« クイズ松本人志の100のコトbyガキの使いやあらへんで | トップページ | ~明日もロケです~旅芸人を観るbyアメトーク »

矢田亜希子の素顔に迫るbyしゃべくり007

さて本日は矢田亜希子さんがしゃべくり007に出演したのでそのことについて

矢田さんが初めて子育てについて語る貴重な回なので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

美しすぎるスーパーママ女優として紹介された矢田さん、ママでこんなに美しい人と上田さんですが、矢田さんは33歳になったそうで今ではすっかりママだと子供を産むまで母性を感じなかったのが母性に満ち溢れていると思うと

お子様は男の子4歳、スタイルについてはナース服が入るよとオープニングで話題になった徳井さんが有田さんにプレゼントした本物のナース服を進めるていに

エステには行くが運動は続けられない、だが食べることが大好き!白いご飯を普通にどんぶり3杯食べるそうで気づかないうちに太ってしまうがその時にはご飯を1杯に帰るそうです。

改めて矢田さんです、すっかりお母さんになった矢田さんに

子育てについては大変?

大変は大変だがスゴい楽しい!楽しくて苦にはならない。

自分の時間も出かけるのが好きで休みの日も遊園地や外に出かけるのが好きで子供と一緒に楽しんでいる

今の生活スタイルは?

朝7時起床→お弁当を作る→幼稚園に行く→ママ友とランチ→幼稚園にお迎え→5時お風呂・夕食→7時子供寝る→9時就寝

だが9時に寝ると言う言葉に有田さんこの番組は10時ですよと

反抗期は無かった?

魔の2歳児があった。全てにおいてそこストップ、それダメという言葉に対してイヤイヤという何でもイヤイヤ時期がありそれを魔の2歳児というそうです。

その際は地べたに横になって泳いだりしていたそうです。

幼稚園の同級生については

女の子はちっちゃくても大人で男の子なんて本当単純、嬉しかったら嬉しいし悲しかったら悲しいと

ここで徳井さんが将来ママと結婚するんだ?など言っていますか?と聞くと男なんで2人でたまにお買い物やお茶をしているとデートをしている感じになる

お子さんとは一緒に寝ているそうで、最近は絵本を読んだりしている。それも毎日1冊。たまに絵本を読みながら演技をすると何それ?今の変など子供に言われてしまうそうです。

ここで矢田さんが読んでいる本が登場「はじめてのおつかい」という本で矢田さんが3歳の頃から読んでもらっていたものを息子にも読んでいるそうで今回は矢田さんにその絵本を読んでもらうことに

読んでいるうちにメンバーが絵本の一文に対してツッコみを入れたり、リアクションをしたりと邪魔をする状態になるので絵本の読み聞かせを辞めさせようとする上田さん。だがそのまま継続するも結局、有田・泰造コンビの邪魔により終了

読み聞かせも終えて続いては最新子育てグッズ売り込み007です。

1人目は泰造さん。紹介するのは「つくえちゃん」矢田さんも知っているそうだがこの机喋るそうで、この机は子供を机に慣れさせるのに最適とのこと。言葉は150種類のバリエーションで会話で子供に創作意欲をわかせるようにするとのこと。ここで子供になりきった泰造くんが3歳なのに将来は上智大学に行きたいと思いっきりボケをカマし描き終えた絵をプレゼントしていました。

矢田さんもスゴいイイですねと好感触。値段は20,790円

2人目はホリケンさん。紹介するのは「おやすみ絵本シアター」このアイテムは絵本を天井や壁に登園して楽しめるもので名作昔話を10話収録でプロの声優さんが読み上げているそうです。

ここでホリケンさんが矢田さんを子供役として絵本シアターを使う寸劇スタート!自動再生・自動読み上げ・読んであげましょうの3パターンの操作が可能でアクションボタンで画が変わる優れもの。値段は8,925円

3人目は有田さん。紹介するのはベビーカー。このベビーカーはボタン一つですぐ乗れる状態に変わる電動折りたたみベビーカー。たたむ際もボタン1つ操作可能。充電式でベビーカーにはUSBポートもついているため携帯の充電も可能で充電の方法も奏功するだけで発電可能(家庭のコンセントでも充電可能)液晶画面にバッテリー残量や走行距離が表示。だがこの商品日本で未発売でネットでのみ購入可能。4moms「Origami」99,800円

全てに売り込みが終え矢田さんが1番気に入ったのは泰造さんの「つくえちゃん」でした。全自動もすっごくイイと思ったんですが、ちょうど机がイイなと思っていたので今回は選らんだとのこと。

最後は舞台「彼女の言うことには。」パルコ劇場で4月15日~5月6日まで

という感じで終わった今回ですが

矢田さんはですね先月池袋リブロで初めて生でお目にかかりましたが、まあー綺麗でした。目があった瞬間にテンションがマックスになってしまった記憶があります。

それにしてもよくあの状態から女優として活動できるようになったと思うと本当に嬉しく思います。

まああの状態とは書かないですがあの時は本当に女優として戻って来れるのかな?と本当に気になったものです。

そんな矢田さんですがもう立派なお母さんですね、池袋リブロで拝見したのも絵本の読み聞かせのイベントでした。その時の子供たちを見つめる目は本当に優しいお母さんだなと感じたものです。

ということで素敵なお母さんとして頑張っている矢田さんを今後も応援していきたいと思います。

終わり!

|

« クイズ松本人志の100のコトbyガキの使いやあらへんで | トップページ | ~明日もロケです~旅芸人を観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事