« トイレの紙様芸人を観るbyアメトーク | トップページ | さんまとたけし紳助を語るという記事を読んで »

ヘキサゴン打ち切り回避という記事を読んで

さて本日は無事打ち切りが回避されたというフジテレビのヘキサゴンについてです。

引退会見からずーっと何かしらの紳助さんの話題が多い状況ではありますが、その中で1番気になっていた点の答えが出た感じです。

僕の感想としてはやっぱり視聴率とりたいんだなーというところ

フジテレビがヘキサゴンの代わりに放送した番組の視聴率が10%に満たなかったことや、いち早く日テレが行列と深イイ話しを継続して放送するということも理由としてあるみたいです。

そりゃー紳助さん1人で視聴率を稼いでいた番組ではないですから、せっかく視聴率が計算できる番組を1人のミスで潰すことは勿体無いということなんだろうと

やっぱり視聴率ってテレビ局にとって重要ですからね~、ですがそんな視聴率に関しても昨今、本当に正しいデータなの?ということもあるみたいで

それは結局は測定器が付いている機械でリアルタイムに観られているものしか測れませんから、録画、パソコンなど測定できないみたいですしね。

そんな視聴率に踊らされるわけです。テレビ局は

ビデオリサーチが悪いのか、まだまだ設備投資が足りないのか

話しがズレましたので戻しますが、ヘキサゴンがあってブレイクしたタレントは多数いますからねー、そのタレントたちにとっては命拾いしたのかなと言っちゃ悪いがろくに芸もないような人たちばかりですからね。

そんな紳助さん関連の番組は現状、記事抜粋

「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)は、吉本の後輩、東野幸治と宮迫博之が隔週で担当。「人生が変わる1分間の深イイ話」(同)はフリーアナウンサーの羽鳥慎一で最終調整。「開運 なんでも鑑定団」(テレビ東京系)は吉本の今田耕司が代理を務める。

という風に結局は吉本勢それも中堅どころが抜擢されました。紳助さんがゴールデンで持っていた番組が空くというかなんというのか変化することで若手にチャンスが巡ってくるかなと思っていたのですがやはり若手じゃ荷が重いということでしょうか

ですが紳助さんの番組に出演していなかった人が今後、ゲストとして出演することを考えるとなんか楽しみになってきたかも

もしかしたら、さんま師匠が何かしらの番組に出演してくれる可能性も考えると僕はかなり楽しみであります。

まあ紳助さんによって生かされていたメンバーが多数いるヘキサゴンが今は1番注目ですかね、ヘキサゴンファミリーないで司会を回して継続させるという方向らしいですし

ということで島田紳助引退、まだまだ面白いことになりそうです。

終わり!

|

« トイレの紙様芸人を観るbyアメトーク | トップページ | さんまとたけし紳助を語るという記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事