« 業界女性スタッフ208人が選んだ、この芸人はイヤだGPを観るbyロンドンハーツ真夏の3時間SP | トップページ | 桐谷美玲の素顔に迫るbyひみつの嵐ちゃんパート2 »

7~9月クールのドラマの視聴率について考える!

さて本日は久々にドラマの視聴率について考えてみようかなと

今回は7月~9月クールのドラマでございます。

まず取り上げるのは放送2回目の視聴率から話題のフジテレビ「花ざかりの君たちへイケメンパラダイス2011」です。初回視聴率が10.1%でしたが2話目以降が6.0、7.9、5.5%という散々な結果に

裏番組のTBSドラマ「華和家の四姉妹」13.5、12.5、12.3、11.6%です。前クールの「JIN-仁-」が圧倒的でしたがそれは前回シリーズの続編のため、今回はシリーズもので無いので充分な視聴率ではないでしょうか!

一方のフジテレビは日曜21時枠にドラマが復活して4作目ですがこぞって視聴率が悪く、前回の「マルモのおきて」が高視聴率で勢いに乗るかなと思いきや散々な結果に、このため主演の前田敦子さんは叩かれまくり、放送が続いているにも関らずとあるアンケート結果にで前作の方が良かったが91%と悲しすぎる結果にも

たしかに前作のキャストに比べれば圧倒的に弱いです、前作が堀北真希ちゃんを筆頭に小栗旬、向井理、生田斗真、水嶋ヒロ、山本裕典、岡田将生、溝端淳平などなど、今では連ドラでこの面子を揃えるのは不可能だろうという面子ばかり、彼らもこのドラマ以降にドラマ・映画の主演級の活躍をすることになったので今回のドラマは内容云々ではなく今後ブレイクするのはコイツだ!という見方をするのが1番なのではないでしょうか

そんな日曜日のバトルがあるなかドラマといえばこの枠月曜21時、月9について

今回は新垣結衣ちゃん主演の「全開ガール」視聴率は14.6、9.8、12.7、11.9%という流れに前回は一度も14%を越えませんでしたが今回は10%を切る事態にだが3話目移行10%を越えたのでヨシなのかなと、にしてもガッキーのスーツ姿も好きですけど皆藤愛子ちゃんの保母さん役が可愛すぎる!、アレの姿だけで癒される。

フジテレビ火曜21時「絶対零度」15.4、14.2、13.1、11.3%という流れに今クール唯一の15%越えを果たしたシリーズもの、たしかに前作クールも面白かったですしね、僕としては雨上がりの宮迫さんに引き続き出演して欲しかったんですけど・・・

火曜22時「チーム・バチスタ3」14.2、11.6、12、11.3%と流れ、これまたシリーズものですがフジテレビは医療モノシリーズ好きですね「救命病棟24時」「コード・ブルー」「医龍」などなど、たしかに医療モノは面白い!ことは確かなんですがフジテレビ多すぎるんですよね。1クールに2~3本の時もあるますし

今クールに関しても日テレ水曜22時「ブルドクター」13.9、10.8、13.9、13.8%と平均視聴率では現段階で「絶対零度」に次ぐ2位です。法医学をテーマにしたドラマでありフジテレビのガツガツの医療モノと違って日テレの医療系は産婦人科を取り上げた「ギネ」など1つのジャンルに絞ったものが多いのかな?という印象があります。

同じ医療ドラマでも局が違うため色を変える必要がありますからね。

さてフジテレビに戻りまして木曜22時「それでも、生きてゆく」ですが10.6、9.2、7.4、9.7%という流れに、正直キャストは超豪華なんですがイマイチ視聴率がついてこない印象です。まあ簡単なこと正直内容が重過ぎる・・・

今年に限ってこのドラマはないでしょう~という感じの内容です。フジテレビ木曜22時枠はテーマを持ったドラマを放送しているイメージなんですがそのたびに視聴率が惨敗な印象が強すぎます。

同じ木曜日のテレビ朝日21時「陽はまた昇る」13.5、9.5%という流れ、テレビ朝日といえば刑事モノというイメージがありますが刑事モノをやりつくしたのか今回は新たな視点にて警視庁警察学校が舞台。キャストも佐藤浩市さんや三浦春馬くんなどベテランと若手の有望株がタッグを組んだ印象があります。テレビ朝日のドラマは視聴率が5%を切るものがあったり平均10%を越えるものがあったり裏番組に左右されやすい印象があります。今回は果たして!

そんな刑事モノが放送されているテレ朝のもう一つの刑事モノ金曜23時「ジウ」ですがまだ初回のみで9.4%どんな感じになるのかわかりませんが、黒木メイサちゃんのカッコよさが光るドラマです。まあ人気小説が原作なのでどういう展開を見せるのか期待です。ですが誉田哲也さんの「ストロベリーナイト」は面白かったです。

TBSの金曜22時「美男ですね」10.9、11、8.3%という流れにこの枠はTBSでも特殊な感じの内容を扱うドラマという印象がありますが、とうとう韓国ドラマをリメイクしましたか日本が、若干ガッカリではありますが、今の日本のドラマは小説、マンガ原作が多すぎるので別にいいんですけどね。

最後は日テレ土曜21時「ドン☆キホーテ」ですが11.7、11、8、11.3%という流れ日テレ土曜21時枠はマンガ原作、アニメ、非現実みたいな奇想天外な展開が多い印象ですが、今回も魂が入れ替わるという面白い内容にて松田翔太くんのカッコよさが光っているのではないでしょうか!この枠は平均10%前後なのでいつも通りの視聴率の推移の印象です。

という感じでですねまだドラマはありますが主要ドラマの視聴率を見て着ました。とにかく視聴率が非常に低い印象です。15%を越えたのが1作で1話のみ。

まあ僕もそうなんですけどリアルタイムに観るよりは録画して自分の好きな時間にゆっくり見るスタンスが多い気がしています。

そういえば地デジ化で視聴率はどうなる?的な記事をどこかで観た記憶があるのですが、まあそれは置いておきまして、僕がいつも思うのがドラマによってはすぐに再放送されるので有り難味がない。再放送・DVD化は一切しませんという風にテレビ局は一度やってみてくれないかなと思っております。

1回見逃すともう観ることが出来ないという状況を作り上げて初めて本当の視聴率がわかるような気がします。だって見逃しても再放送みればいいですもの今の現状では

ホント数年前までは20%越えのドラマがあり、90年代は30%を超えていたドラマがまさか10%切るのが当たり前のような時代に来るとは、多チャンネル化など関係ないですしね。

僕はイケパラみたいに新キャストでリメイクしてみたらどうかなと思うときもありますし特に「ロングバケーション」を今の時代に放送したら木村拓哉は、山口智子は?というキャストの想像ができて面白いんですけどね。

一応僕が今回非常に楽しんでいるのは原作は読んでないのでどういう見方をしていいのかわかりませんが「荒川アンダーザブリッジ」は好きです。だって桐谷美玲ちゃんでてますし、今年は出演映画の舞台挨拶も全部観てますしホント可愛くて好き!

ということで最後は思いっきり個人的な好みを書いてしまいましたが、視聴率が悪いからといって打ち切りだけはしないで欲しいものです。

終わり!

|

« 業界女性スタッフ208人が選んだ、この芸人はイヤだGPを観るbyロンドンハーツ真夏の3時間SP | トップページ | 桐谷美玲の素顔に迫るbyひみつの嵐ちゃんパート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事