« ナインティナインVS芦田愛菜の食わず嫌い王決定戦を観る! | トップページ | 菅野美穂が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2 »

本日公開映画「はやぶさ」の初日舞台あいさつに行って来ました!

さて本日10月一発目は

本日公開された映画「はやぶさ」の初日舞台あいさつに行って来たことについてです。http://movies.foxjapan.com/hayabusa/aboutthemovie/index.html

はやぶさはみなさんご存じ去年長い旅を終えて帰還した小型惑星探査機であります。この映画はその打ち上げから帰還までの7年間を追った人間ドラマです。

今回の初日舞台あいさつには主演の竹内結子さんをはじめ西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、鶴見辰吾らキャスト陣と堤幸彦監督が登壇、山本耕次さんは仕事の都合上あいさつに来れずでした。

主演の竹内さんの挨拶から始まった舞台挨拶ですが、西田敏行さんはこの映画を初日に見に来てくださった方には絶対にいいことがありますよ根拠はないけどと笑いを誘い

高嶋政宏さんは今回は実在の人物を演じたおで出来るだけ本人に近づけたが初日に自分のモデルである坂上さんが来た時に「自分ももうちょっとハッキリ言えればよかったんですけど」と言われたので自分は今回坂上先生が言いたかったことを演じさせていただくので楽しみにしてくださいと伝えたそうです。

佐野史郎さんは今回の映画でとある神社が出てくるのですが、それははやぶさのことを調べればわかるかもしれないが一応ネタバレになるので隠しますが、そこに行く前に寄った縁結び神社に行って縁結びのお守りを独身の女性スタッフに渡したらなんとそれを渡した助監督が婚約しましたと発表!

だがそれは助監督が堤幸彦監督にこっそり伝えたことだったにも関わらずと監督と二人で盛り上がっていました。そしてこの映画は縁結びの効果もあると根拠のないことを言って会場を笑わせる場面も

鶴見辰吾さんは自分の演じた自分が演じた役も実在の人物で劇中では喜多修という役だがモデルは國中均博士と説明した後に、博士を演じるためにメガネに度を入れたエピソードや作品には実際に國中先生に師事している生徒さんも出演していて、その生徒に國中先生そっくりです単位くださいと言われたエピソードを披露、だがその際に生徒にその当時は伊達メガネだったんですよと言われ何で度を入れてしまったと後悔したというエピソードを披露

堤幸彦監督はこの映画は実際の話で完璧コピーを目指すというもと制作したそうです。そんな堤監督に舞台挨拶前に全米でも来年公開されることが決定したことが伝えられたそうで、それは素直に嬉しいと喜びを表す場面も

すいません、憧れであった竹内さんの挨拶をまったく覚えていなくて、もう竹内結子さんの美しさにやられてしまいました。

キャストの挨拶の後には主題歌を歌っているfumikaさんが「たいせつな光」を披露。映画の主題歌を歌い終えた後は脇で観ていたキャストに盛り上がられる場面もありました。

その後は写真撮影を終えて竹内さんの挨拶で〆ることになりましたが、その際に周りのキャストから無茶ブリをされて困惑する竹内さんあいさつに関しては忘れてしまいました。

ということで記事を抜粋

「昨日クランクアップを迎えたドラマがあるのですが、撮影が夏だったので体調を崩して熱も出してもうダメかもと思いました。でも、はやぶさの存在を思い出すと勇気づけられて今日まで頑張れたと思います」と出演の喜びを語った。さらに、「本作の試写会でたまたま隣に座っていた男性が、はやぶさが大気圏に突入するシーンで『熱い』とつぶやいていて、なんていいお客さんだと思いました」とファンの反応を思い出してにっこり。最後は「心の中にある温かいものを、ぜひ好きなもののために使ってください」

とのことです。

という感じで大盛り上がりだった舞台挨拶ですが、作品自体もチョーいい作品です。流石は堤幸彦監督!

とにかく実際の話に架空の人物である竹内さんを加えたストーリーなんですがもうフィットしまくっていて本当にいたんじゃないの?と思うぐらい。それと歴代の竹内さんのドラマ・映画を観てきてもっとも地味な竹内結子を観れる貴重な作品かもしれません、竹内さんも行っていましたが全国のメガネフェチは竹内さんに見事やられることでしょう。

この作品で僕は4回ほど泣くポイントがありました、それは僕がもっとも涙してしまうシチュエーションだったからなんですけど、本当に泣けるんですよ。専門用語が飛び交いまくるので何を言っているの?という場面もありますがそれはもう関係なく人間と人間のやり取りを表していて

僕は以前別の番組にてはやぶさのドキュメントを観ていたのではやぶさに起きたシステムトラブルなどは知っていたんですけど、その中で起きていた人間ドラマに関しては知らなかったのでこの部分を観ていると本当に泣けてくる。

いやーそれにしても竹内さんを生で見たいと思って2年、この映画にて初めて本人を見ることにそれも1mぐらいの距離で

もう綺麗過ぎてヤバかった、今年は中谷美紀さん、菅野美穂さん、桐谷美玲ちゃんなど綺麗どころ可愛いどころを観ているがやっぱり竹内結子は別格だった印象です。

あー素敵な日だった~、本当は午前中にドッグポリスの舞台挨拶のチケットを持っていたので観に行こうかなと思ったんですけど起きれずに見逃すという悲しさもありましたが竹内さんを観れて10月はいいスタートが切れました。

今回は来場者プレゼントとして的川先生、川口先生、國中先生、矢野先生、齋藤先生のコメントがプリントされたクリアファイルと実際にはやぶさにも使われた熱制御フィルムがプレゼントされました。

世界で初の快挙を成し遂げた先生方の言葉の入ったファイルとフィルムは貴重なものとして僕のコレクションとして大切に保管しようと思います。

それにしても竹内さん綺麗だったなー。映画も素敵な作品だった

ということで今月は東京国際映画祭も開催されますし何度か舞台挨拶を観に行こうと考えています。

終わり!

|

« ナインティナインVS芦田愛菜の食わず嫌い王決定戦を観る! | トップページ | 菅野美穂が出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみたパート2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事