« 川口春奈の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 相沢紗世の素顔に迫るbyアナザースカイ »

汗水たらして働くよ小忙しい芸人を観るbyアメトーク

さて本日はプレゼン大会でプレゼンされた企画が放送されたアメトークについて

今回は麒麟川島さんがプレゼンした小忙しい芸人、いったいどんな話が聞けるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

麒麟の川島さんを先頭に麒麟・博多華丸大吉・パンクブーブー・フルーツポンチが登場しくくりを発表

川島さんは雨上がりさんは大忙し芸人だが我々はたまにテレビにちょっぴりつままれ主に劇場や営業を任される面々。大吉先生もテレビで見ないところで我々がどれだけ忙しいかと

雨上がりの2人は収録日はアメトークの2本どりだけだがパンクブーブーは東京で大阪のローカル番組を収録→新幹線で京都の劇場→東京に戻ってきてアメトークの流れ

今回はもう1組小忙しい芸人で千鳥が登場すると伝えたら一部客席から大歓声が上がり大阪の最終の新幹線に乗って千鳥が登場しまずは

1日の基本スケジュールです。

麒麟の場合

新宿のルミネ出番→移動→浅草出番(13時)→移動→品川出番(14時)→移動→ルミネ出番→移動→深夜番組の収録(16時~18時)→移動→ルミネ出番(19時)

ダイヤが乱れただけで終わり、番組収録がない場合は見たことがない雑誌の取材や人気者に密着カメラに映る役など、ご飯を食べる時間がないため出雲阿国という後輩芸人にアメとチョコを分けてもらったりも一度大吉先生と一緒におしゃぶり昆布で飢えをしのいだこともコンビニに行く時間もなし・・・

博多華丸・大吉の場合

ルミネ出番(12時30)→移動→品川→ルミネ打合せ・取材→ルミネ出番→移動→品川出番→移動→渋谷∞大ホールでMC→移動→ルミネ出番→ルミネ打合せ・取材→イベントリハ→イベント本番→終了→気絶(23時)

渋谷では若手の対応に四苦八苦、テレビの収録が無いから記録が残らない。家族に伝わる仕事が少ない

フルーツポンチの場合

浅草出番(11時30)→移動→ルミネ出番→移動→浅草出番→移動→よくわからないサイトの着ボイスどり→ルミネ出番→自分のじゃない本の握手会→移動→バラエティ番組の収録→ルミネ出番(19~21時)→つかの間の休息→ルミネ出番→移動→オールナイトライブ

着ボイスはそんなの落としているの聞いたことが無いもので給料明細に印税が10円と書いてあったことも。握手会はお客さんも戸惑っている。オールナイトライブは出番は30分なのに拘束時間が4時間ぐらいのことも

千鳥の場合

帰れま10収録(0時~6時)→大阪へ新幹線移動→ラジオ2本撮り(8~12時)→漫才番組(13時)→コメディ稽古(14~16時)→番組打合せ→笑いのない取材→コメディリハーサル→コメディ本番→新幹線最終で東京へ

沖を攻める漁師のスケジュール見たいと大悟さん、朝から移動でのラジオはMNB48とやるも声が出ていないことが多い。コメディの稽古はその日当日に渡された台本を覚えないといけない厳しさ。笑いのない取材はボケても相手が一つも笑わない。前回のアメトークに出演した際はアメトーク終わりに打ち上げに参加してそのまま浅草でロケだったとのこと

ここで博多華丸・大吉の大阪の場合(せっかく呼んだんだ使うてまえパターン)

始発新幹線(6時)→NGK出番→移動→奈良営業→移動→NGK出番→移動→京橋出番→移動→NGK出番→移動→奈良出番→移動→師匠とごはん→NGK出番→移動→新幹線帰宅(23時)

ゴールデンウィークの忙しい時期だった。師匠とごはんはあまりにも同じ漫才の衣装で出入りするのできよし師匠が見かねて話しかけてきた際に「漫才ブームのワシらみたいやな気に入ったご飯行こう」と言われて誘われた

パンクブーブーの場合(東京から爪弾きパターン)

北海道から東京へ(10時)→飛行機乗り継ぎ→大阪へ移動→番組収録(14~16時)→名古屋へ移動→名古屋でライブ→博多へ移動(19~23時)→博多ホテル到着

北海道ではマイナス16度の中で漫才マイクを持っていたら手にくっつきそうになった。東京へ帰れると思いきや名古屋で弾かれて博多へ

全国パターンは

基本日帰りをみな経験しているが大吉先生は1週間で北海道(日)→大阪→北海道→福岡→新潟→福岡→大阪で基本日帰り、この巡業の組み合わせはつぶれる前のプロレス団体だと大吉先生

続いては小忙しいあるあるです。

川島さんはマネージャーもパニックになることがあり12時に名古屋で収録収録したにも関わらず京都で12時40分に漫才の出番があるスケジュールが組まれたことがあった。知らないところで夢の乗り物が開発されたと思ってしまったと

パンブー黒瀬さんは12時10分漫才終了→12時12分の電車の乗車という不可能なスケジュールがあったと、漫才終了後挨拶と同時に乗車しないと無理、ホームでネタをするか袖に電車が来ないと無理だと

大吉先生はスケジュールをパッと渡された時に無理だろうと思いきや西村京太郎トラベルミステリー並につないでいくのでちょっとムカつくが感心してしまう。

川島さんは財布の中が切符でパンパン。現場に芸人しか行かないのでほぼ3週間~1か月の切符を渡されるのでパンパンになるとだが切符の渡し忘れがあったりしてマネージャーに聞くと自宅の郵便ポストに入れておきましたと言われたことがあった

千鳥大悟さんは新幹線でしか寝ないといけないという時に限って変な人が隣に座る。この間は始発で東京から大阪への2時間半で隣にお母さんと小さい小学生が座ってその子が自分で作った「デューワッチュ、デューワッチュ」という謎の言葉を言っていた。あまりにうるさくしているのでお母さんが怒ったが10分ぐらい静かにした後に小さい声で言い出し自分だけに聞こえてしまった。社内も寝たい人が多くて怒っていて通る人がいい加減にしてくれという感じで観てくるが3人席で自分・子供・母親の席順だったので家族として間違えられお前が注意しろみたいな感じで辛かった

パンブー佐藤さんはスケジュールがピチピチなのでステージ衣装のまま移動をするので次の舞台ではスーツがクッチャクチャになっている

岡崎さんはルミネは地下駐車場から入るため誰にも見られないが品川はそのまま入るため自分たちの衣装が真っ青と藤色のスーツのため品川の玄関に横づけされて現れた際はカラフルスーツで40代が小忙しく走っている姿が滑稽

フルポン村上さんは地方移動が多い場合はコンスタントに移動するのでやることがなく寝てしまうので朝から寝てしまうと移動で8時間寝ているので家に帰って眠れない

川島さんは新潟の佐渡島に行った際に5時間くらいかかると分かっている場合は前日に寝ない。前日にたっぷり寝てしまうと移動中に目がさえて自分だけ取り残されてしまうと

パンブー黒瀬さんは移動が多いとスケジュールが細かいので劇場から駅のホームの時間を大体把握している。新宿ルミネは2分、品川6分、浅草12分。

大吉先生は東京駅とかほとんど買い物しないのに八重洲中央口だったら目隠しでOK。そこで眠そうなCOWCOWに挨拶をする

麒麟田村さんは携帯イジったりゲームをしているので楽屋での充電器のコンセントの取りあいになる。常に相方が取っているので腹が立ってギクシャクしてしまう。

川島さんは村上さんとこの間タクシーに乗っていたらロケ→ルミネの流れだったので自分たちのスケジュールについて話し合いいつになったらちゃんと食事がとれるんだと話していたらついた際にタクシーの運転手にパンをもらった

劇場あるあるは?

川島さんは漫才時間急に1時間と言われてもこなせるメンバー。ルミネは基本10分だがネタ中に時間変更させられることがあり伸ばすのはイイがたまに〆のツッコみをした後に無理やり伸ばしたり、急に懐中電灯で辞めてという合図が出されたりするのでオチにたどり着かない前に終わらすことがある。

千鳥大悟さんは同じネタを1日5~6本やっているのに会場のお客さんの違いでウケたりウケなかったりするので改めて漫才の奥深さを知る。

営業先のあるあるは?

フルポン村上さんはそんな場所に自分?ということがあり、吉本男前ランキング上位メンバーでやるイベントで1位・2位がいるのに17位の自分が呼ばれたりするとその時に限ってMCが4位。

フルポン亘さんは村上さんがダサイキャラなのにファッションイベントのMCで呼ばれてしまうこともある。

大吉先生は需要と供給のバランスがおかしいことがあり、自分たちはキャーキャー言われるタイプじゃないのに今から華丸大吉と先着50人握手が出来るというアナウンスが流れてしまい結局10人しか集まらない

千鳥ノブさんはどうしてそういう仕事が?ということがあり、ミスターサンデーで密着ロケが入り大阪に漫才の取材に来たのにサンタの格好をして新作のマカロンを食べるという仕事をしてしまった。

パンブー黒瀬さんは趣味で釣りということを書いたためか鮎釣り解禁の合図が自分たちのネタ終了だったということがあったり、佐藤さんは噴水の真ん中にマイクが立っていて噴水のスイッチを切らないので噴水のタイミングで見えなくなったことも

千鳥大悟さんはお祭りの神社の境内で漫才をしてくれということがあったが日頃神様が備えられている場所から出て行って漫才をしたこともあったり、その際はお酒を飲んでいる人も多く、漫才をしていたらノブさんが近づいてきたので何かと思ったら下から竹でつつかれていた

川島さんは営業に行くと漫才出番の後にエンディングでジャンケン大会があり、このメンバーはジャンケン大会のMCに定評がある。自分たちはジャンケンした際に注意事項として言うパターンも決まっていたり、抽選会パターンもありその際のMCのパターンも持っている。

博多華丸大吉の場合は華丸さんに任せていてクジを引いた際に「グループCウズベキスタン」と川平さんのマネをするのが鉄板。

フルポン村上さんも博多華丸大吉は最強で自分たちがMCをして「80050番」と言ってもウケなかったが華丸さんがフォローで「じゃ、代々木の方にいる方かな?」と言ったらとんでもなく面白くなり

漫才のヤスキヨ、抽選の華大とノブさん。

ここで華丸大吉あるある

村上さんは記者会見がある場合は大抵MCは大吉さんがやる。パンブー黒瀬さんはバスで2時間ぐらいの営業に行った際に帰りのコンビニでビールを買ってくれる。

この話を聞いて宮迫さんは今度博多華丸大吉芸人をやろうと

続いては密かな楽しみです。

川島さんは営業先に行くとお弁当が置いてあり、そこにインスタントの味噌汁があるだけでテンションがあがる

大吉先生はお弁当とお味噌汁と小さなカップめんがある場合はたまに先輩風を吹かせて2個食べちゃう

岡崎さんは劇場と劇場の移動の際に時間が無いがベストのタイミングで出前をとる、漫才前の遊びに時間に浅草→ルミネの場合は温かいそばと小エビ天丼を注文してルミネの地下駐車場到着しエレベーターに乗ろうとすると押していないエレベーターの扉が開いた瞬間に出前が来ているとテンションがあがる

村上さんはブログを発信していないのに携帯のメモ機能にブログを書いている。それは日記でもなく、コメントも来たテイで返信している。狩野英孝の婚約の場合は狩野さんをホメて自分もホメてという文章を書いている

これを聞いた宮迫さんはキモ神だなと

最後は小忙しい芸人に物申すです。

ムーディー勝山さんが登場、まったく忙しくない無忙しい芸人だと。忙しいと言っていますが無忙しい芸人側に来てみますか?と

起床(7時)→働いている奥さんの見送り→もう一度就寝→2回目の起床→パソコンチェック→テレビ鑑賞(笑っていいとも、ヒルナデス)→お風呂・DVD鑑賞・マンガ→近所を散歩(本屋でマンガ購入・遅めの昼食・公園に行く)(17時30)→家に戻りTV鑑賞→先輩に誘われ食事へ→帰宅・就寝(3時)

食事はケンコバさんに誘われて自分の暇な話を聞いてケンコバさんが酒を飲む

仕事がある日の場合

起床(9時)→電車移動→ラジオ局に到着(葛飾FM)→ロケ現場へ徒歩移動(葛飾区内)→ラジオ本番(5分)→撤収・移動→区役所で昼食→電車で移動→帰宅後、TV鑑賞ワイドショーなど→先輩に誘われ食事へ(22時)→帰宅・就寝(3時)

川島さんにもよく誘われて週4の誘いも断ったことなし。唯一のレギュラー番組のラジオも終わってしまった。

大吉先生はボケでもなんでもなく掛ける言葉を失ったと

そんなムーディーに宮迫さんは今は純粋にヒモ結婚しているからとヒモ神だと

という感じで終わった今回ですが小忙しいという状況は芸能人だけでなく一般の我々も経験したことはあるはず、なんか分からないけどひっきりなしに仕事がやってくることが

今回は芸人という視点で観てきましたがかなりハードスケジュールですね。全国に移動というのがスゴイそれも日帰り、これは吉本だからかなと思うんですがマネージャーほったらかし芸人で言っていた通り1人のマネージャーら複数抱えていてそれも自分たちより先輩の担当の場合はそちら側についてしまうのでと言っていたがまさにそうなんだなと

前回のロケ芸人でも言っていたが彼らも飛行機移動が多い場合は相当マイルがたまっていることだろう。

にしてもハード過ぎる。特にパンクブーブーの北海道から福岡までの移動、いくらとある1日のスケジュールとはいえスゴすぎる

改めていかにテレビ番組中心で活躍している芸人達は売れているかと改めて判明しました。今回出演芸人達も売れっ子ではあるがテレビに出演するということが改めて大変なことだとテレビで観れるから売れっ子ではないということですね。

今回、宮迫さんが行った博多華丸大吉芸人はみたいなー、アメトークでも大活躍の飲食5冠王の岡崎さんや安定感抜群の大吉先生。是非とも放送して欲しいモノです。

ということで小忙しい芸人今後も小忙しいと思いますがずーっと活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« 川口春奈の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 相沢紗世の素顔に迫るbyアナザースカイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事