« 放送開始11年「はねるのトびら」9月終了という記事を読んで | トップページ | ミスiD(アイドル)2013初代グランプリ・玉城ティナについて考える! »

13代目『国民的美少女』吉本実憂・小澤奈々花について考える!

さて本日は13代目国民的美少女コンテストにてグランプリが決定したのでそのことについてです。http://beamie.jp/contest2012.html

今回は何と!2人選ばれたそうで、それが応募総数10万2564通の中から福岡県出身の高校1年生・吉本実憂さん(15)新潟県出身の中学1年生・小澤奈々花さん(13)とのこと。

Photo ココ数年、国民的美少女コンテストの結果について色々考えていますが今回も微妙ですねー。ルックスなどは問題ないですあくまで芸能界で売れるかな?という点で受賞者一覧http://beamie.jp/contest2012.html

オスカープロモーション主体のこのコンテストではあるがただでさえ所属タレントが多いにもかかわらず美少女コンテストを開催する意図が見えない。言いたくないが今はAKB全盛の時にオスカーの力であれば映画の主演・出演などは簡単ではあるがそこから一歩抜け出すには厳しいと思うのは僕だけでしょうか

一応今回、記事を読んでいると他にも下記
グランプリのほか、モデル部門賞をオーストラリア出身の中学3年生・若山あやのさん(14)、演技部門賞を神奈川県出身の中学2年生・白鳥羽純さん(13)、東京都出身の中学2年生・山木コハルさん(13)、音楽部門賞を神奈川県出身の中学2年生・末永真唯さん(14)、グラビア賞を兵庫県出身の中学1年生・籠谷さくらさん(12)、マルチメディア賞を東京都出身の中学1年生・上水口萌乃香(かみなぐち ほのか)さん(13)、審査員特別賞を大阪府出身の小学6年生・井頭愛海さん(12)、高知県出身の小学6年生・尾崎真花さん(12)が受賞した。

という感じである。正直言わせて頂くと若すぎる全員。http://beamie.jp/contest2012.htmlサイトを見ても一番上が15歳、たしかに少女というキーワードがあるが若けりゃいいというわけでないし、若いと中高と進むにつれて進路について真剣に考えるようになるため結局は芸能界から引退なおかつ目がでなければ20歳ぐらいで引退ということも多いはず

それにこのグランプリお判りの人はいると思いますがグランプリが売れるとは限らない。というよりは売れないことが多く他の賞を受賞した方が売れる傾向が強い。歴代受賞の一覧を見るとhttp://beamie.jp/contest2012.html今でも一線で活躍中(ここでの一戦はドラマの主演クラスで活躍できている)人は米倉涼子上戸彩武井咲ぐらいですかね。主演ではないが活躍しているのは福田沙紀河北麻友子忽那汐里原幹恵とか、そして賞も何も受賞していない本選出場でゴリ押しされている剛力彩芽という感じかな。あくまで僕の主観では

この中でグランプリ受賞者は上戸彩と河北麻友子ぐらいです。オスカーがグランプリはゴリ押ししている認識なんですけどねー、なぜか2番手3番手の順位の方が売れる傾向が強い悲しさ。それに今回見た感じでは飛びぬけて売れる子はいないかなと

難しいなー今回も正直お笑い、ジャニーズも上がなかなか人気が落ちないので下の世代の活躍が難しいですけど10代の女性タレントの世界もすでにモデル・アイドル・女優もトップランナーと言われる人たちが多いのでオスカーのゴリ押しがあってもねー、そもそもオスカー自体が武井咲・剛力彩芽とゴリ押し中で他の受賞者が不遇な待遇のイメージが強いのにさらに若い子を事務所に所属させて売れるか分からない状態を作り上げる。バーター出演でどれだけ輝きを残せるか?という感じでしょうか

なんか悲しいです。

一応、第10回以降の大会の受賞者の経歴を調べてみたのですが何かしらの賞を受賞したのが20人ほどプロフィールを見て見ましたが面だって活躍しているのはごくわずか、中にはプロフィールも見当たらない人もいたりです。ドラマ・映画の主演やCM出演などをすれば偉いというわけではないのは百も承知しているが選ばれたのにまったく露出が無いのはやっぱり悲しすぎるますよね。

ということで色々思う所はありますが選ばれた以上は素敵な女性になって活躍して欲しいものです。

終わり!

|

« 放送開始11年「はねるのトびら」9月終了という記事を読んで | トップページ | ミスiD(アイドル)2013初代グランプリ・玉城ティナについて考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事