« 汗水たらして働くよ小忙しい芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 舞川あいく・近藤しづかが出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた! »

相沢紗世の素顔に迫るbyアナザースカイ

さて本日は僕の今一番生で観てみたい女性・相沢紗世さんがアナザースカイに出演したのでそのことについて

相沢紗世という女性はこのブログで女優・モデル好きな人がたくさんいる僕の中でもTOP3に入る女性。だが滅多にテレビに出演してくれないためいつも悲しんでいた本日観ることができ非常に幸せであります。

そんな相沢さんの素顔を観ていきましょう!

プロがあこがれるモデルの中のモデルと紹介された相沢さん、表紙を飾った雑誌は50以上、20本以上のCMに出演であり女性の憧れ

今田さんはこういう人どこで遊んでんねんリストの1人、長谷川潤ちゃんは雑誌ViViで5年前に共演、当時は日本語もあまりしゃべれない状態だったそうだが相沢さんに色々教えてもらったそうでその当時は「超かわいい」「ヤバイ」「マジで」など教わった大先輩。

そんな相沢さんの素顔を観ていくと

雑誌「BAILA」の撮影前、完全にノーメイクの相沢さん、いつもノーメイクで現場入りをするそうで、メイクさんは紗世ちゃんは顔がはっきりしているのでアイラインやつけまつげをつけて目を大きくすることをしなくていいそのままで大丈夫そして普段は男っぽい感じだと

そんな相沢さんい未ださんが普段どこで何をしている?と尋ねると

買い物は新宿が近いのでルミネによくいる。この発言に今田さんはルミネノーマークだったなーと

ここでVTRへ相沢さんは大きくって車高が高い車が運転しやすくて好き。今の愛車はTOYOTAのランドクルーザー。よく言われるのは初めましてって会った時に「全然思ってたのと違う」と言われるとのこと。

成田空港ではユニクロでインナーのヒートテックを探す相沢さん、店員さんに聞いてみると売り切れてしまってお目当ての品がなし。あると思ってインナーを持ってこなかったとのこと。続いては無印良品にて現地のシャンプー・リンスを使うのでネッククッションなどを購入すると思いきや荷物を少なくしたいので買わず、着ているダウンジャケットを枕代わりに

着ないで読む本は週刊誌(アサヒ芸能など)、普通の女性誌は現場に行けばあるので買わない。潤ちゃんはアメリカでは袋とじがないので最初は楽しかったと袋とじ談義スタート、今田さんは手でやるならフワッとまるを作って慎重にと袋とじ

成田から一転ギリシャへ到着した相沢さん。

パルテノン神殿で相沢さんは4000年の歴史に触れ「教科書って感じ」だと

ギリシャはアナザースカイ初の場所だが、13年前に仕事で行ったそうでその時は海外にも行ったことがなくクラリオンガールの表敬訪問としてヨーロッパ各地を回ったとのこと。クラリオンガール時代の20歳の写真が披露されました。

ギリシャに行った時だけ何か感じるものが違うと、感慨深いものがあってまた行きたいなと思わせる。やっぱり前世はギリシャ人だなと

パナティナイコ・スタジアムではバレーボールを熱心に小中高校1年生まで全日本に行きたいぐらいやっていたと、全日本に入りたいぐらい熱心にやっていたそうだがレギュラーもさせてもらっていたが途中で練習がきつくてやめてしまったと、練習も厳しいしそれ以外のルールも厳しく、校舎の4階からグランドを観て先輩と目が合ったら1階まで降りなくてはいけなかったり、髪型も根性を見せろと言われて3センチにしてこいと言われたりも、美容院でそれを言うと女性だから5センチにしておくと言われてしまったり、そのわけわかんないルールにイラっとしてやめてしまった。

この発言に今田さん「Sですね」と

ここで何故か本気の100m走対決が実行、女性スタッフと勝負した相沢さんですがなんとか1位でゴール。良かったのかよくわからなくなってきちゃったと

続いてはギリシャでのお気に入りのブランド「フォリフォリ」キフィシア店へ、オーナーのマリザさんとは旧知の仲で3年前にフォリフォリが日本で大々的に展開する際にモデルとして起用されたのが相沢さん。今回オーナーからペンダントをプレゼントされていました。

ここで相沢さんから今田さんと潤ちゃんにお土産が、男性用もあるが中身は女性用のモノだとプレゼントを手渡すと中には可愛いネックレスが、さらにギリシャでは海綿が有名ということで一旦映像へ

日々を楽しく過ごす、充実した日々を過ごすのは自分自身が決める、幸せは自分が決めると常に言い聞かせていると

ギリシャの街では海綿屋「コルゴナ」にて、海綿は海の中の生き物。海綿は海綿の岩などに付着している無脊椎水生生物とのこと。肌が弱いので体を洗うにも最適とのこと

続いてはアテネからサントリーニ島へ移動した相沢さん

景色に感動しながら「また帰って来たって感じですね」とオススメのサントリーニ島を紹介。サントリーニ島は斜面にしがみつくように白壁の家が立ち並び古代からロバで移動、前回来た時はロバにスーツケースなどを運んでもらったと

ここで地元の人が持つクマのぬいぐるみにビビるロバが、ぬいぐるみの大きさに相沢さんもビックリ、ロバにノリながらレストラン「アシルティコ」へ絶景を眺めながら頂くのは苺のリゾット。初めての味でリゾットにフルーツが入っているのでチーズの後に苺の甘さ、最近のモダンギリシャ料理だそうです。

メインディッシュのポークソテーざくろソース添えも斬新な味。ここで今田さんに食べさせる仕草まで

サントリーニ島にはとっておきのヴィラがあるそうでオーナーのニコラスさんのプライベート・ヴィラ(700ユーロ)

最後に相沢さんは

これからも機会があればどんどん来てみたいと思うそして40、50になってまたギリシャをどう感じていくのかなっていうのが自分でも楽しみです。

今みたいにデジタルじゃない時代、ポラの時にみんながイイと思うモノと自分がイイと思うモノを選んで指差すと絶対に1人だけ違うんですよ。自分がいいモノと他人がいいモノは全然違うんだっていうのを割と早い段階で気づいているので第三者がいいと思うモノの方が色んな角度から私を見てくれているので絶対にそっちの方が確実にいいモノだと思います。

私の人生ってあまり欲を出さない方が上手くいくんです。今やらなきゃいけないこと一生懸命やってればそれがそのまま繋がっていくと思ってるんで「なるようになる」的な生き方をしています。

今回ギリシャで学んだことは?

学んだことというよりは自分が前世を感じさせるくらい縁がある所なんだと行くたびに感じる

相沢紗世にとってギリシャは?

私の第二の故郷になりつつ所だと

という感じで終わった今回ですが

もう素敵すぎる。今年は1月から北川景子ちゃん、竹下玲奈さん、桐谷美玲ちゃん、佐々木希ちゃん、長澤まさみちゃんと自分の好きな女優・タレントを舞台挨拶や握手会で観てきましたけがテレビ越しにもかかわらずそれに匹敵するぐらいのテンションの高まり具合です。

多分ここ3年ちかく地上波で出演した番組は全部録画して残しておりますが今回の映像もブルーレイで完全保存です。

ホント今回の放送観てますます好きになりました。意外と男っぽい所など考え方などすごく素敵です。そして考え方生き方を聞いてだからこの人は女性の憧れなんだと感じました。

それにしてもルミネはノーマークだったなー、意外とバラエティもイケるしな

なんかCMに出演してくれるのは嬉しいんですけどもっとテレビ番組に出演して欲しいと思う心を、この人は知る人ぞ知る女性であって欲しいという思いが今戦っている感じです。

なんだろう今回改めて相沢紗世という女性をテレビで触れるとなんか何を書いていいのか分からないくらい動揺してしまいました。

ということで久々に相沢さんを見て何故か緊張してしまうという意味わからない状態になりましたが今後も女性の憧れとして活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« 汗水たらして働くよ小忙しい芸人を観るbyアメトーク | トップページ | 舞川あいく・近藤しづかが出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事