« ピカルの定理メンバーの素顔に迫るby新堂本兄弟 | トップページ | 小栗旬・岡田将生の宇宙兄弟の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

AKBさしこ、乃木坂46に初日敗れるという記事を読んで

さて5月に入って一発目の記事ですがこのネタをということで今回は

AKB指原VS乃木坂48のシングル対決についてです。まあ今回は初日の結果ということで本当の勝負は来週発表されるランキングではあるのですがとりあえず触れておきます。

さてこの対決ですが結局誰が得をする?と考えると、皆さん思っているとおりプロデューサーである秋元康さんです。

結局どちらが勝利しようがどうでも言いといえばオシマイだがどうでもいいことはたしか、ですがこの対決なんでこんなに盛り上がっているのか?

多分、AKBの公式ライバルとして結成された乃木坂48と初めてのガチの対決だからかなーと、ですがAKB側はさしこのみで乃木坂は選抜メンバーといささか差があることは確か、グループ対決になったらもちろんAKBが勝つに決まっている現状は覆せない事実

正直、現在のCDの売り上げ対決でAKB48に勝てる歌手・グループはいないです。単純な売り上げでは

業界では1位を取るであろう歌手やグループとはリリース時期をズラす風潮があり、現在のオリコン初登場1位連続記録であったりは作られたものであります。

だって阻止しようと思ったらリリース日を合わせればいいだけですからね。そんな風潮があるレコード業界で今回行われる対決はあまり見られないものという感じはあります。

話が脱線したので戻しますが今回の結果は初日ということですが記事抜粋

店着初日の5/1付オリコンデイリーランキングで、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」(ソニーレコード)は初日売上11.1万枚で初登場首位。対する指原のソロデビュー曲「それでも好きだよ」(エイベックス・トラックス)は5.7万枚で2位、5.4万枚もの大差をつけられた。

流石にダブルスコアを覆すのは難しいのでは?と思っています。というよりさしこが敗れたからといってAKBが負けたわけではないのでいいんじゃないの?という感じです。

今回の対決に関しては乃木坂の握手会にさしこも参加することなどが決まっているみたいですしね。

結果は来週のオリコン週間チャートで発表されます。

ということでどちらが勝とうが秋元康さんが得をするだけですが来週の週間チャート楽しみです。

終わり!

|

« ピカルの定理メンバーの素顔に迫るby新堂本兄弟 | トップページ | 小栗旬・岡田将生の宇宙兄弟の素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事