« マツコ&有吉の怒り新党スペシャルを観る! | トップページ | 今田耕司・宮川大輔の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

第20回記念大会人志松本のすべらない話を観る!

さて本日は今回で20回を迎えた人志松本のすべらない話について

前日の人志松本の○○な話にてオーディションも行なわれブルーリバー川原さんが夢を掴み、視聴者リクエストの3人も出演と、色々楽しみに観ておりました。

では観ていきましょう。

河本準一・16回、ケンドーコバヤシ・16回、木村祐一・6回、兵動大樹・8回、小藪千豊・8回、勝俣州和・4回、ほっしゃん。・16回、宮川大輔・20回、ピース綾部・2回、フット後藤・5回、スリムクラブ真栄田・初、ブルーリバー川原・初、千原ジュニア・20回、ガダルカナル・タカ・2回、松本人志・20回

20回を迎えたことに松ちゃんは何回やってもキンチョールと噛み倒す始末。リクエスト枠の3人の綾部さんは全国の熟女に向けて頑張る!真栄田さんは緊張が凄くて緊張の理由は天龍さんがずっと見てくるから、後藤さんはMVPを過去にとったことがあるんでバシっと決めたい!

○○な話し予選会を勝ち抜いた川原さ、前回のMVSのタカさんは東国原さんの話をするかもしれないと

そしてもう1人参戦者がいるということで桂歌丸師匠から紹介されて6代目三遊亭円楽師匠が登場!松ちゃんは物凄く落ち着いているのでビックリ!円楽師匠は41年前の初高座みたいだと、だが前室で座っていた際はベテランホステスみたいだったと松ちゃん

オープニングも終わりいよいよ決戦スタートですが、20面体サイコロ、☆マークは立候補もしくはリクエスト。

1:☆川原さん。小学生の時にコンプレックスがあり小6で身長175センチ顔が老けていた。お父さんとラーメン屋に行き瓶ビールを頼むと100%コップ2つ、少年野球の時に相手チームの監督におたくのチームはどうですか?と聞かれる。そんな小学生の時一番イヤだったのがけんかをしたら無条件で自分のせいにされること、そんな状態の小学生時代に友達のマコがグランドでサッカーをしていたがルールを守らず走り守っていた、その友達が自分にぶつかったら鎖骨が折れてしまった

2:キム兄。去年の暮れのすべらない話の楽屋での話しで、大輔さんが子供が生まれてめでたいという話をしていて、その場所で干支の話しをしていた際に大輔さんが子供のことを喜びながら来年だったらうさぎ年でしょーもない、寅で良かったとうさぎを馬鹿にしていたら、うさぎ年のキム兄がいたので顔面蒼白になり一発ドツいてくださいと言った。

3:☆後藤さん。この間、コンビの存続に関る出来事が起きた、ロケの待機中にコンビ2人でタクシーに2人きり、気まずい空気の中外を見ていたらおじさんが近づいてきて険しい顔で窓を叩き因縁をつけてきら、テレビに出演しているなとケンカ腰に来たのでタクシーから出たら、あまりにデカイおじさんのためビビッていたら、相方の岩尾さんに助けを求めようとしていたら手が震えていてその手の震えを利用して雑誌の袋とじを開けていた。

4:勝俣さん。スターにしきのあきらさんの話でスタート呼ばれているがここ一番決めれない。そんなスターと旅のロケに行った際に喫茶店に入りコーヒーを飲みながら、「やっぱり静岡はコーヒーがうまいな」と、その後に梅園に行って綺麗な景色を見ながらスターが木にもたれながら「ここの梅園は全てが梅だから感動するんだよ」と言ったら柿の木だった。最後旅館の夕食を食べながら旅の感想を聞いたら「旅と人生は似ている、その人生の中でかみさんに出会った。であったかみさんを大切にしないといけないな」とその横に寄り添う椿があり、「俺もこの椿のようにずっと寄り添っていたいな」と言ったら椿が1つ落ちた

5:大輔さん。子供が生まれてが帝王切開で入院していた奥さんに面会しに行ったら、ちょっとでも笑うと傷口が傷むので普通にしていたら、京都からお父さんが来たら奥さんが笑い出した、その理由はお父さんが散髪していた姿がツボに入ってしまい笑いが止まらないので、お父さんを連れて下に行かせて一呼吸おいて再度お父さんを呼ぶと「マーコ大丈夫か」と言った瞬間にまた笑い出してしまった。

6:ほっしゃん。中学生の時実家がド田舎、中学時代中学校でキャンプをしていた時に、カレーを作ることになり、そのチームに吹奏楽部のヨシダくんが、男子だけなので味も関係なく作っていた時に、ヨシダくんのメガネをカレーにいれてずっと煮込んで、その煮込んだメガネをヨシダくんに渡すとヨシダくんはメガネを洗ってきてムスっとしてカレーを食べ始めた際に、ふとヨシダくんを見るとうっすらカレーの色メガネに残ってしまった。そのメガネを2年生、3年生になっても同じくカレーを煮込んだ。だが先生も自分たちも微妙な色の変化のため全然気付かなくなっていて矢先に学校に新人の先生赴任。その先生がヨシダくん所属の吹奏楽部の顧問になりトランペットを吹いているヨシダくんの姿を見て「オマエ形から入るな」と言っていた。

7:円楽師匠。落語界では今東西交流が盛んになっていて。その中の桂米團治さんが高座から降りてきた際に「今日めまいがするな」と言っていて着替えてコンタクトを外していたら右目から2枚出てきた

8:☆ジュニアさん。去年クリスマスイブ、休みのため後輩とお寿司を食べに行った際に1組のに待ち合わせをしていたカップルの男性が後から現れてプレゼントを女性に渡すと喜ぶ女性は喜び、出していいと言うととまどう男性。そのプレゼントが何故か野球グローブ、そんなグローブをハメながら女性が寿司を食べていた。その話しをいいともの増刊号で話した際に自分のことだと気付いた女性が同級生のいいとものプロデューサーに連絡をして、理由を聞いてみると、男性は旦那さんでずーっと野球をやっていた、付き合っている時に「いつか落ち着いたらあなたとキャッチボールしたいわ」と言った言葉を旦那になった彼氏が覚えていたことに喜んでいたということ。

だが兄のせいじさんに話しをしたらウソ付け訴えるぞと言われてさらにウソついてまで笑い欲しいのかとと言ってきたので法廷で戦う覚悟がありますと

9:川原さん。20歳から28歳までイタズラ電話に悩まされていた。電話に出ると男の人が意味不明なことをしてきて1年経った時に非通知拒否にしようと思ったが、どうにか抵抗できないか?考えた時に、相手の傾向は自分が切らないと切らないのでワザとベットの上においてソイツの電話代を高くしようと思って放置し50分後まだ電話を切らずにいたらシーンとしたので声を掛けたらまたイタズラ再開。3年後携帯の機種変更をしたら掛かってこない番号は同じなのに、理由は買い換えたばかりなので非通知拒否の設定なっていたので、もう掛かってこないだろうと思い半年後設定を解除したら半年分のストレスを発散するようにイタズラをしてきた。

10:松ちゃん。2週間前に仕事をしていて携帯に嫁さんからメールが内容は子供をおばあちゃんに預けて買い物をしていますと、仕事を終え帰宅して暇なので普段は観ない携帯のカレンダーを見たら結婚記念日だったそうで、そのことに気付いた際に何もプレゼントを買っていないことに焦ったが、落ち着いて電話をして夕食を食べることになりいつも行っているお店に行く羽目になり、これはヤバいと思ったので結婚指輪をつけてあえて遅れ気味で行ったら嫁さんが座っていたので、指輪を見せながら席に行くと嫁さんが驚いたので「結婚記念日ぐらい覚えているっちゅうねん」と言ったら「10日前に終っているけど」と言われてしまった。その後15分苦笑いだったそうです。

11:円楽師匠。米團治さんの話しで今日は熱いですよと言いながら着物を脱いでいたら実は4枚着ていた。

12:小藪さん。ピーンと張り詰める瞬間の話でチャンバラトリオの山根師匠に殺陣の稽古を教わるため毎日通っていたら、朝8時集合なのに野生爆弾のロッシーの姿がなく、だがそのことを師匠に伝えるも怒ることもなかったが、ロッシーが来るまでピーンと張り詰めた空気の中師匠とお弟子さんが本日の段取りを行なっていた時にロッシーが登場し開口一番謝ると師匠は怒っていないが凄い威圧感が、そして本日のメニューとしていつもよりキビシメの素振りをして床ギリギリで止める稽古のため怒っているのかと思っていたら、お弟子さんが見本をするも2回目で当ってしまったので笑いそうになり、だがお弟子さんは当ってしまったためにまったく見本を見せることが出来ない姿に笑いそうになり、最終的に師匠は「では今のように」と言ってきた。

13:兵動さん。結婚する前に友達5人で遊んでいた際に小腹が空いたのでジャンケンをたら負けてしまい近くのお弁当屋さんに行く羽目に、その際に友達の注文を覚えていられないのでチキン南蛮弁当が一番美味いと説得して買いに行くと、2人組みの男が現れて2人の男の1人がチキン南蛮弁当を頼むと売り切れに、だがその時に2人組みが出てかなくて対面に座ると、自分が頼んだ弁当がドンドン積みあがり焦ってしまったお金を出して行こうとすると「チキン南蛮弁当5つの方」と言われると目の前で売り切れた原因が自分のことだと判明しチキン南蛮が頼めなかった1人が近づいてきて「お前どんだけ喰うねん」と言ってきた。

14:河本さん。破天荒なお母さんが、小学生の時に離婚をしてスナックで働くことに、だが忙しいのに子供の行事には参加してくれていた。そんなある時ラジオ体操に行こうとしたらお母さんもついてきてくれたが、ラジオ体操が始まると寝ていないので呼吸が可笑しくなり中盤のジャンプの時に腕を開いた瞬間にゲロを吐き出した。そんな母が先日、何も言うことを聞いてくれないと姉から電話が掛かってきたとのこと。喘息持ちの母は喋るために言葉尻に「ヒー」と言う状況で、ヒーヒー言っているので病院に行って薬もらってちゃんと生活してと頼んだらヒートアップしてきて文句を言ってきた際にタバコを吸っていた

15:キム兄。中学の卒業式で15クラスぐらいあったので知らない奴がいた。その時にサワダケンジくんという同級生が居たことが発覚!そんな中卒業式の時に1組で1番に呼ばれるサワダくんがリハーサルの時に名前を呼ばれたら「ジュリーやんけ」とバカにしていた生徒達に先生が明日笑ったら承知しないぞということになり卒業式当日、名前を呼ばれたサワダくんに生徒達は大人しくしていたら来賓や父兄が大笑いしてしまった

16:松ちゃん。1ヶ月ぐらい前に車を運転していたらこんなにもか!というほどウンコがしたくなり、とにかくどこかでしなくてはと思い明治通りのスターバックスに車を止めて行こうとしたら近くにあったトイレ行くも電子ロックがかかっていた。だがとにかくアカンと思っても必死に開けようとしていたら脂汗が出てきてコレはダメだと思いスターバックスのトイレに行こうとするもトイレがなく。店員にトイレはどこですかと聞くと「暗証番号○○○○です」と言われてしまった。それいる?

17:綾部さん。数年前築40年のマンションに住んでいた時に、仕事の合間に一度帰ると聞いたこともない音が、奥の天井から滝のように水漏れがしていたので不動産屋さんに連絡をしたら担当者に代わると言われたがまったく出てこず、いざ出たと思ったらまったく関係ない「4.5畳バルコニーあります」と、再度担当を変わると「すいません、18時業者が終っていて、明日伺います」と言われたので「いいから来い」と言い社長に代わってもらい、どうにかしてと頼み込むと誰か行かせますと言われたので待ちながら対応しているも誰も来ず、30分立っても来ないので電話をして対応、10分後に再度電話をして、やっと来たと思ったら80歳ぐらいのおじいちゃんが来たので心の中で「引っ込んでいろジジイ」と思いながら、持っていた杖で天井をつつくを水が全部落ちてきて「ジジイ何やっているんだテメェ!」と思っていたらじいさんが「これは業者を呼んだほうがいい」と言われたそうです。実はそれは社長のお父さんだったそうです

18:タカさん。軍団結成当時の話しで楽屋で着替えをしていた際にラッシャー板前さんが「実は今衣装さんからクレームが来ました」「いいにくいが毎回毎回白いブリーフにシミを付ける人がいる」と、そんなことからお昼を食べながら犯人探しをしようということになるも20代で健康体の人間達が肛門ゆるゆるでない、なので結論は「トイレに行ったらちゃんと拭こう」という決まりをして、再度収録後いちおうブリーフチェックをしたらラッキョさんセーフ、ダンカンさん微妙、3人目は染みのレベルを超えたヤバイ奴だったので本人に言おうとしたら本人が「何を大袈裟なことを言っているの」と言って見たら驚いて、決まりごとについて問いただすとラッシャーさんが「コレはまずいですよ」と突き詰めると犯人が「どげんとせんかいかん」と言ってきた。犯人は東国原元知事だったそうです。

19:円楽師匠。噺家さんは入門当時変な奴がいて、自分の弟子のラッキョがスナックに行った際に自分がとある会社のノベルティとして時計を出していてその時計を欲しいとスナックのママが行っていたので持っていくも電池が入っていなかったので単三電池を買ってきてといったら炭酸3本買ってきた。その時ママが「ウチにも炭酸あるわよ」と言ったが、師匠が許せなくて入れて見ろと行ったら頑張って炭酸を入れようとしていた。

20:ほっしゃん。実家に帰る際の南海電車にて自分の両サイドの2人が立ち上がったので席を寄ろうと思ったら乗ってきたおばちゃんが両サイドに座り話し出したのでイヤイヤながら話を聞いていたら離婚の話になり、ヒートアップしたおばちゃんが耳元で「サカタさん」と言ってきた。

21:☆ケンコバ。おばあちゃんが岡山の人なので幼稚園の年長まで過ごしていたらそこは田舎で天然記念物なども多く、ミミズも30センチぐらいのが出るほどの自然環境だった。その時におばあちゃんが山菜を取りに行くので親戚の子と一緒に3人で行った際に初めて鹿の死体を見てショックを受けていたら、親戚のチエちゃんはショックから泣き出して死体に向けて石を投げたのでおばあちゃんが注意してチエちゃんを命の尊さを諭し、村の若い人に埋めてもらうことにしようということに、その後山菜を取りに行くとおばあちゃんの目の前に山ミミズが現れたのでおばあちゃんが小刀で真っ二つにした姿に向かってチエちゃんが石を投げていた。

22:真栄田さん。沖縄の後輩芸人キャンキャンの玉城さんが、小学校の頃インコを飼っていてそのインコに言葉を覚えさせようと話しかけていてもなかなか覚えず、そのためテープに自分の声を入れて聞かせていたらストレスからインコが騒ぎ出し、その姿を見てかわいそうと思ったお母さんに注意されたので一度外に出したら、コンニチワと言いながら飛んできた

23:勝俣さん。横綱輪島大士さん、横綱を辞めた跡にプロレスラーになった時にタイガー・ジェット・シンと戦うことになったそうで、その際に約束がありお客さんを盛り上げるためイスを振り上げて左に下ろして暴れる部分があると、だが実際その場面になるとタイガー側からか自分側からか分からず一か八か除けたらイスをくらって気絶。そんな輪島さんがプロレスラーになった際に天龍さんと戦うことが多く、その時は天龍さんがボコボコにすると、輪島さん頑張れという感じになりいざタッグマッチになると天龍さんが輪島さんをボコボコニして最後とどめにブレーンバスターを食らわそうとしたら輪島さんが切り返しその姿に盛り上がると実況のアナウンサーが「輪島反撃だ!」と叫ぶと輪島さんが自分の仲間に向かってタッチをした。だがアナウンサーは「輪島怒りのタッチ、ミラクルタッチ」と叫んでいたそうです。

24:真栄田さん。中学の時に朝礼の時に校長がスポーツで活躍している選手を表彰した際に体操をしていた床の沖縄チャンピオンになり、それを表彰しようとした際に校長が「種目床(ユカ)」「種目床(トコ)」と呼んだそうです。

25:小藪さん。中学や高校の時にあまり喋ったことがないが意識しあう異性みたいな人が、学生時代にお葬式の告別式で現場に行くと自分の周りには年上ばかりでいたら、バーコードハゲたおじさんがいて頭を見ていたら夏場に脂が出てきて、カナブンが止まった。そのカナブンが上に上がろうとするも滑ってしまうので奇妙な動きをしていたのでその姿が音符の動きに見えたので葬式にも関らず面白くなりニヤケそうになるのを必死に押さえると気付いたおじさんがカナブンを振り払うも、再度カナブンがおっさんの頭に止まりもがきながら皮膚に足を爪を引っ掛け、まわりに聞けるかぐらいの声でおっさんが「痛た」と言った。その姿があまりに面白かったので笑いそうになるもおっさんが再度カナブンを振り払いカナブンに向かって「死ね」と言ってしまい、自分は笑ってしまい、となりのおばちゃんも笑い、2人で状況を共有してしまったことから会うたびに色目で見てくるようになり、それから数日たち会った際にチラ見されたことに気付いたおばちゃんが浅野温子さんみたいに髪をかき上げていた

26:松ちゃん。ガキの使いの年末スペシャルのグッズが発売していてボタンを押すと○○アウトという音声が流れるおもちゃがあり、そのおもちゃを気に入った娘がボタンを押すとなかなかの確率で「浜田アウト!」と流れるそうです。

ここで大会終了、松ちゃんは今回は名作揃いと、そんな大会のMVSに輝いたのは千原ジュニアの寿司屋んて・・・に決定!ジュニアさんはホントに嬉しいです、これでいき追いつけてせいじを裁判でコテンパンにしたい

松ちゃんは今日は苦労した大輔さんでは間違いなくなかったがと、今回ジュニアさんは1回しか回ってこなかったが、それであの話しが入ってきたので、そうだろうと

という感じで終った今回ですが、人の話をまとめるのはやはり難しいものですが、すべらない話しは面白いです。

今回もすべらんな~

にしてもほっしゃん。久々に観たわ~、東電に対してもの申してから初めて観たかなって感じです。

うん、やっぱり観た覚えがない。てか東電に対してもの申しただけでテレビ番組に出演できなくなる世の中って悲しすぎる・・・

そういうこともあってほっしゃん。が出演するのか心配していたが良かったです。やはり必要な人ですからね。カレーの話もおばちゃんの話しも最高です。

悲しくなるので話を戻して、改めて今回のすべらない話しも面白かったのですが僕としてはあまりに番組が大きくなりすぎたので一度原点回帰で深夜にまた放送して欲しいです。

そんな思いもありますけども、円楽師匠の話はシンプルで面白かったです。タンサンのくだりは単三と炭酸を間違えるんだろうなと分かっているにも関らず、話しが上手すぎてオチがわかっても笑ってしまう話芸の極みを見せてもらった感じです。

ジュニアさんのグローブの話しは色々な番組で聞いていて知っているのに笑ってしまう。そこが凄いオチも結末も全部しっているのにと、まさに滑らない話。

リクエスト枠の3人も流石ですね、綾部さんが会見で言っていた20個用意した話しの中で15個は熟女ですと言っていたので熟女ネタを楽しみにしていたら案外なくて残念、だが下ネタが過ぎたのかな?と思っております。綾部さんの熟女ネタ行き過ぎてますからね。

○○な話しから勝ち抜いてきた川原さん、前日の同じな話で大笑いさせてもらいましたが、やはり面白い!

やっぱりこの番組に出演者は凄いです。ホント笑わせてもらいました。

ですが一番思ったのが松ちゃんが自分の嫁さんとのエピソード、子供のエピソードと家庭を持ってますます笑いのネタが増えてきたなと、なんか嬉しく思いました。松ちゃんは家庭を持ってまた笑いのアイテムを手に入れたんだなと

話しも面白かったですが天龍さんがしきりに「疲れた」と感想で言っていたのが面白かったですけどね。

ということで第20回記念大会の人志松本のすべらない話終了です。

|

« マツコ&有吉の怒り新党スペシャルを観る! | トップページ | 今田耕司・宮川大輔の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事