« 1時間噂話の嵐にしやがれ!を観る | トップページ | ケンドーコバヤシの素顔に迫るbyおしゃれイズム »

AKB人気でグラドル収入危機という記事を読んで

さて本日は前から思っていたことが記事になっていたのでそのことについて

それは

AKB人気でグラドル収入危機

という内容です。

まあ今のグラビア市場はホント不幸というかなんと言うか、集英社・講談社・小学館等各雑誌社が発売する週刊誌。特にジャンプ・マガジン・サンデー等の漫画誌の表紙はとにかくAKB関係だらけです。

正直、AKBはかわいい子がいるのは認めますけど、グラビアとしてみたい人がいるわけではないんですよね~

各グラビア誌がなくなってきてただでさえ露出機会が少なくなってきているのに、少ない誌面を全部AKBに取られているグラドルの苦悩。ホント悲しい

特にこれから売り出そうとしている面々にとっては地獄であろう。

僕が中学から今までを見ると雛形あきこ・小池栄子・MEGUMIなどのイエローキャブ勢や優香など人気者が多数、イエローキャブが終わったあとには井上和香・熊田陽子・安田美沙子・夏川純・山本梓などのピラミッドやプラチナム勢や、日テレジェニック・ミスマガジン等の面々などなど

もう上げればきりがないグラドルがいました。上に挙げた面子をデビューから見ているので当時は5年ぐらいグラビアをやったらバラドルか女優などに転進するにも関わらず、今でもグラビアをやっていることに驚くこともしばしば

当時、活躍していた面々は本当に今でも芸能界で残っていますしね。それがこれから頑張って以降としているグラドル達の妨げになっているのもあるんですけどね。AKBが今の状態になるギリギリのタイミングでデビューしているグラドルは上手いこと残っている感じですが、今年とかはホント悲惨であろう

それとここ最近は90年代にはほぼ見ることが出来ず、2000年前半にもあまりいなかったのにここ5年ぐらいで対等してきた勢力もグラドルのテレビ出演の部分で妨げているのが

モデル業界の方々、蛯原友里・押切もえ・山田優のCancamの3人が人気がスゴイことになってからはグラドルのテレビのポジションがモデルに代わることもしばしば、今で言うとトリンドル玲奈やローラなどですかね。

昔は一番組みに1~2名の枠があったがそこにバラドルと言われる面子だったり、モデル・読者モデルというポジションの面々がブッキングされることによりますます露出がない状況

他にも最近はグラドルよりもAV女優の方が圧倒的にカワイイ人が多数いるのも事実、昨今のAV業界の質の高さは以上でありただの水着になるというポジションでは弱すぎるというのもあるんですよねグラドルの立場って

過激な水着を着るAV転身か?と思われたり、普通に水着だったらAKBという看板が付いただけのスタイルがさほどよくない子にも売り上げで負ける。

悲しすぎるこの現実。

だが唯一の救いはその子のファンになった人間が熱くその人を応援している姿勢のみ、そのファンの思いをなくすようなことだけはしないで欲しいものである。

ということでAKB人気が続く以上、グラドルは不遇の時代が続くはず、グラドルになった以上はテレビで毎日見れるような顔になって欲しいものです。

終わり!

|

« 1時間噂話の嵐にしやがれ!を観る | トップページ | ケンドーコバヤシの素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事