« ワンピース展と鈴木えみさんの握手会に行ってきました! | トップページ | うぬぼれ注意!オンナの自分番付を観るパート3byロンドンハーツ »

オダギリジョー主演ドラマの視聴率が3.6%について考える!

さて本日はフジテレビどうする?という感じのドラマ視聴率についてです。

なんと日曜21時枠のオダギリジョーさん主演ドラマの「家族のうた」の第2話の視聴率が3.6%という何ともヤバい数字叩きだしました

この結果についてフジテレビはどのように感じているのでしょうか非常に気になる所です。

僕自身はこの視聴率にプラスして5%ぐらいは潜在視聴率はあるのではと常々思っていますが世間が判断するのは発表された視聴率のみ

初回の視聴率が6.1%という結果でしたがフジテレビの日曜21時枠はもともと視聴率を獲得するのは難し曰く、日曜洋画劇場、行列のできる法律相談所そしてTBSのドラマ枠ともともと視聴率競争が厳しい枠

2010年の10月クールから「パーフェクト・リポート」が放送され初回が7.8%、平均が7.96%。以降「スクール!!」「マルモのおきて」「花ざかりの君たちへ」「僕とスターの99日」「早海さんと呼ばれる日」と6作が放送されましたが平均視聴率が10%を超えたのが「マルモのおきて」と「早海さんと呼ばれる日」のみ

順に平均視聴率が「パーフェクト・リポート」以降は9.15%、15.76%、7.09%、9.36%、10.53%という結果です。

もともと視聴率が難し曰くにも関わらずTBSの中居正弘さん主演ドラマ「ATARU」が初回19.9%、2話目が16.9%と高視聴率。今クールのドラマの中で1位を取る可能性が非常に高いことになっています。

「マルモのおきて」が爆発的な人気になったことから面白くなっていくと思ったんですけどねー、この枠はやっぱり難しいのかなと

フジテレビの「家族のうた」じたい放送直前からドラマの内容が「パパはニュースキャスター」のパクリだと騒がれた経緯などがあって話題にはなったんですけどね。

だが悲しいかなドラマの視聴率が悪い場合は脚本などの問題もあるにも関わらず何故か主演俳優に責任が行く傾向もありオダギリジョーさんにとっては非常に迷惑は話。

まあ3話目以降に巻き返す可能性もありますが・・・

今回ばかりは厳しいかなといきなりドラマ枠を辞めてまたバラエティ枠に戻す事なんてフジテレビは急にできないですしね~ドラマのフジと言われていたぐらいですから意地がある。

まったく別の話だがNHKの大河ドラマ「平清盛」もまたもワースト視聴率を記録と非常に面白くなってきております。

ということでフジテレビはいったいどのような手を打つのか楽しみです。

終わり!

|

« ワンピース展と鈴木えみさんの握手会に行ってきました! | トップページ | うぬぼれ注意!オンナの自分番付を観るパート3byロンドンハーツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事