« フット後藤が語るツッコミ論という記事を読んで | トップページ | 桐谷美玲の素顔に迫るby新堂本兄弟 »

桐谷美玲の素顔に迫るbyA-Studio

さて本日は大好きな桐谷美玲ちゃんがA-Studioに出演したのでそのことについて

とにかく今一番大好きな女優・モデルさんである美玲ちゃんの素顔が観れた面白い内容でした。

では観ていきましょう。

登場した美玲ちゃんですが、鶴瓶師匠は名前は聞いたことがあるが自分の中ではわからなかったと、その後に呼ばれた美玲ちゃん。

千葉の田舎の高校生でオーディション経験もなし、急にスカウトの電話が事務所からあったそうで、絶対に変なところだと思っていたので断ろうと思ったらそれが高校1年生の夏、高校は新学校で大学に行って普通にOLになろうと思っていたと美玲ちゃん。

だが事務所の熱意と内山理名さんの雑誌取材を見学させてもらったことから世界に入ったそうです。それが事務所の手とは知らずにヤラれたと思ったことも

最初は小学・中学の時はずっとジャージで過ごしていたそうで制服で登校してもすぐにジャージに着替え、その格好で遊んでいたが、高校に入るためには猛勉強、それは仲のいい3人の友達がいたから・・・と話していると

大親友のユイ、リョウコ、アヤカの3人に取材をした時の話に

小学校からの大親友である3人は、リョウコちゃん曰くものすごい人見知りで一緒に手をつないで学校に行っていたそうです。学校に入学する時も電信柱にしがみついてイヤがっていたそうだが、そんな子が芸能界に入ったことが信じられなかったそうです。

だが小学校5年生の時に大阪に転向して中学の時に戻ってきた際に性格が全然変わっていたそうで凄く驚いてしまったという思い出話を

実際に美玲ちゃんも大阪に行かないと今の私がない断言。

そんな美玲ちゃんですが今一人暮らしをしているのでよく友達が泊まりに来るそうだが、友達曰くダンボールで生活をしているとのこと。

美玲ちゃん曰くテーブルがないのでダンボールテーブルで生活、気に入ったものが見つからずとりあえずダンボールを使っていた。ダンボールは収納も出来るし、壊れたら新しいダンボールを使えば新品になる、高さもちょうどいい!その生活が1年。でも友達が来る際は新しいダンボールにしているそうです。

そんな美玲ちゃんは今は現役大学生でそれもフェリス女子大学、塾でもお菓子ばかり食べ勉強もせずアンパンマンを描いていたのに納得いかないと友人達が言うと美玲ちゃん自身もあまり勉強していないと認め、寝ている時もいすの上で体育座りをして寝るか、床であぐらをかいたまま寝ていたことが発覚。

それにいくら食べても太らない。一番好きな食べ物が鳥のから揚げ。普通の人よりも細く見えるが、美玲ちゃんは代謝も悪く、汗もかかない、むくみ、肩こりも酷い。と悩みを告白、体重計は1年間乗ってないそうで今は乗るのが怖い。この発言に客席からブーイング!

ラグビー部のマネージャー時代の話では

汗臭い臭いが好きで、ユニフォームとか洗っていたら臭いに対しておかしくなりくさい臭いに興奮するようになってしまい、その経験から臭いで誰が着たユニフォームか分かるようにもなったそうです。

そんな取材をした友人3人は大学生になった今でもセブンティーンを読んでいるそうです。

セブンティーンについては

専属モデルになる前は、カメラテストで紙面に載っただけで大反響がありその3ヵ月後には専属モデル。美玲ちゃん自身は当時は榮倉奈々さんなどがいてこれに自分が載っていいのと疑問に思ってしまったり、ポーズも謎のお金ポーズばかりしていたと当時の思い出を語っていました。

今回は編集者の成見さんなどに取材をした際に、当時、成見さんはモデルとしてなにか特徴を持たそうとしたそうで、その際にゆるくてカワイイで行こうと決めたそうで、それをきっかけに美玲さんの生活というコーナーを実施、それが支持を集めることに今発売している2冊が15万部のヒット!食べても太らないのでコーナーでも食べまくり、手書きでのコメントも自身で考えているそうで、これをきっかけに撮影が楽しいと思うようになったとのこと。

そんな思い出のセブンティーンの卒業については寂しすぎて考えたくない。考え出したら泣いてしまうので今は楽しんでやればいいと思っている(8月30日に卒業式が実施)

今の自分の立場には不思議だと、主演映画2本については

乱反射はメッチャかわいいと師匠、スノーフレークは美玲ちゃんはドキドキしながら撮影していたそうです。

プロデューサーの松岡さんとは最初はモデルだから・・・とあまり良いイメージを持っていなかったそうだが、喋るとすぐに好きになってしまう人で現場でもすぐに馴染んでいたそうです。

映画以外にも今はドラマ荒川アンダーザブリッジでは金星人役を、師匠の息子もラストサムライの役と競演中とのこと。

家族について

弟はメッチャイケメンと師匠、美玲ちゃんはイケメン?という感じで、似ているという人と似ていないという人がいると、そんな弟はサッカーをしているが、田舎で育っているのですごいダサい。弟は東京に行かなかったので髪も服にも興味がないので母親と一緒にコーディネートをしたこともあったそうです。

家族の話からペットの話になると、なぜからんさん(チワワ)もカワイイと師匠、美玲ちゃんも驚きながら話を聞いていると師匠が抱えている写真ですが、さらにお母さんもメッチャ綺麗だと言うと驚く美玲ちゃん、お母さんは娘が芸能界に入るとは思わなく、お父さんもよく分からない世界だから止めなさいと思っていたことも

お母さんの受験をして欲しいと思っていたそうで、大学に行こうとした際に恩師の山口久美先生にも進学しなさいと言われたそうで山口先生は出席日数なども計算してくれて進学の準備を支えてくれ英語の授業の補修などもそれに関しては他の先生達もすごい協力してくれたそうです。学校側では史上初の出来事だと言われたことも、だが学校に入った理由がセブンティーンを読んで入学してくれた子もいるよということに美玲ちゃんは喜んでいました。

今の状況については

よくわからないが応援してくれる子がいて、手紙やブログにコメントしてくれることがうれしい、頑張ればいっぱい見てくれるし応援してくれること一緒に頑張っていけるようになるのがうれしく、それが支えになっている。と

学校の進路指導室のホワイトボードにも美玲ちゃんは行く度にコメントを残しているそうで、そこには後輩からの返事のコメントも書いてありました。

家族の話に戻ると

今お母さんが楽しみにしているのがパリ旅行、親と2人で旅行に行ったことがないが今までお世話になったので、お母さんはイヤなことがあって相談するとすぐに同情してくれるし背中も押してくれるうれしい存在。

だがお母さんが年齢を公表していなかったにも関わらずラジオで言ってしまったため怒られてしまったそうです。

最後はセブンティーンの編集者成見さんや読者にコメントとして

ほんとに何にも分からないと子から始まっていてただの田舎の高校生だった私をセブンティーンで色々経験し、どんな現場でもセブンティーンに帰ってくれば安心でき、いつも楽しい時間だったと思いを語っていました。

最後は師匠の語りです。

人は変わる、自分が人見知りだったりイヤだと思っていた子が変わる、それは自分を愛してくれる人がいるから、それが実感できるから、自分がその人たちの力になりたいと思える、愛されるというのはほんとに大切、今は完全に仕事に向き合っている姿勢が桐谷美玲を支えている、これから桐谷美玲はすごい女優になっていくと思う

という感じで終わった今回ですが

美玲ちゃんですが今年は「ジーンワルツ」「ランウェイビート」そして先週公開された「乱反射/スノーフレーク」と出演作品の舞台挨拶と3回ほど観ておりますがホント可愛くて可愛くて、スタイル・ルックスともに好きであります。

僕は好きな女優・モデルなどたくさんいますけど今年は間違いなく美玲ちゃん押しで行こうと思っております。毎年押すタレントが違って大変です本当に、一応ずーっと応援しているのは長澤まさみちゃんと歌手の中島美嘉ちゃんです。

そんな美玲ちゃんですが今後は「うさぎドロップ」「逆転裁判」「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」んど出演作が目白押しと今年・来年と非常に楽しみです。

一応、先週公開された主演作についても感想を書きましたけど、本当にいい作品です。ファンの方もそうですがファンでない方も見に行く価値があります。

美玲ちゃんファンだから言うのではなくホント面白い作品ですし、青春時代を思い出せる内容です。僕は乱反射をお勧めします。

今はHDDにも桐谷美玲ちゃんの名前を登録しているので停電がない限り録画を勝手にする状況ですしね、近く新堂本兄弟にも出演するみたいですしねブログを読んでいると、これで桐谷美玲スペシャルディスクを作成しようと思っております。

ということで桐谷美玲、師匠が言っていたとおり今後素敵な女優になると思います。セブンティーンを卒業してもティーンのカリスマ、そして女優としても大活躍して欲しいと思います。

終わり!

|

« フット後藤が語るツッコミ論という記事を読んで | トップページ | 桐谷美玲の素顔に迫るby新堂本兄弟 »

映画・テレビ」カテゴリの記事