« 最初、すごく暗かったけど段々明るくなってきた芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 若槻千夏が出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた »

舞台NGワードライフを観てきました!

さて本日は今田耕司さん、宮川大輔さん出演の舞台「NGワードライフ」を天王洲銀河劇場に観に行ってきました!http://www.imachan-stage.com/archive/index.html

今回はそのことについて

元々は3月に公演だった今回の舞台、震災の影響にて半年後に公演されることになり待ちに待った今回の公演

非常に面白い舞台でした。

出演者は今田耕司、宮川大輔、野間口徹(親族代表)、伊藤修子(拙者ムニエル)、カラテカ入江の5人。そして脚本は鈴木おさむさん。

笑って泣いて、流石は鈴木おさむ!という内容。

内容を書いていいのか分からないが、という思いもあるが微妙な感じで書こうかなと思いいます。

一応、本筋ではない部分を書くと宮川大輔さんと伊藤修子さんとのやり取りが面白すぎる。伊藤さんの水玉のパンツが丸見え、追い討ちを掛けるようにパンツを脱がしに掛かる大輔さん。

ここは一番の爆笑ポイントでした。

カラテカ入江さんがスベリ散らした後に今田さんが優しく抱きしめる部分も

内容としては漫才ブームの頃にあくまで舞台に出続ける芸人達の話ですかね、かいつまみすぎましたけど

我々一般人が普通に楽しんでいた裏側ではこういうことが実際に起きていたんだろうなーと感じれるものでもありました。

この舞台本当に素晴らしくて、ギリギリの内容を書くと大輔さんにあることが起こってしまい、それがものすごく我々も共感できる内容になっています。

正直、これを失ってしまったら僕も生きることを諦めてしまうかもしれません。ちょっと書きすぎかなと思いますがそれぐらい人が生活するうえで重要なものを失ってしまうという

最後の方は笑いというより泣きますね。僕の周りでもすすり泣く声が聞こえてきたぐらいです。

それにしても素敵な舞台だったなー

これ明日で公演も終わりですが、当日券が僅かながら販売されている模様です。この舞台は観に行って欲しい

そして大いに笑って、大いに泣いて欲しい。そんな舞台「NGワードライフ」

最高の舞台でした。

終わり!

|

« 最初、すごく暗かったけど段々明るくなってきた芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 若槻千夏が出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた »

映画・テレビ」カテゴリの記事