« 17年で幕を閉じる恋のから騒ぎについて考える! | トップページ | 夏帆の素顔に迫るby新堂本兄弟 »

松山ケンイチの素顔に迫るby嵐にしやがれ

さて本日は松山ケンイチくんが嵐にしやがれに登場したのでそのことについて

では観ていきましょう。

今回新年1発目の収録で、正月にお年玉を貰ったそうです。

その相手はなんとリーダーの大野くん!何で?と聞くと何かをしたいと思った、東山さんがゲスト出演した時に兄貴の心を学んだとのこと。他のメンバーは来年もヨロシクと頼むと「エッ!」と今年上げたからいいじゃない?という雰囲気を出していました。

そんなオープニングトークも終わりゲストの松山ケンイチくんが登場、出演前に松山くんの話をしていたという二宮くん、その直後の登場のためビックリしたそうだが、松山くんが映画の宣伝でTシャツを着て登場したことに二宮くんからのブーイング

年齢を聞くと25歳のため誰よりも年下、映画の撮影中も呼ばれたらどうしよう?と二宮くんに相談していたみたいだが、一生懸命何かないか色々見つけてきたそうです。

まずは噂話しやがれです。

1つ目:合コンがトラウマらしい。コレは本当。合コンに行ったのは二十歳過ぎで人数は7~8人。仕事から後に合流したらみな出来上がっていて唯一素面に女性が近づいてきて、それを観ていた男がニヤニヤしていた状況がイヤになった。

お酒は飲んでは失敗することもあり、飲みすぎて具合が悪くなりその時雨が降っていたのでタクシーを呼んだが降りてすぐ土下座しながら吐いていたそうです。

2つ目:次に挑戦したい役は「木」らしい。人以外のものに挑戦してどんな感じが試してみたいとのこと。スタジオでは木の役をやってそこに大野くん演じる少年が背を測るのに使うシーンを、毎年その光景を見ている木の目線になっていました。

3つ目:ニノと同じくらいドケチらしい。ニノのドケチ具合は調子がいい時は財布を持たず。松山くんは後輩とご飯に行くと奢る。自分の友達にカッコイイ人がいて「俺はみんなに飯を奢るために働いているんだ」と言っていたそうで出来る所は払うと決めているとのこと。

続いては青森の魅力をガツンを魅せる企画です。ゲストはフットボールアワーの後藤さん。

青森には1泊2日でも帰るほど、新幹線が開通することで帰りやすくなった?と聞くも自分は「むつ」出身のため別に新幹線が通っていないからさほど変わらない。

1ヶ条目:そうだったのか青森しやがれ。恒例の教室セットが登場し席に座りまずは青森の地図を見ることに

津軽・下北・三八上北の3つに別れ、松山くんは下北地方出身。軽めの青森の説明を終えたあと問題スタート

1問目:青森の学校や公園には100以上もの○○がある。ヒントは日本の伝統的なもの。答えは土俵。青森県出身の力士が昔から多いのが理由。昔、津軽藩のお殿様が相撲が好きだったからということらしい。

2問目:青森県津軽地方のいなり寿司は○○である。答えはピンク色

松山くんはまったく知らないみたいですがお米はもち米を使用し色づけは紅ショウガ。味付けは大量の砂糖を使い甘めに

3問目:下北弁で「なげっつ」は○○である。コレは松山くんも知っている問題で青森にいるときはよく使っていた、僕自身がそうだからとヒント。松山くんからみた嵐の中のなげっつは二宮くん。

正解は泣き虫。何かあるたびに泣いていたそうです。正しい発言は最後の「つ」を大きめに

他にも通じなかった言葉は「あがさまい」=お上がりください。

ここでイントネーションの違いを確かめるために普通に文章を読んでもらおうとするとまったく訛りなく標準語でした。

2ヵ条目:青森B級グルメしやがれ。ご当地グルメの祭典は青森県八戸生まれで、10年のB-1はトップ10に3つの品がランクイン。

ここでセットをチェンジして八戸せんべい汁、十和田バラ焼き、黒石のつゆ焼きそば、。

10年のB-1で第3位だったせんべい汁を食べた面々は食感を不思議がっていました。松山くんはガチ食いで感想も「美味い」と

牛バラ肉と大量のタマネギを醤油ベースのタレでいためたバラ焼きは白米が欲しい、二宮うくんは卵をかけたら美味しそうと

焼きそばは焼きそばにあえて汁をかけて食べるもので歴史は50年以上。凄いアッサリしていて美味しい

この3つ以外に最近急上昇してきた人気の味噌カレー牛乳ラーメンが登場」。松山くんは青森でCMが放送されているのは知っているが食べたことは無いと初試食すると「複雑ですね~」と松本くんも「何だコレ」と全部引かずに全部が主張してくるそうです。

3ヵ条目:青森Tシャツ作りやがれ。映画出演ごとに自分でデザインしてオリジナルTシャツを作っているという事で今回は嵐の面々と一緒にアイロンプリントTシャツを作る事に

松山くんは映画の宣伝、桜井くんはTHE青森1月29日公開、松本くんは超絶ガンツ、大野くんは超絶MJ(松本潤)超絶、相葉くんは乳首にりんごでヘソに×印のチクリンゴTシャツ。最後の二宮くんはGANTZと青森の融合という前フリのもとがんつの下に相撲取りのプリントがされたTシャツを作っていました。

という感じで終った今回ですが来週の29日には二宮くんと共演した「GANTZ」も公開され、今年も大活躍の予感の松山くんですが

やっぱり強烈なキャラでした。ノルウェイの森そういえば観に行ってないなー完全にタイミングを逃した感じです。

まあそんな松山くんですが今年はいったいどんな映画にどれだけ出演してくれるのか本当に楽しみです。

キャラとしても面白いので何かしらのバラエティのレギュラーでも面白いと思うんですけどねー

話し変わって映画ですがまったく関係ないですがここ最近「実写不可能」と言われる作品がこぞって公開されていることに若干違和感を感じております。まあ面白ければそれでいいんですが

ということで松山ケンイチくん相変わらず魅力的な男でした。

終わり!

|

« 17年で幕を閉じる恋のから騒ぎについて考える! | トップページ | 夏帆の素顔に迫るby新堂本兄弟 »

映画・テレビ」カテゴリの記事