« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

映画ランウェイ☆ビートの初日舞台挨拶を観てきました!

さて本日は本日公開の映画「ランウェイ☆ビート」の初日舞台挨拶を観てきました。

今回の挨拶は本編を観る前の挨拶でした。

舞台挨拶に登壇したメンバーですが、主演の瀬戸康次、桜庭ななみ、桐谷美玲、IMALU、田中圭、加治将樹、小島藤子、大谷健太郎監督です。

まずは瀬戸くんから一言ずつ挨拶があり、ちなみに公開後の挨拶は公式のブログでも書かれているので今回は公開前の挨拶の模様を書かせて頂こうかなと覚えている限りhttp://runbea.blog102.fc2.com/blog-entry-56.html

まずはキャスト陣の挨拶が行なわれた後に、作品についての話を

TBS田中アナが小島さんに印象と違った人は?という質問には、IMALUちゃんが違ったと、私が人見知りなのにたくさん話しかけてくれたと当時の思い出を語ると

IMALUちゃんはもっと話してと嬉しそうな感じで喜んでいました。

今回の撮影でランウェイを歩くことについての話になると、IMALUちゃんはTGCで歩いたことはあるが私は本職ではないので緊張したそうで、本職である桐谷美玲ちゃんに話を聞くと実は私もあまり歩いたことがないが、今回の役がモデルなので一番うまく歩けないといけないということから練習をしたそうです。

その際は本を頭に乗せて練習したと裏話を、だがこの話を聞いたほかの面子、瀬戸くんは僕はやらなかったですが、ファンキーモンキーベイビーズのPV撮影の時に桜庭さんと一緒に乗せて練習したとのこと。

田中さんは今回の撮影で自分が一番年上だった、生徒役の中には中学生もいたと語り、続けて今回は男性メンバーで一緒に銭湯に行ったということも話、さすがに女性陣は誘えなかったそうです。

そんな田中さんが話していると突然物音が聞こえて何事かと注目されると、今回の映画のおフィシャルBOOKが1600円で発売していますから購入お願いしますとちゃっかり宣伝をする始末。

そこでの加治くんとのやり取りは最高に面白かったです。そんな加治くんはアダ名で呼ばれることを嫌がりながらもこれから僕のことはアダ名で呼んで下さいと

という感じでですね挨拶が進みましたが、正直時間が経ちすぎてあまり覚えていないということもあり申し訳ないです。

もうですね僕の座っていた席が前から3列目で今回の楽しみにしていた美玲ちゃんの正面ということでもうメロメロでしたね。ホント美玲ちゃん可愛くてヤバかった。

今年は「ジーンワルツ」の舞台挨拶でも美玲ちゃんを観ることが出来て桐谷美玲ちゃん一色の1年になりそうな気がします。夏にも映画が数本公開されますからホント楽しみ

去年の北川景子ちゃんみたいに映画の舞台挨拶完全制覇の勢いで頑張ります!

IMALUちゃんは初めて観ましたけどホント小さかったですけど、舞台挨拶での喋りを観ていると血は争えないなとお父様譲りの喋りの上手さで皆を引っ張っていました。

というかアレが明石家さんま、大竹しのぶという2人から生まれてきたとは思えない感じでしたけど、早くお父さんとの共演が見たいものです。

桜庭ななみちゃんは以前観たのが映画「サマーウォーズ」の舞台挨拶でしたので、1年半振りでしたけどやっぱり高校生の1年半というのは女性を別人に変えますね。清楚感が当時よりハンパないことになっていました。これからキャリアを重ねていい女優さんになることを期待です。

瀬戸くんはですね、アレはカッコイイ男だなとそりゃ人気あるなと改めて感じました。爽やか過ぎて驚きでした。

さて再度、美玲ちゃんですけど今回は桐谷美玲を観る!という目的の元映画を観てきたので非常に満足です。チョー可愛かったー顔小さすぎ。ですが僕が歴代で観た一番小さい顔は玉木宏さんですけどね。

肝心の映画の内容ですけど青春ど真ん中って感じで当時を思い出したい大人たちには是非見てもらいたい。特に今年で廃校になってしまう学校の生徒さん達はリアルに感じることが出来るのでは自分達が駆け抜けた青春を今一度思い出せると思います。

もちろん大人たちも見る価値あり、自分達の高校時代はアレだけ熱い高校生活を送れたのか?と今一度思い出させてくれます。もしかしたら思い出したくない人もいるかもしれませんが

最後のランウェイのシーンは3Dメガネを掛けてという全編ではなくポイントで3Dを使うというやり方は非常に斬新な感じでした。今回の作品は上映開始90分後に掛けることになります。

なんかザックリ過ぎてあまり伝えれている気がしないですけど、とにかく観てください。こういう時期だからこそ映画を観ましょう!

さて今回がファッションをテーマにした映画でしたがこの作品は6月に公開される映画「パラダイス・キス」と何かと比べられる気がします。

一応、ランウェイ☆ビートはデザイナーが中心としてクラスを団結させるという内容でパラダイス・キスは1人の女性を成長させていくというような感じでしたっけたしか?

舞台は同じ高校でなお且つ今作は文化祭でパラキスは学園際ですよねたしか、もう設定が近いんですよホントに、そりゃストーリーは全然違いますけど非常に楽しみです。

もちろんこちらも舞台挨拶のチケットを手に入れて観に行きたいと考えています。だって北川景子ちゃんが主演ですから

そういえば忘れていましたが熱狂的な桜庭ななみちゃんファンのおじさんがななみちゃんが話すたびにリアクションを取る姿が面白かったです。

ということで忘れていた青春の思い出を思い出させてくれた映画「ランウェイ☆ビート」面白かったです。

終わり!

|

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »