« ちゃんとしてなきゃいけない芸人を観るbyアメトーク | トップページ | ローラが出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみた »

石原さとみの素顔に迫るbyA-Studio

さて本日はこのブログで一度も取り上げていなかった女優石原さとみさんがA-Studioに出演したのでそのことについて

まさか石原さとみちゃんを取り上げていないとは驚きでしたがそんなさとみちゃんの素顔が知れた面白い内容でした。

では観ていきましょう。

鶴瓶師匠は20歳から21歳に代わる時を見届けた女性ということで紹介されたさとみちゃん、だがさとみちゃんに17歳から18歳ですと間違いを指摘された師匠。

そんなさとみちゃんですとの鶴瓶師匠は04年のラジオのパーソナリティーを務めたそうで、その時にラジオ終わりに師匠がいい子だなと思ったのはリスナーからの電話に忙しいにも関わらず電話をとっていたとのこと。

最近一番仲良いのは?と聞くと松井絵里奈さんということで

松井さんとは2年前に知り合いメアドを交換したが誕生日にメールを送ったのにさとみちゃんは返事をしなかったそうで、知り合って仲良くなるまでは時間がかかったそうで、以前4人でご飯を食べた際に感じがいい子だなという印象がついていて1年たったある日渋谷を歩いていると突然思い出して電話をして買い物に行ってその日のうちに絵里奈ちゃんの家に泊まって絵里奈ちゃんは自分がパクチーが苦手なのにパクチー入りのフォーを作ってくれたとのこと。

その時に好きだ!と思って夕方にはお好み焼きをして、今までメールをしてないのに急にメールをして文面には「あなたの娘になりたい・・・」と、メールが披露されて恥ずかしがるさとみちゃんですが絵里奈ちゃんは大事に残しているメールとのこと。

シェリーちゃんも絵里奈ちゃんと仲が良くてこの1年内に一緒に飲んでいる時に次の店に行こうとするもさとみちゃんが泊まりにくるからと行っていなくなる時もあるそうです。

ご飯も作ってもらったり掃除をしてもらったり家政婦みたいなことをしてもらっているそうです。収録日の一昨日にもあっていたそうだが、それは高校時代の友達に電話をしていたそうで、その際に師匠は親友に取材をしていた時で、その時のさとみちゃんの電話は暇?という電話でなく、笹塚にいるんだけど何処にいるという電話だったそうで、取材の時に親友の寛子さんは5分で切り上げてさとみちゃんの元に行かせたそうです。

その時に寛子さんはこの後に純子さんに会うからという流れで、結局3人であってさとみちゃんが2人にトマトパスタを作ったとのこと。その時の写メが今回は披露されましたがさとみちゃんすっぴんでした。

大親友の2人は綺麗で頭がよくてとさとみちゃん、中学校からの付き合いの純子さんにはスカウトキャラバンを受けた事を教えずニュースで結果を知ったとのこと。その時は父親にも兄にも言わずだったが、本選の前に3日間の合宿審査があるので泊まることの説明をしたぐらいだったそうだが、グランプリを受賞した際に兄は俺はどうすればいいと言ってきたとのこと。

大親友との思いで旅行については

さとみちゃんがすべてを仕切り2人は何もせず、選んだ場所は草津温泉。06年は草津温泉、08年はシンガポール旅行に行った写真が披露されました。

ケンカした際に仲直りの仕方も飛行機の中で考えたそうで、まずは何も言わずに抱きしめ会おうとしたらキレられるので細目にありがとうを言おうというルールにしたそうです。

寛子さんの仕事仲間と食事会にも行ったことがあるそうでその際は知らないうちにお会計をさとみちゃんが済ませてくれていたそうです。

そんな人見知りしないさとみちゃんですが、さとみちゃんも全然しないと。だが師匠はやりすぎると好きと思われるよと、だがさとみちゃんは男女問わず人と話すのが好きと

ここで矢部太郎・遠藤広大・山崎銀之丞さんに取材した際の話になると

この3人はつかこうへいさん演出の08年の舞台「幕末純情伝」という舞台で共演。つかこうへいさんについてはつかさんの発した言葉をオウム返しする稽古はつかさんの発する言葉を言うので生きている感じがしていそれが毎日変わるのでセリフが幕間の時に変わったりして大変だったとのこと。

山崎銀之丞さんは演出の時にはさとみちゃんだけは呼び捨てなどにせず石原さんと呼んでいたそうで、山崎さんは石原さとみという女性を愛していたんだろうと、さとみちゃんもつかさんの愛情を感じたそうで、大千秋楽の時につかさんから電話があって地方だったのでこれなかったので開演30分前に「君に出会えて僕は本当に幸せ者だ」と言ってくれて30分前なのに涙が止まらなくなり「私はそれ以上幸せです」と返したそうです。

矢部太郎さんのことも好きだったみたいで矢部さんがセリフを間違えたり噛んだりしても他の役者を怒っていたこともあったそうだが、ある時に矢部さんがさとみちゃんを殴るシーンがあり、ある時本当に殴ってしまったことがあり楽屋に謝りに行ったらさとみちゃんは自分が熱があるのにアメを出してくれたそうでそれが嬉しかったのかアメの袋を今でも大切に保管しているとのこと。

だがこの雨はみんなに挙げていたよと山崎さんが行ったがためにショックを受けていたとのこと。

板尾創路さん監督・主演の「月光の仮面」にてさとみちゃんを襲うシーンがあり演技を終えた後に演技チェックをする際にさとみちゃんはもっとちゃんと抱きしめてほしいと助監督に言ったら翌日から同じようなシーンが会った際にチェックに行くと言ってくるようになったそうです。

演技については10代の頃はオフの時間も頑張ろうと思ってきたが、最近はオンもオフも差をつけなくなったとのこと。忙しい時は役を2~3やったり学校に行ったりと大変だったのにもオン・オフを区別付けていたが、一昨年ぐらいから切り替えなくてもいいんだ、頑張らなくてもいいんだと意識するようになったとのこと。

デビュー10周年のさとみちゃんですが今度は「ロミオ&ジュリエット」を佐藤健さんとやるそうです。

最後に遠藤広大さんはタップの場面があるのでタップを習いにニューヨークに行ったのに、帰ってきたらタップのシーンが全部カットされていたとつかこうへいさんのエピソードを話していました。

トークも終わり師匠の語りですが

石原さとみがつかこうへいに出会う出会わないはものすごく大きい、ホントに出会いその人に溺愛されるのはうらやましいし石原さとみ凄いなと改めて思った、何を愛したかは彼女の人間性を見抜いた、人間力につかさんは惚れこんだ。これから色んな舞台をやるにおいて怖いものは何もないだろうと今度の舞台もどこかでつかこうへいが守ってくれるからと

という感じで終わった今回ですが石原さとみちゃんの素顔をしるにはいい内容だったと思います。

さとみちゃんが本当に人の事を好きなんだなと改めてこのさとみちゃんの考え方がテレビから伝わってくるようになったのでこの1~2年の石原さとみの急成長っぷりにつながったのかなと

ホントこの1~2年変わったなーと思っていたら今回その部分についてもなんとなくわかったのは仕事とプライベートのオン・オフの切り替えを変えなくなったという点もあるのかなと、常に素の石原さとみを表現できるようになったことも魅力的になった要因につながるかもしれません。

良かったーこの1~2年の石原さとみちゃんの急成長っぷりがやっとわかりましたよー、一応言っておきますがこれはあくまで僕の感想ですけどね。

それと人見知りしないという点は意外だった鶴瓶師匠が言っていた通り誰にでも好きになられる素質がスゴイんだなと、男性がもっとも勘違いをしてしまう恐ろしさもあります。

それにしても可愛かったなー、それと人間としての魅力を改めて知ることができてますます大好きになりました。

ということでこれからも日本を代表する女優さんになっていくとおもうさとみちゃんの活躍楽しみです。

終わり!

|

« ちゃんとしてなきゃいけない芸人を観るbyアメトーク | トップページ | ローラが出演していたので世界!弾丸トラベラーを観てみた »

映画・テレビ」カテゴリの記事