« AKB48の光宗薫の活動を辞退について考える! | トップページ | 溝端淳平の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

ケンカしたり仲直りしたり芸人を観るbyアメトーク

本日は恒例のアメトークについて

今回のくくりは「ケンカしたり仲直りしたり芸人」。ケンカ別れをする芸人の話は聞いたことがありますが今回の芸人達はいったいどのような関係性なのか楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

品川庄司を先頭に登場した芸人達。FUJIWARA、パンクブーブー、アンジャッシュの4組。くくりを発表後に話を聞いていくと

FUJIWARAは23年のコンビ歴で大きな喧嘩も2~3回あった。大体は自分が謝るとフジモンそして何故か顔デカいの件に、パンクブーブーは仲の良いイメージだが波の荒いケンカをしてると佐藤さん、アンジャッシュは解散しそうなコンビ1位になったこともあるが何故か児嶋さんが観ていることに対して切れる宮迫さん。

オープニングトークも終わり今回はラブソファーに座りながらトークをするため、品川さんはホントに恥ずかしくて隣を見れないとそんなこんなで最初は

コンビ仲周期グラフです。
パンクブーブー:東京上京時は二人で洋服を買いに行ったり見せ合ったりする仲の良さだが、佐藤さんがネタを作る宣言をした際に不信感が募りだしちょっとずつ仲が悪くなっていく。紆余曲折を経て相方が芸人を辞める宣言をしたので最後だから仲良くしよう!とM-1に向けて頑張り、毎日電話したりしていたらM-1優勝。そして仲良くやって行こうとしていたが毎日忙しくて合うようになると嫌な所ばかりが目につくようになり2回目のM-1で3位になったので仲良くしようと話し合ってザ・漫才で優勝

アンジャッシュ:仕事量で仲が決まる。デビュー当時は事務所の猛プッシュのため仕事も多く仲良くやっていたが一気に仕事がなくなり月25日休みの時に仲が悪く、その後ネタ番組ブームで多忙になり仲良くなった。オンエアバトルでチャンピオンになったりもしたが06~07年辺りに仕事が激減してその当時に帯のラジオ番組が決まりほとんど合わなくなり会話もなくなり当時は「心の底から死ね」と思っていたとのこと。そんなどん底の後に昨今の児嶋プチブレイクにより多忙になり児嶋が呼ばれるところに自分もついて行ったり相乗効果で仕事が増えていった。

FUJIWARA:高校の同級生なので仲が良かったが仕事になると友達じゃなくなって仲が悪くなり出したころに天然素材が解散。2ヶ月丸々仕事がなくなりドンドン仲が悪くなるが大阪でレギュラー番組「吉本超合金」が始まり仲良くなっていった。だが番組が終わると仲が悪くなってきて仕事が無い状態で東京へ進出。そのあたりから原西さんの口臭が臭くなったので病院に行ってくれと病院に行ったら原西さんが一言しゃべったら1回オナラしているのと一緒と言われたとのこと。口臭がなくなってまた仲良くなっていった

品川庄司:品川さんのギラギラ期の時はNSC入学当時から品川さんが嫌われていたがコンビを組んでからも殴り合いのケンカ、冠番組を持っていてもずーっとケンカ。だが07年8月のおしゃクソ事変で品川さんが傷ついてお喋りが少なくなって来てから仲良くなるも再度仲が悪くなって来た時に庄司さんがミキティーと結婚をして品川さんが庄司は面白い!と気づくもケンカしつつ活動してこの間の「どうした品川!?」以降に17年間で一番仲の良い期間になっている。

続いてはコンビのマジ喧嘩です。
FUJIWARA:10年ぐらい前に和歌山の営業にて自分たちと西川のりお師匠達とNGKに集合してワゴンで向かうことになっていたが集合時間になっても原西さんが現れず、マネージャーが探しても見つからず1時間経って見つかった時は酔っぱらって寝ていた。その状態を知ってキレて現場に行ったら服がボロボロで背中に靴の後がついていた。起こして説教してよしお師匠に謝って和歌山に向かうと運転手さんに何故か武田鉄矢さんのマネをして「僕の家に帰りなさい」と言っていた

パンクブーブー:くそみたいなケンカで互いにやりたいことがあり方向性が違っていたがファミレスでこんなんじゃダメだと打ち合わせをして2人のベクトルを合わせないとダメでしょと言ったら黒瀬さんがベクトルの意味が分からずで話を進めると水が2~3滴かかっただけでテーブルをひっくり返そうとして「解散じゃー!」とファミレスを出て喧嘩をしようとしたら目の前が交番だったので近くのベンチで真冬なのに座って話し合いをするハメになった。あの時交番が無かったら解散していただろう

アンジャッシュ:岐阜での営業で当時仕事もなく仲が最悪の状態でネタを披露するハメになるも児嶋さんがスベりまくり、そんな中ツッコミを入れた際に耳に当たった瞬間に児嶋さんが殴りかかってきてケンカになり裏に退避して話をしていると「鼓膜破れて聞こえなくなった」と言ったので心配になりマネージャーに救急車を呼んでもらおうとしたらウソだったことが判明。その時が唯一の殴り合い

品川庄司:「めちゃイケ」本番中の色取団の罰ゲームでケンカのノリでやっていた時に庄司さんが「最近オマエ面白くないぞ!」と言ってきた。だが当時面白くないぞと言われるのが嫌いだったのでケンカのノリで庄司さんを投げ飛ばした後に粉に隠れて粉を顔面に押しつけながら「ホントに殺すぞ」と言った。その収録後が終わった後にスタッフもいる中「解散だ!」となりナイナイの矢部さんと加藤浩次さんに止めらるも収まらず。次の日にこのままじゃヤバいと思ったマネージャーが入り時間を1時間ズラして先に品川さんが楽屋入りした後に庄司さんが来た際にコンビ間の話し合いが無さ過ぎるので思いのたけを言ってくれと言ったら庄司さんが「俺、ミキティと結婚する」と言われたので「おめでとう」としか言うしかなかった。

スタジオ収録の合間にも喧嘩をしたことがありTBSの番組で絡みがうまくいかずテープチェンジ最中に呼び出して「俺に絡んでくるな」と庄司さんに言ったと品川さん。だが普段は絡まれている庄司さんがその時は収録の合間に顔面を殴って来た。だが収録の合間に殴って来たことでこのまま番組がおかしくなると正論を言ってホントは顔じゃない所を殴るんだと胸を殴ったら庄司さんは気合で受け流すしかなかった。

宮迫さんもTBSでつかみ合いのケンカを見た。揉み合いながら奥の方に行ったと思って自分の楽屋に帰って行ったら一周回って目の前に現れた

喧嘩の後の仲直りは?
パンクブーブー:
偶然的に漫才で洋風ハンバーグの和食セットは可笑しいという話になりそれは和風ハンバーグの洋食セットの方がいいんじゃないか?と言いあいをした時にその後ろを通りかかったホンコンさんに「好きな方食ったらええがな」と言われて仲直りした。

品川庄司:千原せいじさんに間に入ったことがあった。漫才終った後にM-1GP予選落ちした自分たち、M-1はダメでもルミネでは爆笑を取りたいと思っていたがうまくいかずに殴り合いのケンカになった際にせいじさんがルミネの神棚の下で腕を組んで観ていたので、謝りに行ったら「全然ええよ最近の若手全然ケンカせえへん俺が大阪にいた時みんなバチバチやお前らオモロなるで来い」と言われ自販機に連れて行かれてジュース買ってくれた。最後に振り返って「お前らオモロなる」と言って去って行った。

アンジャッシュ:ピンの仕事が渡部さんに増えた事で嫉妬をしていた。だが自分がピンで呼ばれた際に普段渡部さんがやっていた進行やグルメレポートの仕事をすることになるもコメントは間違ったり進行もテンパったりするも、普段自分がやっていなかったことをこんだけ頑張っているんだ相方に感謝するようになり仲直りした

FUJIWARA:大体はフジモンがキレるので仲直りの方法は昔自分が服装がダサすぎてへそが見えるほどのVネックのシャツを着たりとヒドかった時に相方が衣装を買ってきてくれた時期があった。ケンカした時は買ってもらった服を着るようにしていた

品川庄司:M-1の冒頭で噛んでしまい結果4位、その責任は自分にあるということで品川さんに謝りのメールを送った。その返信で「しょうがない。M-1は4位だったけどこれから2人で頑張って億稼げる芸人になればいい」と送られてきたのでスゴイ感動したが、次の年に小説だして監督やって一人で億を稼いだと

続いては今でもコレだけは許せないです。
品川:ヒゲ剃りが下手なのかいつも1本だけ剃り残ったりしている。
庄司:鏡が好き!ずーっと鏡を見ている。品川さんは意外と自分の顔が好き

原西:移動でタクシー移動の際はコンビで横に座るその時にヒザに何か字を書いている。それをよく観たら「はんこ」と書いていた。フジモンは癖で無意識に見えたものを書いてしまう、さらに原西さんはツッコんだ際に受けたら受けた際のフレーズを小声でリピートする。

児嶋:英語の字が書いた服が好きなのでよく着ているが相方が英字を大声で読んでくる。それを大声で読まれると恥ずかしくなる。渡部さんは昼間のステージでハリウッドと書かれたTシャツをイジルが夜のステージでそれをギャグとして利用する

黒瀬:カラダのライン。何コレ?という体型をしている。下半身が太い太ももと太いふくらはぎただただ太いラインに腹が立つ。

だがこの失態にフジモンからマジダメ出しを受けてヘコむ黒瀬さん。

続いては品川庄司の楽屋ウォッチングです。
島根県立大学「海遊祭」の楽屋。朝一東京からやって来て楽屋に入るも言葉を交わさず。品川さんは弁当を食べ、庄司さんはパンフレットを観る。そんな状態の時に品川さんから一言あって無言の状態が続き品川さんは隣の東京ダイナマイトの楽屋へ

楽屋で1人になった時に庄司さんはヒゲを剃り15分後楽屋に戻ってきた品川さん。何故か2人して立った状態で品川さんは鏡の自分をずーっと凝視。その後また東京ダイナマイトの楽屋へそれ以降戻ってくることなく庄司さんは読書

ステージを終えた後に無言で楽屋を後に、この日の会話は「何ステ?」「1回じゃない?」のみでした。

VTR明けに宮迫さんは芸人サイドは何にも違和感のない映像だと

最後は解散しそうになったら・・・
今のうちに相方の好きな所感謝している所を2ショットで言いあいヤバい時が来たらビデオレターを見返そうというモノ

パンクブーブー、アンジャッシュ、FUJIWARAと終えて品川庄司
解散しようとしてんのか?それは間違いです。たしかに庄司くんは漫才の合間にマラソンして腕立てして何がしたいんだよくわからない。気持ちは分かるよ。でも庄司は僕の悪口を陰で絶対に言いません。僕が何か言われてる時庄司は陰で僕の事をかばってくれています。きっと悪いのは僕の方です。品川いままた前髪を伸ばしているかもしれない。ヒゲを生やしているかもしれない。どうした品川!?目を覚ませ!お前の相方は庄司しかいないぞ!

品川は本当に勘違いされることが多いけど、まあやさしいヤツだからわかってやれ、昔番組の打ち上げである大御所タレントに「オマえ全然面白くないな」とずーっと言われてたな、お前ホントにヘコんでいたよな。その時一番最初に助けてくれたのは品川のメールだよな「お前は面白いから大丈夫だと自信もってやれ」お前その時泣いただろ、そのやさしさを忘れるな、酒が飲めない俺にみんなにばれないように烏龍茶渡してくれたな。お前も何もないんだから品川に付いていけ、品川とミキティに付いていけ。

という感じで終わった今回ですが

仲がイイだけがコンビじゃないということでしょうね。ケンカをしてもコンビを解散しないということは心の底では信頼しているということなんでしょう。

品川庄司はコンビ仲が昔悪いと思っていたがまさかパンクブーブーやアンジャッシュまで仲が悪い時期があったとは、FUJIWARAもですが

だが話を聞いていると何かしらヤバそうなタイミングで2人に変なことが起こり結局仲直りする状態があったんだなーと

最後のメッセージの時に原西さんの言葉にフジモンが本気で涙した場面は感動と笑いの両方がありました。宮迫さんの目にも涙。謎の餅の話とか

品川庄司の最後の言葉を今回は書いてみましたがホント目に熱いモノを感じました。最後にちょっとトボけたことを言ったので笑いになりましたがあのまま真剣に想いを語っていたらボク泣いてました。

ケンカするほど仲がいいという言葉もありますけど今回の4組にぴったりの言葉じゃないかなと

ということで男の場合は上手く行きますが男女のケンカはうまいこと行かないもんだなーと関係ない感想で終わりにしたいと思います。

あーあケンカすることなかったら今頃結婚してただろうなー・・・

|

« AKB48の光宗薫の活動を辞退について考える! | トップページ | 溝端淳平の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事