« 濱田龍臣の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 魁!男塾芸人を観るbyアメトーク »

渡辺謙の素顔に迫るbyしゃべくり007

さて本日はまさかこの人が出演するとはということで

渡辺謙さんがしゃべくり007に出演したのでそのことについて

では観ていきましょう

オープニングにてお客さんの元気な姿に驚く名倉さん、猪木さんの名言について語る上田さん、元気があれば何でも出来る!この言葉について語ると、元気が無い泰造さん、名倉さん、福ちゃんが有田さんが猪木さんのマネをして元気をもらっていました。何故か泰造さんが3発のビンタを受けていました。

そんなやり取りの後に渡辺謙さんが登場!驚きを隠せないメンバーですが謙さんから握手をしてもらい興奮冷めやらないメンバー

猪木さんのモノマネをして待たせたことに後悔するメンバーですが、スペシャルの時の方じゃないの?と、だが謙さんは上田くんがこんなに偉くなる前に大河ドラマにて付き人をしていたそうで、1ヶ月毎日の実に連れて行ってもらい、一度飲みすぎて戻した際に謙さんに掃除をしてもらったこともあったそうです。

そんな謙さんが掃除をした話しを100回近くしていると上田さん。一緒にいた時に毎日ご飯に誘われた上田さんは恐れ多かったが、謙さんからみたらまったくそんな態度でなかったそうです。

そんな謙さんですがしゃべくりを毎週見ているそうで、今朝はしゃべくりに出演している夢をみたとのこと、その夢では唯一有田さんの名前だけが思い出せず、30分ぐらいずーっと考えるも思い浮かばずパソコンで検索したそうです。

改めて渡辺謙さんです。

謙さんはいつか出たかったと、上田くんに会いにね!と

謙さんがひな壇に座っていることについて、謙さんは初めての経験だそうで、観ていることについては嫁さんとガハガハ笑って有田さんのパートを観ているそうです。

謙さんに会うのは上田さん以外初めてだそうで、謙さんが持つメンバーの印象は

名倉さんのイメージは上田くんがいるから気楽にやっているが基本はまとめる

ホリケンさんは滅茶苦茶さが好き!

福ちゃんは徳井さんとコンビだってぐらい。

泰造さんは役者としてNHKとかガッツリ出ていて結構殺気がある。なかなか俳優で殺気は出せない、元々この人には殺気があると、一緒にやってみたい1人とのこと。

有田さんは、ここで何故かテッペイ・アリタモードにてカッコつける有田さんですが、1番怖い目をしているのは彼。

上田さんは近所の子が偉くなったなぁという感じ、付き人時代の別れの際に謙さんが被っていた帽子と自分の帽子を交換して欲しいと伝えると好感してくれてサインももらったが、3日後にアルマーニの帽子もプレゼントしれくれたそうです。

ハリウッド映画については

ラストサムライの時に英語の勉強をしたそうで、それは取材などのための勉強。撮影中の会話は全員外国人ではなく自分が外国人のため間違っていても喋ったほうが受け入れてくれるそうです。

現場では笑いも取れるそうで、手法としてはちょっと外す、ボキャブラリーを外すよりはずっとずらすと独特の感覚を、インセプションの時は監督に「ジェームス・ボンドみたいにやってくれ」と言われた際に「ボンドガールはいないけどね」という感じで会話をしたそうです。

受けた際はキモチいいそうだが、相手の会話は6、7割ぐらいしかわからない時もあるそうです。

泰造さんと謙さんとの競演については

ハリウッドに行くためにはどうすればいいの?ということで泰造さんはハリウッドを子供の小ころから夢を見ていたそうですが

アカデミー賞の会場では自分がノミネートされた際は始まってすぐに助演男優賞の発表であっという間に終ったそうだが、その後の流れはドキドキせずに楽しめたそうです。

ハリウッドについては

行くつもりは無かった無理だと思っていた。自分よりも殺陣が上手い人がいたが、オーディションでは二日酔いで行ったそうで、1回目のオーディションではまったくないと思ってお酒を飲んでいたら、マネージャーから次の日に帝国ホテルでオーディションがあると伝えられ酔いながら台本を覚えて現場に向かったそうです。

選ばれた際は初対面から決めていたと言われたそうですが、初めての作品には戸惑いがあり英語のセリフで日本人役。現場でも日本ではこういうことはしないなど伝えたそうで、そのためには自分の立場など含めて知識を勉強しなおしたとのこと。

ハリウッドスターの連絡先については?

ハリウッドの方には入っているそうだが、ディカプリオは知っているがトム・クルーズは知らない。だが相手に電話はせずメールだそうでこの間の地震の際にはお礼のメールなどしたそうです。

共通点の話は

サウナが好きな謙さん、一汗かいたらでるそうで、サウナ好きの泰造さん興奮して話しサウナについては僕が勝っていると勝ち誇っていました。

続いては日本を代表する国際派俳優渡辺謙の華麗なるプロフィールです。

現在51歳でラストサムライの際は42歳。現在の名倉さんと同い年

その頃は経験値・体力・知識がマックスだったので今やれといわれたら出来ない。87年の独眼竜正宗の時は28歳。

経歴も独眼竜正宗は平均視聴率39.8%で歴代大河トップ

映画「シャンハイ」が8月20日に公開、ラブサスペンスだそうで、ジョン・キューザック、チョウ・ユンファなどが出演。

ここで謙さんから持ち込み企画があるとのことで渡辺謙が選ぶ渡辺謙の映画ベスト3です。

第3位:ラストサムライ(2003年)、道を開いてくれた衝撃的な作品だったがこれがファーストステップ、撮影が8ヶ月と長かったがスタッフとは家族みたいになれたそうで、最後の戦いのシーンだけで1ヵ月半かけたそうです。

第2位:インセプション(2010年)、同じ監督に呼ばれたのが初めてでなおかつ自分のポジションを与えてくれた。作品の内容については最初台本を読んでもイメージが出来なかったそうで、スタッフも大変そうだったとのこと。

第1位:硫黄島からの手紙(2006年)、ラストサムライはフィクションだったが硫黄島は相当近い歴史だし戦争の話し出し、ラストサムライは日本の人が観て駄目だよと言ったら恥かしいが日本に帰ってこれるが、この作品は失敗したら2度と日本に帰ってこれないと思ったそうです。

撮影は33日でクリント・イーストウッドはワンテイクでほぼ映像を撮り、セリフを間違えても普段の会話でも間違えるでしょ?というスタンスでOKが出ていたそうです。

趣味は?

イタズラ

最近ハマっている事は?

グリーンカーテン。5月の終わりぐらいから始めているそうで今回は自宅の写真が披露されました。2階のひさしまで延びているそうで目の前にグリーンがあるだけで涼しく感じる、ゴーヤも実ってきたそうでゴーヤ以外はキュウリ、朝顔など。

好きな女性のしぐさは?

妻が運転している横顔。運転している時は無防備なんだけど真剣な顔をしているから

謙さんは亭主関白?カカア天下?だったらどっちもどっち。夏休みの計画を立てる場合は最初に案を出すが自分の意見は潰されてしまうとのこと。

結婚記念日にはちゃんとする。嫁さんが節目節目が好きとのこと

奥さんからはなんて呼ばれている?となると謙さん慌てだし何故かクイズに基準としては謙ちゃんよりは恥かしく、世の中的にはヤバイだろうと。

これは絶対に当らないと

今1番欲しい物は?

ラブラドール・レトリバー。13歳くらいまで生きたチョコレートのラブラドールがいたが亡くなって4年ぐらいたつので飼いたい。今は世界中を飛び回っているため相手に出来ずかわいそうなので、動き回らなくなったら飼いたいとのこと。

海外に必ず持っていくものは?

米と炊飯器。米がないと駄目、ロケ現場で町から離れると何もないから、ホテルのバスルームで炊いてオニギリして買っておいたお味噌汁と一緒に食べるそうです。おにぎりも自分で握るそうで、インセプションの時はディカプリオとキリアン・マーフィーと一緒に冬山で待機しているそうで3人でおにぎりを食べたこともあったそうです。

そのジョン・キューザック監督も気に入った混ぜご飯おにぎりを謙さんに披露してもらうことになりました。

他に得意料理はなんでもやる中華・フレンチ・イタリアン。握りなれている姿に驚くメンバーですが、出来たてを頂くことになり恒例の3丁目と5丁目の争いスタート!

3丁目有田・泰造・徳井に対して5丁目の名倉さんが仕掛けるコントをやるも食べ始めると美味しさに驚きコントストップ。

最後は謙さんが楽しかったです。もうちょっと僕笑い取れたらよかったなとコメントをして終了です。

という感じで終った今回ですが、渡辺謙さんについて書いたのは昨年の7月のおしゃれイズム以来になるんですかね。

とにかく謙さんは案外バラエティ向きな人の印象が有り、お笑い芸人のノリにもきちんと乗っている印象があります。謙さんトーク面白いんですよね、奥さんとの出会いの話とか娘、息子からのエピソードなども

今回も飛び出した奥様トークですが、おしゃれイズムの際はたくさん話しをしてくれましたが呼び名までは言ってなかったはず、一応自分のブログを読み直しても見つからなかったのでこればかりは判明できそうにないです。

しゃべくりは頑張ってくれると思ったんですけどね、やっぱり謙さんの牙城は崩せなかったですね。

ですがそんな奥さんとのエピソードはおしゃれイズムでは満載だったので気になる方は調べてみてください。

最後にもっと笑いを取りたかったというコメントはいかにも謙さんらしい感じがしました。

日本を代表する俳優なんですけどね笑いに貪欲なのがステキすぎる!

ということで今後も日本・世界で渡辺謙さんが活躍するのが本当に楽しみになってきたところで、本日は終了したいと思います。

|

« 濱田龍臣の素顔に迫るbyおしゃれイズム | トップページ | 魁!男塾芸人を観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事