナナマンの素顔に迫るby5LDK | トップページ | 格付けしあう売れっ子たちを観るbyロンドンハーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事