« 剛力彩芽の月9主演について考える! | トップページ | 華原朋美の5年ぶり復帰について考える! »

麻雀芸人を観るbyアメトーク

本日は僕にとってまったく縁のない内容が放送されたアメトークについて

今回のくくりは「麻雀芸人」、まったく知らない、ルールすらわからない。だけどカイジは何故か読んでしまう意味不明な状態だが今回は麻雀の面白さを知る事が出来るいい機会だと思って楽しみにしておりました。

では観ていきましょう。

ホトちゃんはこれを機会に覚えて帰ってもらいたい、宮迫さんは世界一面白いゲームと言った後に芸人達の登場

陣内智則さんをリーダーに登場した芸人達ですが、アンジャッシュ児嶋さん、ロンブー亮、ケンコバ、岡崎さん、スピードワゴン小沢、狩野英孝の面々。だが狩野さんはいきなりテンパる始末だが

この中で児嶋さんは唯一プロの資格を持ち打ち合わせの段階ではリーダーだったがイザ本番を迎える前に陣内さんと交代したとのこと。

オープニングトークも終わりいよいよ本編ですが、何も知らない体表として千秋さんが登場。

まずはスタジオに聞いてみると102人中2人しか知らず

そんな麻雀の魅力は
児嶋:人見知りだがすぐ人と仲良くなれる。さんま師匠とも仲良くなれた

ロンブー亮:よくできたゲームのため人間性が垣間見える。宮迫さんはエンターテイナー、ホトちゃんは勝負師!の面など。ケンコバさん曰く今よりも目が細くなるリャンソー並とのこと

続いてはルールと基本知識です。今回は別室に雀卓が用意されているということで児嶋さんを別室へ

基本としてドンジャラを複雑にしたゲームと考えるとわかりやすいと麻雀芸人の面々。

4人で囲み1人17枚ずつ2段に分ける。計136枚。今回は全自動麻雀卓のためそのシステムにお客さん大興奮。

牌の種類:1~9までの数字を表す3種の牌
ワンズ
ビンズ
ソウズ
字牌
風牌:東西南北
三元牌
34種類×4の136枚

アガリの基本形は
じ牌2枚(アタマ)+3つの牌×4

ゲーム進行
・サイコロを使って最初の「親」を決める。親は1.5倍。親をキープした方が有利
・「子」がアガると、「親」は左回りに移る
・全員が2回ずつ「親」をやって1ゲーム終了

ゲームの主な手順
手順①配牌

プレー開始で4人の牌山から決められた手順で牌を取っていく
親は14枚、子は13枚ずつ取る
ドラ(上がった時に手にあるとボーナスポイントになる)をめくる。
親が1枚捨てる所からゲーム開始(捨て牌)

手順②ツモ
残っている牌山から左回りに順番に1枚ずつ取っていく
→アガリにならないかぎり手牌から1枚捨てる(捨て牌)

手順③アガリ
アガリにはロンツモの2通りある
ロン・・・他の人の捨て牌でアガる事
ツモ・・・自分のツモによってアガる事
※ツモでアガる方が高得点。ロンは牌を出した相手からしか点数が獲れないが、ツモは全員から得点がもらえる。

ツモ以外で牌をそろえる方法
チー

自分の左隣の人の捨て牌を1枚もらって3つ連続した数牌を作る事
ポン
他の人の捨て牌を1枚もらって同じ牌を3枚を作る事
カン
同じ牌を4枚そろえ、メンツとして利用する事

主な役(アガリの種類)
リーチ

メンゼンで牌をそろえ、テンパイしたら牌を捨てる時に「リーチ」と宣言
※リーチをしたら手を変えることは出来ない
ピンフ(平和)
メンゼンで牌をそろえ、すべて3つ連続した数牌の組み合わせを4組作る、待ちの形がリャンメン待ちアタマは約牌でないこと
タンヤオ
数牌の2~8牌のみを使う
トイトイ(対々和)
アタマの他に同じ牌が3つそろった組み合わせを4組作る
チートイツ(七対子)
同じ牌が2つそろった組み合わせを7組作る
サンショクドンジュン(三色同順)
手牌の中に3つ連続した数牌を3種の牌でそれぞれ同じ数字の組み合わせで作る
ホンイツ(混一色)
字牌と1種類の数牌の組み合わせだけで作る

主な役満
スーアンコー(四暗刻)

他人の牌を使わずに、アタマの他に3つそろった組を4つそろえる
ダイサンゲン(大三元)
三元牌をそれぞれ3枚ずつそろえる
ツーイーソー(字一色)
名前の通り、字牌のみでそろえる
リューイーソー(緑一色)
名前の通り、緑の牌だけを使ってそろえる
コクシムソウ(国士無双)
字牌と数牌の1・9牌を1枚ずつそろえ、1種類だけ2枚そろえる
チューレンポートー(九連宝燈)
1種類の数牌を使う。1、9牌をそれぞれ3枚と2~8牌を1枚ずつ、さらに同じ種類の数牌をどれかひとつ加えたモノ
テンホー(天和)
親が配牌の14枚ですでにアガリの形になっている

宮迫さんは小沢さんと麻雀をしていた時にテンホーを経験したそうで、店中のおじさんたちが集まって来たとのこと。

一連の流れを説明した後に話を聞くと
ケンコバ:流れが悪い際にホトちゃんは変な動きをする。ホトちゃん曰く流れをよくしている動きとのこと

続いては麻雀が好きすぎてです
児嶋:9年前にバイクに仕事を言って仕事終わりに待ち合わせをしていた。だが雪が降り路面が凍結して転んでしまったが麻雀やりたい!遅刻もしたくない!という思いからヒザから血を流しながら一晩中麻雀をしていた。

陣内:夢の中で漢字だけの単語を見ると役満に見えてしまう。

ケンコバ:高校卒業してちょっとしたぐらいの時期に好きな面子4人で72時間ぶっ通しで打った。

ロンブー亮:麻雀の話をしていいと言うことで話しているが、普通の会話で麻雀用語を言ってしまう。

ケンコバ:一度ぐらい多牌(ターハイ・通常13枚の手牌の数が多くなってしまう事)と言った事があるのでは?と、合コンでこっちが5人で相手が6人の場合や少牌の時なども

陣内:昔、野生爆弾のロッシーと麻雀をしていた際にロッシーがポンをし過ぎて手牌が無くなったことがあった。長い事やっていると可笑しくなる

岡崎さん:徹夜でして頭の中が麻雀のシステムになっている時に朝ごはんを食べると左の人が食べるまで待ってしまう。

英孝:麻雀で覚えた中国語が果たして本場中国で通じるのか仕事でやった際に通じた。フカヒレスープリャン人前

続いては麻雀あるある
陣内
:深夜まで芸人同士でやるとある時間を超えると全然面白くない事を平気で言う。中井貴一さんを中井リーチなど

児嶋:さんま師匠に「今なに待ちやった?」と聞かれたので「コアラのマーチ」と言ったらさんま師匠が「それそれ!」とさんま師匠まで変な感覚に。ロンブー亮:「白」が来た際に「白竜さんいっらしゃいました」と常に言っていた。

続いては実際にやってる所を見てみよう!!。今回は児嶋・小沢・英孝ちゃん・ノブコブ徳井の4人が麻雀をしている所を見ることに

午後7時スタート
しょっぱなから小沢さんが英孝ちゃんの捨て牌にて跳満(18000点)でトップ、さらに続けてツモで倍満(24000点)で英孝ちゃん持ち点0になりゲーム終了

開始から2時間後、テンションが可笑しくなった面々は捨て牌をする際にダジャレを言うルールスタート。

開始から3時間後定番のカレーを食べながら、徳井さんはラーメン。
開始から4時間を超え始めると疲れて、集中力がなくなり始めた芸人達。会話が無くなりほぼ沈黙のまま30分経過。そんな時に意味のない事をやり始める徳井さん、それに続いて外で車のクラクションが鳴ると皆でマネをしてVTR終了

ケンコバさんも何でも3回言うというルールでやった際に隣のおっさんもリーチ、リーチ、リーチと言っていたことがあったと

続いては雀鬼桜井章一という男です。麻雀界の王・長嶋さんとのこと
陣内:20年間無敗
児嶋:予知能力に近い。弟子4人に麻雀をやらしていて、ちょっと離れた場所で逆向いてタバコを吸っている時に弟子の1人が捨て牌を切ろうとした際に「それ切ったら当たるよ」と言ったら本当にアタリ牌だった
ケンコバ:常に麻雀の為に行動している。弟子の電車に乗った際に常に各駅停車にしか乗るな。各駅停車で次の駅についたらどんな奴が乗ってくるか当てろ!と

児嶋:ラジオ番組で会った際に芸人なのでボケで僕強いですよと言ったら「俺にそんなこと言った奴初めてだよ、おもしれえな」とツッコんでくれた。実際に会うとオーラがハンパない。

雨上がりの2人もあったことがあり、桜井さんと一緒に麻雀が打てるという企画で一般人に混じって応募して当たった。その時は素直にきれいな手を使っていた際にホメられた。ホトちゃんはVシネマの真・雀鬼19に出演していると

岡崎:雀鬼を知らない。なので王さんの名言として王さんが斉藤和巳「報われない努力があるとすればそれは努力とは言えないね」とモノマネ披露

最後は桜井章一さんから直筆サイン入り白を1名にプレゼントということでジャンケン大会スタート。勝者は小沢さんでした。

という感じで終わった今回ですが

もうまったくわからん。国士無双、四暗刻など言葉は聞いたことはありますよ、牌のことも知っています。だけどまったく組み合わせがわからん

ドンジャラしか分からない。

久々にアメトークに置いて行かれた気分でした。先週放送された下ネタ大好き芸人の方がまだついていけた感じです

今回やっとわかりましたよ各単語の意味が正直ロンはアガる事と分かってましたけど、ツモって何?みたいな状態でしたし、なので今回はボードに書かれている事9割近く書いて見直した際にルールが把握できるようにしました。だが言葉だけなので難しいかな?後はアメトークを見まくるしかない。今回は実際に麻雀をしている映像と合わせて解説されていたので

だがこれを期に麻雀マンガを読み漁ればルールは把握できるはず・・・、でも「ちはやふる」を今まで全部読んでいるのに未だに「百人一首」が理解出来ていないのでやっぱり無理だな

最後の雀鬼・桜井章一さんなんてこの企画が放送されなかったら絶対に知る事はなかったと思う。やっぱりアメトークはスゴイな

ということで麻雀についてやっと一歩踏み出すことが出来た今回、多分やる事はないと思いますが非常に面白い放送でした

終わり!

|

« 剛力彩芽の月9主演について考える! | トップページ | 華原朋美の5年ぶり復帰について考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事