« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

転校生芸人を観るbyアメトーク

さて本日は2週間ぶりのアメトークです。

今回は転校生芸人!僕も埼玉から北海道へ幼稚園の時に引越したのでまあ転校生といえば転校生

そんな彼らの気持ち楽しみに観ておりました。

今回の芸人はTKO木下&サンドウィッチマン&ナイツ塙&ロザン菅&北陽・虻川&ペナルティ・ワッキー&劇団ひとり。そして黒木メイサちゃん

オープニングにて学生の新シリーズ!悲しいのか切ないのか・・・

TKO木下さんを先頭に登場した芸人達、劇団ひとりさんの格好だけ異様でしたがくくり発表後に話を聞いていくと

雨上がりの2人は転校経験なし、木下さんは残酷なイベントと今回は転向した時の挨拶風に挨拶、木下さんは福岡→大阪・転校回数は5回。サンド伊達さんは宮城→大阪→宮城。冨澤さんは新潟→宮城。塙さんは千葉→佐賀。ロザン菅ちゃんは長野→大阪。北陽虻ちゃんは東京都足立区→埼玉。ワッキーは北海道→千葉、転校回数は4回。劇団さんは千葉→アラスカ→千葉

カナダの横でお父さんがパイロットだったので家族揃って、今回もTシャツにアラスカと書かれたデザインを着用

そんな転校生芸人の話を聞く前にメイサちゃん登場!転校経験はなし。何故か虻ちゃんがメイサちゃんを観て「ああいう顔ならさぞや歓迎されたでしょうよ」と負け惜しみを

まずは転校までの流れを確認

1番ツライのは転校当日。迎える側は楽しみだが転校する側はプレッシャーがある、同い年なのに全員上から目線で見られる。

転校当日の教室のドアはドキドキもの、先に先生が入ってスタンバイする時はギリギリで待機。この方です。どうぞ~!!の感じで呼ばれるのはツライ

虻ちゃんは何かやってやろうとは思っている!だが入った瞬間に怯えてしまう。富澤さんは初日でスベったら全てが台無し。

ワッキーは小4の時に千葉→名古屋→北海道→千葉と中3で戻った時に星の王子様みたいな人が戻ってくると小学生の頃の同級生が言いふらしたため当日行くと女子がザワザワしだしてどうなっているの?ただのオッサンじゃないと

塙さんは都会→田舎なので勝手にエリート扱いされて、芸能人とも1回は会ったことがあるとも思われる。

木下さんは自己紹介の挨拶を前日に考えるも、短いスパンで転校していたのでアダ名が付けられなかった。そのため自分でアダ名を「タッチ」と考えていざ自己紹介したが一切アダ名で呼ばれなかった

北陽ちゃんは足立区の時はブラジャーの上に制服でもありだが、学校では肌着を着なくてはいけないので最初の姿で「東京のエロイ女が来た」と言われた

ワッキーは転校した際に真冬にタンクトップ姿だったので転校初日にタンクトップ・半ズボンで行ったらスゲー奴が来たと思われてしまったそうです。

菅ちゃんはミスを犯さないように学校案内を取り寄せて大学進学率やメガネ率のチェックもだがメガネ率97%だったので誰だ誰だかわからなかったそうです。

劇団さんはアラスカに行った際は担任に連れられていったそうだが、最初の授業が算数、日本では掛算をしている年齢だが、瓶のフタを置いて数えるという授業をしていたほど内容、その時は飛び級で授業をしていたそうです。最後の授業は小5の音楽で瓶を渡されて瓶に小石をいれてビートルズの曲に合わせて振る授業だったそうです。

挨拶を終えて席に向かい際は?

宮迫さんは九州から転校してきた人間が裸足にオーバーオール姿だった転校生に足を掛けて転ばせた後に後頭部にドロップキックを喰らい、大喧嘩になってチンコを掴まれて引き釣り回されたそうです。その時は先生も熱血先生だったので2人で帰る様に言われて学級委員長を交えて帰った際に仲良くなり親友になったそうです。

最初の休み時間は?

伊達さんはクラスのボス探し。ドッチボールが上手い奴がボスで投げる時に目が光る。ボールを投げたら必ず誰かをアウトにしていたそうだが、本当は光らないのにみんなが言っていたから・・・

木下さんは昼休みにサッカーに誘われて1対1でマークをする際にマークをした人間のチンチンを触っていたらマークしていた奴に「エロイのう」と言われそこからアダ名が「エロ」

虻ちゃんは引越す前はスゴく可愛くてモテていて人気者だったので転校したら自然に人が集まってくると思いきや誰も話し掛けて来ず、だが引越しと重なって天然パーマも酷くなりどんどん暗くなっていったそうです。今回中1の写真も披露、ロンドンハーツで淳さんがおじいちゃんをイジりまくったおじいちゃんの写真

一方メイサちゃんはダンスをしていたので髪の毛を編みこんでいたそうです。

塙さんは佐賀で初めての休み時間でトムとジェリーというゲームが流行っていて、それがものを当てられたらジェリーになり、○と○の間を走りきったらトムになれる

劇団さんはグリンピースという遊びがあり、グリンピースじゃんけんが全く意味がわからなかったそうです。スタジオで劇団さんは宮迫さん、メイサちゃんに勝利

最初の授業は?

素がちゃんは授業の進み具合に差が有り、英語の授業も長野が挨拶なのに既に文化の話しをしていたそうです。

虻ちゃんは始まりの挨拶もわからず、先生に質問されたことも分からず、それから大嫌いになってしまった。

木下さんは小2で大阪→福岡へ引越した時に方言の違いが辛かった。大阪弁を話すと何故か呼び出しをくらいバカにされてイジメられてしまったそうです。

伊達さんは石巻→大阪で、地元では自分を「おい」自分の家を「おいんち」と言っていたのでズーズー弁をバカに最初はされたそうです。大阪→仙台に戻った際は大阪弁の奴が来たと集まってきたそうです。

塙さんは授業中にイスによしかかっていたら、地元では「なんかかる」と言われたので意味がわからず最終的には意味が理解できたそうです。それを教えてくれた友達と親友になったそうです。

劇団さんはアラスカなので全員英語、言語が違うのでマジできつかった。だが小2なのでウ吸収が早くて半年で英語が喋れるようになったが日本に戻った時に英語の発音だけがイイ嫌なガキで嫌われてしまったそうです。

メイサちゃんは15歳で東京に出てきた標準語が喋れず「はい」「いいえ」の最小限の会話しか出来なかったそうです。

給食の話

塙さんは給食の容器が違って食欲がわかなかったそうです。

劇団さんはアラスカの給食システムはチケットを購入してトレーを持ちおばちゃんにチケットを渡すとイモを入れられる。町の中心は栄えているが市街地から30分出たら帰れず、校庭に熊が出て、後に警官が射殺。

熊と1.5mぐらいの距離に近づいた時は向こう側でみんなが手を振っているので何かと思っていたら熊が目の前にいたので死んだフリをしようとするも危険なので死んだような感じで歩いていったそうです。

お別れの日の思い出は?

木下さんは小5でお別れの言葉を1人ずつからもらう際に仲の良かった奴から「田中に気持ち伝えろや」と「一緒に笛吹いたよな」と告白をしろと言われたが先生にバレてしまい最後の挨拶が「ゴメンなさい」になってしまった。

富澤さんはお別れ会を開いてもらいプレゼントを貰ったが持って帰る袋がないのでゴミ袋を代用して持って帰るも引越しの日に熱が出て業者に捨てられてしまった。

劇団さんは幼なじみのケイちゃんにお別れの品を貰ったが他の奴からも貰わないとダメだろと2人でプレゼントを貰いに歩き回るもあげるものがなかった友達からは50円を貰った

塙さんは千葉の時に友達がいなくそれはフルーツバスケットの最中にウンコを漏らしてしまい、ウンコとイジメられていたそうだが加藤茶さんのギャグを利用して自作のウンコソングを作って仲良くなったが、佐賀に転校する際にみんな別れを惜しんで寄せ書きをしてくれたそうです。だがその寄せ書きに書かれた文章を見てお母さんからイジメられていたの?と

ワッキーは北海道→千葉に引越す際は引越し当日も普段どおりサッカーの練習をしていたが、飛行機の時間のために行こうとするとみんなが一列に並んでくれて手を振ってくれていたそうです。だが家のリビングに行くとお母さんが謎のパーマをかけて変になっていた。

劇団さんはアラスカ→日本に帰る際に先生が日本に帰る報告をしてくれるといっていたのに忘れていたので親友のアダムにお別れの報告をしたらアダムが冗談だろ?と言ったので冗談だよと言って日本に帰ってしまったそうです。

富澤さんは転校は1回だが東京→名古屋→新潟→仙台の引越しの際にもうすぐ卒園なのに何故か幼稚園に行かなくなり親に聞くともういいでしょ?と言われて幼稚園中退になった。

劇団さんはクラスが反日感情が強すぎてオニギリを持っていくとライスボールと捕られてキャッチボールなどされてもう二度と戻りたくない

ちょっとイイ思い出話

木下さんは小学校の時にW転校生という状況でものすごく可愛い女の子とずっと行動していたので付き合うまでの仲になったそうです。

菅ちゃんは3回も転校すると友達を作るのを止めようと思い、別れるのがツライので長い友達は作らず。高校の時に転校がなくなったことを母親に言われて初めて作った友達が今の相方の宇治原さん。

伊達さんは転校初日に帰り道を忘れてしまったが友達が一緒に探してくれてそれが最初の友達で今は宮城で刑事をしているそうです。

劇団さんはアラスカは夏が短いがサケを取りに行くも現地の人はイクラは内臓なので食べないので捨てていたのでそれを集めていた。それが今の奥さんですと最後はウソを

最終的にはアラスカでイイ思い出は1つもないとキッパリ

これから転校する君へ

最後は転校した際に仲良くなるきっかけが必要だと、今回はアメトーク特製転校生ステッカーを作成。自分の名前を書いて友達に配るもの。

そして今回黒木メイサちゃんにも最後はドラマの宣伝をして終了です。

という感じで全員の話を聞くと転校というモノは恐るべきものである。

たしかに転校生を迎える側だった際は休み時間に転校生を観に行った思い出があります。小学校の頃に転校してきた女の子はホント可愛かったすぐ仲良くなるも中2ぐらいで転校し、翌年の夏祭りで再会・・・いい思い出だ

なにかと思い出としては中のいい友達ばっかり転校してしまったなという感じですかね。面白いもので高校の同級生の名前は忘れてしまっている人が多々いるのに転向していった当時の友達の名前はフルネームで全員言えますね。

やっぱり転校は悲しい

方言の問題とか別に幼稚園の時に転校なので一切なかったですけど、埼玉→北海道だったのでギャップは多かったかなと

あー懐かしい思い出が走馬灯のように蘇る。

幼稚園、小学校の低学年で別れた友達と急に会いたくなりました。もう会えることはないと思うが奇跡が起きる可能性はありますからね。

とにかく観ていて内容は悲しいものが多かったが、懐かしさを感じれた今回のアメトーク

やっぱり学生シリーズは何かしら思うところがあり面白い

ということで転校生芸人面白かったです。

終わり!

|

国民的アルバム美少女コンテストを観るbyロンドンハーツ

さて本日はロンドンハーツで新企画が放送されたのでそのことについて

今回の企画は国民的アルバム美少女コンテスト、女芸人によく観られる子供の頃は美少女なのに大人になって・・・

それを思いっきり取り上げた企画でした。

今回の出演者はアジアン、磯野貴理子、クワバタオハラ、シルク、たんぽぽ、椿鬼奴、鳥居みゆき、バービー(フォーリンラブ)、北陽、渡辺直美の面々

今回はベストショットについて僕の感想をまとめてみようかなと思います。

衣装がセーラー服という今回、だがシルク姉さんは違和感ありあり、貴理子さんも足を出すのが恥かしいと女性の一面を、ゲストはユッキーナ、ロンハー初登場

まずは幼児期部門から

バービーは5歳の可愛らしい写真。だが口が歪んでいる悲しさ。当時は恥かしがりやだったそうです。お母さんはオッサンみたいな顔をしていました。

渡辺直美は3歳の写真。一瞬カワイイと思うが寄ると残念な顔でした。当時はとにかくワガママだったそうです。

クワバタオハラ小原は4歳の写真。ものすごく笑顔の可愛い女の子!当時の愛称はモナリザだったそうです。

奴さんは4歳の写真。ふっくらした感じでプロレスラーの蝶野さんと同じ私立の幼稚園だったそうです。赤ちゃんの写真は角度のせいか足の指がオチンチンみたいになっていました。

シルク姉さんは4歳の写真。白黒写真で雑技団の小さな女の子のようなメイクでした。

北陽あぶちゃんは4歳の写真。可愛いが寄ると怖い写真で淳さん曰くかっぱ寿司の宇宙人。既に今の顔が出来上がっていました。当時は滅多に笑わない子供だったそうです。

北陽いとうちゃんは3歳の写真。まん丸お顔で可愛いと思っていたら思ったよりかわいくない悲しさ

アジアン隅田は3歳の写真。今までみた隅田さんの写真で1番可愛い写真でしたが、淳さんにはどこかで事故にあった?ユッキーナには顔面をコンクリートにぶつけた?みたいな失礼連発

アジアン馬場園は4歳の写真。パンパンでオバサンみたいな顔でした。当時は唐揚げが大好きな女の子

クワバタオハラくわばたは3歳の写真。可愛いと思いきや近づくと目つきの鋭い顔でした。初孫だったので可愛がられたそうです。

たんぽぽ白鳥は4歳の写真。既にアゴが出始める前兆を感じさせる写真でした。当時は暗い子で友達もいなかったそうです。

たんぽぽ川村は4歳の写真。今の顔になる前兆の顔で目が悲しいそうでした。当時は暗くて担任の先生から「あの子、静かでイヤだわ」と言われたことも

鳥居みゆきちゃんは3歳の写真。まさにカワイさ全快だがまったく笑顔ナシ。お姉ちゃんも美少女でした。当時からずっと友達を作らないと決意したそうです。

貴理子姉さんは5歳の写真。とんでもないパンチの効いたオッサンみたいな顔の写真でした。淳さん曰く紅白使用の天童よしみさん。

小学生部門

アジアン隅田は11歳の写真。既に完成形に近づいている顔。ユッキーナは大爆笑で淳さんは隅ってきていると、体育祭で初恋をして女の子を意識するようになったそうです。

奴さんは11歳の写真。奴さんが垣間見える写真で小学校も蝶野さんと一緒だったそうです。

虻ちゃんは9歳の写真。ダブルピースなのに笑顔がない顔。お雛様が2段という悲しさも・・・

伊藤ちゃんは11歳の写真。当時はモテ期にて3人に告白されたそうです。

ここから編集で3人が一気に飛び渡辺直美は6歳の写真、くわばたさん8歳、小原さんは10歳の写真が披露されました。

シルク姉さんは11歳の写真。可愛いのに何故か写真の古さに注目される悲しさ。四半世紀が過ぎてしまったことに悲しんでいました。

馬場園さんは10歳の写真。この時も顔がパンパンで唐揚げを喰いまくっていたそうだがモテ期でもあったそうです。授業中に隣の男子が手にスキを書いて見せてきたことも

みゆきちゃんは7歳の写真。まさに美少女と言える可愛い写真だが、当時も友達ゼロ。当時から太宰治さんの本を読んでいたそうです。

たんぽぽ川村は9歳の写真。すでに川村さん!当時はストップウォッチを首からかけるほどハマっていていたそうです。暗かった当時友達を作ろうと頑張ったが友達になれる試験にて不合格という悲しい思い出が、ちょっとイジめられていたことも・・・

たんぽぽ白鳥は11歳の写真。だが横顔のためあまりよく分からないが当時は「宮沢りえ」と呼ばれていたそうです。だが正面の写真が披露されると既にアゴが伸び始めていました。

貴理子姉さんは10歳の写真。美少女になるのがわかる写真でした。

バービーは8歳の写真。この時点で既にアンタッチャブルのザキヤマさんとクリソツ!

中高生部門

渡辺直美は13歳の写真。今とは想像の付かない痩せている姿!利発そうな子に見えるも頭はダメだったそうです。テストは5点とか

クワバタオハラくわばたは15歳の写真。高校3年間男子と話さずという悲しすぎるエピソードが

クワバタオハラ小原は17歳の写真。ヤンキー度全開の写真で淳さん曰くヤリ○ン。大阪まで電車に乗ってディスコに通っていたそうです。淳さんが1番嫌いな女!この発言にユッキーナもダンマリ

バービーは13歳の写真。キレイに見える奇跡!1番最初にダイエットに成功した写真だそうだが当時よく噛んで食べていたのであごが発達してしまったそうです。

奴さんは15歳、伊藤ちゃんは激太りの14歳、川村さんはキンキキッズファンになった13歳の写真

たんぽぽ白鳥は13歳の写真。すでにアゴのラインは完成形へ、浴衣姿なのに夏祭り感がゼロ。何故かアゴが枠に入るとピンとが合わないという事態に

シルク姉さんは17歳の写真。高校生には見えない写真で肩に「竹の子」という文字が竹の子族ではなくあのねのねの追っかけ

みゆきちゃんは17歳の写真。すでにみゆきちゃん完成!頭も良くてクラスで1位だったそうだが、何であんな奴が1位と言われていたので笑顔を作るようにしていたそうです。中学生の頃の写真はトガっていて金髪姿で校歌は下のメロディー

アジアン隅田は12歳の写真。軟式テニス部に入って活発になるもテニスをしていたら「テニスコートに埋めるぞ」髪を耳にかけていたら「かけるな」とアダ名は「宮島のしゃもじ」

アジアン馬場園さんは17歳の写真。幼少期から常にパンパンの顔。顔に自信がなかったのでお笑いをやろうと当時決意したそうです。NSCに行って隅田さんと出会った時にパンチのある顔だと思ったが、隅田さんは自信があって彼女の生き方が人生を替えてくれたそうです。当時のアダ名は「ウンコまんじゅう」

貴理子姉さんは16歳の写真。まさにアイドルと言っても過言ではない美少女。高校2年生の時に遊びに行って立っていただけで「可愛い」と言われたそうです。地元で可愛いといわれていたが東京でも可愛いと言われたので芸能人になろうと決意をしたとのこと。

トリは虻ちゃん12歳の写真。おばちゃんみたいな髪型で天然パーマが激しくなりすぎてどうしていいか分からなくなってしまったそうです。淳さんがチョイスした写真は14歳のメガネを掛けたお爺ちゃんみたいな写真でパジャマも茶色と女の子らしさゼロ

最後はユッキーナの写真、5歳のチョーカワイイ写真でした。

という感じで終った今回ですが今回悲しい事実が

幼少期から中高生の時に悲しい思い出がある方が何故か女芸人になっているところ、美少女と言っても間違いないという方も実は暗い過去が

とにかく暗すぎるから明るい世界に飛び込んだの?と考えさせられるものばかり

なんだろう・・・

なんか暗い人がお笑いをやるって面白い。ですが当時つらい思い出がある彼女たちも今ではお笑いの一線で活躍していることを考えるとやっぱり人生何があるかわからない。

たしかに当時から人気者の人が大人になってダメになることもある。それは事実現に僕の友達も高校受験に失敗してからあられもないことに・・・

やっぱり人には歴史がありますね。

僕も色々な番組を観て多くの芸能人の幼少期の写真を見て来ましたが、未だに自分の中で記憶にあるのは矢田亜希子さんの幼少期の写真。アレはチョー可愛かった

ですが結論としては幼少期可愛くても思春期を経て大人に近づくとアレ?と思うようになってくる人もいることは忘れてはいけない。1番のいい例が失礼ながらハリセンボンのはるか、以前ロンハーで紹介された小学校の頃の写真はホントに可愛かったのに・・・

ということで暗い過去が多数暴露された今回の企画、是非とも男性芸人でもやって欲しいものです。

終わり!

|

SHELLYの素顔に迫るbyしゃべくり007

さて本日はしゃべくり007にSHELLYが出演したのでそのことについて

正直なところ毎日もしくは毎週何かしらの番組にて彼女を観ておりますが、いったいどういう人物か謎だったので今回は非常に楽しみに観ておりました。

では観ていきましょう!

まずはオープニングの不毛なトークから、名倉さんがツイッターでオープニングのコメントの時に何か喋っているぞ!と言われていることを話し始めると、なんでゴールデンフィンガーなの?という話に

そんな話の後に搭乗したSHELLYちゃんですが、新バラエティ女王という言葉に納得のメンバー、だがSHELLYちゃんは早いと吐きそうだと、そんなSHELLYちゃんと正月番組で共演した有田さんと徳井さん、上田さんにこのしゃべくり007の仕事の後に仕事が増えだしたよねと聞かれるとSHELLYちゃん自身もそうだとうなずくも、ホリケンさんが自分と仕事したら一回落ちたよねとこれまた納得のやりとりを

改めてSHELLYちゃんですが

今ちょっとキテるんですよ?というてごたえは?ある。

11年上半期女性タレントバラエティ出演ランキングにて

5位から優木まおみ(119本)、矢口真理(121本)、中川翔子(122本)、SHELLY(125本)、1位がベッキーで179本でした。

昨年からの急上昇率は212%のダントツの1位、10年は下半期が40本だったそうです。

忙しいことについては、スケジュールは3年前とそんなに変わらない、時間外がバラエティーは夜なので夜は忙しいが、昔は今の仕事の時間がインターネットテレビ、ラジオ、書き仕事などをしていたが、みんなの目に触れるようになったのは嬉しい。

MXテレビでは毎日番組をしているそうです。

もともとの出身は?

モデル、もともとテレビっ子でバラエティーに出演していたことを想像やシュミレーションしていたが、まさか出れるようになるとは!と

バラエティの勉強については

バラエティは好きなのでスゴく観ている、自分が出るようになってからは自分の番組は必ず観て、どこがどう使われているか?を分析しているそうです。

憧れの人は?

上沼恵美子さん。目指すというよりは憧れの人。ここで泰造さんが目指しているものがあったら恥かしがらずに堂々と言ったほうがいいんだよというセリフを噛み、有田さんは続けていくもわからないと

ここで有田さんが最近綺麗になって来ていると、色っぽくなっていると、だがホリケンさんは昔は機関車トーマスみたいだと失礼な一言を、泰造さんも昔は光っていなかったが今は光っている。

キレイになっている→恋愛?ということから、現在27歳忙しくなって出会いが増えた?ということでは

1人に絞ると他がかわいそう。だからそういう発言は控えるようにしている。ファンの人を大切にしたいからと

だがこの発言に名倉さん激怒、ここでツメると片思いはしたことがない、付き合う前にそんなに好きになれる?ということで

徳井さんが27歳の女として1人の男をどっぷり好きになったことがない人間は帰れ!

仕事をする中でいいな!と思う人は?

リアルにチュートの福ちゃん。深イイ話しで隣になるとスゴイ女の子と話をしなさそうと思うが実はよく喋るからビックリ、そういうギャップがいい

ここで福ちゃんのガールズトーク講座を、シチュエーションはメイクルーム

挨拶した後からの話しを一同聞くと、高度すぎてビックリ。だが上田さんになんでその良さを本番で出さないと

ここでマンツーマンではなく周りを巻き込んだトークをしたほうがいいとホリケンさんが見本を見せることに

だがあまりのハチャメチャッぷりに最終的には名倉さんがセクハラをしたということで責め続けると名倉さんが「笑っているうちが華だぞ」

そんなトークも終わり、秘密を解き明かす企画。徹底検証SHELLYはなぜバラエティーに引っ張りだこなのか?謎007です。

証言1:ムチャぶりを小芝居で返せる、ピース綾部さんより

ワイプのリアクションはもちろんのことフッた後の返しがスゴいどんなムチャぶりでも小芝居を交えて返してくれるのでフッた方もキモチがイイし安心してフレる。芸人としてはこういう子がいるとバラエティはやりやすくなる。

この発言から正月はどうだった?と上田さんが有田さんに聞くと元々ツッコみの人が好きではないと発言したことから上田さんが激怒

SHELLYちゃんとしては正月ロケの時はカメラが回ると元気だが、ロケバスでは重い空気を出していたと有田さんと徳井さんを責めていました。あまりの態度の違いに驚いたそうです。

SHELLYちゃんは芸人さんは気さくで話しやすいかなと思うけど、本番に入るまで話しかけづらい人が多い、だから話しかけてくれたほうが嬉しいと

証言2:今でも収録弁当を持って帰る。アシスタントディレクターより

余った収録弁当は必ず持って帰っている。手で持って帰ろうとしていたので袋を渡そうとするもそのまま持って帰っている、スタッフとしては余った弁当を持って帰ってくれるのがありがたい。

弁当は毎回ではないがその日はマネージャーに送ってもらったので、いつもは電車通勤。だが全く気付かれず東京MXが終って電車で移動すると毎日同じ時間なのでいつも顔を合わせる人もいるが変装していないのにまったく触れられず

この発言から「人気が無いのかね?」と有田さん、そして徳井さんは「興奮するほどキレイじゃないよね」と、泰造さんは「写真の人なので実物観たらあまり・・・」

証言3:お酒を勧めさせたらピカイチ

証言4:私服がダサすぎり。フットボールアワー後藤さんより

ハーフでこんなに顔がキレイなのにとにかく私服がダサい、普通は美人とオシャレで近寄りがたくなるのに、これだけダサいと逆にスゴく身近に感じるし話しかけやすい

実際のところはダサいよりはちょっと残念。ファッションにそんなに興味がない。月に1円も使わないときも使っても1万円。

正直ケチなのでお弁当も持って帰っていると本日は七分丈のズボンにTシャツ。その姿ダサかったですか?と聞くとスタッフが何故か大きく頷いていました。

証言5:AD会をしている。ヘアメイク上田さん

とにかくスタッフと仲良くしているので若いADさんとワケ隔てなく仲良くしているので、彼らがディレクターになった時呼びたくなるのではないか

元々はみんなで仲良くなるために飲みに行ったのがきっかけで、徐々にスタッフから「溜まっているんで」と言われてから色々な話を聞いたりしているそうです。

ここで溜まっている発言から下ネタ話にシフト、泊まりロケでADさんを部屋に呼んだりしてはと徳井さん、そしてホリケンさんが二度とADは喰いませんと言ってくれと懇願

そこで何故かSHELLYちゃんがAD喰って私服がダサいという印象が付いて終了です。

という感じで、なるほどそういうことなのか!と

テレビっ子が好きなバラエティに出れるようになった頑張ったということなんですよね、かいつまみ過ぎると

とにかく今回の企画ではSHELLYちゃんこの面子に対してなかなかのトークでした。とにかく返しが巧い!これは話しが苦手な女子も参考になると思います。

最後の下ネタのくだりも普通に受け止めてホリケンさんのトンチンカン発言にも付き合う度量の大きさ素晴らしい!

観ていて芸人さんはやりやすいだろうなと改めて感じました、観ている側も嫌な印象もないですし素晴らしいですね。

まあ徳井さんの「興奮するほどキレイではない」発言には妙に納得、たしかにSHELLYちゃんが裸で目の前に立っていても僕は興奮しないかな?というよりも話しが達者な女性にあまり色気を感じないかも

うーんモデル出身でここまでバラエティにドップリ浸かる人が出てきたことに非常に共感を持ちつつ

今後の彼女の活躍非常に期待していきたいと思います。

終わり!

|

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »