« 田中麗奈の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 第13回持ち込み企画プレゼンSPを観るbyアメトーク »

ヴァイオリニスト宮本笑里のリサイタルに行ってきました2012!

さて本日はオペラシティホールで開催されたヴァイオリニストの宮本笑里様のリサイタルに行ってきたのでそのことについて

4月の渋谷タワーレコードでのイベントから3ヶ月経ちまして3ヶ月振りの笑里様はやっぱり素敵でした。http://emirimiyamoto.com/それに今月は美女月間ということで16日に桐谷美玲ちゃんの舞台、21日に松下奈緒さんのコンサート、そして本日が宮本笑里様のリサイタルと三者三様の美女を楽しめた素晴らしい10日間でした。

そんな美女月間のラストを飾る笑里様のリサイタルで披露された曲ですが

第1部
Remembrance(ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲より)
光(宮本笑里×TAKURO(GLAY))
On a Friday(ブラームス:交響曲第1番第4楽章より)
ふるさと(岡野貞一)
Les enfants de la fantaisie~地球のこどもたち(服部隆之)

休憩

第2部
スラヴ幻想曲(ドヴォルザーク/クライスラー)
passion cahee~秘めた思い~(松本俊明)
タッタン人の踊り(ボロディン)
ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ短調作品75(サン=サーンス)

アンコール
アヴェ・マリア
上を向いて歩こう

今回のプログラムがこんな感じでしたが、その中で曲終わりのトークにて今までは笑里様が話した後にマイクを渡されていたピアニストの浦壁信二さんに何と専用のマイクがあるということが判明

笑里様のリサイタルに行っている人はいつも浦壁さんマイクないんだーと思っていたら今回は用意されていたので浦壁さんのトークが冴えわたっていました。技術革新の成果色んな場所で演奏をしても日帰りになってしまうので楽屋のお弁当だけが楽しみだった・・・とあからさまに一泊したかったんだなーと思うような発言があったのが面白かったです。

その他にも笑里様が楽曲についての思いを話す場面などあり、正直忘れちゃいましたけどね。

覚えている話だと今年でデビュー5周年ということで昔話をしてました。クレモナに行ってヴァイオリンのネックの部分について取材かなんかをした際にはあまりトークがうまくいかずディレクターの指示をそのままやっていたが、今ではトークもある程度上達したかな?ということですかね。

アンコールではビルボードライブが決定したことが話されました、今までと違った感じのライブになると言っていたので非常に楽しみです。東京では12月16日開催です

とにかくいつもよりトークが弾んでいた印象がありました。ホント覚えてないなー可愛さだけは覚えているのになー、演奏している際の姿は凛としているのにトークでは笑顔になるギャップですな

リサイタル終了後は恒例のサイン会が開催されましたが相変わらずの人の多さには驚くばかり21時10分ぐらいにリサイタルが終了してそれから僕がサインをもらえたのが21時40分ぐらい最後の人たちは22時過ぎになったと思います。

毎回サインもらう際にやられちゃうんですよねー笑顔の可愛さに今回もまさにそんな感じでした。色々なサイン会とか握手会行っているんですけどなんかモデルさんとかと違うオーラがあるんですよね。

今年はビルボードのライブにも行こうと考えているのでその時にもまた感想とか書ければなと思います。

ということで宮本笑里様のリサイタルの感想でした。

終わり!

|

« 田中麗奈の素顔に迫るbyしゃべくり007 | トップページ | 第13回持ち込み企画プレゼンSPを観るbyアメトーク »

映画・テレビ」カテゴリの記事