« 日テレ羽鳥慎一の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 夏菜の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

植村花菜がビストロスマップにやって来た!

さて本日は植村花菜さんがビストロスマップにゲスト出演したのでそのことについて

昨年の「トイレの神様」の大ヒット、紅白歌合戦出演と人気の歌手ではありますが、その実素顔をまったく知らないということもあり非常に楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

ほとんど始めましての植村さん紅白では一緒だがお話は出来なかったとのこと。中居くんは植村花菜だ~って感じで観たいたそうです。

そんな植村さんですがエビが大好きなためエビを使った料理をオーダー

昨年の紅白については?夢見たいデ、8歳の時に歌手になると決めて練習をしてきた。紅白も毎年見て、ありとあらゆる音楽番組を録画して繰り返し観ていた子供だったそうです。歌手になったのは19歳の頃から作詞作曲をしていて生まれて始めて曲が出来た瞬間にストリートライブを始めたそうです。

大阪の南でストリートで活動していた時に変なおじさんがやって来て話をして歌を聞かせると、オーディションのチラシを見せてくれてオーディションに軽い気持ちで応募したら運よくグランプリに輝いたとのこと。

その人と出会わなかったら今の自分はなかったみたいです。

歌の練習については?テレビ番組を録画して当時流行っていた歌を歌っていた「トイレの神様」は一昨年の秋に完成して去年の春にリリース。曲が始めて流れたのは関西のラジオでフルの9分52秒流れたそうです。

曲の長さについては、長いと思ったことは1回もない。

ここでもっと知りたい「トイレの神様」です。

小学校3年生の時からおばあちゃんと2人暮らしで色々教えてもらったり遊んだ。その中で子供の頃から気立てのいい花嫁になるのが夢で掃除や洗濯を率先してやっていたが、トイレ掃除だけはイヤがってやらなかったとのこと。

そしたらおばあちゃんが「トイレには女神様がいて毎日嫌がらないでがんばって掃除したら、将来その女神様みたいにべっぴんさんになれるんだよ」と言われたので、それを本気でとトイレ掃除をするだけでべっぴんになれるのと言って家のトイレや学校のトイレを率先してトイレを掃除するようになったそうです。

ここで20歳の頃のおばあちゃんとの写真を観て剛くんは「この時は掃除をしていたんですか?」と失礼なことを言うと、実は20歳の時は人生で一番ぽっちゃりしていた時だったそうです。

歌詞:新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを泣いて責めたりもした

当時、吉本新喜劇が大好きで関西では毎週土曜日お昼の12時から毎週放送され、その当時はどんなにダッシュで帰っても頭の5分ぐらい見れないので、おばあちゃんにビデオ録画を口を酸っぱくして頼んで学校から帰ると、たまにランプがついていない時がありその際はおばあちゃんに泣きながら起こったそうです。

当時のおばあちゃんの写真はサングラス姿でかなりワイルドな写真でした。

歌詞:休みの日も家に帰らず彼氏と遊んだりした。

高校生ぐらいの時に彼氏が出来て遊んでいて、その時におばあちゃんも体を壊して外にでることも少なくなり、だんだんと会話もなくなりスレ違いが増えてきたそうです。

歌詞:ひとりきり家、離れた。次の日の朝、おばあちゃんは静かに眠りについた。

おばあちゃんが亡くなった時は人生で一番泣いた。人ってこんなに涙が出るんだと思うほど泣いたそうです。後悔やもっと色々してあげたかったなとばあちゃん孝行が出来なかった自分の不甲斐なさを感じた。

まさか自分のおばあちゃんや家族が亡くなるなんて思わなく受け入れるのが大変だったそうです。

この歌を歌うときはおばあちゃんが近くにいる感じがして歌っているので淋しくなくなったそうです。

剛くんはおばあちゃん孝行出来てないので大事にしたい、吾郎ちゃんも母方が95歳ぐらいでも1人で買い物に行っちゃうほど元気。慎吾くんはおばあちゃんはもういないが感謝しろと言われていた。

吾郎ちゃんはお正月にドキュメントを観て、アップテンポの曲を歌っているのが以外だった、植村さんとしてもこの曲が異色で普段はアップテンポの曲を歌っている。まだリリースしていない歌もあるそうです。

慎吾くんが他にどんな神様がいますか?と聞くと神様系はない。アップテンポな4分前後の曲ばかりとのこと。

話も終えていよいよ試食です。

慎吾くんはエビ寿司三種もり、ボタンエビのにぎり、ドラゴンロール、白エビ軍艦です。ぼたんは生と炙りの2種、そのまま食べた植村さんは美味しいーと、ロールには車えびのてんぷらや桜海老の素揚げが入っているそうで、植村さんの桜エビが香ばしいと、白エビは泡状のポン酢を付けて試食。全部むっちゃ美味しかった!

木村くんはエビマヨ明太子パスタ、エビパン添え。エビパンの下にはバーニャカウダソースを付けて食べ、植村さんは辛いの好き?と聞くと大丈夫ということでパスタにガーリックタバスコをかけて試食スタート。エビマヨとパスタの組み合わせもおいしい!とタバスコもあまり辛くなくて良いそうです。

ここまでの順位は慎吾くん、木村くん。

剛くんはエビとトマトの冷製パスタ。アカザエビ、桜エビを使用。ガスパチョをパスタにかけスープパスタみたいにして試食。相模湾のアカザエビのマリネは軽くゆでただけだが溶ける感じのやわらかさ、パスタもおいしいとのこと。

ここまでの順位は慎吾くん、剛くん、慎吾くん

最後は吾郎ちゃんですがエビチリ坦々麺。エビチリには大正エビ、伊勢海老を使用。普通のモノを作ったと言うことですが、植村さんはエビチリも坦々麺も大好きだが一緒になったのは生まれて初めて、エビチリの大きさに感動するもエビを取るのに苦戦、結局は吾郎ちゃんがエビを捕る事になるも仲居くんがイタズラをして邪魔を

伊勢海老は口に入れた瞬間に頷きながらぷりっぷり。坦々麺もおいしいとだが麺は若干伸びているというと、麺が伸びる前を想像してと吾郎ちゃん

ここで美味しいリアクションですが慎吾くんがトイレの女神様として登場!ずっと歌ってくれてありがとうと言うも想像していた女神様は私ですと、植村さんは羽や髪の毛のクルクル感はイメージどおりだったそうです。

いよいよ順位の発表ですが吾郎ちゃん4位ということで慎吾くんの勝利です。

敗因は伸びちゃったからとのことで慎吾くんはキスのプレゼントをされていました。

という感じで終った今回ですが、感動でしたね。いい話を聞けました。

「トイレの神様」はこうして作られたのか!ということが分かって、ホントおばあちゃんが亡くなった際の話のくだりは正直僕、「トイレの神様」の曲と思い出話のWパンチで涙してしまいました。

僕はおばあちゃんとの記憶がほとんどありません。小学校1~2年生の時に亡くなってしまい全然思い出がないですよね。ほとんど顔も覚えていない感じですが優しい人だったという感覚は今も残っています。

今の自分の姿見せたかったなーとホント思っています。

植村さんおばあちゃんが言ったとおりにべっぴんさんでした。ああいう感じの女性好きだなー!

トイレの神様については、紅白で聞いた時はあまりなんとも思いませんでしたけど、今回のように解説を聞いてしますと今後多分聞いたら号泣です。

植村さんは「トイレの神様」の印象が強すぎるので今後はアップテンポの曲の方が多いと言うことで色々聴いてみたいものです。

ということでべっぴんさんの植村花菜さん、今年も素晴らしい名曲をリリースして欲しいものです。

終わり!

|

« 日テレ羽鳥慎一の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 夏菜の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事