« AKB前田ドラマに打ち切り説という記事を読んで | トップページ | P★LEAGUE芸人を観るbyアメトーク »

興収1億に届かず予想通り大コケした香取慎吾版の映画『こち亀』という記事を読んで

さて本日はタイトルが長くなってしまいましたが

興収1億に届かず予想通り大コケした香取慎吾版の映画『こち亀』

という記事を読んでです。参考は日刊サイゾーです。

もともとドラマでこち亀が放送された際にも視聴率が著しく悪いと言うことに触れましたが、映画化されると知った瞬間、興行収入を求めていないのかな~?と思ったものです。

放送開始前からなんで両さん役がアニメの声優、舞台でもおなじみのラサール石井さんでないのか?ということでネット上で物議を醸し出したことを覚えています。

とにかく単身胴長、ルックスが不十分であるのが両さん、あくまで漫画の話しですけどね、だが義理人情があり、温かい心を持っている、リーダーシップがあり信念を曲げない。時には大成功するも最終的には失敗など結局は損をするなんとも憎めないキャラクターが僕の両さんの印象です。僕もこち亀の大ファンなのでね

正直、SMAP慎吾くんとは大違いのキャラクターなのです。慎吾くんは身長も180センチ以上ありこの時点でそぐわないミスキャストでありました。まあ両さん並の人情や信念はあるとは思いますがやはり原作が強すぎるためか原作ファンには犬猿されてしまうのはもっともなこと

そんな状態でスタートしたドラマの視聴率は

12.2、11.3、7.6、5.9、6.5、7.6、7.9、11.8%でした。平均視聴率は9.27%

実際のところはこち亀以降の土曜20時枠のドラマはこち亀の平均視聴率を越すことは無かったのですが、あまりに原作人気がスゴイ作品だったためか視聴率のことでも当時、そうとう言われていたドラマです。

視聴率が悪いものを映画にしてもヒットは期待できない。これは分かっていたことだと思うんですけどね~

ホントTBSとジャニーズの蜜月関係恐るべしです。

そんなこち亀もそうなのですが、慎吾くん悲しいかな映画「座頭市」でも結果が残せず、月9でも結果が残せず、そして今回のこち亀が大コケとなると主演級としては致命的です。

悲しいかな慎吾くんに合っているキャラでないんですよね座頭市もこち亀も、だが慎吾くんが役を選んでいるというよりはジャニーズ事務所が決めてしまったので慎吾くんが仕方なくやることになってしまったという感じだと信じたい。

もし自分からやりたいと言ったとしたらチャレンジ精神はスゴイと思うがまったく役柄について勉強をしていると言わざる終えない感じです。

慎吾くんファンである僕としては是非とも何かしら映画かドラマで結果を残して欲しいとは思っています。

とにかく興行成績が伸びない以上、誰かが責任をとらざる終えない気がするがそれが主演俳優などではなくキャスティングした人間や製作サイドだけにならないことを願うばかりです。

こういう時は何かしら勝手な予想なのですが責任を取らされているスタッフがいると思ってしまうので、今回の作品は元々興行成績が望めないことが分かっていて製作したのでということを堂々と宣言して欲しいです僕は

だって誰もがヒットしないと思っていたはずですから

ということで、この映画に携わった人たち全員で09年のキャスティングミスからこの結果になったということを反省して次の作品に向かって欲しいものです。

同じ作品のラサール石井さんバージョンだったら観てみたいですけどね。

終わり!

|

« AKB前田ドラマに打ち切り説という記事を読んで | トップページ | P★LEAGUE芸人を観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事