« 天海祐希の“理想男子”探しを観るbyキャサリン三世 | トップページ | 岸本セシルの素顔に迫るbyアナザースカイ »

相思相愛・売れてる先輩×売れてない後輩を観るbyアメトーク

本日はプレゼン大会から採用された企画が放送されたアメトークについて

その企画とは「相思相愛・売れてる先輩×売れてない後輩」。Bコース・タケトさんがプレゼンしたこの企画いったいどのような展開になるのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

さっそく登場した千原ジュニア×Bコース・タケト、ブラックマヨネーズ吉田×烏龍パーク橋本
、博多大吉×天津・向、ケンドーコバヤシ×ネゴシックスこの4組を観て宮迫さんは後輩は気合入りすぎておかしくなっている。ホトちゃんはジュニアさんが嫌そうな顔をしていると話を聞くと

ジュニアさんは収録前日の4時までタケトさんと一緒にいたそうで恵比寿に音楽のライブ、山手通り沿いのイタリアンを食べ、ジュニアさんの家で飲んでいたと。

ブラマヨ吉田さんはタケトはテレビで活躍しているから言っていい範囲をわきまえていると思うが橋本は出ていないからと、橋本さんも何がずれているか分からなくなっているかも?と言うもジュニアさんと宮迫さんに編集があるからと

大吉先生はタケトくんがプレゼンした際は麒麟・川島×向井だったのに僕になった・・・と、何回かアメトークに出演したが彼の今日一晩で売れてやろうという気持ちが強すぎるとダメだし

ケンコバ×ネゴシックスはネゴさんは初出演でだがよくワイプで写真が出ているので今日は動くネゴシックスを見て欲しい!と意気込むもアメトークの感じがわからなくなるネゴシックス

まずは2人のプライベート基本情報から
ジュニア×タケト:交際期間は13年、思いでの場所は東京ディズニーリゾート。ランド・シーに行くとミニーちゃんのカチューシャをつけて楽しむとその写真が披露されるとケンコバさんにめっちゃブスの女だと、さらにタワー・オブ・テラーの写真では絶叫しているジュニアさんの姿が実際は「タケトあかん!」と後で話聞くと手を握ろうとしたが後輩だと気付いて辞めたとのこと。ジュニアさんは最初に説明があってその説明を聞いた瞬間に辞めとこうと思ったら近くにいた小学生に僕も辞めとくと言われるもアトラクションに挑戦したとのこと。だがあまりに怖かったのか小学生に終わった後タケトさんが睨まれていたそうです。

ケンコバ×ネゴシックス:交際期間は5年。ホントは17年前に一度会っていてそれは大阪にお笑いを観に行った際に2丁目劇場の前に芸人さんたちが歩いてきてその際にコバさんに「オマエもこっちに来いよ」と言ってくれた気がしたととんでもないウソの話を

あまりのヒドさに宮迫さんが注意するもケンコバさんはセンター前ヒットでしょとさらに本番前に爆弾がありますと言っていた話はこれか?と困惑。ネゴシックスボムだと

更に栃木・那須に旅行に行った写真も披露されるも2人の時は笑顔になってくれない。だが全員の写真では笑顔になるとのこと。

ブラマヨ吉田×橋本:合う頻度は週3~4回で最高は10日連続。ある日連続で飲んでいる一杯目の乾杯をした時に「オレ売れたわ」と言い出した。それは一昨年の出来事だがその時は売れているのにとどういうことですか?と聞いてみると「自分の時間が出来るようになってきた」と言ったので「それだったら体も休めることもできますね」と言ったら吉田さんが「これでもっとお前と遊べるな」と言われたのでゾッとした。

また六本木の夜に女の子のいる時のルールがあり、焼酎はボトルで飲む、女の子が甘いカクテルなどを飲みそうになったら阻止をする。だが女の子が焼酎が飲めなくなったら「梅酒でエエやん」と言ってそれなら飲めるとなった際に数ある梅酒の種類の中で強制的に一番安い酒を飲ます。吉田さん曰く安い酒でもオゴってる事を評価しろ!

さらに茶番が好き!ということで、合コンの席で席替えになった際に隣の女の子を指して「コレお前の元カノに似てるな」と言った後に「めっちゃタイプなんですよ僕の隣に来てもらっていいですか?」とやり取りをして「先輩の前でその態度はあかんぞ」と言った後に「他の先輩だったら言えないんですけど吉田さんだから・・・」と吉田さんの優しさをアピールしながら席替えをする

和歌山の南紀白浜に行った時の写真が披露されると、吉田さんの格好が犯罪感がスゴく橋本さんの人質感もスゴイ状態に

大吉×天津・向:東京の不動前に引っ越してきてから交際期間は4年。合う頻度は月3~4回。会えない期間もツイッターでやり取りをしている。最近面白い事がありましたとつぶやくと大吉さんから「そんなに面白くないよ」というやり取りをかれこれ2年間。物事を言いやすい後輩、1個言うと10返してくる。たくさん返ってくるお得感があると、一緒にいて楽しい。

だが写真はなし。旅行とか行かないのでだがこの1週間ぐらいで撮りましょと言って来たがねつ造になるから辞めようと言ったと大吉先生。だが向さんは写真撮ったら面白くなるのにと

続いては俺たちのルールです。
ジュニア×タケト
・映画だけはワリカン:映画以外は全部奢ってくれるが映画だけはワリカンそれは映画を見た際の感想で奢ってもらうと感想が遠慮しがちになるのを防ぐため。
・風邪を引いている時は会わない:風邪の時は異常にジュニアさんが嫌がる、だが自分が風邪を引いている時は呼んでくる、その時はにんにニンニクの丸揚げが万能だと思って中目黒の鳥小屋のもつ鍋を食べに行こうとするその時は「コイツ風邪ひいてんな」と思う。

ジュニアさんの夢は死ぬまで風邪をひかない。若手は風邪にスゴイ寛容で家に加湿器が無いのが信じられないい。風邪を引いているなと思った子がうつらないという言葉に根拠何?と思ってしまう。

吉田×橋本
・旅行はおごりではなく1泊につき1万円を支払う:
電車代とかは出してくれるが2泊の時に旅行は1万円だと思っていたので先に1万円渡したら「1泊1万やから2泊で2万やな」と言われた。だが吉田さんは飛行機代片道4万払っていて往復8万、宿代もシーズンだから高い、さらに居酒屋や観光地のお金を合わせて20万近くかかっているのに2万取られたというお前がセコイ!と
・食事はきっちり均等に分け合う:
・勝手に自分の目分量でおかわりしない:
・飲み会で僅差の女の子が来た場合、吉田の隣にショートパンツの方を優先して座らせる:
観た感じ2人とも可愛くてどっちだろうと判断に困る時、ショートパンツはこっちやろ!と何回か怒られた事もある。

ケンコバ×ネゴシックス
・食事をするお店を選ぶ時は喋らず黙々と歩いて探す
・最初の注文はケンドーコバヤシが行う
・熱いお笑い論はしない:
ネゴさんは色々聞きたいとのことだが一度向さんが聞いても教えてくれなかったと言っていたと。コバさんはこのお笑い界で大切なものは何ですか?とイイながら「諦めない事」と言い出したので、ポリシーは無かったが「全然違うな、オレ今日辞めてもイイと思っている。間違ってるんじゃないか」と言ったらボロボロ泣き出して広島からお母さんを呼び出す大事件になった。向さんは「あの尊敬するコバさんが自分の答えを違うよと言ったよお母さん」と言ったら来てくれた
・プロレス、バイク、エロの話はしない:自分の趣味の話をしたら従うしかないから、それは可哀想。
・五反田以外で会った時は距離を保つ:最初は仲良くなったからと思って近くに酔ったがルミネだとシュッと冷たい。コバさん曰くこれは愛、べったりだけどそれだと他の先輩に誘われなくなるかもしれないから現場では仲がいい感じを出したくない。

大吉×向
ルールなし。何週間前に電話のやり取りは何時にします?など話をしてきてよく聞いてみるとこういう企画があるからと言われたのでテレビで嘘は行けないと思って今回は白紙にしたと大吉先生。だが向さんは「そんなに手の平見せてなんなんです!」と立腹するも大吉先生に「手の平じゃなくて手の内じゃないかな」と冷静に注意され「その辺は休憩でカメラ止まっている時に言おうよ」と向さん。こんな日常ばかりと

続いてはウチの先輩ってこんな人です
タケト:プレゼンの時のも話したが電話のトーンで食べたい物が分かる。変なキャラ声の時は焼肉、ニヤついてる時はデート。酔っぱらって記憶がなくなった時のサインは両手で胸をかく。それ以降は自由行動だからメッチャ高いモノを頼む、だがそんな時でも育ちがイイから熱いお茶を渡したら両手で丁寧に飲んでいる。

ネゴシックス:色んな新しいモノを観に付けている人なので新しいモノを観るたびに聞いて情報をくれる。真面目なので全部こっちがサポートする感じじゃなくてOK・・・と話が詰まるとコバさんはブレイクをしてネゴを勝者に仕立てて話を中断

向:酔ったらムチャクチャになる、酔うと「後輩なのに女の子用意しないね」とだが後輩全員の意見で実際に女の子を用意されたらイヤがる。だから結局用意できませんと言う。だが大吉先生は「こんな焼酎ありました」「こんな干物知ってますか?」と聞かれるので俺は60超えているのか?という感じになるのえ形だけでも言っていると

更に誘いの電話に出れなかった時、折り返したらご飯の誘いだが最初は「家で食べるし」と強がる

橋本:どこで機嫌が崩れるのか分からない。ナンパの際に自分の名前を出してもいいと言ってナンパをしに行くも難航した際に「何打席(何人に声をかけた)」電話が掛かってくると本当は20人近く声を掛けているが少なすぎてもダメ多すぎてもダメなので3打席が無難だと思っている。

飲み会の時に北女の子が小杉さんをホメる時に1回目は大丈夫だが何回も言うと「俺がいるのにどういうつもりじゃオマエ」と言ったのでスイッチが入る前に「小杉さんは面白いマンガ、吉田さんは小説。マンガの方が読みやすいし入りやすいけど小説の方は読み側も理解力がいるししんどいかもしれないけどこれからもっと小説読んだら」と言うとニンマリしている。向さんは一度怒らしてしまった時がありその際は「オマエの父親の年収を言え」と言いだしたが相手に「医者」と言われ困惑していたと。

続いてはウチの先輩のちょっとした話です。
タケト:一緒にサウナに行くとクセなのか足を組んで股間に三角地帯を作り溜まったら汗をまく。上の壇にいる場合に他の人にかかってしまう

橋本:家ではカチューシャをしている。毛が目にかかったりするのがイヤだしタオルは圧迫感があるから

:家の近所でご飯を食べる時にかばんに入れるのが面倒なので財布と携帯を小さい巾着に入れる

ネゴシックス:散髪をSHIBUYA DEPP Aの放送前にする。

タケト:クラブとかそんなにいかないが初めて行った時にBボーイが握手をしてきた際に握手の仕方が分からず両手でつかんでいた。

橋本:休みの日香水キツイ。

タケト:ネコが好き。一度運転していたら「止めて」と言われバックをしたら電柱に貼ってあった緒「ネコ探してます トラ丸 8才」という張り紙を観てネコの8歳ってわかるか!と悪態をつくも探すぞと夜中の3時に探すとまがった瞬間に車の下にいたトラ丸を見つけて、さらに捕まえる時ネコを同じ目線になれと言い自分がひきつけているうちに電話をしろと言って電話をするも飼い主が来てみた瞬間に違いまーすと言われてしまった

続いては先輩から後輩へお願いです。
ジュニア:タケトは変なクセがある。テンション上がっている中年女性を観たら一刀両断でテンションを下げさせたい。羽田空港で60代の女性が3人お茶をしていた、その時に気づかれてテンションが上がって来たのでタケトを観たらニヤニヤしながら話し始めて年齢を聞いて「64歳なの」と言った瞬間に「全然見えませんね63歳だと思いました」と一刀両断。

大吉先生:彼女をスゴイ自慢したがる。ワンピースのジンベエに似た彼女とのことでその彼女を風呂上りの女の子みたいなバスタオル1枚みたいな服を着て胸の谷間を見せながら初めての食事会の時に色々話を聞くもどうしても見ちゃう。まずはジンベエに見えるし・・・と

ここでジュニアさんが向の彼女は芸人の中で有名で彼女がいるということで写真を初めて見た時に写真1枚だけで気が付いたら5時間経っていた。

吉田:やるんだったら徹底して欲しい。ある年の誕生日に夜中の1時に家に帰るとリビングの食卓にパーティー用の帽子3つとケーキがあったので後輩を探すも出てこず。5~6部屋をうろうろしていたら普通に部屋にやって来て「吉田さん帰って来てたんですか?」とラーメン食ってきましたと言われたのでサプライズはやるなら徹底しろ

ケンコバ:ムーディー勝山。若井おさむの2人とも良く遊んでいてネゴ抜きで飲んでいた時にムーディーが俺の財布が無いと5万円入った財布が盗まれたと困惑、だが探してみつからないので警察にも連絡して再度お店に戻ったら店員さんが財布を持って自分たちを探していたので財布を受け取り中身を観ると5千円しか入ってなかった。それを知って取り返しに行くといきり立っていたらムーディーが本当は5千円しか入ってません、後輩の前で恥ずかしくて見栄を張ったとなり先輩であるネゴに説教してもらうと電話をしたらネゴに「デリヘル呼んでるんで後にしてください」と言われた。夜20時30だったのに

最後は相思相愛なので握手して抱き合って終了です

という感じで終わった今回ですが

ただただブラマヨ吉田さんの最低っぷりが気になった1時間でした。吉田さん本当に自分のお金を使いたくないんだなーと、ハッキリ言うと素人の我々の場合は後輩だからと言って必ず全部奢る人はいないと思う。芸人の世界特有のルールである

だがその話が世間一般に広まっていたり出演する芸人達が吉本芸人ということで先輩はいくら売れている後輩がいても収入がある人間がいても払わないといけない固定観念に縛られているんだなーとなんか可哀想。まともな考えだと思うんですけどね

それにしてもタケトさんが話すジュニアさんの話が面白すぎる。最終的にはコイツと言っていたし、タケトさんだけ1時間ジュニアさんの話でも持つのでは?と思うぐらい面白かった。

それとまったく関係ない天津・向さんの彼女がジンベエに似ているという話、ジンベエに似ている女ってどんなんだよと、1枚の写真で5時間話せる女ってどれだけパンチが効いているのか気になってしょうがない。

後は案の定ネゴシックスさんが失態を重ねた感じですねー、コバさんロンハーでもネゴさんの情報で苦しめられている姿が何度かあったので今回も小さい情報ばかり、だがそれが面白いからいいんですけど

先輩・後輩関係というのはいつの時代も面白いものです特にお笑いの世界は

ということで相思相愛・売れてる先輩×売れてない後輩でした

終わり!

|

« 天海祐希の“理想男子”探しを観るbyキャサリン三世 | トップページ | 岸本セシルの素顔に迫るbyアナザースカイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事