« 2年ぶりに木村拓哉の月9出演について考える! | トップページ | 放送開始11年「はねるのトびら」9月終了という記事を読んで »

HKT48突然の5人脱退について考える!

さて本日は昨日から一部の間で話題になっているHKT48のメンバーの5人だった位の件について色々と

今回の脱退理由は運営側からは脱退について説明はナシ。だが一部事実とはわかりませんがネット上で書かれているのはファンとの交流及び未成年による飲酒・喫煙

脱退することになったメンバーですが、記事抜粋
「HKT48」のメンバー5人がグループを同時に脱退した。公式ブログで18日に発表された。週刊誌のグラビアを飾るなど人気の菅本裕子(18)や今年の選抜総選挙の速報で62位の江藤彩也香(14)といった有望株をはじめ、古森結衣(14)谷口愛理(13)研究生の仲西彩佳(16)の5人が脱退。いずれも昨年11月のグループ設立時から活動する1期生だ。

正直言うと知名度的にはファンぐらいしか知らないだろうレベル。だがHKT48と言えばAKB48の指原莉乃が移籍したことで一気に注目度が上がったため今回の問題もネットのトップニュースになるぐらいの話題になったのだろう。

さてこの脱退の件だが一部で脱退メンバーが意味深な発言をしてという記事もありその記事が
古森を除く4人はAKBの全姉妹グループがファン交流に活用する「グーグルプラス」の更新を14日を最後にしておらず、15~16日の福岡市での劇場公演も休演した。古森は16日に、グーグルプラスに自身の卒業をほのめかしながら、「芸能界の世界が恐ろしいのも知りました。人って簡単に信じちゃだめなんだね」などと意味深な書き込みを載せた。この文章は数分で削除されものの、ファンの間では憶測が飛び交っていた。

「芸能界の世界が恐ろしいのも知りました。人って簡単に信じちゃだめなんだね」この一文なかなかの重みがあります。取りようによっては私はハメられたという意思表示にも感じる。だが人を簡単に信じちゃダメということは世の中の真理であるが、まだ若い何も分かっていない彼女たちを自分の利益として使おうと考える輩は多数いるわけです。かくいう自分もこのネタを記事にしてアクセス数のアップを図ろうとしている以上は同じようなものです。指原莉乃と同じパターンの可能性も無きにしも非ずですし

運営側がこの問題は明かさないのは今までのAKB48関連の脱退はほぼ男性との交際・交流などが多かった印象があり飲酒・喫煙については記憶にない。多分知れべばわかることなのだがあえて今回は調べませんが、ただ飲酒・喫煙だとしたら脱退は当たり前だし運営側が発表しない理由もなんとなくわかる気がする。そもそもAKBグループ全体のイメージダウンもさることながらメンバーのプライベートの管理がまったくできていないズサンな管理体制が発覚及び全員のプライベートの聞きだしなど以降の火消しの対応が多すぎる。

芸能界とは面白いもので未成年の飲酒・喫煙に関しては滅法厳しい。ジャニーズも飲酒・喫煙が発覚した途端に脱退することも多く、一部奇跡的に復帰する人間もいるが以前の人気を取り戻しているかというと微妙。元NEWSの内くんとかですね。だが未成年には厳しいのに成人した大人で麻薬などで逮捕されたにも関わらず復帰を果たす人間がいるなどそこの所のバランスがいまだによくわからない。昨今よく囁かれているのは麻薬で逮捕された酒井法子さんの復帰について

もう芸能界のモラルがよくわからない

話を戻して今回の脱退ですがAKBグループ全体としては一層身を引き締めなくてはいけないことになるが、それに先のある彼女たちのことなので別の形で夢に挑戦することにはなるだろう。だが彼女たちが気の毒なのはHKT48という出来立てのグループに所属していたということだろう。もしこれがAKB、SKEだったら?まあ同じことをしたら脱退なのは変わりないとは思うがそれが人気メンバーであれば奇跡的にHKTに行けということになるのだろう指原莉乃みたいに、だが彼女たちはグループの序列としては下位であるHKTにいたためにこれ以上移籍させる箇所が無い。研究生としてやり直しもきかない。イキナリ海外のJKT48に行け!とは言えない。

運営側は切るしかない。

あー夢半ばの彼女たちが自身の行いで夢を潰す。普段から私生活には気をつけないといけないということを改めて知らしめたくれた今回の出来事でした。

ということでHKT48に試練の訪れた12年夏彼女たちがどのように立ち上がるのか見守っていきたいと思います。

終わり!

|

« 2年ぶりに木村拓哉の月9出演について考える! | トップページ | 放送開始11年「はねるのトびら」9月終了という記事を読んで »

映画・テレビ」カテゴリの記事