« 所ジョージと明石家さんまの会話を観るbyさんまのまんま | トップページ | 勉強大好き芸人を観るbyアメトークゴールデンスペシャル »

元・今が旬芸人を観るbyアメトーク

本日はこれぞお笑いと言うくくりが集まったアメトークについて

今回のくくりは「元・今旬芸人」お笑いのサイクルは早いので彼らがどのように生き残って来たのか気になって観ておりました

では観ていきましょう。

第13回プレゼン大会の採用企画としてオードリーの若林さんを先頭に登場してきた芸人達、はるな愛、アンガールズ、スリムクラブ、ねづっち、小島よしおの面々

今が旬と言われていたことがあるメンバーでその頃の事を話そうじゃないかという企画。2~3年前は毎日同じようなメンバーでいた。だが一発屋ではなく、現在も活躍中というメンバー。だが宮迫さんは若林さんはキャーと騒がれたがそれ以降は微妙。ねづっち・小島よしおは一発屋ではないのか?と、その返答で小島さんが喋るもまったくウケず・・・

春日さんは旬かどうかが感じれないタイプ。だがゆっくり歩いていたが旬の頃よりは早く歩くようになっていると若林さんが分析。

そんなオープニングも終えて今が旬芸人のすぎちゃんが登場!不安でしょーがないぜとすぎちゃん、宮迫さんは楽屋の挨拶の声が中森明菜さんより小さかったと

最初のテーマ「旬じゃなくなったなぁ」思った瞬間
話を聞く前に旬の頃と旬じゃなくなったころのビフォーアフターVTRを観ることに

オードリー:徹子の部屋芸人で登場した際は大歓声で春日さんのトゥースも絶好調、旬じゃなくなった際は盛り上がりもなく挨拶でスベる春日さん。

小島よしお:08年ブレイク時のネタ披露では登場早々に客席から大歓声。10年旬じゃなくなった際はそんなの関係ねーをやるも客席からのリアクションが懐かしいという状態に

ねづっち:なぞかけブームの頃は雨上がりの2人も驚くほどの大歓声で迎えられるも、旬じゃなくなった頃のお笑いライブではまばらな拍手に迎えられ決めポーズもウケず

アンガールズ:05年の頃はジャンガジャンガで盛り上がるも、旬じゃなくなった頃の立ち食いそば芸人では動きが全て悲鳴に

若林:春日さんは旬の時はゆっくり出てきていた、当時はトゥースの反応が凄かったが今はスタジオの後ろの壁に跳ね返ってくる。音がしないのをカモフラージュするためにトゥース後に終わりの「ハァ!」をつけるようになった

春日:色々工夫をするようになったとのことだが、トゥースをやるもハァ!の効果もなし

小島:ギャグをやった後の間が怖くなった。旬じゃなくなるとギャグの後誘い笑いで自分から笑わないとダメになった。

「旬じゃない」と思った瞬間
若林:ゲストで出たらMCの人に良く来てくれたと言われたり、紹介のオチとして使われるようになった。記者会見で記者の質問がなくなった。質問も自分たちの事ではなくこの間は質問の9割がなでしこJAPANのことだったので松岡修造に聞けよ!と思ってしまった

田中:特番でのひな壇で昔は前の方だったがだんだん後ろの方になり後ろの右側の席でMCの人と距離が遠くなった。

はるな愛:新聞のラテ欄から名前が消えた。今は名前を入れたら親が録画してくれていたがラテ欄に載っていないのでちょっと出ている奴でも最近出ていないと言われてしまう

田中:今夜7時という番組PRにも使われなくなった。

ここですぎちゃんが「そういうのって、いつ頃から・・・」と神妙過ぎてワイルド感がなくなり宮迫さんにただのオッサンが喋ったと言われるも質問として「旬じゃなくなるまでの期間」を聞いてみると

はるな愛:ずーっと出ていても新たな類似キャラが出てきたら機会が少なくなる。自分の場合は楽しんご

小島:自分の場合はエド・はるみさん。だが話を聞かないでお茶を飲むすぎちゃん

若林:旬の時は外ロケでもみくちゃにされる当時は「春日事故」という感じで春日を観ながら歩いている人が電柱にぶつかる姿が良くあった。出たての時は外ロケも出来ず現場まで白い布で春日を囲って現場に向かっていったが、今は顔を隠されるだけ

すぎちゃん:営業で一人のステージの際に駐車場に行くので混雑がありバスが2時間遅れになった事がある。

小島:営業に行った際に自分が過大評価されて警備員が6人になるも今はスカっすかで恥ずかしい。

春日:ロケで他の人のギャグをフラれたら旬じゃない。今はすぎちゃんのギャグをフラれると「トゥースだぜ~」とやるもあまりリアクションされない

山根:雑誌の取材でジャンガジャンガをしていれば盛り上がったが、今は他のポーズを注文される。

真栄田:M-1直後はどんなささいなことでもヤフーニュースに載っていた。スリム真栄田ブログ更新せずなどあったが、最近はヤフーニュースに載らなくなったので最近無性に乗りたくなったのでブログに消費税の事をかいたら会社に激怒された

すぎちゃん:イベントで喋ったことが全部ニュースにされ、女性関係の事を話したらそれが原因で彼女と別れることになった。

内間:実家に帰った時に旬の時に親からサインをせがまれたが、今は後輩のサインを頼まれるようになった。

田中:先輩の番組に出演した際に自分からバーター臭がしてしまう。

若林:新幹線の名古屋で待っている時に旬の時は人がいっぱい来てしまうのでマネージャーの横に必ずいなくては行けなかったが、今は待ち時間が自由行動になった。

真栄田:ルミネでグッズを販売している時にM-1直後はパネルを置いてもらっていたが最近はルミネの裏のゴミ箱の方にパネルがヒザを入れられて折られた状態で置いてあった

ねづっち:仕事が忙しかった時は毎回謎かけだけで1年間で1万回以上やっていたが、謎かけがふられなくなってきた。

田中:旬じゃなくなると楽屋が大部屋になる。同じ大部屋にクロちゃんがいたらもうダメ。

続いては今、後悔している事
ねづっち
:着ボイスを4~5社ぐらい録音したがスマホが増えてきて需要がなくなったのか会社に0円の通知だけが送られてくるようになった。

田中:テレビ番組に出演中に忙しくて自分の事で精いっぱいで他の人の話で笑っていない事があった。

はるな愛:VTRを観る時に照明が落ちて涼しくなって眠くなってくるもVTR後に明るくなったら皆泣いているが自分は泣いているフリしかできなかった。だがまた呼ばれた際にまた同じタイミングで寝てしまったよね~♡。もう絶対読んでくれない

真栄田:しゃべくり007でメンバーに「勝てるものは?」と質問された際に大喜利と答えてしまった。先輩を相手に言ってしまったのでじゃんけんと言えばよかった、若手は若手らしくすれば良かった

山根:旬の時にしか出来ないグラビアなどその時しかできなかったことをやればよかった。そうすれば今面白い過去として話を出来た

若林:流行語大賞で「トゥース」が獲ったら消えるというジンクスがあったのでラジオで春日は貰いません辞退しますと散々言っていたが流行語のベスト10にも入らなかった

ねづっち:流行語のジンクスは本当、トップ10に入ったが年をまたいだら急に仕事がなくなった。アンガールズは「ジャンガジャンガ」と「キモかわいい」で2年連続ノミネート。他にもはるな愛と小島よしお。

スギちゃんが年が変わると急に仕事が減るのはなぜ?と仕向けているのは?と質問をすると

若林:多分スタッフ。芸人の間で1週目という今までどうでいた?というおしゃれイズムなどのトーク番組呼ばれると2回目はなくそれが終わって年末年始に出たら終わることになるとマジな話をしだす若林さん。

さらに旬の時に相談できる人がいなくて1周目が芸人のパドックにありそこでスタッフに認められないと使われなくなってしまう。2週目、3周目で仲良くなるのは稀

宮迫:結局、エエ奴じゃないとダメ、スタッフに嫌われたら終わり

若林:1周目で仲良くしてくれる人と旬の時だけの人がいて、別の曲の別の番組まで見てくれたスタッフさんはずーっと仲良くしてくれるが、後ろから回ってきて肩を揉んできて「いやーノリにのってて」という人は絶対ダメ。

スギちゃん:経験済み、完全に胡散臭いので信用しないようにしている

春日:サインをねだるスタッフは注意。

小島:サインを書いていて宛名が源氏名の場合も注意。さらに忘年会も1日7件呼ばれたこともあった

山根:だがもしかしたらつながるスタッフもいるので嫌な顔をせずにやるしかない!

ここでスギちゃんから1周目の期間は?と、若林さんが1年ではなく9カ月ぐらいと答えた後にスギちゃん

番組で過去にどんなことがありましたかのエピソードの話も最初は18年の芸歴があるので話があったが、今はだいぶ減ってきているのでそれを切り抜ける方法は?

田中:100点のトークでなく最初は70点のトークにしてそれを磨き上げて100点にする

若林:いろんな番組があってその番組に出た事で他の番組までキャラが飛んでいく場合がある。アメトークの場合は人見知り芸人に出演した際に他の番組でも人見知り芸人としてイジられる仕事が増えた。トイレ芸人としてドキドキきゃんぷの佐藤さんはトイレ雑誌にコラムを書いたりトイレの仕事しかしていない

アメトークのスタッフは○○芸人をしたいという声を求めている。自分の趣味を増やしてすぐにスタッフに伝えた方がイイ。

スギちゃん:キャンプインストラクターや温泉ソムリエの資格があると加地プロデューサーに売り込み

続いてはスギちゃんが今のうちにやっておくべき事
小島
:今、起こっていることを忘れないようにメモすること。そうすれば質問された際に過去の話で止まる事がない。

若林:ずーっと寝ていて○県か分からない時があった。

はるな愛:仕事に行った際に写真を撮るようにする。紅白歌合戦の時も楽屋裏で写真を撮ったりしていた。山根さんは自分の事を撮っておくと当時の自分を思い出せる、だが自分は景色や食べ物を撮ってしまいまったく後に使えなかった。頭が良くて今後売れそうな後輩と一緒にいたら自分の事で喋ってくれるので安心

内間:チャンスがあれば結婚と子作りはしておいた方がイイ。そうすれば関係する番組に呼ばれる。最近は数本仕事が増えて助かっている、ホトちゃんも赤ちゃん出来て仕事が増えた。

若林:名古屋出身であれば地元でレギュラーをとればいい。会社でも持ち家を持っている人ほど大胆な発言が出来ると、地方のレギュラーを持ち家として東京の番組で大胆な発言をする。

山根:今できる時にやっておかないと波田陽区みたいになる。何度も野球が好きだったら野球についてやった方がいいと伝えたのにやらなかったので今家にいる。田中は趣味を増やせばということで紅茶や苔・ヴァイオリンなどを趣味をしたことで番組に呼ばれて、その番組で呼ばれた後に苔だけの話でなくキャラクターの面白さが伝わるのにそれを波田は逃したと熱弁。そして田中はスゴイなと思う

続いてはスギちゃんのこれからを考えよう!
スギちゃん
はイメージとしてワイルドと言っているのでロケに行きたい。僻地で動物たちと戦ったりしたい。だが宮迫さんに春日と被るから辞めた方がいい。若林さんもサメとかと春日は戦っているがそれよりもひな壇が怖いと言っていたとのこと。

スギちゃんはさらに子供番組をやりたいが小島さんと被っている、小島さんは芸能界は椅子取りゲームだからと

田中:仮面ライダーに出演したので子供からも人気がある。役柄が気持ち悪い役でも子供は仮面ライダーに出演している人と見られる。以前仮面ライダーを観ているんですと言われてパッとみたら篠原涼子さんだったこともあった。一生喋れないと思っていたのにと

スギちゃん:なしえなかったR-1で優勝できれば良くなるかも?とワイルドネタは出し切った感がある、いきなり新キャラを出しても困惑するのでワイルドに近い新ネタを考えていると新ネタを披露するために裏へ

コーラを手に持って出てくるいつものごとく登場。そして「ちょっとワイルドでしょ」という決め言葉を言うネタをするもスタジオ失笑。さらに宮迫さんに「R-1なめんなよ」

山根さんが最後に今後、出てくる芸人は絶対見た方がイイと言葉を残して終了

という感じで終わった今回ですが

今回の内容は最後に山根さんが言った通りにこれから出てくる芸人にはバイブル的な役割をはたすことでしょう。

スギちゃんはまさに芸人にとっての1周目、残す所今年は3ヶ月という所で入院してしまうというハプニングもあったが逆にそれが考える時間を与えることになったと思います。

今のお笑い界はネタが面白くてもそれでは舞台どまり、テレビに出るにはフリートーク力が重要、いかに話のネタを持っているかが重要ですからね。

ホント今回のアメトークは芸人向けで視聴者向けではなかったが裏話など聞けて面白かったです。

ということで元・今が旬芸人。スギちゃんも一発屋のカテゴリには入らないように頑張って欲しいものです

終わり!

|

« 所ジョージと明石家さんまの会話を観るbyさんまのまんま | トップページ | 勉強大好き芸人を観るbyアメトークゴールデンスペシャル »

映画・テレビ」カテゴリの記事