« 井上真央の素顔に迫る2012byおしゃれイズム | トップページ | 西山茉希・矢野未希子・ヨンアの素顔に迫るbyキャサリン »

超豪華俳優大集合でドラマ裏側ぶっちゃけSPを観るbySMAP×SMAP

さて本日は人気俳優が大集合して行われたぶっちゃけトークがSMAP×SMAPで行われたのでそのことについて

ドラマの裏側を知ることが出来る非常に面白い企画なので楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

今回のゲストは哀川翔、AKIRA、小栗旬、佐藤隆太、陣内孝則、山本耕史、山本裕典そしてSMAPのメンバーです。

練習問題:セリフを覚えるのが得意な方だ?
YES:AKIRA、小栗旬、山本耕史、山本裕典、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾。NO:哀川翔、佐藤隆太、陣内孝則、木村拓哉

AKIRA:ダンスのやり方と似てフラフラ動きながら
小栗旬:風呂に入りながら、ちょっとふやけてしまう

1問目:共演した事がキッカケで大親友になった人がいる?
YES:AKIRA、小栗旬、佐藤隆太、陣内孝則、山本耕史、木村拓哉、香取慎吾。NO:哀川翔、山本裕典、稲垣吾郎、草彅剛。

小栗旬:ドラマ終わってその後もしょっちゅうご飯を食べに行く人がいる。一番多いのは生田斗真
佐藤隆太:塚本高史さんと共演した際に塚本さんが家が遠かったので自分の家に泊まってもらって一緒に現場に行った時期があった。
山本裕典:山田新太朗と住もうかという話にもあったが事務所NGがあった。何か一緒にいたかったから。翔さんは気持ち悪いと一蹴
山本耕史:リアルにあのぐらいの関係を気づいているのでは?とガムは普通に食えるし、だが彼が嫌がると、それは香取慎吾くん

だが慎吾くんは新撰組で一緒で近藤勇・土方歳三という役柄もあったがそれ以上に彼の押しが強かったので1年間大変だったと

NO
哀川翔:親友は家族以上親戚以下?長渕さんは電話掛かってきたらすぐに行くと、長渕さんは親みたいな人。東京に来てこの仕事をやって初めて飯を食わせてくれた人。この間誕生日の後に電話がかかってきて2時間説教をくらった「貴様生き方考えろ」と50歳過ぎて言われるとは思ってなかったと、そっから先は聞かないでと

2問目:ケンカのシーンでつい本気になってしまったことがある?
YES:AKIRA、小栗旬、陣内孝則、山本耕史、木村拓哉、草彅剛。NO:哀川翔、佐藤隆太、山本裕典、稲垣吾郎、香取慎吾

YES
AKIRA:時代劇で合図が出たらフリーでOKが出るまでフリーというシーンでどこから飛んでくるかがわからないのでみな緊張していたがやっぱりあたってしまいその後気まずかったり、本当に喧嘩になりそうだったことも

小栗旬:「クローズZERO」の撮影で山田孝之君との一騎打ちのシーンで冷静に相手を観てやっていこうと、もしも手が間違えたらお互いにストップしてケガをしないようにしようと散々自分が言っていたのに、山田くんのパンチが当たった際にカチーン!と来て向かっていったことも「旬君ホントにないよあんだけ言ったのに」

木村拓哉:時代劇の戦のシーンで甲冑以外にくらいの低い人たちがつけるもので相手の方の金具が鼻にあたりぐちゃと曲がってしまい僕もスイッチが入って相手をスパッとやり返してしまった

NO
草彅剛:任侠ヘルパーの際に機動隊とぶつかるシーンで機動隊の警棒が肘にあたった際に警棒を取り上げてヘルメットを叩いてしまった。終わった際になんで警棒をもっているんだろう?と、山本裕典さんはそのシーンを見ていて相手の方がくたくたになっていて、なおかつ飛び蹴りもバンバンしていたと。

哀川翔急所は避けるね

3問目:キスシーンを演じる前と後で相手への気持ちが変わってしまったことがある?
YES:陣内孝則、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾。NO:哀川翔、AKIRA、小栗旬、佐藤隆太、山本耕史、山本裕典、木村拓哉。

YES
陣内孝則:若いころヤクザ映画をやっていた際にキスシーンで本番だけ口を合わせたらカットの後に相手がギュッと抱きしめてきたので「えっ?」とそして気持ちが落ちてしまった。その頃は気持ちが入るとキスシーンで舌が入ることもあったと

稲垣吾郎:10代の頃のキスシーンで本番は唇から光線が出てましたと、陣内さんだけじゃないですよと

草彅剛:少し好きになっちゃう、僕自身も好きにはならないと言い聞かせていたが引きずってしまいその自分が本当の自分だと認めようと思った。それはドラマ期間だけで打ち上げが終わったら思いは切れると

香取慎吾:実際の気持ちよりはお芝居をするうえで許される限り触れたりしたい、スゴイ好き同士なのに体を触れることがほぼないので本番前に近寄るシーンなどでは挨拶代りに握手やボディータッチやハグをして気持ちを高める。

中居くんも本番だけはダメ、今世紀はないけどと

4問目:プライベートでドラマのセリフをつかったことがある?
YES:AKIRA、小栗旬、佐藤隆太、陣内孝則、山本裕典、木村拓哉、香取慎吾。NO:哀川翔、山本耕史、稲垣吾郎、草彅剛

YES
小栗旬:友達とか親戚とかそういう人たちが来た際に言わされることはあった。花より男子の「ま~きの」とお酒が入っていると本意気で行きます

佐藤隆太:ROOKIES~卒業~での「夢にときめけ!明日にきらめけ!」というセリフは今になってもすごく言われる道端で、その際は出来る限りこたえたいけど声を張らないと言えないセリフなのでテンション低く言うと納得されないので声を張るとある程度の周りに気づかれてしまう

AKIRA:学生時代に「ロングバケーション」のピアノの楽曲を覚えて好きなこの家にあったピアノで演奏したとその時は自分の周りのヤンキーたちも音楽の授業だけは受けて好きな子のため弾いていた。これは旬くんもスゲー練習したと、佐藤隆太くんも高校の時に野球部の朝練で体育館でひっそりと

陣内孝則:「愛しあってるかい!」のセリフを結婚式の寿メッセージで乾杯の音頭として使われることがあると

5問目:投げ出したくなるほどつらかったシーンがある?
YES:AKIRA、小栗旬、佐藤隆太、陣内孝則、山本耕史、山本裕典、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛。NO:哀川翔、香取慎吾。

YES
小栗旬:21~22の時に映画の撮影のイメージのシーンで全裸で苦しんでいたりダンスを踊るシーンの時に前日に監督から「下の毛を剃って欲しい」と言われたと、横から取った時に何もついていないようにしたいからと、だが「剃りたくないです」と言ったら「ノリで固めましょう」と言われて次の日に前張りをして肌色ノリを全部毛につけていて撮影が進んだ際に自分の姿を見て悲しくなってしまったと。泣けてきてしまった

陣内孝則:ライスカレーという86年のドラマでカナダの零下30度で山小屋で時任三郎さんとケンカして外に出るシーンの際に本気でケンカをしてという感じの演技を求められた際は大変だった

山本耕史:18歳ぐらいにボクサーの役をやった際に最終回で4R戦って勝手終わるというシーンだったが、2日間後楽園ホールを借りてやることになったが36時間ぶっ続けの撮影だったので最初は目がぼやけて、膝から崩れ落ちそうになってきたので休みながら演じた。

山本裕典:ROOKIESの撮影の際に野球経験がほぼなくて野球が出来ないのに最後の大会シーンで1000人のエキストラの前で監督や助監督などに怒られているサマを1000人に見られた時は逃げ出したくなった、野球のシーンだけはホント嫌だった。

6問目:他の人の芝居でシビれたことがある?
YES:全員。

草彅剛:高倉健さんと共演した際に山にしか見えなかったと。セットなのに山の中にいる感じがしたと、セリフを言いながら食べたりできるがいつもどうやっていたのかな?とやり方がわからない感じになった。

山本裕典ドラマ「南極大陸」木村拓哉・柴田恭兵・香川照之さんとの4人芝居で木村くんが出て行った際に振り返って泣きそうな顔で一言というシーンで自分が混じっていることがドキドキだし大事なセリフで木村くんを振り替えさせないといけない場合に自分がシビれた。中居くんと共演した際はずーっとフザけていて泣くシーンでも泣けなかった。

山本耕史ドラマ「華麗なる一族」で裁判で勝利するシーンで奥さんやお母様と目を合わせてうなずくシーンだったが、最後は弟(山本)と目を合わせたいと監督に木村くんが直談判したがO.Aではカットされてしまった。だが結末は男同士に向けたところがカッコよかった、カットにはなったけど裏にはそういうエピソードがあったことに人としてシビれる瞬間だった。だが慎吾くんはシビれっぱなしなんですけど良いところは良くがまったくない、演技の話をしても「いいです。」しか言わず、だが若い監督が「眠いのわかりますけどもうちょっとちゃんとしてもらえますか?」と言った際に自分の所に来て「眠いのは分かりますけどって言ってきたんですけど」とSOSのサインを出してきたので監督にそういうことを言わないでくださいと言いに行ったと

陣内孝則勝新太郎さんの演技でたっぷり間を取るのでスゴイなーと思っていたら寝ていた。他にもやくざ映画でヒットマンで死んだ際に小林旭さんが香典を渡すシーンで死体の役なので呼吸をしないようにしていたが本番でたっぷり間を使ったので苦しくてしょうがなかった。

山本隆太:ドラマ「プライド」でホッケーに対して恐怖心をもってしまいリンクにも上がれない状況で顔を近づけて「俺とどっちが怖ぇ?」と言われてその後に泣くというシーンで、最初のリハーサルからすごい勢いでやってくれたインパクトがすごく、その後2~3年はその時のシーンを思い出して泣くようにしていた。さらに中居くんの現場の引っ張り方が好きで中居くんの隣で泣くシーンがあったが緊張していたが自分のペースでどうなっても大丈夫だからと見守ってくれたことが嬉しかった。

さらに数年前に結婚して子供が出来て初めて中居くんに会う機会があった。そえrは笑っていいともの現場で他の仕事を終えてから言ったのでギリギリに入って収録だったので事前に挨拶が出来なかった。ちゃんと会えたのが本番で一つコーナーが終わったCMに入って挨拶をした際におもむろにシャツのポケットに何かを入れてきてそれがすごいぶ厚さの現金だった、覚えてくれていたのも嬉しいと中居くんなりの優しさにテンパってしまったが「頑張った奥さんと生まれてきた子供に良いモノを買ってあげなさい」と、だがCM明け現金を入れたまま収録が始まってしまったと

中居くんは逆に楽しかったと

小栗旬:山崎努さんとのシーンで入って来た時から完全に役に入り込んでいて、山崎さんに芝居でないことでも話しかけても軽くあしらわれた感じだったが、その役柄が痔をこらえている大物俳優さんの役だったので座る位置を気にして役を演じ切っていたので、自分も同じようにやろうと思ったと

木村拓哉:名前をあげたらきりがないが香川照之さん、柴田恭兵さん、緒方直人さん、山本裕典さん。その作品におけるそういう人がいることで現場が楽しくなる

AKIRA榎木孝明さんと休憩中に銭湯に入った際にふんどしをくれた、いつも履いているからということでもらったので次から履いていたら、次の日から2人だけがふんどしを履いていることにたいしてシビれた。

哀川翔原田芳雄さんと映画を撮る機会がありクラブのシーンでリハーサルをやります?と言われたので何のリハーサル?と聞こうとしたがずーっと撮影が始まってしまいそれが延々と続いていてどこまでやるの?と思いながらも立ち回っていたら最後まで言って監督が「じゃそういうことで」と言われた。これはシビれたと一発でリハーサルが終わって本番一発だったと

稲垣吾郎:16歳の時に初めて映画に出演した際に陣内孝則さんと共演した際に、最後に陣内さんを打ち殺すというシーンだったが、その時に陣内さんに本気で引っ叩かれてシビれた。

という感じで終わった今回ですが

俳優さんだけを取り上げることは滅多にない僕ですが今回は非常に興味深い内容でした。喧嘩のシーンで本気になる事ってやっぱりあるのかと木村くんの鼻が曲がった話はなかなかパンチがありました。

プライベートでドラマのセリフを使うは役者としてしょうがないと言うこともありますが言ってくださいと頼まれる=人気があるというか出世作があったということなんでしょう。たしかに10年前のドラマのセリフを言ってくださいとかはなかなか辛いかもしれないですが言ってもらえないよりはましでしょう。

そう考えるとドラマのセリフって俳優の知名度のバロメーターにもなるのかなと

キスシーンの前と後で感情が変わるのは男ですからね演技とはいえ不思議な事ではないでしょう。だけど思ったのはドラマの主演ばかりはる俳優・女優のカップルってそれほどないなと考えると剛くんが言っていた通りにドラマの期間だけなのかなとも

ホントだれがいたか考えても浮かばないのでね

嫌だった仕事だったり、山本裕典さんの1000人のエキストラの前で怒られるのはホント辛いな

この人の演技にシビれたというのはいるでしょうねたくさん、その話はもっと聞きたかったですけどね。それにしても木村くんと共演経験がある人が木村くんを選んだのはビックリしました。

ということでドラマの裏話など聞けるこの企画次回は女優さんだけでやって欲しいものです。にしてもビストロスマップの栗山千明ちゃん抜群だったなー久々に僕のパーフェクトを見た感じがしました。

終わり!

|

« 井上真央の素顔に迫る2012byおしゃれイズム | トップページ | 西山茉希・矢野未希子・ヨンアの素顔に迫るbyキャサリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事