« 第61回NHK紅白歌合戦を観る! | トップページ | 志村&鶴瓶のあぶない交遊録14を観る »

史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ11を観る!

さて本日は毎年恒例のドリームマッチについてです。

かれこれこの大会の感想を書き出してもう4回目になります。毎年色々な変化を見せてくれるこの番組今回はいったいどのような芸人達の化学反応を見せてくれるのか楽しみに観ておりました。今回は今までは中堅のベテランどころだったドリームマッチが一気に若返った感じなので非常楽しみです。

今回もネタと簡単な感想を書きたいと思います。

オープニングにてスタッフに教えられたよりも紙が固かったことに文句を言う2人。今年で7回目を迎える今回、松ちゃんは一人1%の視聴率を持っていれば20%行くがダウンタウンはマイナス14%とボケをかましていました。

そして出場芸人の紹介、ロッチ、ピース、キングオブコメディ、フットボールアワー、サンドウィッチマン、おぎやはぎ、サバンナ、バナナマン、TKO

でてきた芸人達に向かって、出て来てポーズを決めているだけでスベっている芸人がいると松ちゃん。そして浜ちゃんより今回はイチカバチカ枠を決めたことが発表され焦りだす芸人たち

そして現れた芸人が野生爆弾・川島そして椿鬼奴の2人が登場。独特の世界観を持つボケ側にくーちゃん、ツッコミ側に奴さん。奴さんはたくさんテレビを見てきた。くーちゃんはあたしらねと噛み倒す始末。松ちゃん曰く人を笑わそうとする概念がない2人と評されていました。

芸人の紹介も終わりいよいよ恒例のフィーリングカップルですがまずは質問コーナーにて

世には知られていない相方のいい所としてTKOの木本さんは必ず誕生日を祝ってくれる、矢作さんは小木さんは世界の島をよく知っている。綾部さんは意外とギャルが好き。奴さんは川島さんは梅田花月で出番があると気に緊張していた自分をトランプに誘ってくれた

ボケチームへの質問は今のツッコミの人のイヤな所は?設楽さんは本番前に歯を磨くがすぐ口が臭くなる、固いものが食べれない。サバンナ高橋さんは極度の緊張状態で手の平を噛む。富澤さんは毎回3~4分の微妙な遅刻をするこの発言に待つちゃんは初スベリと、岩尾さんは楽屋でエッチな話ばかりする

こんな質問タイムのやり取りも終えフィーリングカップルですが

1回目:伊達さんは小木さんのカップル成立

2回目:後藤さんと富澤さんとコンビ成立。

ここで質問タイムツッコミから平気な顔をして100%の力で人のギャグを披露して欲しい。木下さんは日村さんの貴乃花、設楽さんはダンディ坂野のゲッツ、高橋さんは相方のブラジルの人聞こえますか~、くーちゃんはオレオレと幹てつやのギャグを

3回目:くーちゃんと矢作さんでカップル成立。奴さんとコカドさんとカップル成立。

4回目:設楽さんと高橋さんでカップル成立。今野さんと日村さんでカップル成立。木下さんと綾部さんでカップル成立。木本さんが高橋さんでカップル成立。

5日目:残すところ4人、中岡さんと又吉さんが奴さんを選ぶと中岡さんとカップル成立、そして残った又吉さんと八木さんでカップルが成立しました。

フィーリングカップルも終わりいよいよネタを見ていきます。今回はネタの打ち合わせに1週間の期間が与えられました。

審査委員長は志村けんさん、北川景子ちゃん、佐藤健くん、戦場カメラマン渡部陽一さん、シェフの川越達也さん、佐々木希ちゃんです。

1組目:TKO木下&ピース綾部組。ネタは東野田商店街リニューアルオープンのセレモニーと意気込む組合長の綾部さん、そこで同じ商店街のオダ(木下)がくす玉の紐をちぎってしまっていた。そのヒモを付けないとセレモニーが始められない。そんな状態にも関らず三脚の代わりにハシゴ、自転車、物干し竿とミスを連発するオダさんに綾部さんがツッコみを入れるというもの。だが最終的には木下さんが手を伸ばしたら届くというオチでした。

ネタ終わりに噛んだことを注意した浜ちゃんと木下さん。結局感想の時も噛んでいました。

トップという重圧があったと思いますがやっぱり実力者の2人。ネタ作りの際にM-1決勝を控えていた綾部さんハッキリとM-1と言ったことは印象的でしたが、綾部さんが開口一番に噛むということで心配しましたがやっぱりそこはコントの実力者2人。木下さんはダメなオヤジ役をやらしたら天下一品です。綾部さんみたいに歯切れのイイツッコミとピッタリマッチしていました。

2組目:バナナマン設楽&キングオブコメディ高橋組。ネタはカフェにいる2人、高橋さんがプロポーズの手紙を読むも彼女の名前をダダエ(ララエ)と間違ったりまったく文面が伝わらず。その文面に設楽さんがわかりやすいように色々な言葉や動作を付け足して面白くしていくというもの。

コント職人の設楽さんとキングオブコント優勝の高橋さんなので絶対コントだと思っていましたが、打ち合わせで設楽さんが高橋さんに早口言葉を練習やっぱり滑舌を気にしていた模様。お互い相方に強烈なキャラを持つ2人だけにいわばあまり特徴のない2人がいったいどのようなものを作り上げると楽しみにしていましたがやっぱりスゴイ!笑わしてもらいました。設楽さんの書くネタは相方に一つでも特徴(今回の場合は高橋さんの滑舌の悪さ)があれば面白くできるんだなと関心しました。恐るべし関東のコント職人

3組目:フット岩尾&ロッチコカド組。ネタは桃太郎が鬼ヶ島に行くことにそこで選んだお供が犬・猿・キジ。そんな鬼ヶ島に行く前にお供たちが集まるBarでお供に選ばれた犬(コカド)と選ばれなかった猫(岩尾)。そこで愚痴を言う猫とテンション高めの犬のやり取り

犬と猫の被り物をした2人ですが、松ちゃんに猫の被り物をかぶっても可愛くないといわれる悲しい岩尾さん。そして控え室の芸人に感想を聞く際に八木さんを選んだことに文句を言うコカドさんが印象的でした。

一緒にコントするのが10年以上ぶりというNSCの同期の2人。既に最初の打ち合わせでコントの走り書きを書いてきた岩尾さん。桃太郎のコントってよくある感じですけどその場合は桃太郎を主役にしてお供がとんでもないモノというパターンがよくあると思いますがまさかお供に選ばれた犬と実は選ばれる際に猫がいたという設定、そして選ばれなかった猫と犬の会話を主にするとは、そういう目線がまったくなかったのでスゴイと実際に選ばれなかったらこういう愚痴言ってるんだろうなと想像できる面白さでした。

4組目:椿鬼奴&ロッチ中岡組。ネタは平凡なOL生活を送るユミコ(中岡)、そこに現れた酔っ払いのカンナ(奴さん)。その偶然の出会いから仲良くなった2人の生活について、であった瞬間に歌を歌ったり、異常なほどカニを剥くのが上手いユミコ

ネタ終わり困惑する浜ちゃん、ドラマ「素顔のままで」のパロディーだったみたいです。ノゾミールがミュージカルを見ている用と優しい感想でした。

まったく未知の2人。奴さんって何が出来るの?と思っていたので非常に楽しみでしたが打ち合わせ「歌」というキーワードが出て来たのでレイザーラモンRGとやっているようなネタ?と思っていたらコントというよりはドラマ仕立ての女の友情を見事演じきっていました。まさか途中で歌が入ったり、カニを剥くのが上手いという設定には驚きましたが、奴さん=歌ネタなのでなんか普段どおりの感じで見ることができました。ホント驚きの連続

5組目:サンドウィッチマン富澤&フット後藤組。ネタは漫才、登場から縦に並ぶボケをカマす富澤さん。富澤さんの最近の悩み子供が出来たということで接し方やあやし方など赤ちゃんに関する出来事を主体に繰り広げられる漫才。

松ちゃんはウケたらやったった感を出す後藤さんが気に喰わないというモノの良かったと、渡部さんはドリームマッチの真骨頂で楽しかったと、志村さんも満足です

このコンビは100%漫才だと思っていたので新鮮でした。だが富澤さんとしては10年の徳井さんとの見事な漫才が頭から忘れられないようでなおかつオチ前で噛んだ後藤さんが心配とのこと。それにしても流石ですね滑舌王の後藤さんキレキレですねツッコミが富澤さんも飄々とした顔でボケるのがホント面白い。この2人だったら素人が書いた台本でもアドリブを付け足して面白くできるんだろうなと思ってしまいました。流石は歴代のM-1チャンピオン笑わせて頂きました。

6組目:ピース又吉&サバンナ八木組。ネタは次の営業まで時間がある八木さんが喫茶店に入って休憩中そのカフェは「実カフェ」という又吉さんがオーナーのお店。そこで繰り広げられる実家ならではの出来事から意味不明な展開により起こる接客に対して八木さんがツッコみを入れるもの。

浜ちゃんはツッコミできるところを見せたいという八木さんに漫才の方がいいんじゃない?と言うもまさか漫才のような場面では出来ないと悲しい返答が

八木さんは言わばくーちゃんや奴さんと同じくジョーカーだと思っているので何をしてくれるのか楽しみに見ておりました。だが打ち合わせを見ていて不安がいっぱいでしたが八木さんが書いたネタとういことで逆に楽しみも、ネタとしてはメイド喫茶の設定を実家に変えただけなんですけど又吉さんがオーナーという設定が最高でした気持ち悪さがにじみ出てました。これ逆のパターンも見てみたいです。しきりにYoutubeにアップしようとした又吉さん良かったです。

7組目:おぎやはぎ小木&サンド伊達組。ネタは助手の伊達さんとマジシャンの小木さん。ドラムロールの飛び出すタイミングが合わないことに怒られる助手、だがマジシャンは本ネタの瞬間移動のマジックが出来ないというとんでもない状態に困惑し最終的に互いに激怒しだすも最終的には・・・

ネタよりはマジックの出来に拘ったみたいです。佐藤健くんは漫才が見たかったと、志村さんも一番笑ったのは最初のVTRのゴルフの練習場だったと

新コンビ成立1番目だが互いにやりたいことが違うという2人。いったいどうなると思っていましたが今回は伊達さんが折れたのかコントに、たしかに速いテンポの漫才を伊達さんがやりたいといっても無理でしょう多分。コントであれば伊達さんも対応できるのでオールラウンダーの伊達さんに助けられたのかな小木さんは、選んだ相手を間違えたんじゃないかな伊達さん、でも面白かったですけどね。

8組目:キングオブコメディ今野&バナナマン日村組。ネタは銀行を襲おうとしている2人、日村さんは準備万端だが今野さんは普段着で時間に遅れて登場。遅れてきたのに態度が悪い今野さんに終始キレまくる日村さんだが最後の最後までナメた態度を崩さない今野さんのやり取り

朝の4時から練習をした2人。志村さんは一生懸命さは分かるが最後の「あぁ~」は汚い。だが日村さんはこのコントに最後のオチがないから仕方がないと、相方の設楽さんは笑いが少なかったとそして松ちゃんもそんなにウケてはないとキッパリ

見事なブサイクの2人ですが間違いなくコントだろうと踏んでいました。今野さんのウザきゃら炸裂?と思っていましたけど互いにインパクト強すぎ、なんでだろうかテレビで見ているだけなのに今野さんの態度にイライラを覚える感じ。そこで今野さんのスゴさと改めて感じさせてくれました、それに普段高橋さんが大人しい感じでツッコんでいるのに対して全力でツッコむ日村さんの構図が面白かったです。それに終始今野さんが日村さんの顔をバカにする所も

9組目:サバンナ高橋&TKO木本組。ネタは銀行の客の木本さんと銀行強盗の高橋さん。銀行強盗に巻き込まれてしまった木本さん。だが銀行強盗が木本さんだけにやさしくするので困惑していると原因は木本さんが芸能人と言うことを知っていたため、だが最終的には木本さんも強盗にされる事態にそして・・・

日村さんは今回のネタをみて改めてスベっていたことを気にしていました。

ミスター太鼓もちの高橋さんがいったいどう木本さんに食い込むと思っていたらあまりに太鼓を持ちすぎたので練習もあまりしないということで不安だったが、まさかネタでも太鼓持ちを継続するとは恐るべし高橋さん。なんかコンビを組んだときからコントが始まっていると思うほどの自然さでした。コント中に披露した驚くほどスベった木本さんのギャグにも太鼓を持つ高橋さん恐るべし。だが銀行強盗ネタが続きそうになった時は焦りました

10組目:野生爆弾川島&おぎやはぎ矢作組。ネタは永遠に年をとらない男(15歳のままで止まっている、触れるもの全てに生命を与える)男を取材しに来た矢作さん。そこに現れたのは学生服姿の川島さん、カメラを触るとタコゲソに、その少年こそ年をとらない男!場面が変わって男の自宅へ、男は自宅でご飯を食べだしそれを見守る矢作さん。ご飯を食べ始め取材を開始すると矢作さんの体がとんでもないことに・・・、その後はもう意味がわからん。

ネタ終わりに一番金がかかっているぞと130万掛かったと激怒するダウンタウンの2人。だがくーちゃんは野菜炒めは手作りだからと、ノゾミールは内容が良くわからないがなんとなく面白かった。渡部さんは一か八かで一の方に転んだと思う。小木さんは革命って言われるだけあって見ているうちに引き込まれてデヴィッド・リンチの映画を観ているようだった。日村さんは最後の最後までスベっていたことを気にしていました。

野爆のくーちゃんなんてお笑い界でもかなり特異な才能を持っている人だと思っている僕。本当に一か八かになると気にしていましたがフタを開ければ打ち合わせの段階で矢作さんが川島さんのコント台本に大笑いしているので楽しみにしていました。本番のネタを見るとホント川島ワールドそのもので、自宅に入る時に窓ガラスを割って入った瞬間に噴出してしまいました。それにご飯を作るということでガチで作り始めたりともう分けがわからん。

全組のネタが終わり審査結果の発表です。志村さんより発表された最優秀コンビは5番の富澤&後藤組でした。富澤さんは野菜炒めに勝ててよかったと

北川さんもマイク1本でアレだけ面白いとは、日村さんはどんだけスベったんですか?と最後の最後まで気にしていました。

という感じで終った今回ですが今回は主に若手主体のドリームマッチ。僕としては野爆のくーちゃんがいったいどうなるのか楽しみにしておりましたがやっぱりスゴかった。一応全ネタの簡単な内容と感想は書けたと思います。

面白いなーやっぱりこの番組好きだなーでも昔みたいにネタの打ち合わせが3時間という極限の状態でやって欲しいという思いもあります。だって今回出場した面子だって実力派揃いなので出来ないはずがない。もう一度原点回帰して欲しいと思っています。

その状態で野爆のくーちゃんがどんなネタを仕上げるのか見たいです

僕は一番面白かったのが5組目のサンド富澤&フット後藤組でしたがそこがそのまま優勝すると思っていたので今回は納得でした。今回唯一の漫才でしたからね。ですが最後の野爆のくーちゃんと矢作さんはヤバかった。アレ反則ですこの記事書き終えた後また見ますそして大笑いします。

ということで11年初日から思ってしまいました来年のドリームマッチが楽しみだと

終わり

|

« 第61回NHK紅白歌合戦を観る! | トップページ | 志村&鶴瓶のあぶない交遊録14を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事