« 第3回芸人ドラフト会議を観るbyアメトーク | トップページ | 濱田龍臣の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

桐谷美玲主演映画「乱反射/スノーフレーク」を観て来ました!

さて本日は桐谷美玲ちゃんの主演映画「乱反射/スノーフレーク」を観て来ました!

とにかく舞台挨拶での美玲ちゃんの姿が楽しみにで行って参りましたが、もう浴衣姿が可愛すぎてヤバかった!ブログでもその姿が観れます。

今回の舞台挨拶には美玲ちゃん以外にも三浦貴大、青山ハル、白石隼也、谷口正晃監督が登壇

全員浴衣姿でしたが紅一点の美玲ちゃん何度も言いますがチョー可愛かったです。

ストーリーですが記事を抜粋させて頂きます。

映画『乱反射』は短歌の才能に秀でている女子高生が、生まれて初めて誰かを思う気持ちを短歌に詠み、初めての恋を知る姿を描く青春ラブストーリー。映画『スノーフレーク』は幼いころ亡くなった大好きだった幼なじみの男の子のことが忘れられず、彼の死の真相を探る女子短大生の姿を描く、ミステリアスな風合いの青春ラブストーリー。

作品の感想ですが「乱反射」は

男性目線で言えば高校時代に自分の彼女が短歌にて新人賞を獲得するまでの才能があったら?ということが重要な感じであり、今作も短歌をしていた為に・・・、という展開あり、初めて本気で好きになった人に告白したのに・・・という展開だったりと

ハッキリ言いましてハッピーエンドとは行きませんが、失恋したての人間が見ると改めて自分が本当に好きだった人、自分を支えてくれていたのは誰か?など色々感じれる映画のはずです。

各言う僕も仲の良かった女の子とケンカというかなんというか・・・と色々あるため非常に身に染みた映画になりました。

もう一作品の「スノーフレーク」ですが、幼なじみの死の真相を探るという話しだったので、昨年?ですかね。北川景子ちゃん主演映画「瞬き」の時と同じような印象を受けましたが、ミステリーだけあってドキドキするシーンもありました。

こちらは結果がハッピーエンドになったので非常に良かったです。

そんな2作品ですが今回の舞台挨拶は「乱反射」上映直後の挨拶でした。司会は誰かアナウンサーが来ると思いきや2作品を担当したプロデューサーでした。

しゃべりがやはりオッサンらしい感じでしたけども、美玲ちゃんの姿を観て全て洗われましたね。

舞台挨拶の内容についても記事を抜粋させて頂きますが

最初は美玲ちゃんは自分が2本立て続けに出てくるので飽きちゃうのでは?と心配する一面があったり、「乱反射」では高校生役なので20歳を越えていたため初々しさをどうだせばいいか考えたことや、「スノーフレーク」は短大生役だったこともあり芯が強くて、頑固で負けず嫌いという自分に近い感じだったと役作りについて振り返っていました。

ここからは記事抜粋

谷口監督が「最初はふわっとしたフレンドリーな感じでしたが、撮影が始まると根性が凄かったです」と褒めたたえると、三浦も「すごくガッツがあって、見ならわなければと思いました」と桐谷の女優魂を大絶賛。しかし、続けて三浦が「でもお腹がすいたときには『唐揚げがない』って騒いでいましたよ」とかわいらしい一面も明かすと、桐谷は「お腹すいたって言って持ってきてもらいました」と恥ずかしそうに振り返っていた。

他にもですね

「乱反射」にて滝に入るシーンがあり美玲ちゃんは冷え性なので滝に入っていると足が動かなくなるぐらい寒かったと撮影当時の思い出を語る場面も、同じく滝に入った三浦くんは腰まで浸かっているのでそうとう寒かったと当時を振り返っていました。

その後に司会のプロデューサーが汗もかかないしねと美玲ちゃんが出演した「ひみつの嵐ちゃん」で言っていた新陳代謝が悪いという点に触れる場面もありました。

他にも記事抜粋ですが

舞台あいさつでは恋愛トークも繰り広げられ、桐谷は映画にちなんだ理想の初デートの相手を聞かれると「ひっぱっていって欲しいですね」と年上の頼れるタイプが好みと告白。一方、もし登壇者の中で結婚するなら誰かと問われると、イケメン俳優3人をさしおいてまさかの谷口監督を指名し「温かく守ってくれそうです」

という男性陣と美玲ちゃんの恋愛トークもあり非常に盛り上がった展開になりました。

最後は「乱反射」で短歌をする主人公にちなんで五・七・五・七・七で出演者が1行ずつ書いた詞を繋ぎ合わせて映画について語る場面なども、だが白石くんが最後の五字をしく字ってしまう場面も、美玲ちゃんから夏映画~と上手い事言っていたんですけどね。

その後は美玲ちゃんが作った「乱反射 スノーフレーク~、志摩・真乃・美玲 誰が好き」というような短歌を披露、見事場を締めて舞台挨拶終了です。

すいません、美玲ちゃんの言った短歌が思い出せず・・・、真ん中の七がまったく思い出せずで

とにかくですね。今回は全部美玲とかかれたうちわなども配られましてそちらに関しては持ち帰ってまいりました。パンフレットは購入せずです。

とにかくですね、どういう人に観て欲しいというよりは美玲ちゃんが好き出なくても作品の内容には共感できる場面があると思います。全員とは言いませんが5割の人はこういう恋愛を体験してきたんじゃないかな?と「乱反射」を観れば思い出せます。

どちらかというと「乱反射」の方が僕は好きな作品でした。後男目線で言うと「乱反射」では美玲ちゃんの水着姿が観れます。ホントスタイル良すぎ

ということで桐谷美玲ちゃん今後も色々な作品に出演してくれることが楽しみです。

|

« 第3回芸人ドラフト会議を観るbyアメトーク | トップページ | 濱田龍臣の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事