« ヘキサゴン打ち切り回避という記事を読んで | トップページ | かわいさ日本代表!にしたい若手女優ランキングを観る! »

さんまとたけし紳助を語るという記事を読んで

さて本日はさんま師匠とたけしさんが紳助さんについて語ったという記事を読んで

2人と紳助さんの関係ですがさんま師匠と紳助さんは同期で親友という間柄、たけしさんはMANZAIブームの時のライバルという感じですかね。

今回記事を読んでいて、ここから記事抜粋

番組は26日に都内で収録された。さんまは冒頭、「今週は、吉本的にはいろんなことがありましてねえ」と、自ら紳助さんの話題を始めた。ただ、「会見でも親友だと言ってもらったみたいですが、本人とはまったく話してません。大事な話は一切しないんですよ」と、詳細な内容については口にしなかった。

その後は「会社から『さんまさんのところに記者が行くと思うから、よろしく』て言われてたけど、誰も来えへん。偉いさんに『親友として、記者会見開かせや!!』て言うたった」、「(写真誌の)『FLASH』が昨日、やっと来た。『悲しいですよね』って聞かれたから、『うれしいわ、アホ!!』って答えたわ」と寂しさを隠すように爆笑トーク。

自ら話しをフリ、記者からの際どい質問を避けたという所であろう、流石です。そもそも当日、もしくは翌日にはさんま師匠のコメントが何かしら発表されると思っていたんですがコレには驚きました。タイミングが無かったのかそれとも各週刊誌が取材にいけなかったのか?

それはさて置き、さらに記事抜粋

「(ナイナイの)岡村から『どうしましょう』って電話があったから、TBSの『(紳助社長の)プロデュース大作戦!』はお前にやるから、ネタ考えとけって言うといた」、「連絡も取ってないですけど、いろいろ調べて、これからラジオで言うことにしますわ」などと“独演会”は約10分間続いた。

それでも、番組中盤では「紳助の気持ちは、よくわかるねん。俺も(芸能界を)辞めたろと思うことは年がら年中や。元気なうちに辞めたいと思ってるんやけどね」と複雑な気持ちを垣間見せた。74年に吉本入りしたかけがえのない同期だった。ネタにしたのは“戦友”を気遣う、さんま流エールだった。

引退することについて自身の考えを語ることなんて今までなかったので、意外な感じに驚きです。死ぬまでテレビに出続ける人だと思っているので、そんな師匠に対して常々引退して欲しいとお約束の発言をするナイナイの岡村さんもさんま師匠の今回の件について連絡したことが判明、今後の展開を伺わせましたが

実際の所プロデュース大作戦に関しては番組名に当人の名前が使われているため打ち切りになるという方向で進んでいるという噂であります。いきなりタイトルを変えて存続させるのは違和感ありますし、紳助さん主導の企画も多数あったので番組内で当人が一切関っていませんという手法はとれずということでしょう。

他番組に関しては当人の名前が無いため存続しやすいみたいです。

さんま師匠に関してはこれ以降、紳助さんのことを語ることはないような気がしますけど、何かしら笑いのネタとしてトークの間に使う感じはしています。特に暴力団という言葉が出てきた時にネタとして使うかもしれませんが、流石に今回ばかりは吉本本社に止められているかなと、それにコンプライアンスを遵守すると吉本本社が宣言しましたからね。

そんな二人が近年絡んだ映像はフジテレビの27時間テレビぐらいしかなかった印象ですが、同期ならではの思い出を話す姿は非常に面白かったです。ラジオではさんま師匠は芸能界に帰ってきてもいいと言ったみたいですけど

一方、今度はたけしさんですが、記事抜粋

TBS系報道番組「情報7days ニュースキャスター」に出演。暴力団関係者との関係を理由に芸能界から引退した元タレントの島田紳助さん(55)について「漫才ブームの頃の紳助しか知らないからな」と話すにとどめた。

ということでまあ観てたんですけど、そもそも近年2人の間にはあくまで雑誌だけの情報ですが不仲説がありました。

たけしさんが紳助さんをよく思っていないという感じだったんですけど、僕がテレビを観るようになってからたしかに2人が絡んだ映像を観た覚えがないんですよね。

記事を読んでいたらたけしさんも以前、関係者から会いたいというオファーをされたみたいだが断り切れず公の場であうことを前提に黒い交際を回避したということもあったそうです。

これは流石です。たけしさんの方が表立ってフライデー事件みたいに騒ぎを起している感じですが、芸能界の闇の部分というのかなんというのか関係を持つというのはタブーと意識があったということでしょう。

お笑い界のTOP2の紳助さんとの関係がわかる非常に面白い感じでした。

ということで残すはダウンタウンの松ちゃんがどうコメントを発信するのか、それともしないのか?という所に注目していきたいと思います。

終わり!

|

« ヘキサゴン打ち切り回避という記事を読んで | トップページ | かわいさ日本代表!にしたい若手女優ランキングを観る! »

映画・テレビ」カテゴリの記事