« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

成海璃子が世界!弾丸トラベラーに出演していたので観てみた!

さて本日は成海璃子さんが弾丸トラベラーに出演したのでそのことについて

成海さんに関してはほぼ情報なしに近いです、なので非常に楽しみにしておりました。

今回の旅先はインド、目的はガンジス河で沐浴をしたい!今年は10代最後の年なのでずっと行ってみたかったインドとのこと。

日本からバンコク経由で14時間、今回の滞在時間は30時間ということでまずはインド門までタクシー移動

人の多さに驚きながら一人旅の思いを、インドは念願で10代のうちに来れたのは良かった。

まずはデリーの観光名所インド門でガイドと待ち合わせ、目印はサリーだが来ている人がいっぱいいるので困惑しているとガイドのアルチャナさんから声を掛けてくれました。

そんなガイドさんとチャレンジしたいことの1つ本場のカレーを食べるためにオールドデリーへ、訪れたお店は場所はデリーで一番古く人気のあるレストラン「カリーム・レストラン」注文したのは地元の人が好む品々のバターチキンカレー、初体験の本場のカレーの味に満足しながら続いて挑戦したのはタンドリーチキン、食べ方に困惑しながらも美味しいと、ほうれん草のカレーなども試食していました。

続いては恒例のシンデレラトークです。

佐々木希さんから小さいころから女優の仕事をしていますが、女優さんになっていなかったら何をしていますか?

わかんない・・・が、もっと暗そう、やってて良かった。

続いてはショッピングです。お店は「ファブインディア」このお店はデリーで若い女性に人気のショップでサリーを購入することに成海さんが選んだのはピンクのサリーとチョーリーを購入

買い物を終えてチャレンジその2の寝台列車に乗ることに挑戦、インドの寝台に初挑戦、今回のった車両には地元の人が良く使う3等車。寝れなそうと心配しながら10分遅れで出発、移動距離は700キロ時間は11時間30分。

2つ目の目標をクリアして3時間遅れで聖地・バラナシに到着

気温は34℃、着慣れないピンクのサリーに恥ずかしさもありながらガンジス川へ、一刻も早くガンジス川に向かおうとすると路上販売につかまり何故か「長澤まさみも買った」と日本語で接客する店員さんからうまいことただで商品をゲット

念願のガンジス川に到着すると「河だ」と連呼、沐浴する人たちを観ていよいよ沐浴にチャレンジです。戸惑いながらガンジス川の中へ入った成海さん手ですくって神様に捧げる動きをした後に頭にかけるというアルチャナさんの言葉通りに動いた後にお祈り

聖なる川の流れに祈りを捧げ目標クリア。沐浴の後はボートでガンジス河の真ん中へ、川の真ん中で花を流し、花を遠くまで(沈まずに)行ったら願い事が叶うということで花を流すとボートの下に行ってしまうもうまいこと流れていきました。

そして「本当にこれてよかった、なかなか来れる所じゃないし、ビックリですね自分が来てるなんて、でもまた来ますよ、すごい本当に」とガンジス河に感動していると恒例の時間に限りがありますのお知らせが

後ろ髪魅かれながらも日本へ帰国で旅の終了です。

という感じで終わった今回ですがうーん成海璃子という女優を5分以上見たのは今回が初めてなので非常に新鮮でした。

うーん成海璃子という女優の作品を僕は見たことがなく、デビューが早いと言う誰もが知っているような情報しかなかったのでこういう人なんだ~という感じですかね。

やっぱりあまり情報知らないせいか思うところがあまりないなーと、とにかくカレーを観てお腹が空いたと言うぐらいですかね。

あまりにもガンジス河が有名すぎるせいなんでしょう、この番組知らない情報を知ることが非常に楽しみで観ていますが今回はあまりに有名すぎたというのが要因かな

ということで成海璃子、今後も女優として息の長い活躍をしてほしいものです。

終わり!

|

バナナマンの素顔に迫るbyA-Studio

さて本日はバナナマンの2人がA-Studioに出演したのでそのことについて

よくよく考えれば10年以上彼らの存在をしっているが根本的なところを知らないなと思っていたので非常に興味深かったです。

では観ていきましょう。

大歓声で迎えられたバナナマンの2人、鶴瓶師匠は差が凄いと日村さんは今年に入って7~8キロ太っていたとだが設楽さんは全然すごくない、最終的には丸になると毒舌を一発

芸歴19年から20年目の2人だが、設楽さんは最初は渡辺正行さんの付き人や運転手、日村さんは高校の同級生と陸上部というコンビを組んでいたそうです。

2人が会った時の話は顔が気持ち悪いと言う感じではなく当初は65キロだったが今は95キロ、元相方の原田健さんとコンビを組んでいた当時の写真も披露されましたが中高の同級生で、昔から日村さんは消しゴムで横綱や大関の名前を付けて消しゴム相撲をしていたそうです。プロレスゲームもCPU同士で戦わせて勝敗をノートに付けていたとのこと。

さらに日村さんはナルシストで自分の写メをたくさんとっているそうで、設楽さん曰くブサイクと言われるのが嫌、ここまで育てた自分をえらいと思うと、日村さんも昔はハーフの子?と言われたことも、さらにクラスで5番目にモテるということだったそうで

それはある日クラスの女子がいきなり人気の男子BEST5を黒板に書いて判明、女性にフラれた日は尾崎豊さんを聞いたりザーザー振りの雨をただ浴びるということをしていたそうです。

一方の設楽さんですが日村さんも1か月だけコンビを組んでいた際に付き人を経験、その時に設楽さんはガチの付き人、その時の車がリムジンでリムジンの運転したことがないのにもかかわらず運転できると言ったが初日に迎えに行く際にブツけたそうで、その際も謝らずリムジンぶつけちゃいましたと言うぐらいだったとのこと。思ったより長かったとも言ったそうです。

怒れない雰囲気があるらしく日村さんもそれを認め自分は必ず怒られるが設楽さんは遅刻をしても運よく怒られない、だが日村さんは時間キッチリに来るがたまにある遅刻が目立つものだそうです。

そんな得をしている設楽さんですが付き人でありながらタバコを買いに行く際に余ったお金を貯金して8万円ほどのジャケットを買ったとのこと。それは自分が信用されているポジションの付き人だったのでいろいろな小物を買った際にお釣りをポケットに忍ばせたそうです。

付き人だった設楽さんですが今の奥さんと当時付き合っていても忙しくて会えないから交換日記をしていたそうで、奥さんから常に文句を書かれていたそうです。その日記を偶然リーダーが観てしまったこともあり愕然としたとのこと。

日村さんとの出会いは共通の知人、西秋さんを介して4人組としてお笑いをやる時に出会ったとのこと。その際は初対面で西秋さんの台本でお笑いをしようと思っていたら何か違う?と感じた設楽さんが一番年下だが年上の日村さんに一緒にコンビを組もうと誘ったとのこと。

1年から2年の先輩の日村さんは設楽さんの言うことを完全に聞いてしまったと、だがそれ以降も会うことがあったがすまないという気持ちはずっと思っていて、西秋さんもテレビに映っているとテレビを消してしまう自分を恥じていたそうだが

その当時辞めることになった際に西秋さんは泣いたそうだが、設楽さんが当時に似たような台本を書いた際に日村さんが笑ってくれたのでこの人かな?と思ったそうです。4人組は結局2回の練習で解散することになるも、それ以降西秋さんと飲みに行くことが出来なくなってしまったと、今は西秋さんは劇団で活動しているとのこと。

コンビを初めて1年目に行った初ライブ「処女」を鶴瓶師匠は見たがかなり出来上がっていると、12月14日に最新LIVEDVDが発売とのこと。

そんな2人のお気に入りのコントは日村さんがオネエの役で何かあるたびに「お会計して」という言葉を言うキャラが好きと設楽さん。鶴瓶師匠もいいものを見つけたなと設楽さんに、日村さんを巧みに操る設楽さんプロレスごっこを・・・

この時に日村さんがオナラをした?という状態になり鶴瓶師匠に攻められるも、俺の肛門嗅いでくださいと日村さん、だが日村さんは屁をしてないと突っ張るも設楽さんが尻のアナみたいな顔をしてと

オナラ疑惑の日村さんですが家が汚いそうでリーダーが行った当時はものすごかったと、布団をめくるとから揚げが落ちていたことがあったり、食べかけのおにぎりを置いておくこともあると、未だに食べかけのものをバッグにいれていたり、昔は営業の際にコンビニの袋に革靴と歯ブラシを裸のまま入れていたことも、そんなことが出来るのにウンチを見たら吐きそうになり、便をしてペーパーで拭いた後に確認の為に見ればいいにも関わらず見れないから指で触ってサラっとしていたらOKだがペチャペチャしていたら再度拭くと

設楽さんは日村さんの面白さを世に伝えるのが使命だと思っていると、最初にコンビを組んだ際から信頼していると

結婚については設楽さんは娘がいるが日村さんは結婚願望はあるし子供も欲しい。だが設楽さんそれは何らかの法律に触れるのでは?と

最後、鶴瓶師匠がまとめようとすると嫌な感じが出ていませんでした?設楽さんが聞いた後に師匠の喋りです。

会って2回目にコンビを組むことになり、当時は付き人だったのに先輩に物を言った、バナナマン誕生の夜は日村さんの部屋に行って電気を消して寝たが日村さんが起きて電気をつけて「俺たちこれからスゴイことになるよ」と言って電気を日村さんが消したそうで、それが最初の日の出来事

ぶれない設楽さんが自分にない魅力のある日村さんを選んでバナナマンが結成された、そんな2人は今スゴイことになってきていると、彼らの時代がこれからももっともっと来るんじゃないかと思います

日村さんは当時熱くなってしまったが、お笑いを辞めていてやりたかったが出来なったそんな時に西秋さんに誘われてお笑いを始めようとしていた夜だったから言ってしまったと

という感じで終わった今回ですがバナナマン知っているようで知らないことばかりでした。

一度4人組として活動をしそうになった話なんて初めて知りました、渡辺正行さんの付き人をしていたことは知っていたんですけどね、一方の日村さんもコンビを組んでいたのは知っていましたけど同級生とコンビを組んでいたとは

2人の出会いと結成秘話は非常に面白かったですというより日村さんの言った言葉が今現実になっていることに2人のすごさを感じます。

4人組で活動していたら今のようにはならなかったと思いますし、一番後輩にも関わらず先輩3人に向かって意見を言った設楽さんのブレないというか怖いもの知らずというかその発言があったからこそバナナマンは結成されたなんて驚きです。

人の出会いやつながりって面白いです。ダウンタウンやナインティナインみたいに小学生の頃からだったり高校の頃からだったり、長い付き合いでコンビニなる人もいればお笑い学校に行って何度かコンビ結成・解散を結成して今のコンビが誕生した人達がいたりする中、バナナマンは付き人とお笑い経験者が共通の知人がいたからこそであった奇跡です。

だからバナナマンは面白いと言うことが改めて判明した今回、今後もバナナマンには笑わせてもらいたいと思います。

終わり!

|

泥の97年デビュー組3を観るbyアメトーク

さて本日は1年ぶりに泥の97年デビュー組が放送されたのでそのことについて

この1年で変わったところはカリカが解散したぐらいかなーと思っていたら、思いのほか面白い話を聞くことが出来ました。

では観ていきましょう。

今回はある事情があって緊急招集されたメンバーですが、人数の多さに改めて驚く中くくりの発表。今回はやしろさんから説明と言うことだが宮迫さん何度あっても1秒も慣れない、気持ちが悪いと

9月24日に相方の林さんが芸人を引退、デビューして15年目で今は地元で両親の経営している旅館で働いているそうです。だがお客さん一切興味なし・・・

今回は林さんの引退がくれたチャンスだと、林さんがいたらなかった回だったと意気込む面々だが、2回目に出演していなかったあべこうじさんが再出演について聞いてみると、みんなを引っ張るつもりが引っ張られてしまったと出戻り、今年R-1優勝したさっくんも引っ張っていこうとしたら引っ張られたと悲しい現実

改めて泥の座り心地を聞くとみんな口をそろえて落ち着くと悲しい言葉を

そんな中最初のコーナーはまだまだあった泥あるあるです。

ギンナナ金成さんは身の回りで起きた変化としてピースとノブシコブシが売れたと、3年後輩で昔は話せたが今は気を遣う。

Bコースタケトさんは綾部さんの家を見て体調を崩したと、ナベさんは綾部さんが売れたおかげでメガネと髪型で間違われることが多くなったと、家城さんも又吉さんと髪型だけで間違われたと

あべこうじさんはメレンゲの気持ちに出演した時に初出演にもかかわらず楽しんごのバーターだった。結局、朝からキスして終わりだったとのこと。

ガリットチュウ熊谷さんはしずるの池田さんと近くに住んでいるということでご飯に行きましょうと誘われるも後輩と行くお店に困ってしまうと、ここで得意のイヤですよ~が

ニブンノゴ宮地さんは売れている後輩といると1枚だけサイン色紙を持ってこられて自分が気づかれないことがツライ、タケトさんは後輩の優しさがツライ、金成さんは後輩が書いている時にかばんを触って忙しいふりをすると辛い話を

家城さんはそのタイミングに限って自分が後輩とファンの写真を撮らないといけなくなってしまう辛さがあるとさらに悲しさを

タケトさんは後輩の代わりに仕事に行ってくれと、エハラコウジさんの代わりに地方へトリオなのに1人で行くハメになりただの漫談かと思ったら2万人の音楽フェスで自分の後の出演者が矢沢永吉さん、ザ・クロマニヨンズなどで思いっきりスベってしまったそうです。

エハラさんが器用なことにあべちゃんヒガミを

熊谷さんは先輩と後輩と一緒の飲みの席にて先輩を送った後に売れている後輩を見送ってしまうと、前説の番組に後輩が出演している複雑さなどがあり、イヤですよ~と

ニブンノゴ森本さんはアメトークで家族の写真が披露された際に街を歩いていると嫁と娘は気づかれるが自分は気づかれなかったと

ガリットチュウ福島さんは息子が自分の仕事がわかってきたので聞かれた際に人を笑わせる仕事だよと教えるも前説なんだよな・・・・と悲しくなってしまう。さらに貧乏なので12月のクリスマスプレゼントを買ってあげることが出来なく肩身の狭い思いをしているが、クリスマスはせめてハシャいで楽しくするようにするとさらに悲しい話を

金成さんは福島さんが本当にヤバイとライブ前の楽屋でボソボソ声が聞こえてきたので聞いてみたら「貧乏やだ貧乏やだ」とツブやいていたそうです。相方の熊谷さんも自動販売機の下にあるお金を拾ったら俺のと言ってきたとあべさん。

そんな熊谷さんの声が聞き取りにくいと言うことで恒例の滑舌をよくする練習をするも、お客さんからの「ぬ」のフリに一度戸惑う場面も

やしろさんは解散したことを母親に報告した際にニュースで見たと、あなた来年から「マンボウやしろ」に改名するの?と聞かれたら母親が「マンボウは良いと思う」と

ニブンノゴ森本さんは娘がシルバニアファミリーで遊んでいたら、くまやリスが2回の角部屋に6匹ほどギュウギュウ詰にされていたそれを遠目から眺めているウサギがいた状態を観てしまったと

福島さんは芸能人で誰が一番腕相撲が強いのかの番組で福島さんは全日本レベルで確実に優勝ですと太鼓判を押されていたにも関わらず1回戦で負けたことを嫁に伝えると「オメェはただのブタやろう」と言われてしまったと

佐久間さんはR-1優勝直後の営業でステージの裏道を通って20分かけていったらリハーサルをがっつり見られてしまう恥ずかしさが

井上マーさんはモノマネの番組に出演してウケた際に審査員の高橋英樹さんに良かったとホメてもらったら「腕を磨けそのまま頑張ればプロになれる」と言われてしまった

金成さんは15年やってまったく売れないので福島さんと会った際に最初はホメ合うようにしていたら、最終的には気分が良くなるウソをつき合うことになってしまったと

ニブンノゴ宮地さんはツイッターのつぶやき検索で品川駅で小さいポテトチップスをかった姿を見られてしまったら、ツイッターに品川駅で小さいポテトチップス買っていた悲しかったと書かれ、ハッピーターンを食べている姿を見られた際にゆがんだ口で食べている私はそれをみてハッピーじゃなかった。井上マーさんは生存確認とも

そういうのが多すぎるので全員風水に頼るようになったと、金成さんは全員の部屋に観葉植物が飾られているだろうと、森本さんは金色の財布を持ったらいいということで持っていたが金運が上がらないのでラメラメの財布を持つようにしていると

ギンナナ菊池さんは自分で決めた風水ということでユニットバスのドアを開けると言う行為をしていたら湿気が増えてカビが増えた

Bコース:ハブちゃんはルミネで番組アンケート用紙が落ちていたので陣内さんに返さずに楽屋でうろついていたらガリットチュウの2人がその姿を見て焦りだしてしまったと

続いてはこの1年で良かった事です。

9~11月:福島さん、日本テレビ「PON」で本日誕生日の有名人と紹介される。疎遠の方からいっぱい連絡が来たと、他にも堀北真希ちゃんも同じ誕生日だったそうです。

やしろさんはミヤネ屋を観ていたら顔写真を持ったレポーターが整形外科に行ってこの顔を普通にするにはいくら?と聞いていた。結果320万円かかることが判明しカメラ越しに宮根さんに話しかけられたと

金成さんは泥ップというオリジナルキャンディーが販売されたとのこと。辞めた林さんも写ってます。

12~2月:佐久間さん、R-1ぐらんぷり2011優勝!トロフィーをもらった後に500万円のパネルをもらう際にトロフィーを持って持てないから宮迫さんが代わりにトロフィーを持ってくれてパネルを持たせてくれなおかつ宮迫さんがR-1のRという文字を自分に近づけてくれたと

あべさんも決勝に行くたびに残念だったなと励ましてくれていたが優勝したさいは肩を叩いて労ってくれた

福島さんはホトちゃんを大井競馬場の松屋のカレーを奢ってもらったと、金成さんはルミネの新喜劇の休憩中に椎茸そばを奢ってもらった

宮地さんは口歪み著名人でヤフー検索ランキング1位に2位は麻生太郎首相だったとのこと。現在も未だに1位であり、キーワードも口歪みが口裂け女に勝っていた

3~5月:宮地さんはテレビの仕事で仮押さえが増えた。スケジュールに正式決定ではないが嬉しいと、この春は全部バラしになってしまったと

ナベさんはプライベートで中国語を習うようになったので暇な時間が無くなったと

6~9月:タケトさん、アメトーク芸人ドラフト会議でジュニアさんに指名される。次の日に地元の友達からスゴイ電話がかかって来たそうです。

あべさんはキャバクラに仕事関係の人と言ったらカワイイ女性の待ち受け画面が佐久間さんだった。

宮地さんはキングオブコントの準決勝に行ったので審査員として決勝に行ったら一番前の席だったので笑っている顔が写っていたよと、だがこの話を聞いた宮迫さんは話が小さい、ホトちゃんは決勝に出ようよと

ニブンノゴ大川さんは家の管理人とケンカしていたがテレビに映っていたのを観ていたらしくそこから意気投合してチャン・チン・チョンだったと意味不明な終わり方と

続いてはカリカ林さんからのお手紙披露です。

読み上げるのはいい声芸人の宮迫さん、泥の97年デビュー組の皆さんへ

雨上がり決死隊さん、スタッフ、泥の97年デビュー組の皆さん、お久しぶりです。今は千葉県南房総の実家の林景荘で働いていますという文章から

金成さん、菊池さん、福ちゃん、熊ちゃん、宮地くん、大川様、森本っちゃん、あべちゃん、マー君、さっくん、ハブちゃん、ナベ、タケト、家城カリカとしての14年間めちゃくちゃ楽しかったです。そりゃもっと2人で売れたかったし売れていたら辞めていなかったかもしれないけど、今思うと受けたことも滑ったことも嬉しいことも悔しいことも悲しいことも2人で過ごした全てのシーンがいい思い出です、お笑いの世界に誘ってくれてありがとう。

売れてなかろうが泥と言われようが今日のスタジオにいるメンバーが同期で幸せでした。

泥の面白さを世界一知っている97年組の一番のファンだと思っていますと

手紙を読み終えてやしろさんは嬉しい、純粋に嬉しい。この世界を恨んでというよりはイヤな思いではなく楽しかったと、誘ったのは自分なので14年間申し訳ない気持ちがあったのでそう言ってもらえると嬉しいと

そんな手紙の後に泥の新メンバーの登場です。

現れたのはレイザーラモンRGさん。何故か篠原ともえさんの格好で登場すると言うスベりっぷり。あべちゃんにもフザけて出てくるんじゃないよと、だがRG今回は泥あるあるを歌いに来たと、シノラーの曲ではうまく歌えないのでC-C-Bロマンティックは止まらないにのせて歌うと言うことで歌うの97年組には不評で最後は何故か「マルサの女」のテーマを披露して終了です。

という感じで終わった今回ですが、緊急招集ということで何かしらあるのかなと思ったら最初に思った通りカリカの林さんが辞めた事だったということでした。

もっとすごい話になるのかなと思っていたんですけどね、にしても悲しい話を後輩に抜かれるツラさが今回も話されましたが97年組なんで売れないんだろうか面白いですよ皆

なんなんだろうか?お笑いって本当に難しい職業なんだなと、売れている人と売れていない人の差ってホント紙一重だと思いますテレビを見ていて

タケトさんなんてジュニアさんと一緒に番組出演していたら最高に面白いですからね、ジュニアさんがいないとダメというわけでなくタケトさんは先輩にガッツリツッコミますからそれが面白い、ハブちゃんだってギャグの大会のチャンピオンですし、ナベさんははチュートリアル徳井さんの妹と付き合っているぐらいかな・・・

大川先生は何故か鳥山明先生と仲良しだし、宮地さんなんてKARA芸人の時に輝いていましたけどね先週の、森本さんだってゴールデンでいいお父さんっぷりを見せてくれましたしね。

ガリットチュウの熊ちゃんも滑舌悪い芸人で活躍してましたしね。さっくんなんて深夜のAKB48の番組でAKBに絶大に人気でしたし

とどこかしらイイ所がないか考えてみたがやっぱりあまり浮かばない・・・これかテレビっ子僕でさえあまり見る機会がないのだからテレビをあまり見ない人はそりゃ皆イワナと、ギンナナの2人チョー久々に見たし

でも林さんの手紙には泣きそうになったなー、やっぱり同じ年から今まで戦ってきた仲間って素敵です。

ということで泥の97年組今回が本当に最後になってしまうのか来年の活躍に期待です。

終わり!

|

うぬぼれ注意!オンナの自分番付を観るbyロンドンハーツ

さてほんじつは大好評企画の女性版がロンドンハーツで放送されたのでそのことについて

その企画はうぬぼれ注意!オトコの自分番付ならぬオンナの自分番付です。女性陣がどれほどうぬぼれているのか!オトコ同様にマウンテンバイクのプレゼントがあるのか!楽しみにしておりました。

では観てきましょう。

まずは出演者ですが益若つばさ、トリンドル玲奈、熊田曜子、磯山さやか、手島優、道重さゆみ、吉澤ひとみ、テレビ朝日アナウンサー前田アナ、竹内アナ、misonoの10名

淳さんは集まっているみなさん可愛いとホメるも女性陣緊張から喋れず、トリンドルちゃんは選ぶ側で出演しているので怖さを知っていることから出演を渋ったとのこと。

今回はピタリ賞は2万円、そして男性ゲストは川越達也シェフの登場です。女性同様企画の趣旨を知らされていないが見たことがあるということで順位づけスタート

そしてあの方ということで有吉先生の登場です。新レギュラーの有吉先生はギスギスしますねと嬉しそうに席に座り女性陣の予想スタート

淳さんはトリンドルちゃんは上位確実だろうと、だがトリンドルちゃんは大人の男性だから対象外だろうと、misonoはトリンドルちゃんが1位に行けば自分は2位に座ると強気な発言、道重はmisonoには勝っているといいとりあえず3位へ、トリンドルちゃんは4位と宣言するも周りを見渡すと上位かなということで3位へ、曜子ちゃんはグラドルとして4位へ行くも有吉先生は視聴者目線では曜子ちゃんの順位はどうでもいい、熊田・磯山・misonoはどうでもいいと一蹴、つばさちゃんは会ったことがないのでと保険をかけるも有吉先生はカリスマ師匠とバカにした発言を女子アナの2人は企画に呼ばれた際に前田ちゃんは9位へ座ろうと思ったと言うもこの番組で好感度を上げようなんて無理と有吉先生

ここからは川越シェフの順位発表です。

1位:磯山さやか。淳さん以外過ぎて驚きまくり、さやかちゃん自身も驚きを隠せず。有吉先生もまさかのポッチャリ好きと、川越さんも年々ふっくらしているが加減がちょうどいいし安定感がある。

有吉先生はオトコ版で言うとカンニング竹山さんが1位ということと

2位:misono。完全にポッチャリ好きのゲテモノ好きと有吉先生、淳さんも予想していないランキングだと、有吉先生はトリンドルの顔を見ているとゾクゾクしてたまらないとも

3位:竹内アナ。出ましたカマトトアナと淳さん。8位から3位はマウンテンバイク候補だと、世の女性が一番嫌いなやつと有吉先生。

トリンドル不機嫌に、ここでうぬぼれはトリンドル、道重、手島優ちゃん

4位:益若つばさ。亮くん2万円プレゼントに、曜子ちゃんうぬぼれ決定。

有吉先生は川越さんのガチ順位に震えが、前田さんの歯ぎしりがたまらないとも

5位:トリンドル玲奈。トリンドル一安心!理由はビジュアルの全部が大好き!だが年齢が19歳なので若すぎる。

曜子ちゃんは指名されないキャバ嬢の状態に、竹内アナは心苦しいと先輩の名前が呼ばれず、有吉先生は願わくばモー娘を5位までに一人は入れてほしかったと

6位:前田アナ。ジワジワと減っていくと呼ばれた方がいいと思いましたと前田ちゃん

道重、手島4うぬぼれ。曜子ちゃん3うぬぼれ。ヨッシーは下位うぬぼれの恐怖と戦い、有吉先生いわくオンナ田中(アンガールズ)

7位:吉澤ひとみ。ヨッシー2万円獲得!亮くん4万スッたと、ヨッシーは道重のことを心配。

8位:道重さゆみ。グラドル2人ショックを受けるも道重5うぬぼれ。理由は異性として見られない。カワイイとは思うが田舎の○○商店の御嬢さんレベル。

有吉先生は残った2人を見てタイ気分でチェックさせてとタイのお店での選び方をしそうに 

9位:手島優。6うぬぼれ、理由はお仕事だけど露出が多い個人的なお付き合いになると心配。手島さんは胸が大きすぎるので食材も味がボヤけるからと 

10位:熊田曜子。6うぬぼれ、有吉先生は男の支持0だって言ったでしょと喜びを隠せず。理由は夜の営みの話をしているがその話を聞くと、女性はそういうこと言うなよと、有吉先生はイメージダウン大成功!と高笑いでした。

川越さんは一番最初に10位が決まったとのこと

2人目はフットボールアワー後藤先生です。逆?マジで!と驚く後藤さん、向こう側の人間なのに選ぶの?とせめて女芸人にしてほしいとガッツリ異性の盛り合わせと、2人目と知って露出狂が10位

ここから女性陣の予想ですが前田ちゃんは芸人なのでインパクトのある人が選ばれそうだから下位へ、竹内アナは前田アナが好きだろうと?前田7位・竹内5位へ、曜子ちゃんはビビって8位を選ぶも有吉先生はもっと上だと前田ちゃんも応援して4位へ、トリンドルは自分は1位に選んでいるが年の差があるので5位あたりへ座ろうとするも3位へ、つばさちゃんは過去に私服で言い過ぎたので7位、さやかちゃんは4位、misonoは3位、道重は自分の事嫌いだと思うから6位、ヨッシーは8位、優ちゃんは5位へ

ここで後藤さんの順位発表へ

1位:トリンドル玲奈。理由は清潔感がスゴくいいし透明感もあり若いのにしっかりしている。お付き合いしたいねーと

後藤さんが透明感と言った瞬間にくすんだメンバーが下を見たと有吉先生

2位:前田アナ。理由は透明感、清潔感。前田ちゃんの髪型いいねー付き合いたいねーと後藤先生。服の感じも好きと

有吉先生はマウンテンでますねと喜びを隠せず

3位:益若つばさ。つばさちゃん驚きを隠せず。理由はカワイイだけじゃなくて結婚しているから常識がありそう、企画によってキツイことを言うがちゃんとした女の子だと思う。ネコミミつけているつばさちゃんと付き合いたいねーと

共通点は細い女性が好き!淳さんがこの面子は世の中的には太い人はいないと言うも有吉先生は1人いますとさやかちゃんと指名

4位:竹内アナ

モー娘の2人はおとなし目に、道重も細いが顔がデカいと言うので淳さん近くで見ると本当だねと一蹴

5位:手島優。優ちゃん驚きを隠せずも2万円ゲット!本日6万円の出費。理由は1~4位は清潔感や透明感などだが5位は単純にエロさが陵駕してくる、手島さんとやりたいねーと

グラドルではトップ通過、misonoは後藤さんはすごいのにこの並びを見ると中身がないなーと悔しさいっぱいの発言を

6位:misono。選ばれてテンションが上がりまくりmisono、手島優ちゃんに負けたら終わりだろと、理由はエロさのメリットはないと

有吉先生はモー娘を入れないとダメだってと笑いながら曜子ちゃんあと1うぬぼれでマウンテンバイクプレゼント

男性芸人とは違いピリピリ感が凄いと後藤先生

7位:熊田曜子。ギリギリマウンテンセーフ、理由はちょっとだけだが不潔感がある。イヤらしさやキレイ佐の中に微量な不潔感と

有吉先生もホントそうと不潔感だと納得、さやかちゃん細い人が好きだからビリだと諦めムードに

8位:吉澤ひとみ。2万円ゲット!計4万円。ピタリはスゴイが順位が悪い

9位:磯山さやか。5うぬぼれ、理由はちょっと丸みというかなんというか、細い人が好きなので磯山さんの丸みは9位。性格などもイイと思うけど丸みが

10位:道重さゆみ。4うぬぼれ、理由は子供っぽい、トリンドルより年上だが実年齢と外見の差がある、トリンドルの方が大人に見える。道重はキライだろうなと思っていましたとツッコミ上手なのにボケてもツッコんでくれなかったし

順位が決まり有吉先生は保田圭を呼ぶべきだとモー娘で1位を取るならと若干小ばかにしていました。

という感じで終わった今回ですが川越シェフの選び方には驚いてしまいました。淳さんが行っていた通り予想外過ぎて

まあ川越シェフは行っちゃ悪いですが離婚2回してますしね女性を見る目という点で考えると微妙ですよ。後藤さんの上位の順位はまさに僕もこの面子で考えればそうだろうと

これは酷な企画だ女性タレントにとっては多分、女性芸人だったらただの笑いでも普通のモデル、グラドル、歌手、女子アナという選択が流石だなロンハーは、この面子だからこそ生まれるピリピリ感。

とにかく今回の面子はロンハーおなじみの面々だったので、この企画他にも熟女芸人の熟女ランキングなり、超怖いオネエタレント順位付けなど色々幅広く考えられる企画なので今後の展開が非常に楽しみ

だがこの企画の一番のポイントは有吉先生が新レギュラーとしてご意見番ポジションにいることですね。もう最高すぎる今後のこの企画というかロンハーの楽しみが増えましたますますPTAが選ぶ子供に見せたくない番組1位街道を突っ走りそうです。

今後誰かな?ロンハーおなじみの女性陣が登場していきそうですけど女芸人でのこの企画も捨てがたいなー

ということでオンナの自分番付はオトコの番付よりもピリピリして最高でした。

終わり!

|

久保田利伸の素顔に迫るbyしゃべくり007

さて本日は90年代から音楽界をリードしてきた一人である久保田利伸さんがしゃくり007に出演したのでそのことについて

何故?久保田さん!と言いたくなる感じではありましたが非常に楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

まずはオープニングトークから、徳井さんに訴えたいことないの?ということでしゃべくりのオンエアで徳井さんの髪型が変わっていることについて触れると、オーガニックのいいワックスを買ったのでテンションあがって使ったらペッタペタになってしまったと、だがその前フリが使われないため突然冒険を始めた男になってしまったとのこと。

そんなオープニングトークを終えた後ゲストの登場ですが名倉さんにクリソツということで紹介され久保田さんの登場です。久保田さんの登場に驚く一同、名倉さんもお兄ちゃんと近づき、初めて会った時には久保田さんから似てない?と久保田さんの事務所の人にもデビュー当時に似ていると言われたことも

名倉さんの本当のお兄さんより似ていると上田さん、名倉さんの結婚式も二次会にフワッと来てくれたそうでその際にそっくりな人だれだろう?と思っていたらますだおかだの増田さんがいつもお世話になっていますと間違って挨拶をしていたそうです。

改めて久保田利伸さんです。

メンバーの多感な時期、思春期の時期に影響を受けたということで、徳井さんは生まれて初めてカラオケで歌った歌が「流星のサドル」とのこと。泰造さんのカラオケの最初の曲は「夢芝居」、名倉さんはメチャメチャ聴いたとマイケル・ジャクソンのポスターから久保田さんに差し替えたほどスゴイと感じたそうです。

久保田さんの学生時代に聞いていた音楽についての話になると

マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、姉が聞いていた澤田研二さん、和田アキ子さんなども

デビューしていた頃の髪型についての話では有田さんは今までの中で今の髪型が一番しっくりくると

目立つ?という話では

街を歩くのも1本路地を曲がるのも髪型で全員に気づかれる、興味がない人も誰だろうと思うので観てくると、だが髪型とサングラスでより一層気になりだし正体がバレやすいので悪いことが出来ない

そんな久保田さんを迎えての企画ですが、久保田利伸の華麗なるプロフィールです。

生年月日

久保田利伸、62年7月24日生まれの49歳、デビュー25周年、しし座のO型静岡県生まれ

静岡では浮いていたそうだが、おやじの顔がファンキーで自分と名倉さんを足して濃い部分だけを残した感じ、ジェームス・ブラウンそっくり

経歴

85年:作曲家デビュー

86年:シングル「失意のダウンタウン」でメジャーデビュー

88年:3rdアルバム「Such A Funky Thang!」がミリオンセール達成

93年:ニューヨークへ移住

ニューヨークは普通に向こうで音楽を作って向こうからブイブイ出してみたい、そのための足掛かりを作っていこうと思っていた。

当時は危ないし怖い目も結構あった。銃声なども聞くし近いとこでも遠いとこでも、一番怖いなと思ったのは夜中にクラブに遊びに行ってクラブの中で銃声が聞こえたのでビビっていたらそこにいる人たちが全員が床に伏せて、それを観たときにみんなが慣れてる姿が怖かった。こんなことに慣れている街なんだと

ここで何故か対処法を教えて欲しいと有田さんのフリからスタッフの石丸さんの口の銃声で試すことに、だが迫力がないため効果音にて

リズムに乗り楽しむ面々そこに銃声がなるとまさかホリケンさんが眉間に一発くらうハプニングが、だが大丈夫なので久保田さんに前フリをして再度銃声がするとまさかの徳井さんが久保田さんの後頭部に一発、だが弾も無事に取れセーフ

ニューヨーク時代の写真を観ると

1枚目は2枚目のアルバムを出した時のリリースパーティー、ファンクマスター・フレックスという有名DJと2ショット

向こうのパーティーは盛り上がりみんな自由、当時はなかなかモテたそうで、色んな人種が分け隔てなく話してくれて好きになったりしてくれるのが良かった。

3枚目はナオミ・キャンベルとレコーディングをしている写真。

95年:全米1stアルバム「SUNSHINE MOONLIGHT」発売

96年:ドラマ「ロングバケーション」の主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」が200万枚を超える大ヒット

ここで歌を教えてもらいましょうということになり久保田さんからカッコよく歌う歌い方を教わることに、ノリはずっと一発のノリだけどキレイ系のメロディーなのでいかにメロディアスに歌うかということで手でノリながら

右手が大事ということで右利きの人もあえて左でマイクを持ち、まわれま~の時に「ま~」の所は「ま」を強くとお手本を見せてくれた後に、弟の名倉さんが挑戦すると見事歌い上げていました。続いて徳井さんは何故か瀬川瑛子さんのマネを

続いては「Missing」ですがこれは入り込みだけの、いかに自分の世界に入るか。ワンコーラスだけですが余りの美声にメンバー感無量。だが耳を汚したくないという上田さん、泰三さんが何故か舘ひろしさんの「泣かないで」を歌うボケをかました後に何故か全力で歌い始め皆に気持ち悪がられる悲しさ、さらに名倉さんに動きを見られ「お腹痛いんか」と言われて爆笑してしまい終了

2011年:11月23日25周年を記念したベストアルバム「THE BADDEST ~Hit Parade~」発売

アルバムは25年間の色んなヒットソングを織り交ぜたアルバム

美声の秘訣

ターザン。ちっちゃな時にずっとターザンのマネを朝も夕方もしていたそうで、スタジオで披露。これをやることでオペラの発生やヨーデルの裏声と地声のくせを知るために

美声に憧れている福ちゃんが挑戦するもニューハーフみたいな感じに、有田さんは設定が必要ということで財布を無くされた感じでと、上田さんはホリケンさんが攻撃を加えたらということでジャングルパニック(股間を鷲掴み)をくらってターザン

ハマっているもの

肩凝り改善グリグリボール

趣味・特技

ステッキマジック。これはマジックって観ていて面白い、小さなころからマジシャンになりたいと思ったことも、最近マギー司郎さんに実際に教わったとのこと。マギーさんはスゴイマジックをやらないそのトボケたファンキーさが好きでマギーさんに連絡したら教えてくれたとのこと。

本日はそのステッキマジックをスタジオで披露。音楽に合わせてノリよくマジックを披露していました。

好きな食べ物

西麻布の焼きそば。マルシェロッポンギという3か月前までは戸塚食品さんの焼きそば。まさかのスーパーの袋に入れられたお惣菜の焼きそば。値段は258円

全員で焼きそばを頬張りながら、今まで出てきた中で一番安いと上田さん、泰造さん、徳井さん、有田さんまったく反応せず。ホリケンさんは味が濃くない、徳井さんは細かいところを観るとよくよく上手い。有田さんは笑ってバカにするも一番最初に完食していました。

という感じで終わった今回ですが、久保田さんカッコよかったなー

当たり前すぎて書きたくないんですけど改めて、歌ウメー!

ロンバケ思い出しましたね、あの曲を毎週月曜日21時聞いていた96年、最高でしたね。なんか当時を思い出し又聞きたくなったのでネットで探します。

それにしても久保田さん40オーバーなのは知っていましたけどまさか49歳とはかなり驚きました。49歳ってとんねるずの2人同じだなーと貴さん50歳になったしなーと

それにステッキマジックまで披露するなんて以外過ぎて驚きです。それもマギー司郎さんに直接教わるなんて交友関係も以外過ぎました。

もっと話聞きたかったですね、ニューヨーク時代の話とか絶対面白いエピソードはあったはず、そもそもギャル曽根なんてどうでもいい久保田さんで1時間やって欲しかったです。

ということで久保田利伸さん、これからもカッコいい曲聞かせてくれること楽しみです。

終わり!

|

« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »