« JUNONガールズ初代グランプリ松浦雅について考える! | トップページ | バカリズムの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

水樹奈々の素顔に迫るby新堂本兄弟

さて本日は声優であり歌手である水樹奈々さんが新堂本兄弟に出演したのでそのことについて

今や声優界で不動の地位を獲得している水樹さんですがあまり情報が無かったので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

初登場の水樹さんですが剛くんとは高校の同級生で近藤さんというと本名を暴露。近藤さんは今のようなジャンルではなく演歌を目指していたそうで、テレビで見た時に演歌?水樹?と一致しなく最近一致したとのこと。

学校でも高校時代は堂本くんは忙しくていなく、単位を取るために朝早く来て掃除をしていたと水樹さん。

光一くんは声優の仕事で共演したそうでその際は「獣王星」だったそうだが、その時には壁があり話が出来なかったと水樹さん、だが光一くんの声優としての実力はスゴカッタと、当時は小栗旬くんとゲームの話ばかりしていたそうです。

改めて剛くんとは14年ぶりに再会したそうだが、剛くんは清楚・おとなしいイメージだったと、マイクを持ってパフォーマンスをするイメージなし。

高校三年生で声優デビューしたそうで、その時には密かにに水樹になっていたそうだが剛くんが学校にいなかったから知らなかったと、そして学校でのノートを剛くんに見せていたことも発覚。

続いては激白!水樹奈々○○を語るです。

1:声フェチ
声の素敵な男性に魅かれる。声優の仕事をしている中でも好きな声があり低すぎず高すぎずの中低音が好き。

声のフェチとルックスの一致は?
声が優先と水樹さん。だが光一くんは見た目が・・・だったらイヤでしょ?と。光一くんも女性声優の声が可愛いのに出てきたらあー・・・・というのがいると熱弁。後姿は最高なのに前見が残念・・・という経験が誰でもあるでしょ?と

2:弾丸ツアー
休みの日が突然できた際には1日でも沖縄に行こう!と一泊二日でも行くと。弾丸ツアーのスケジュールは決めるのが楽しくて携帯で仕事の合間に飛行機を押さえてツアーも抑えて予約だけしておくと。アクティブなプランを立てて一泊二日で西表島に行った時は6時台の石垣直行便に乗って高速船に乗って着いたらカヤックに乗ってトレッキングをして滝を観てその後は小浜島に行って・・・とアクティブな行動を話すと、剛くんは俺の知っている近藤さんじゃなーいーと嘆き有様だが、夜もナイトサファリや星を見て次の日には竹富島に行ってビーチに行って最終便で東京に戻って仕事をしたそうです。

ツアーもAプランとBプランを立てているとのこと。そんな旅行ですが光一くんは芸能界の仕事をし始めてプライベートで旅行はしたことがない、面倒くさい、行きたいところもないと。だが古代遺跡とかは行ってみたいと、だが仕事で行くのが好きだがプライベートはイヤだ、仕事の方が楽だから

3:世界1カワイイ
愛犬のチワワ、だが光一くんは自分が飼っているパンちゃんの方がカワイイと、水樹さんの飼い犬は8歳で今回はサンタのコスプレ姿の写真が披露。光一くんは犬にコスプレはさせず裸が好きと。毎年恒例でカエルを被せる行為はするとのこと。

4:男はネクタイ!
スーツ姿の男性にドキッ!とすると、仕事の合間にネクタイを緩める姿がセクシー。たかみなもマネージャーがスーツを着ていると見ちゃうと言うと、何故か1カメさんの映像がボケる恒例のやりとりが

5:声優界の掟
現場で初めて会う声優さんには事務所名と名前を言いに行く。事務所の名前は自然に言うようになっていて先輩の前には長い列が出来ていると。

光一くんは全員分のマイクが無い際の入れ替わりが緊張したと、水樹さんも先輩が演じている時はノイズを立てないようにこっそりページをめくったりしているそうです。

ここで水樹さんを交えてアフレコに挑戦。作品は「ハートキャッチプリキュア」です。

水樹さんのキュアブロッサム、キュアマリン、キュアサンシャイン、キュアムーンライトの説明に興味津々の面々。最初はマリン:たかみな、サンシャイン:堂本くん、ムーンライト:高見沢さんでアフレコに挑戦。今回挑戦するの変身シーン

注意点はノイズを立てないように、キャラクターになりきる

たかみなちゃんすごく上手!と水樹さん。たかみなもガッツポーズだが、だが剛くんは感じを読み間違えていたと一輪の花の部分を「いちりんのはな」ではなく「いちわのはな」と言い間違えていたと、高見沢さんは気品が出ていたと

水樹さんは最近は劇場で公開している「BLOOD-C The Last Dark」の主人公の声も披露してくれて全員鳥肌もんでしたが、剛くんは俺の知っている近藤さんじゃな~い!

さて歌ですが今回は「METRO BAROQUE」という「BLOOD-C The Last Dark」の主題歌。だが剛くんは演歌だったでしょ?と何でこんな激しい曲なのと疑問だらけでした。

という感じで終わった今回ですが

声優と言えば僕にとってはガンダムやスーパーロボット、ジャンプ関連アニメなど声優は知ってはおりますが女性関連のアニメに出演している方とはあまり縁がない感じではあります。

唯一声優で大ファンなのはあーやこと平野綾さんぐらいですが、今年は一度も舞台やコンサートを観に行く予定はないのが現状です

それはさておき水樹さんですが近藤さんという本名で終始剛くんに呼ばれていたのは面白かったですが、ノートを剛くんが見せてもらっていたなどなかなか面白い過去も発覚しました。

さらに水樹さんがアクティブに行動することや声フェチということもなども。声優界の面白い掟なども話してくれましたが、やはり歌を歌っている水樹さんが別人過ぎて驚きでした。

それにしても同級生と共演すると互いの面白い過去が聞けていいですな、今回の剛くんと水樹さんの話している感じなど、剛くんが番組内で堂本くんと言われているの初めて聞いた感じです、流石は同級生という感じでした。

ということで水樹奈々さん、今後も声優界を引っ張っていく存在だと思いますので活躍に期待ですそして早いですが今年の紅白はいったいどうなるのか?楽しみです。

終わり!

|

« JUNONガールズ初代グランプリ松浦雅について考える! | トップページ | バカリズムの素顔に迫るbyしゃべくり007 »

映画・テレビ」カテゴリの記事