« ヨンアが出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた! | トップページ | ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

平均身長175センチの新ガールズユニット『モデルガールズ』について考える!

さて本日はオスカープロモーションからデビューすることになった「モデルガールズ」について考えてみたいと思います。

Sponichin_20120521_0087_0enlarge

さてこのグループですが記事抜粋

同ユニットは6000名のオスカー美女軍団の中からトップモデルとして活動してきた中村(身長176cm/長所・ヒップ)、藤本恵理子(175cm/バスト)、苫米地玲奈(175cm/背中のライン)、尾花貴絵(174cm/デコルテライン)、春輝(174cm/ネックライン)、蓑島宏美(174cm/くびれ)、滝元吏紗(176cm/ウエスト)、河合ひかる(176cm/脚)の8名により結成。C.C.ガールズ、シェイプUPガールズに続く大型ユニットとして、3年前から厳しいレッスンを積んできた。

お披露目会では、活動第1弾としてPRしていく美しい体型づくりのメソッド「モデル体操」を実演。およそ5分にわたりパフォーマンスした中村は「ずっと構想を練ってきたものを披露目することができて、本当に気持ちよかった」と満面の笑み。写真集、DVDに続き10月にはCDデビューも決定しており「いろんなところでたくさんライブをやりたい。女子会とかで盛り上がれる歌とかを歌いたいですね」と目を輝かせた。

ということらしいが

色々なユニットのデビューを観てきた僕ですけども

僕の予想では売れるない方が大きいかなーと思いますねー、形は違えど今女性アイドルグループの数が多すぎる。今回の彼女たちはモデルのスタイルだが日本でモデル軍団が受けるのであればとっくに他の事務所がやっていると思うわけで

これがアメリカやヨーロッパだったら反応は違っていたと思うんですが、日本の場合はモーニング娘。から始まり今のAKB48などを見るとわかる通り、幼い雰囲気の方々がウケるわけであり、そのグループの中に1人飛びぬけてスタイルがいい人やお姉さん系、天然系がいたり妹系がいたりと個性が分かれているのがウケる傾向があると思うんですよねー

AKB48行くとあっちゃんや大島優子、たかみななどは決して背が高いわけでもスタイルがいいわけでもない。だがその中には麻里子さまやこじはるみたいなモデルとして活躍するスタイルが抜群の面々もいたり、まゆゆみたいなアイドルの王道のようなキャラもいたり、ともちんのようなギャル系もいたり観ていて飽きさせない。

AKB48という名前に嫌悪感を抱く方々はいると思うが、グループ名とか関係なしに単純に彼女たちを観ていくと必ず一人はタイプの女性が見つかるはずです。色々な男性が観て好きになるタイプが集まっているのがAKB48だと僕は思うわけです。

だが今回のユニットに関してはスタイルが良すぎる?というか身長が高い女性グループが今までウケたことがない日本においてまったく成功の事例がないんですよね。妹系というキャラも受けないし、天然系という感じもうけない、それでいて下ネタばかりでもだめオスカーとしてはC.C.ガールズ、シェイプUPガールズに次ぐユニットに続くと言ってはいますがこの2グループ今何やってるか分からないですよね。

というか90年代はAKBなどのガールズユニットはなく、なおかつセクシーな感じの方々もいなかった。だからこそC.Cやシェイプが受けたわけで、今回の彼女たちも写真集、DVD、CDデビューと先の2組と同じような売り出し方をするみたいですが・・・

だが今は10代から20代前半のアイドルグループはたくさんありますし、ご当地アイドル。さらにセクシー女優達も色々なメディアで活躍していますしまだまだグラビアアイドルだって負けていない。

と考えると彼女たちはいったい何を持ち味として売り出せばいいのか?まったく浮かんでこない。オスカー側がどういう戦略をとるのかはわかりませんが個人としての実績もなく、ルックスにおいても僕としては少女時代やアフタースクールを観ている方がいい。

というか人数が多すぎる、C.Cやシェイプが4人だったのに今回は7人、番組のブッキングなども大変そうですし7人だとキャラ立ちするのが難しい。それと自慢のパーツなどもあるみたいだが、結局グラビアアイドルや今雑誌で活躍しているモデルたち、AKBやももくろなどのアイドルたちを超えることは難しいと判断します。

もし売れるとしたらオスカーが事務所の力を使ってごり押しするか、バーターで無理やり出演させるぐらいかな。

まあ未知の部分が大きいので期待している部分も少なからずあることはたしかです。

ということでオスカーがデビューさせた「モデルガールズ」今後の動向に期待です。

終わり!

|

« ヨンアが出演していたので世界弾丸トラベラーを観てみた! | トップページ | ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事