« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

ミュージックステーションスーパーライブ2011を観る!

さて本日はミュージックステーションスーパーライブ2011についてです。

FNS歌謡祭と同様に全曲+感想を書いて行こうと思います。

では観て行きましょう!

オープニングはEXLIE。曲は「I Wish For You」、「Rising Sun」FNS歌謡祭とは違い横に広いステージでのパフォーマンス。やっぱり横に広がったステージの方が好きだなー、キッズダンサーたちもキレキレだったし、局が違うが来年放送のめちゃイケSPのオカザイル楽しみです。

2組目はKis-My-Ft2。曲は「Everybody Go」。初めてのスーパーライブでのパフォーマンスですがジャニーズはやっぱり慣れてるなこういう舞台は後はメンバーが不祥事を起こさない事だけだな。ここ最近のユニット何かしら起こしているからそこだけです。ローラースケートに履き替えている時も歌わないといけない場面は面白かった。

3組目は倉木麻衣さん。曲は「Your Best Friend」こちらも初めてのスーパーライブ。タモリさんに話すと聞こえ小さいですねと言われたのが面白かったが、キスマイが会場全体を盛り上げ麻衣ちゃんはシットリと弦楽団を引き連れて、今年は今までで一番麻衣ちゃんをテレビで見た印象がありました。

4組目はPerfume。曲は「レーザービーム」。今日がかしゆかの誕生日ということだがあーちゃんとのっちはサプライズを企てていたがのっちが話してバレるという事態。この後の結果が気になるが一番はあーちゃんがハリセンボンの春菜と韓国に行ったという話をしたとたんに客席から驚きの声が上がるのが悲しい。相変わらずダンスは良かった

5組目はHey!Say!JUMP。曲は「OVER」。未だにメンバーがわからない、ジャニーズの新ユニットのメンバーをまともに覚えれたためしがないがこれからも覚えれない事だろう。今年はメンバーが不祥事を起こしてしまったが来年はこのようなことは無いようにしてもらいたいものです。

6組目は木村カエラさん。曲は「A winter fairy is melting a snowman」。今年は出産も経験しお母さんとして1年を迎えたカエラちゃん。sakusakuの時が懐かしいがライブに復帰して来年もキュートな歌声を期待します。今日の髪型は爆発してたなー

7組目は関ジャニ∞。曲は「T.W.L」「モンじゃい・ビート」。まさか関ジャニ∞がゴールデンでレギュラーを持つとは思っていなかったため非常に驚いてしまったが錦戸くんはNEWSとの掛け持ちもなくなったので全力を出せる事だろう。来年は関ジャニイヤーになるかな?

8組目は斉藤和義さん。曲は「やさしくなりたい」。やっぱり今年は家政婦のミタの主題歌も印象的でした。そのミタさんにエプロンをもらったという裏話を披露もでも一番驚かされたのはニケツの番組オープニングテーマを作ってくれたことかな、番組にゲスト出演もしてくれたし

9組目はV6。曲は「Sexy.Honey.Bunny!」6人でアジア以外で10年ぶりに海外に行ったということだがラスベガスで坂本くんのツテで世界的なショーの舞台裏を見せてもらったとのこと。なんか今年はV6を歌番組で見る以外6人そろった姿を見たのが2回目も僕が見ている範囲ではですけどね。そして毎回思うのが岡田くんはやっぱりカッコいい

10組目はYUIさん。曲は「HELLO」。印象に残ったこととして海外での初ライブで上海と香港、向こうでは温かく迎えてくれて楽しく演奏できたとのこと。この曲を聞くたびに映画パラダイスキスを思い出します。あー北川景子ちゃん!

11組目はKAT-TUN。曲は「BIRTH」。亀梨くんはドラマで鈴木福くんと共演したことが印象的だったそうです。KAT-TUNは赤西くんがソロとよく考えればジャニーズで色々波乱というかなんというか重大ニュース多かった気がします。だけど亀梨くんのベムに一番驚かされました。

12組目は西野カナさん。曲は「たとえどんなに・・・」「Esperanza」今年は全国で初のホールツアーを行ったそうでいい思い出がたくさんできたとのこと。大学を卒業したという今年、トップランナーに出演していた時は大学生だったんだなーと改めて驚いてしまった。今でも作詞方法は変わっていないのか気になる所

13組目はポルノグラフィティ。曲は「ワンモアタイム」「アプロ」。お正月は友人と餅をつこうかなとアキヒトさん。なんかポルノグラフィティ観たの久々かも曲はメッチャCMなどで聞いているのに不思議なところだ。トークも面白いから好きなんですけどねー今年はあまり見なかったなー。アポロが聞けたのは嬉しかったこれ99年の曲なんだなー

14組目は倖田來未さん。曲は「愛を止めないで」「キューティーハニー」。先日の妊娠報道には本当に驚かされたがそのこともあり今回はヒールを履いていないと、テレビでは6年ぶりのキューティーハニーだが出産までは今回で見納めかなとダンスもいつもより激しくない感じで母体に気を遣っている様子でもありました。にしても週刊誌で話題になったSMAP中居くんが同じ現場にいると思うとなんだかなー

15組目は東方神起。曲は「Winter ROSE」「Why?(keep Your Head Down)」。今年活動が再開して初めて出演したのでMステだったのが嬉しかったとのこと。結局韓流アイドルがこぞってデビューした今年だったが男性グループでは東方神起が一番目立ったのかなと

16組目はいきものがかり。曲は「じょいふる」「歩いて行こう」。今年は横浜スタジアムの2Daysライブありデビュー5周年という区切りを迎えれたとのこと。いきものがかりがデビューした時はいい歌うたうぜー!と思っていたが正直なところ5年持つとは思わなかった、ちょっと観る目のなさに反省です。

17組目はSMAP。曲は「僕の半分」「オリジナルスマイル」。今年は5人の活動もあったが震災があったので下を向きがちじゃなかったかなと、木村くんはなんだかんだお騒がせなグループが20年もやって来れたのは支えてもらっているみなさんのおかげだしと、吾郎ちゃんはファンイベントがあったり初の海外コンサートだったりと、剛くんは来年はコンサートが決まっているのでそれに向けて頑張りたい。慎吾くんは来年のコンサートにはここにきているSMAPのファンじゃない人も来てくださいと

SMAPだけトークをほぼ書いたのは僕がSMAPの大ファンだからです。斉藤和義さんバージョンも聞きたいです「僕の半分」は、オリジナルスマイルはホント懐かしいなだがこの曲は元気がでる。スーパーライブでSMAPは大抵21時直前なんだよな中居くんが金スマやってるので、木村くんが客席の通路を登って行った時のお客さんの反応の速さすごかった。

18組目は少女時代。曲は「The Boys(JAPANESEver.)」「Mr.TAXI」。今年は日本デビューの時から夢だった全国ツアーが出来たのが嬉しかったと、来年もワールドツアーをして世界のファンの人たちと会える機会を作りたいと。

いやー少女時代はーいいなー。AKBみたいに言うならユナさん神推しの僕ですが他のメンバーの名前もやっと憶えてきましたがまだ全員の名前が言えない来年こそは覚えます。だがMR.TAXIはスマスマの昭和時代を思い出してしょうがない。

19組目は福山雅治さん。曲は「家族になろうよWedding ver.」今年のMステの思い出は僕の結婚観を完全否定されたのが完全に印象的だったと、これから披露する曲についてはたくさんの方から結婚式で使ったと話を聞いて大変光栄だったと。年末年始に関してはライブをしているとお正月は疲れをどれくらい抜くことができるかが重要とも

福山さんのコンサート一度は行きたいんですよねー。この曲ホント好きだわー、結婚するのかなー福山さんもいつかは

20組目はAKB48。曲は「風は吹いている」「Everyday、 カチューシャ」「フライングゲット」。今年は印象的だったのは西武ドームでコンサートをしたこととゆきりん、ゆうこは暑かったので塩分を欲していたのでバナナに塩を振りかけたものを食べたそうです。クリスマスは毎年Mステ終わりにパーティーをしているのでこの後もパーティーと麻里子さま。たかみなはトナカイの格好をすると、来年は海外に姉妹ユニットもできたので海外でもライブをしたいと

少女時代を見た後だと急に子供っぽく見えるが韓国と日本の差だなと感じました。やっぱり日本はファンが育てるという言葉がぴったりかな、韓国は憧れの象徴みたいな感じですかね。良く考えたら今年発売されたシングル曲で唯一買ったのがAKBの曲でした。

21組目はゆず。曲は「栄光の架け橋」「翔」。ゆずはそれぞれ結婚した年だったが印象に残っているのは中学校の卒業20周年ということで同窓会に行ってきて12時間飲みっぱなしだったそうです。来年は15周年なのでドームツアーをやろうかなと思っているとのこと。

22組目はKARA。曲は「ウィンターマジックX'mas ver.」「ジェットコースターラブ」。ジヨンは日本語検定試験を受かったと、スンヨンは犬を飼い始めた、スンヨンは犬の事しか言わないと、来年は?ニコルはラテンダンスに挑戦したい、ハラちゃんは新しい演技に挑戦したい、ギュリは韓国と日本で単独コンサートをしたいとのこと。KARAのメンバーは言えるんだよなー名前。KARAはですねアメトークでKARA芸人が放送されてからとりあえずYOUTUBEでPV見まくってます。

23組目は絢香さん。絢香帰ってきました!冒頭ではこの2年かんあたしを支えてくれたすべての人々に待っていてくれたすべての人に感謝をこめて歌いますと曲は「やさしい蒼」「はじまりのとき」

2年てホントに長いなー歌声も変わりなく嬉しい限りです。

さて歌い終えてのトークですが2年ぶりのMステは歌えることの喜びをかみしめながら歌えたのですごく楽しかったと、2年間は活動していた時と全然違うリズムに身を置いていたので活動していた時にはわからなかった些細な幸せを感じながら自分に向かうことができた。来年は2月1日にアルバムリリース、春から全国ツアーもスタートするので歌に集中していいものを届けたいとのことでした。

24組目はaiko。曲は「ボーイフレンド」「ずっと」。今年は桑田圭祐さんにキスをしたことが嬉しかったと、将来おばあちゃんになっても代々語り継ぎたいと。aikoのベストアルバム買わなかったことを今更後悔しているがやっぱり買おう!

25組目はKinki kids。曲は「フラワー」「願い以上のこと祈る以上のこと」。今年は一緒にKARAがいたがペンギンダンスを剛にさせられたと光一くん。ジャニーズではキンキの2人が一番歌がうまいと思っている僕ですが今回の曲はフラワー懐かしー99年の曲かー、もう一つの曲はドリカムの2人が作詞作曲をした曲とのことでこれまた豪華な曲だ!

26組目はJUJU。曲は「また明日...」。今年は初めてのジャズアルバムをリリースしたことや引っ越して念願のお酒置き場を作ったとのこと。酒が好きとは知っていたが酒置き場まで作るなんて酒豪にもほどがある。よくそれだけ酒を飲んでいて今の歌声を保てるものだ

27組目はTOKIO。曲は「AMBITIOUS JAPAN!」「見上げた流星」。今年は城島くんはまさかの生放送をすることになったこと。歌う曲のAMBITIOUS JAPANは開通式の時にリーダーが挨拶がカミカミだったと。来年は松岡くんはドラマが始まると宣伝をしていました。ヤバいTOKIOの曲でこの曲が一番好きなんです僕は興奮しました。

28組目は。曲は「Lotus」「Happiness」「迷宮ラブソング」。クリスマスは相葉くんの誕生日なのでメンバーで祝うとのこと。例年通りにメールで祝うとメンバー。正月は3日からコンサートをするので楽しみだと松本くん。大野くんは家族でビンゴ大会をするそうです。来年は年明け早々にファンのみんなと会えるのが嬉しいと桜井くん、大野くんは趣味の画をやっていきたいなと

今年は嵐の番組よく見た感じです。紅白の司会もありますしね、最後の最後まで嵐だな。FNS歌謡祭とは違いマイクも絶好調でした。

29組目はL'Arc~en~Ciel。曲は「虹」「CHASE」。今年はこんなバンドですが20周とHyde。来年はワールドツアーに行きますと、ワールドツアーでは色々観光をしたいとも、ラルクだよー14年ぶりの「虹」買ったなー当時ラルクの曲ほぼ買っていた気がする。新曲は映画「ワイルド7」の主題歌だしなー、ワイルド7観たくなってきた。

ラストはLADY GAGA。曲は「Marry The Night」「BORN THIS WAY」。まさかGAGA様が出演するとは思わなかったが今年60億近く稼ぎ出したが持ち家は持たず賃貸に暮らすというポリシーを持つGAGA様。病院のベットに寝ている状態の設定で歌い始めたことには驚いたがGAGA様ならいいだろうと、というか見入ってしまった

ラストはTOKIOのリーダーが恒例のタモリさんのコスプレを披露。

そして最後にGAGA様より本当に楽しかったですお客さんの皆さんがとにかく素晴らしかった、感動しておりますと今回出演者を代表して出演できたことを光栄に思いますと、日本来てしゃぶしゃぶを食べたし古着屋をまわったり多くのファンをはぐすることが出来て良かったと。

という感じで終わった今回ですがMステはFNS歌謡祭もジャニーズ多いなと思っていましたけどこちらも多いです。だが正直最後に城島くんとタモリさんお2ショットで終わると思ったらやっぱりGAGA様にカメラが行ってしまったのはしょうがない、来年こそはリーダーガンバレ!

と今年のFNS歌謡祭は歌とコラボが中心で聴かせる手法に対してMステに関してはトークもありお客さんもいるので一体感を感じれる番組とまったく真逆な印象が

特に客席に花道を作っているのでお客さんの反応が見れるのも面白い!通常のコンサートよりも近い位置で見れることを考えると現場ので臨場感はスゴイだろうなーと毎年思います。

ジャニーズ系が会場全体を動き回る際のお客さんのリアクション面白いです。あの気持ちはミーハーの僕は完全にわかる。

後は福山雅治さんがオープニングで言っていた通りに年々サンタのコスプレをする女性客が増えている感じもうなずける。

今回はLADY GAGA様が登場したのは驚いたなーこの番組に出演の為に来日したのか?それとも本当に紅白に出演するのか?そしてもう一つのメインと言ってもイイでしょう綾香さんの復活、2年ぶりに登場した絢香さんの歌声

ということでMステが終わると僕にとって残す歌番組は紅白のみ。来年も日本の歌手の皆さんには楽しませてもらいたいものです。

僕はこれからMステを自分独自の編集にしてダビング作業です。

終わり!

|

渡り廊下走り隊7の素顔に迫るby新堂本兄弟

さて本日は渡り廊下走り隊7が出演した新堂本兄弟についてです。

では観ていきましょう。

AKB48メンバーとしてはまゆゆとらぶたん以外は初めての登場ということで自己紹介からスタート

みんなの目線をいただきまゆゆ!高校3年生17歳のまゆゆこと渡辺麻友

アナタのハートをズッキンドッキン、心の癒しになりたい孤高の天使らぶたんこと多田愛佳

渡り廊下走り隊の最年長の末っ子はるごんこと仲川遥香

1に努力、2に根性、3、4がなくて5になっちゃん!なっちゃんこと平嶋夏海

スマイリンリンリン高校生3年生のあやりんこと菊池あやか

大盛り、中盛りやっぱり小森!こもりんこと小森美果

渡り廊下走り隊の本当の末っ子高校2年生16歳、わさみんこと岩佐美咲

とお馴染みの挨拶を披露、ここでキンキの2人はこのような挨拶がないということでAKB48のようなあだ名をつけるとしたら?

光一くんはまゆゆにぴかりん!と、だが西川さんから薄毛だからだと

剛くんはつよよ!高見沢さんは今被っている帽子がキノコみたいだからキノコとさらにつよことも

キンキの2人はぴかりんとつよこに決定です。

続いてはウソホン堂本です

まゆゆは前髪には絶対的なこだわりがありメンバーと言えども前髪をいじられたら呪う。ホント!

まゆゆはこだわりがあるので触られたくない、メイクさんにも触らせず自分でセット。朝セットしてからハードスプレーで固めるそうです。さらにまゆゆの前髪はライブでもグラビア撮影で横を向いても動かないそうです。

だがまゆゆの前髪がいつもと違う貴重映像が、それは移動中に前髪を固定している姿でした。光一くんはそんなに変わらないと言いながら触ろうとするとまゆゆは本気で逃げ出す始末。

DAIGOさんは高2から今の分け目で過ごしているそうでたかみながセンター分けにしようとしてもすぐに元通り

ここでまゆゆのツインテールは今しかできないと話し出すと何故かたかみながハゲているのではと?とネットで話題になっているそうで、さらに突然来年髪を切ると宣言していました。

なっちゃんは撮影中もうっかり寝てしまいよくメンバーに怒られている。ホント

撮影中に爆睡してしまうそうでその証拠映像が披露されると、まゆゆがカメラをイジっている横で爆睡。ミュージックビデオ撮影中のスタンバイ中にも爆睡していました。

いつでもどこでも寝るそうでご飯を食べながら寝ることも

はるごんは楽屋でメンバーがあまりに騒ぐので隣の部屋のタレントさんに謝りに行くのが日課である。ウソ

はるごんは謝りに行くのではなく一番うるさい。楽屋で勝手にモノマネを始めるそうで最近は待っているのは指揮者のモノマネ。前に出て披露すると何故か首を振りまくっていましたが、DAIGOさんは今の動きは甘いということでロック指揮者としてお馴染みの動きをしていました。

だがはるごんは私の方が勝っていたと思いますと

ここで楽屋でうるさい証拠映像が披露。1人でブリッジをしてエクソシストのスパイダーウォークをするシーンや変顔、かかと落とし、変なターンなど色々していました。光一くんには悪ガキやんと

はるごん自身はそろそろ落ち着かないといけないと、来年成人式を迎えるのでその辺には落ち着こうかなと

まゆゆは10秒あればそれなりのアナゴさん(サザエさん)が描ける。ホント

まゆゆが描けると言ったので光一くんもそれなら描けるわと一緒に描くことになると、まゆゆは見事なアナゴさんを描き上げるも光一くんはポンコツそのものでした。

他にもスネ夫くんも10秒で描けることからスネ夫対決をすると、まゆゆはこちらも見事なスネ夫を描くも光一くんはさらにポンコツの画でした。

続いてはマンガ!アニメクイズ年の差なんて!です。

渡り廊下走り隊7と堂本兄弟チームにて対決

アダルト問題Q1:巨人の星より、巨人の星で星飛雄馬が使用していたトレーニング器具の名前は?

大リーグボール養成ギブスと答えられず。大リーグとギブスまではわかったメンバー。

ヤング問題Q1:黒執事より、黒執事の主人公の執事の名前は?

ディズニーのキャラクターにいるというヒントから、たかみなセバスチャン・ミカエリス。

らぶたんは強くて私のことを守ってくれると妄想スイッチが入りだすと堂本兄弟メンバー困惑。ここでDAIGOさんはお姉さんが漫画家なので、突然電話がかかって来たと思ったら私恋をしたといって相手を聞いたらアスラン?と言われて誰かと思ったらガンダムSEEDのキャラだったとのこと。

アダルト問題Q2:ど根性ガエルより、主人公の名前は?

ひろしと見事正解。

ヤング問題Q2:デュラララより、同居人の新羅と言い争いになった首なしライダーセルティはどうなった?

まゆゆは30回ぐらい見たというシーンだそうだが、まゆゆはこれですよこれに限る!と大興奮。セルティは首を探しているが新羅は首のありかを知っていると、何で知っているのに教えてくれないんだということからのシーン・・・と熱弁するも堂本兄弟メンバーホントの恋が出来るのか?と心配しだすと

リアルな世界での萌えポイントは?という話から

声が低い人が好きということで何故かたかみなが低い声を出そうとしていました。

続いては新ベストヒットたかみーです。今回は青い山脈を歌うことに

渡り廊下走り隊7の新曲「希望山脈」はこの曲が発表された時代感を表しているように作られたそうです。

そして歌を披露して終了

という感じで終わった今回ですが

うーんまゆゆは可愛いなー。

まゆゆを可愛くないという人がいるがまゆゆは可愛いですよ。なんだろうなー目力が強いんですよね。引き込まれるというかなんというか流石は選抜総選挙5位だなと

他のメンバーに関しては今回でやっと全メンバーを知ることができました。なっちゃんだけがピンとこなかったんですが今回で完璧です。

渡り廊下走り隊7かー、まあどちらかというとフレンチキスの方が好きなですよね。ゆきりんがいるからだけなんですけど、僕の推しメンがゆきりんだからだけなんですが

でも南海キャンディーズの山ちゃんが推しているようにまゆゆの可愛さも分かるんだよなー

とドップリAKBにハマっているような感じになっていますけど僕が一番好きなのは桐谷美玲ちゃんです今のところは、というよりは女優・モデル・歌手・グラドル・AV女優など色んなジャンルに好きな人が3~4人はいるからろくでもないだけなんですけどね

さて渡り廊下走り隊7ですが、そっか二十歳がいるとは思わなかったなー全員18歳以下の印象が強かったからはるごんが二十歳だとはまったく思わなかった。やっぱり見た目に騙されるんだな童顔って恐ろしい・・・

ということで絶好調のAKBのユニットの活躍今後も楽しみです。

終わり!

|

長谷川博巳の素顔に迫るbyおしゃれイズム

さて本日は事前情報なしの長谷川博巳さんがおしゃれイズムに出演したのでそのことについて

まったく前情報がないのでどんな人物か楽しみに観ておりました。

大歓声で迎えられた長谷川さんですが、家政婦のミタにてお父さん役を演じている俳優さん。

マンガ家の武富先生から階段を素早く降りる姿が美しいと、上半身だけを見ていると高速エスカレーターを降りているように見えるということでもう一度階段から登場してもらうことにも

家政婦のミタでのダメや父親役を演じてあった出来事は?

スーパーに行ったら魚屋のおじさんからお父さんガンバレ!と言われてしまったとのこと、サウナでも前のドラマの際にスキンヘッドの方がオォー!と言ってきたので知り合いかなと思ってついて行ったらそこにいたスキンヘッドの奥さんと子供がいて今見ていたドラマに出ていた人だぞと紹介されてしまったと

街中で声を掛けられたりすることに対して変装は?

帽子をかぶるそうだがそれは寝癖が酷いので、ここで松島菜々子さんから道を色白で長身の男性が歩いていたので見てみると長谷川さんだったと情報が、その時は髪を切って昔アルバイトをしていた場所だったので見ていたら声を掛けられたら松島さんだったとのこと。

家政婦のミタの絶好調っぷりについては?

現場でもドラマのような感じになっていると、みなマイペースで淡々としているそうです。松島さんとも空き時間に話もあまりなく思い出せないと、それは松島さんが役に入り込んでいるためかなと

プライベートでもニアミスの松島さんは久しぶりに笑顔は見たという状態だったそうです。

空き時間に何をしている?

ドラマの現場でも1人でこもってしまう。1人で過ごすのが好きでどこか行ったりするのは1人が好き!旅行は国外には行きたいと何故か願望を

海外も1人で行くそうでヨーロッパも、スペインではゲイの男性に声を掛けられたそうで、ご飯を食べていたらカッコいい人が座ってニヤニヤ笑いながら観てきたそうで、その後に誘いが会ったが断ったが食べ終わった際にもドアの前で待っていたので断ったとのこと。

松島さんから辞めてほしいことは?笑ってしまうので噛み続けないでください。

よく噛むそうで、舞台をやっていた時にお願いするシーンで毎回と言っていいほど噛んでいてホントお前はカミカミ王子だその時の役柄も王子だったそうで、舞台ではわからないようにごまかしてはいたそうです。

失敗談は小道具を忘れてしまったことがあり、トランプを出してトランプゲームをするシーンなのに大事なトランプが無いことに気づいて勝手に「トランプがありません」とアドリブをしたら目が点になり、もう一人の人がエアーで始めましょうと言って演技が進んだそうです。その時はマジシャン役の人もトランプなしで演じたそうですが、机からトランプが出てくる仕掛けだったので大丈夫だったとのこと。

マネージャーから驚かされたことは?まじめすぎる所、オファーが来た際に遠藤憲一さんのような面白いエピソードがないのでおしゃれイズム用に面白い情報を数年溜めてから出た方がイイのではと言っていた。

出演して話をすることがないからと長谷川さん。

さらにマネージャーから弱点は?おすすめの映画はなんですか?という質問、今までに見た何千本かの映画から選べないため最終的にギブアップしてしまう。

色々見てきたので選べないと長谷川さん。ここで上田さんが最近では?と聞くもまだこれから公開されるやつだったら言えないと真面目っぷりを、ピラニア3Dが面白かったとのこと。

他にも阿部寛さんから電話やメールをマメにくれるが、折り返すと「あれ?どうしました」と連絡したことを忘れている。

長谷川さん曰くメールはするが阿部さんの返信が遅いとのこと。メールをしてから2~3週間後に返信してくるということで阿部さんが悪いという結論に

普段から冷静で感情の起伏もあまりないと長谷川さん。テンションが上がることは?テンションを上げようとしないと上がらない。サッカーの試合などもみんながやっていたら合わせようと、自分だけだと盛り上がらない。周りが盛り上がっているところ盛り上がらないと悪いなと感じてしまうそうです。

この発言から泉ちゃんがだからモテるとミステリアスな感じがするからと

泉ちゃんのような天真爛漫な子でも大丈夫?と聞くと、大丈夫だと思うということで仮想デートをしてみると

泉ちゃんの意見をやさしく聞く彼氏でお店も食べるものも泉ちゃんの意見に賛同していました。たとえば今週の日曜日どこに行く?と言われても仕事があるから行けないかな・・・と行ってしまうかもと真面目な返答をする長谷川さん

女性を口説くことは?

あまりしていないみたいですね?と第三者の意見みたいな感じで言うもアプローチは自分から行くそうで、好きな女性の前ではフザけることもあるんじゃないですかね?と

人生でノリツッコミはやったことないでしょ?と上田さんが言ったので上田さんが仕掛けて見事な返しを披露

ここで何でテンションが上がるか未知数ということだが実は酸っぱいものが好きということで赤坂アセナからエキシリキョフテというトルコ料理が登場!一口食べてすっぱ!とテンションが上がった長谷川さん。

長谷川さんが冷静に驚くも上田さんが悶絶するぐらい酸っぱいみたいで藤木さんも表情が変わり、和泉ちゃんも泣きそうな感じになるほどのもの。

後、コーヒーが好きと言うことでオススメのコーヒーショップにロケに行くおkとに場所は港区元麻布にあるMiCafeto

コーヒーの生豆のセラーに入ると1年間生豆で買ったものを保管して飲みたくなったら連絡すると焙煎して届けてくれるそうです。コースは3キロと10キロ

10キロコースだと33万6千円!ここで見てみると石原良純さんのコーヒーを見つけたので持って帰ろうとすることに

ここで白い豆を高温で加熱すると茶色のコーヒーの色に変化。焙煎したコーヒーをここで飲むことに、淹れたてのコーヒーを飲もうとするも香が全然わからないと長谷川さん、その発言に皆からツッコミを受けるが味は美味しいと後味が全く違うと、藤木さんも透明な感じがする絶賛していました。

という感じでまったく情報がなく、今話題のドラマである家政婦のミタを僕が見ていないのもありますが本当に初めての方でした。

率直な感想ですが、好きですねこういう真面目な人。真面目すぎるが面白い、変に硬くない柔らかい真面目さを感じます。何でも受け入れてくれる感じがするので女性はこういう男性は好きでしょう。

上田さんが言っていた通りに優しすぎるので物足りないと感じるかもしれませんが、これだけの男前だったら文句はないでしょう。

それにしても女性芸能人・モデルばかり注目している僕ですから男性に対しては全く注目しないで改めて反省だが、あくまで男ですからね

それはさておき、うーん家政婦はミタで一気に長谷川博巳という俳優さんが世に出た感じです。多分この人ミタがヒットしなかったら知ることなかったかも、ただ見た事あるなーという感じだけで

先日取り上げたミスオブミスキャンパスなんて1年半前の記憶から呼び起こせたのに、男はホントわからない。もしかしたら見た事あるかもしれないがまったく思い出せない

だが今回で覚えました!

ということでミタ絶好調です。最終回には30%越えを果たしてくれるのではと楽しみにしております。

終わり!

|

« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »