« 大竹しのぶの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 興収1億に届かず予想通り大コケした香取慎吾版の映画『こち亀』という記事を読んで »

AKB前田ドラマに打ち切り説という記事を読んで

さて本日はまさかこのタイミングでこの記事がという記事を読んだのでそのことについて

その記事は

AKB前田ドラマに打ち切り説

という記事

これはマジかも?という思いがあったので記事を読んでいくと、記事抜粋

前回放送では7.5%と、5.5%を記録した前々回から回復を示したものの、再び6%台に転落してしまった。初回放送では10.1%を記録したが、以降、10%台に達することはなく、5%から7%を行ったり来たり。平均視聴率は7.4%と苦戦を強いられている。

 さらに、フジテレビのオンデマンドでは、権利上の都合を理由に、同番組の第1話と第2話、第5話の配信を一時的に停止した。これらのことも含めてネットでは、「番組打ち切りが間近ではないか」という声まで飛び交っている。このままでは“女優・前田”に対する評価も下がりかねない事態。果たして前田の巻き返しはあるか、今後の動向を見守りたい

ということだが

うーん、たしかに視聴率が低いドラマが打ち切りになったことは過去あります、僕の覚えている限りではテレビ朝日の「4姉妹探偵団」と日テレの「神の雫」ですかね、もっとあると思うんですが印象に残っているのはこの2つです。

両方とも視聴率低迷という理由でありますが、フジテレビで打ち切りというのは僕の中では印象に無く、これは相当大事だなと感じております。

僕自身はフジテレビが日曜21時にドラマを復活させたこと事態になんて無意味なことをと、マジか?と

この枠は2010年10月クールから放送開始、タイトルと平均視聴率ですが

「パーフェクト・リポート」平均視聴率6.66%「スクール!!」平均視聴率9.15%「マルモのおきて」平均視聴率15.76%、そして今の「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~」平均視聴率7.37%(6話時点)

現時点ではパーフェクト・リポートを上回っています。いちおうパーフェクト・リポートの全話の視聴率ですが

7.7、7.9、7.6、9.7、6.0、5.6、5.6、6.1、5.4、4.7という結果です、最終回がまさかの最低視聴率ということにキャストも松雪泰子さんを筆頭に、小出恵介、相武紗季、遠藤雄弥、小柳友、要潤、小日向文世と豪華な面々だったんですが・・・

当時のTBSドラマは小栗旬くん主演の「獣医ドリトル」平均は13.46%でした。

ではイケメン☆パラダイスはというと10.1、6.0、7.9、5.5、7.5、6.2%という感じでパーフェクト・リポートよりは上なんですが何故かこの番組の存在が忘れられているのか?何故か低視聴率の槍玉に挙げられる悲しさがあります。

正直、打ち切りはないと思うんですけどね、実際に今の視聴率よりも悪いドラマがあったんですから、まあ4.7%より低い数字さえ取らなければ大丈夫だとは思うんですがフジテレビ側だどう考えているかですかね。

ですが確実にあっちゃんが主演では視聴率が取れないというレッテルが貼られる可能性があり、今後女優・前田敦子として活躍は難しくなる可能性もあります。

ホント、ドラマの視聴率は主演にかかっているということもあるんですが、本来は脚本に問題があるわけで、今作に関しても前作と比較しては本当はカワイソウなんですけどね、リメイクまでの期間が短すぎましたね。

まあ地デジになってドラマの視聴率の測定方法も変化が訪れる気がします、現在の視聴率も全国27地区、6,600世帯(うち関東地区や関西地区は600 世帯)。、『リアルタイムの放送で』『自宅で』『据え置きのテレビで』という限定条件のもと測定されたものですから

だってAKB総選挙から単純に考えるとあっちゃんに投票しただけで14万票あったんですから、同じ人間が2票いれたなど色々差し引いても10万票くらいはあったはず、その人数が全員見ていれば視聴率も違うはずですしね。あくまで単純計算での話しですが

ということで今後、視聴率の測定方法が変わり視聴率測定がどのように変わるか非常に楽しみです。

ということで打ち切りが囁かれ始める状況ではありますが、あっちゃんの主演ドラマの動向楽しみです

終わり!

|

« 大竹しのぶの素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 興収1億に届かず予想通り大コケした香取慎吾版の映画『こち亀』という記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事