« ビートたけしがテレフォンショッキングにやって来た! | トップページ | ベストジーニスト2012について考える! »

芸人取扱説明書を観るbyロンドンハーツスペシャル

本日はレギュラー放送で一度放送された芸人取扱説明書がロンドンハーツスペシャルで放送されたのでそのことについて

マネージャーの苦労が分かる非常に面白い内容なので楽しみにしておりました

では観ていきましょう。

今回も何も聞かされぬままスタジオに集められた芸人達。淳さんより企画内容が発表されて一斉にブーイング。

基礎編
27位:ザキヤマさん。新しいスタッフと仕事をする時は企画と収録時間を照らし合わせ場合によっては、「この構成で山崎が入ってると押しますけど・・・」と伝え、共演者はスタジオの欠を確認してもらう。

ザキヤマさんこの行為に感動。チャンタケンスマネージャーは収録は自分の楽しさ優先で時間計算をしない。年末の特番でMCの際に収録時間が押してパネラーが12~13人いたが番組終了時には5人ぐらいになっていたことがあったので

だがそれを伝えてもスタッフが時間通りにやるから大丈夫と言われるのでパートを無くすこともしている。

あだ名に関してはアイツ:おぎやはぎ矢作、妖怪マッシュルーム:バナナマン日村、スーパースター:ますだおかだ岡田、おじさん:竹山さん、うちの人:くりぃむしちゅー有田、小倉さん:小倉優子、ずぶ濡れ爺:竹山さん(新)、ジーカー:加地さん(総合演出)、大先生:浅倉チーフD。

26位:ウド鈴木。収録で慌ててしまい共演者の方から「何を言っているのか分からない!!」が多いので本番前に背中をポンと叩き「落ち着いてください」と言い聞かせて送り出してあげる。

番組によるが話を聞かせる番組(アメトーク、ダウンタウンDX)の場合は必ずやる。今回の収録は押していない

25位:千鳥・ノブ。大悟によく映画やドラマのオファーが来るのだがそれがノブの耳に入ると「オレはお笑い一本やから」とスネるので気を付ける。

スネやすい。ロケ中に大悟さんの方がよく顔を指されるのでその時に見ているとスネている、その際はノブにもファンを誘導したりも、大悟さんとしては役者の仕事で遅れてきたらツッコミが強くなる

24位:FUJIWARAフジモン。ロケバスや新幹線などの移動中はずっとしゃべり続けているので隣に座らないといけない時は要注意。そうでない時は、なるべく離れた席に座るようにしている。

正直、ウルサイですね!とマネ、楽しい話なんだけど。印象に残っているエピソードはアメリカのロケの際に15分に1本アメリカあるあるをムチャブリされた。

ずっと喋っているのは移動中は遠足気分だから、原西さんはダサイ帽子を深く被って座っている。

チャンタケンスマネにザキヤマさんのことを聞くと、ザキヤマさんもずーっと喋っているが場合によるが、喋っていたいのでスタッフがいる時はスタッフ、自分の時もあるが、それ以外にも素人の人と話している時がある。その際に分かりづらいボケがあったらフォローしている。ザキヤマさん曰く居てくれたら誰でもいい

23位:狩野英孝。狩野は時々、物の名前をカッコつけて略すことがあります。この間もタバコのことを「TBK」と言っていましたがタバコは「tobacco」なので「TBC」なのですが、ただ、いちいち否定するとヘコむのでなんとなくニュアンスで理解してあげることが必要。

最初言われた時は何の事だろう?と思ったが、後々考えたらスペルが違うなと思ってしまった。狩野さんはちょっとしたサービスエッセンス?で言っていると意味不明な事を、他にも充電をパワーチャージしておいてとも

22位:出川哲朗。ロケの際、濡れたり、粉を被ったり、時にはウンチを漏らす時があるので替え用のパンツは必ず用意しておかねばならない。

出川さんもいつ来るか分からないから替えパンツは必ず用意してもらう。スタジオ収録の時も用意しているさらに密閉用の袋に入れていると市川マネ。トランクスタイプ・LLサイズとのこと。

21位:アンジャッシュ児嶋。渡部のイメージのせいかオシャレや恋愛に関してのインタビューのオファーが児嶋にも来ることがあるのですが、期待に応えられないので基本的には断る。

児嶋さんは初耳みたいで驚くばかりだが、三関マネとしては付き合ったのが今の奥さんだけなので話が膨らまない。今はこじまーじゃんというサイトをやっているのでそこの取材のみ。恋愛以外は基本ウケるスタンスだが単純にオファーが来ない、今はイジられキャラから脱皮をしてほしいと三関マネ。

20位:小島よしお。ひな壇では、なかなか結果を残すことが出来ないので「笑いが取れたらラッキー」ぐらいに思っています。ただ、本業の「インテリの仕事」や「筋肉の仕事」で結果が出せない時はガシガシとダメ出しをさせてもらってます。本人が負けず嫌いな性格のため強くいった方がさらに努力するのが分かっているのであえてそうしています。

吉澤マネとしてはインテリ・筋肉はマルチタレントとして学歴などを利用した仕事で結果が出ない時はダメ出し。小島さんはこの間ぶら下がる仕事があったが一番初めに落ちた時は「何やってんすか、何のための筋肉ですか」と言われたのでボルダリングを始めた。

19位:カンニング竹山。キレ芸と言えばウチの竹山ですが芸ではなく、本気でキレていることも多いのでキレる人であるということを忘れてはならない。

永井マネはザキヤマさんにイジられた時に楽屋に戻って来た際は本当に怒っている。気が短いので頭を濡らされた時は若干、怒っていた。だがこの話のために竹山さんの頭を濡らし始めるザキヤマさん、そしてビショビショの間に仕事のオファーが来ているかもしれないと聞くも芝居のオファーは来てませんという前回と同じ件に、この状態に調子に乗って水をかけるとザキヤマさんに本気のビンタをかます竹山さん。

18位:FUJIWARAフジモン。シャワートイレがないと用を足せない。海外ロケの際は、携帯用のシャワートイレを持って行かなければならない。

ジュニアさんも狩野さんも同じというと有吉先生同じような3人ですねとバカにし出す始末。佐伯マネは買い忘れていた時に成田空港でトラブルになり探して購入したとのこと。出川さんはトイレがあるだけで充分。ここで奥さんも使うんですか?と有吉先生が聞くと嫁は平気、キレイーナの方ですか?とザキヤマさんが謎の質問。

応用編
17位:有吉先生。仕事を入れる際、ロンハー収録前はハードな仕事を入れないようにしている。

どんな現場でも全力で取り組むがロンドンハーツの場合は前にハードな仕事を入れると満身創痍な事があったので極力抑えている。なかなか手を抜かない人ですと府野マネ。全力で挑む有吉先生に竹内アナはプロフェッショナルで男の人って感じでカッコいい♡とだがこの流れであっせん業者のザキヤマが登場しジュニアさんがザキヤマさんのアゴを舐める件に、舐められたザキヤマさん恍惚の顔に、だが実は1週間前の収録でも舐めているので辞めてとジュニアさんが嘆くしまつ

16位:千原ジュニア。前回、少食になっているのが心配だという話をしましたがさすがに茹でたキャベツをカレールーをかけてもらうオーダーが出来なかったのでカレールー、サラダ、しじみのお味噌汁というラインナップでここ最近は買い出しをしていました。しかし先日、しじみのお味噌汁を飲んだだけで「お腹いっぱいや」と言ってルートサラダは食べませでした。そろそろ本気でくたばりそうなので体調には毎日、細心の注意を払っています。

そん時はきつかっただけとジュニアさん。高山マネとしては北海道で仕事をした際にも食事会で海鮮のコース料理の2品目でギブアップしていた。その時は周りのスタッフが度肝を抜かれていたので自分が1.9倍ぐらい食べることになった。ジュニアさんはこの間もオムライス半分食べたよなと少食っぷりを、この話を聞いてフジモンはセンスの良い言葉、センスのいい笑いが出来ないぞと言うと有吉先生に少し食事を押さえて見たらと逆に言われるフジモン。

15位:スピードワゴン井戸田。以前、せっかく映画のオファーがあったのですがお尻を出すシーンがあったので本人のプライドがどうしても許さず断りました。それ以来、お尻の露出に関しての仕事は要相談です。

断ったのはお尻のせいではない、お尻の仕事欲しいです。この発言の為にタモリ倶楽部のオープニングのお尻を振る仕草をするハメにだがあまりの違和感にお尻の仕事をしないとダメですか?と言うと有吉先生の無茶ブリで竹山さんもやる羽目に、パンツを見せた所で霧吹きで濡らし始めるザキヤマさん。 

14位:千鳥・大悟。東京での戦略を立てようと食事に誘われたら最新のテレビ誌を用意します。そこでテレビ欄を見ながら「今後どんな番組に出演していきたいか?」を話すのですがどんな大きな番組の名前が出てもテンションを下げずに話を聞いてあげるようにしています。

吉川マネ曰く東京に呼ばれるようになり見ていた番組に出演出来るようになってきたので今はいいとも!レギュラーを狙ったりしている。だが大悟さんが言うにはそれはノブの野望であり、ギャラ交渉なども自ら行わず一言言った後に自分が言う羽目になってしまう。吉川マネもミスチルと共演したいなど言っていたと、大悟さんはタクシーに座りながら大悟わしゃ大金持ちになりたいんじゃと言っていたそうです。

13位:Hi-Hi上田。色恋目当てでファンに会おうとする様子が多々見受けられるので会社に届いたファンレターを渡すタイミングは注意しています。

大森マネは渡す時にプリクラが貼ってあり可愛い場合は食いつきが尋常じゃない。北海道から来たファンレターの場合は仕事をした後に渡さないと密会の恐れがあるので、気をつけないといけないと思ったのは性格がせっかちなのであまり何も考えずに行ってしまうかもしれないからと

上田さんも性欲が止まらないと

12位:小島よしお。目ヤニ、鼻毛、鼻くそ、唇の皮、下の毛の処理、社会の窓、全てチェックが必要本当に勘弁。

吉澤マネは街とか歩いていて顔を直ぐに気づかれるので一般の方に鼻毛など見られるのはタレントなどは厳しい。社会の窓はトイレの後に必ず空いてるその時は社会の窓と言うとのこと

11位:ザキヤマさん。自分で体力をセーブできず突然、声が出なくなることがあるので収録日と仕事量を計算し「喉を休めるオフの日」を作らないといけない。

大竹マネ曰く声のボリュームが10段階あるとしたら9か10で話すので喉を休めないといけない、スタジオ:3時間半、ロケ:5時間で限界になる。だがザキヤマさんはオフの日も喋っちゃうと、有吉さんと一緒で全部全力でやっちゃうと。ここでカッコいいです!!全力で向かっていく男性はと竹内アナが言うと仲介業者を褒めたら成立しないということでアゴ舐めはなしだが、ジュニアさん先ほど舐めてから舌先がピリピリしていると 

10位:カンニング竹山。ドラマの収録直前に必ず後輩と台本の読み合わせをするので毎回、台本を2冊用意しなければならない。

それは悪い事じゃないと自らを擁護する竹山さん。だがそのトーンが怒っているみたいに聞こえた為に頭を冷やすために霧吹きで水をかけるザキヤマさん。

9位:アンジャッシュ児嶋。ドラマや映画の現場で空気を読まず、大物女優さんに平気で話しかけたりするので失礼がないように遠くから見守っておかなくてはならない。

基本児嶋は人見知りなので話しかける行為は応援したい好意だが以前、映画の打ち上げで松雪泰子さんの最初から最後まで隣にいて松雪さんに芸歴何年目など失礼な質問をしていた万が一失礼があってはいけないのでと三関マネ

8位:有吉先生。台本を読みながら貧乏ゆすりをして前歯でツメを噛んでいる時は絶対に話しかけてはいけない。

楽屋に入ってからスタンバイをしてその後に進行だったりの場合は台本を必ずチェックする、その時にツメを噛むクセが出た際は集中しているので話しかけないようにしている。集合時間の1時間前には楽屋に入り台本もチェックする全力投球ですね!と淳さんが言うと有吉先生スゴク好かれるじゃんと困惑

ツメを噛んでいる時に話しかけても何かを言われるわけではないと府野マネ。だが有吉先生は話しかけていいというも府野マネはちょっと難しいですねとシャットアウトのオーラが出ているのでと。ここで竹内アナが昔からツメを噛む癖があるんですか?と聞き、その後にステキです♡とカワイイ感じがするという仲介のくだりに入りジュニアさんがアゴを舐める件になるとジュニアさんが王子様風に登場!そして眠れるザキヤマのアゴを一舐め

7位:千原ジュニア。初めて会うスタッフさんは必ずと言っていい程ジュニアさんのことを怖がります。ですので、そんなスタッフさんたちには「まずビビる前に、ジュニアさんと一緒に飲みに行ってください」「とにかく飲みに行って下さい」と強くお願いします。うちのジュニアは、お酒が入ると怖いどころか可愛らしくなるのでスタッフさんもすぐに打ち解けることができます。

高山マネはどうしても天才すぎる部分があるので怖がってしまうことがあるので懐に飛び込んで腹を割って話してくださいと伝える。ジュニアさんがお酒を飲むとマンガに描いたような典型的な酔っ払いになる。フジモンはタコ踊りをすると、スタジオで天才ジュニアのタコ踊りが披露されました。

ちなみに高山マネもタコ踊りは見た事あり

6位:アンガールズ田中。スポーツ系の仕事で短パンを着用する際は股間が異様にデカいため必ずアンダーパンツを着用させる。また、そのサイズ確認も怠ってはならない。

いむたマネはえげつないデカさをしていると、ザキヤマさんは立派なモノを持っているというと有吉先生にお前は包茎だもんなと恒例の流れに。いむたマネはさらにウエストも細いのでピッタリサイズがあまりないと

ここでまたタモリ倶楽部のオープニングのノリでパンツを見せようとするとダメー出てると田中さん。

エキスパート編
5位:ウド鈴木。気を遣いすぎるウドは電話の相手に自分から電話を切る音を聞かせたくないらしく「失礼します、ごめんください、どーも、はいはーい、はいー」と伸ばして相手に先に気ってもらおうとする。たとえ自分が先輩でも、こちらから電話を切らないと永遠に電話が終わらない。新人マネージャーには「ウドの時間をムダにしないために」とこちらから切ってあげるよう指導する。

ウドちゃんは何処で切っていいのかわからない。ここでどんな感じになるかやってもらうと崎山マネはタイミングを逃してしまうとまた電話が掛かってくることがあるので「ハイー」の「イ」で切るようにしている。

4位:出川哲朗。いつでも冷えた飲み物を好むので各スタジオの自動販売機のラインナップをおぼえておかないといけません。いきなり「ここ、カップ何があったっけ?」と聞かれたりするので缶ジュースだけでなく、カップの飲み物のラインナップも、必ず覚えないといけません。

市川マネは大体好んで飲むそうなものは覚えている。今収録しているアークスタジオもコーラ、ビタミンチャージ、ぶどう、ココア、ティー、ミルクティー、ミルクコーヒーと覚えている市川マネ。出川さんが炭酸が無いと死んじゃうのでと、市川アナは日テレやテレビ朝日も把握。

出川さんは市川マネージャーがいなくなったらジュースもそうだがウンチのついたパンツを用意してくれるのもと良い事を言いそうになったのにまったくダメダメの出川さん。

 

3位:狩野英孝。チーフマネージャーの富田のことをとても怖がっているので大事な話をしたいのにボーとしていたり、上の空の時は「富田さんが・・・」と言って話を切り出す、逆に普通の時は、用件を伝えてから「・・・って富田さんが言っていました」と言うようにすると、落ち着いて聞いてくれる。

山口マネは聞いてほしい時や〆る時は名前を出すと聞いてくれる。富田さんは狩野のクセや活かし方を全て把握しているんので学校の指導の先生のような存在。狩野さんは恐いということはないがピクッとはなる、いずれはマセキ芸能社を背負おうと思っていると大胆宣言

2位:有吉先生。体の具合が悪いとかは絶対言わない。先日「好きなコーヒーを飲まないな」と思っていたら、急性胃炎だった。骨にヒビが入っているのが発覚した。些細な表情の変化や日常生活の中で微妙な行動の違いなので体調の変化を察知しなくてはならない。

府野マネは気づかない時もあるかもしれないが、逆に本人が痛いとか体調悪いと言った時は相当ひどい時。

一言でいうとがんばり屋さんと淳さん。

1位:フットボールアワー後藤。後藤はサンドイッチはタマゴサンド。

ミックスサンドは食べない。ハムチーズも食べない。ポテトサラダも食べない。食べるのはタマゴサンドだけと

だがあまりのしょうもなさに困惑する後藤さん。タマゴサンドがあれば大丈夫!とスパムオニギリは食べない。たまごっちは似ているけど電池で動くから、坂東英二さんはゆで卵好きのおじさん、坂東玉三郎さんは全然タマだけ、梅沢富美男はエロイおじさん

という感じで終わった今回

プロフェッショナルだなー!芸人さんの裏の顔が知れるこの企画は面白いですがマネージャーの凄さも分かる素晴らしい企画です。

今回も有吉先生のマジメっぷりが暴露されてしまいましたが楽屋に1時間前に入り(報告音痴のため)など色々ありますが有吉先生の仕事への向きあいかたは尊敬です。

フット後藤さんは1位にも関わらずしょうもないネタでロンハーの洗礼を受けていましたがまあ流石ですねロンハーの演出は

竹山さんとザキヤマさんとのやり取りは面白すぎでしたね。今回も霧吹きで頭に水をかけるくだりは面白かった、さらにパンツにも水を吹きかけ先輩なのにイジられまくりの竹山さん。この後も無理やり飲みに行ったんだろうなーと想像が出来ます。前日の本気のケンカの話は聞きたかったですが

ジュニアさんも結局ザキヤマさんのアゴを舐める羽目になりましたが、今後も恒例のくだりになるので非常に楽しみです。

まあ長くなりましたけど芸人さんの裏の姿が垣間見えたこの企画は今後も続けてほしいものです。

ということで芸人取扱説明書ロンハースペシャルバージョンでした。

終わり!

|

« ビートたけしがテレフォンショッキングにやって来た! | トップページ | ベストジーニスト2012について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事