« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

映画マジック・ツリーハウスの初日舞台挨拶を観てきました!

さて本日は映画マジック・ツリーハウスの初日舞台挨拶を見てきたのでそのことについてです。http://magictreehouse.jp/index.html

今年最初の初日舞台あいさつにこの作品を選んだ理由は北川景子ちゃんが登壇するからそれ以外の何物でもないですが芦田愛菜ちゃんや真矢みきさんなど豪華な面々が登壇した挨拶になりました。

今回の作品ですがアメリカの児童文学作家であるメアリー・ポープ・オズボーンさん著のシリーズものであり現在までに全世界で一億部の近い売り上げを誇る人気作品です。

この映画で北川景子ちゃんは主役の兄妹の兄ジャックの声優として参加、今回が声優初挑戦ということで色々大変だったと舞台挨拶では話していました。

愛菜ちゃんも言っていましたが喜ぶシーンなどを通常の演技では全身で表す所が声優だと声だけでリアクションをしてしまうと余計な雑音が入るため難しいと言っていました。

舞台挨拶では今回の作品が行きたいところに指を指すと魔法の力で行けるという内容から原作シリーズや現実に行ける場所などありますか?という質問に景子ちゃんは旅行のガイドブックを使って旅をしたいなど現実的な回答

真矢さんはギリシャのパルテノン宮殿を見たいということで、以前イギリスに行った際に大英博物館でその一部を見た時に感動したのでと、一方愛菜ちゃんは平安時代に行って十二単を着て紫式部に会いたいと驚きの発言をしたため司会のテレ東のアナウンサー若干驚きの表情を見せたのが印象的でした。

たしかにこの発言には驚かされました、小学校1年生で紫式部という言葉が聞けるとは思わず

続いて2012年の抱負については

景子ちゃんは体を鍛えると、体が資本なのでといかにも景子ちゃんらしい抱負を、6日出演した笑っていいともでもコーン茶を飲んだり、半身浴をするようになったと健康に気を遣っていると話していましたし、ストイックな一面を披露していました。たしかに舞台挨拶で観た景子ちゃんのスタイルは服を着ていても引き締まっている印象がありましたので

愛菜ちゃんは今年は小学校2年生になるので九九を言えるようになりたいと、可愛らしい発言と仕事の面では色んな役に挑戦したいと今年も仕事も頑張るぞ!という姿勢を見せていました。

と舞台挨拶はこの後、景子ちゃんが挨拶をしてフォトセッション、ムービーの撮影にて終了しました。

まあ今回の映画は児童文学作品でありアニメということで大人の僕はどのように楽しめるのか?興味があったのですが、子供の頃は確かに好奇心いっぱいだったなと改めて思わせてくれる作品でした。

作品柄お子さん連れの家族なども多かったですが決して子供だけが観る作品ではなく大人も楽しめる作品です。子供向けの作品って案外二十歳を越してから観た方が感じるものがある気がするんですよね。

今回の冒険も好奇心や探究心、勇気、諦めない心など色々学ぶ点が多かった気がします、なにせ年を取るにつれて勇気がなくなってきている気がします、無茶をするのが怖いという子供の頃なんて失敗を恐れなかったんですけどね。

そんな思いもありましたが、今年一発目の舞台挨拶で北川景子ちゃんを観れたのは非常に満足です。やっぱり可愛いー!

ということで映画マジック・ツリーハウス大人も楽しめるアニメーションなんでぜひ見に行ってみてください。

終わり!

|

IPPONプラスを観る!パート2

さて本日は昨年放送されたIPPONプラスについてです。

今回で2回目の放送となる今作ですが、ゲストも三谷幸喜、板尾創路、さまぁ~ずと豪華な面々。

芸人以外で初めての登場となる三谷さんはこんなに近くで芸人さんを見たことがないのでと三谷さん。

ルールは至ってシンプル

60個の言葉が書かれたIPPONバーを5に出振り分けて親が出したお題と自分の手持ちの言葉を組み合わせる事で誰が1番オモシロイ言葉を造る事が出来るか競い合うゲーム。一人12枚の手札

往年の面雀を思い出す企画ではありますが非常に楽しみにしておりました。

それぞれの手札ですが

松ちゃん:脱、百円、まじで、野球、人妻、っ子、和歌山、ほぼほぼ、7人に1人が、世界三大、ハラスメント、正月

三村さん:和尚、肉、陸上、のチケットソールドアウト、真っ赤っか、脱臼、コトコト煮込んだ、エピソード0、パッション、向こう7年、冬はやっぱり、ずれ

板尾さん:の詰め合わせ、だもの。みつを、まで後186日、逃げ、銀座、バカ、ちゃんのバカ!、ズボン、酔い、オペラ座の、どっちかと言うと

大竹さん:とし子、母方の、榊、微、ウサギの、が犯人だとはこの時知る由もなかった、ネコ型、熱血、バター、まみれ、月水金は、超大型新人

三谷さん:依存症、薄型、駆け込み、キック、業務用、残尿感、全米NO.1、笑福亭、伸び悩み、ビーフor、フレンチ、ボン!キュ!ボン!

1回戦。親は板尾さん、お題はのメンバー募集中

松ちゃん、ハラスメントのメンバー募集中。最近ハラスメントになるんじゃないかということでハラスメントをしなくなってきているから何人かいた方がイイかなと

三谷さん、依存症のメンバー募集中。なかなか集まらないメンバー、自分たちも自覚がない

三村さん、向こう7年のメンバー募集中。向こう7年頼むよという思い

大竹さん、ネコ型のメンバー募集中。見た目や精神的、人生設計などがネコ型

板尾さん、ズボンのメンバー募集中。何をやっているかわからないが書かれていて下を呼んだら割とチクチクした場所に向かう人たち

三谷さん1本!

2回戦。親は松ちゃん、お題は百円

三谷さん、ビーフor百円。新しいサービスとして肉か現金か

三村さん、百円パッション。今年の流行語になるとどうせお前なんて100円パッションでしょ?みたいな感じ

大竹さん、母方の百円。お父さんの母方の百円だと!

板尾さん、百円の詰め合わせ。結構な額になるそうで1万円ぐらい

松ちゃん、百円っ子。おまえは百円っ子だ!のように鍵っ子みたいな感じで使われると、おまえは百円の価値しかない

三谷さん1本!

3回戦、親は板尾さん、お題はバカ

松ちゃん、和歌山バカ。すぐに和歌山目線で考える人。比較もすべて和歌山のものと

三谷さん、フレンチバカ。フレンチキスみたいなやわらかい印象のバカ

三村さん、バカのチケットソールドアウト。大人気のバカ

大竹さん、バカが犯人だとはこの時知る由もなかった。まさかあのバカが犯人!そこそこのトリックをしかけたのに

板尾さん、バカだもの。みつを。あいだみつを先生の最後の作品。

板尾さん1本!

4回戦、親は三谷さん、お題は伸び悩み

三村さん、和尚伸び悩み。和尚さんが先代と比べて自分のことを勝手に言っちゃっている

大竹さん、神伸び悩み。和尚の上の神が伸び悩んでいる

板尾さん、伸び悩み酔い。最近よく聞かれるようになった、典型的な感じは先輩が来ているのに酔った勢いでタメ口になったりする、ゆとり教育世代に多い

松ちゃん、世界三大伸び悩み。今年の世界三大というように毎年年末に決めている。

三谷さん、伸び悩み駆け込み。悩んだらすぐに助けを求めて駆け込む

松ちゃん1本!

5回戦、親は三村さん、お題は

大竹さん、微肉。微妙に肉、肉だよね?ちょっと肉かな?とベジタリアンが判断を鈍るモノ

板尾さん、オペラ座の肉。オペラ座で出される肉は美味いと

松ちゃん、肉人妻。スポーツ新聞あたりをめくっていると後半あたりに細かい説明なしに書かれている。一切の情報なしで電話番号のみ

三谷さん、笑福亭肉。肉ばっかり食べているから師匠に付けられてしまった名前

三村さん、肉真っ赤っか。感想、レア中のレア。ゆっけとは違いもっと赤い

大竹さん1本!

9回戦、親は三村さん、お題は冬はやっぱり

大竹さん、冬はやっぱりバター。何を言っているの?という感じだがアホなグルメが言った言葉。

板尾さん、冬はやっぱりちゃんのバカ!。あだ名みたいなモノ

松ちゃん、冬はやっぱり正月。なんでわざわざ?本末転倒している

三谷さん、冬はやっぱり残尿感。冬の方がキレが悪くなったり厚着をしているので締め付けられて

三村さん、冬はやっぱりコトコト煮込んだ。お店のオヤジが言った言葉

大竹さん1本!

最終判定。1本を獲ったバーからベストの言葉を

松ちゃん:ほぼほぼとし子。30巻ぐらいまで出ていてパーマ屋さんなどにあったら読んじゃうかな?というモノ。せっかちなおばちゃんのとし子、だが同じ作家でとし子という作品もあったが当たらなかった、松ちゃんは今9巻まで読んでいる

三谷さん:ビーフor百円

三村さん:脱エピソード0。必ず何かの1が流行るとその前のエピソードが放送されるからと

大竹さん:冬はやっぱりバター

板尾さん:バカだもの。みつを

最終的に今回のチャンピオンはビーフor百円に決定しました。

という感じで終わりましたが

やっぱり編集でカットされた部分も観たいですねー、今回は6~8回戦の3ブロックが編集された模様ですが気になります。というかどういう編集なんでしょうかこれはそれぞれのベストの言葉のうち松ちゃんと三村さんのは編集されたものなので最低でも編集でカットする部分ではないのでは?と感じてしまいます。

最低でもベストの言葉が選ばれた回の全員の言葉を見たかった感じです。まあ編集の難しさがそこにあると感じています。そりゃ入れたいですよね放送時間ぎりぎりまでは

そんな感じです。

この企画自体はゴールデン向きではないのでこのまま深夜で放送され続けると思いますが編集された部分も含めてDVDで見たいですねー。

この企画に関しては芸人だから面白いというよりはどれだけ良いバーが手元に来るのか、後は言葉のセンスですから普通の人たちでも十分楽しめる、後はどれだけ補足説明が面白いかというのもありますけど我々でも十分楽しめるゲームです。

という感じで今回も笑わせてもらいました!IPPONプラス、次回の放送楽しみです。

終わり!

|

志村&鶴瓶のあぶない交遊録15を観る

さて本日は毎年恒例の志村&鶴瓶のあぶない交遊録から英語禁止ボーリングについて

この番組も年1回の放送ながら15年目を迎えましたが、僕は全部見ております。その中でも大好きな英語禁止ボウリングについて今回は

まずはナインティナインとのオープニングトークから、12回目を迎える今回の英語禁止ボウリング。鶴瓶師匠が60歳、矢部さんが40歳という歴史に感慨深くなる4人。

その後ルールの説明が会った後、鶴瓶師匠が喋らなかったら喋らない自信があると、さらに殺されると思えばいいと極論を

先攻は志村・鶴瓶チーム、後攻はナイナイチームです。

第1フレーム:しょっぱなからナイナイの2人がミスをするなか鶴瓶師匠の第1投は1ピン、志村さんが6ピンを倒し後攻のナイナイへ岡村さんが8ピンを倒し矢部さんが1ピンでスペアならず

第2フレーム:ピンクピンが登場!だが志村さんピンクピンをはずし1ピン、鶴瓶師匠はピンクピンに浮足立つ中見事ピンクピンゲット!コスプレ美女からのキスのご褒美ゲット。最初のコスプレは恒例の体操着美女、キスをもらいメロメロになる師匠、だがすぐに英語をしゃべるミス。

後攻のナイナイチームにもピンクピンが登場!矢部さんがチャンスにガーターを出す中、岡村さんが見事ピンクピンゲット!なおかつスペア。今回のコスプレ美女はナース姿の美女、岡村さん振り返って緊張するなかキスをもらえるかと思いきや美女が風邪をひく設定にてマスク越しにキスという小芝居に岡村さん演出の腕おちてまんな!と激怒

第3フレーム:ピンクピンがあるなか鶴瓶師匠見事ゲット!メイド姿のコスプレ美女を観て満面の笑みの師匠。おめでとうございますご主人様と長いキスを受けて師匠はさらにデレデレ、さらに唇ちょっとついているからねと触ろうとする貪欲さまで、1ピン倒せばキスのチャンスの志村さんだがまさかのミスにロバート・デ・ニーロのモノマネが

志村さんの珍しいモノマネが披露されるなか後攻のナイナイチームの矢部さん見事ピンクピンゲット!ウェディングドレス姿の美女が登場し矢部さん何故か同様するなか指輪はめてくださいという美女さらに私だけをずっと愛してくださいというセリフが棒読みのため岡村さんがイジリ倒すも矢部さんドキッとしながらヴェールをあげてキスのご褒美をもらった矢部さん全員から6チャンネルから怒られるとイジり岡村さん見事スペアをゲットしキスのご褒美!この想定外の好調ぶりに演出が焦りながら裏に指示。そして登場したコスプレ美女は浴衣姿の子、だが今回は蚊が飛んでいるという設定で何故かお尻を蹴られるという演出に岡村さんなんのこと?と困惑

第4フレーム:ピンクピンがあるなかサービスを受けていない志村さん見事ピンクピンゲット!ゴルフウェアのコスプレ美女に志村さん笑みが隠せず、そして美女からのほぼクチに近い位置にキスをされ目がうつろになる志村さん。

後攻のナイナイチームの矢部さんも見事ピンクピンゲット!登場したのはアーミースタイルの美女。匍匐前進しながら近づいてくる美女が毒ヘビに襲われてしまい毒を吸い取るという新たな展開に困惑する矢部さんだが太ももの毒を吸い取る恥ずかしい姿が披露される中志村さんが股間を噛まれたという62歳とは思えない貪欲さを見せる中。残り1ピンで岡村さんは蹴られるなら倒しませんよとイイながらも見事スペアゲット!登場したコスプレ美女は恒例のモリ夫、今回は早いと岡村さんだが矢部さんと同じくモリ夫もヘビに噛まれる演出にて記憶がなくなるというハプニングだが岡村さんのことは覚えているみたいだったがビンタをして退場。この演出に文書で説明してと岡村さん

ここでバニーガールのコスプレ美女から志村さんがキスのご褒美をもらう姿、矢部さんがなでしこジャパンのコスプレ美女から矢部さんがリフティングをしている間キスをされるというスペシャルタイムだったがすぐにボールを落としてしまうも6キスゲット!

さらに矢部さんがセクシーチャイナ美女3人から3連続キスのご褒美を受けて、制服、お風呂上がりのコスプレ美女が終えた後に

第9フレーム:鶴瓶師匠の番だがピンクピンがないことに激怒しガーター。志村さんがボールを獲ろうとしたらボールに指を挟まれそうになるというハプニングもあるなから1ピンのみ

後攻のナイナイチーム岡村さんはピンクピンをゲット!コスプレ美女はセクシーチャイナ美女の中にモリ夫が混じりおめでとうございますと一言あってまたもビンタで記憶戻らず、だが鶴瓶師匠を隆史と勘違いして近づき違うと気付きビンタ、さらに矢部さん、志村さんとキスをした後に記憶戻らず退場。

ビンタをされた鶴瓶師匠ジンジンしていると頬を押さえながら何でビンタされたの?と困惑。

ラストフレーム:ピンクピンが無いことにまたも激怒する鶴瓶師匠、一生懸命フリスク食べたのにとイライラしながら勝負強さを見せて見事ストライク!まさかストライクが出てしまったがために演出が焦って裏に行って対処を考える中登場した美女は福袋の格好をした美女、ヒモを引っ張ってくださいと言われるがままヒモを引っ張るとまさかブラジャーが獲れるという状況に師匠笑いが止まらずも岡村さんしょうもない!と、だが我に返った鶴瓶師匠孫おんねんでと。続けて志村さんもピンクピンゲット!学生服姿の美女が登場、今回の設定は志村さんが先生で美女が生徒の役。そして英語のお勉強として火曜日がTUSEDAYということからチューのご褒美、安いコントを終えて志村さんオチがあまくて・・・

そしていよいよクライマックス後攻のナイナイチーム、記憶を戻したいと岡村さんですが見事ピンクピンゲット!登場したのはモリ夫福袋、ヒモを引っ張る演出にて引っ張り続けると何故かパンツが獲れるという驚きさらに自前ということも発覚。困惑する岡村さんにモリ夫はこれは夢だと思うのと言いながらビンタをしてと岡村さんにお願いし岡村さんがビンタをすると見事記憶が戻り熱いキスを交わし

結果発表。今回は125-92でナイナイチームが2年連続の勝利に終わりました。罰金は14万1千円でした。

という感じで終わった今回ですが英語禁止ボウリングも12回目を迎えたことに感慨深い思いです。初めてこの企画を見た時になんて面白い企画なんだと大爆笑した記憶が思い出されます。

当時一度だけ友達と英語禁止ボウリングをやったことがありましたが、思いのほか難しくてそれ以降やらなくなったことも

この企画が始まった時は20代だったナイナイの2人が41歳と40歳に、40代だった鶴瓶師匠が還暦と驚くことばかりです。

さて今回の内容ですがモリ夫が昨年出場しなくて張り合いがなかったですが今回2年ぶりん復活岡村さんとの熱いキスを交わすという恒例の演出もあり最高でした。だがやっぱり岡村さんにはいい思いをしてほしいという思いもある中、矢部さんがまさかコスプレ美女の太ももにキスをするという演出に6チャンネルの方はいったいどう思っているのかが気になる所ではあります。

そして60歳を超えている2人が相変わらず貪欲にキスを求める姿に感動すら覚えました。やっぱり男は年を重ねてもああでなくてはと改めて感じました。やっぱり僕の尊敬する方々は違います。

ということで来年はいったいどういう演出を見せてくれるのか英語禁止ボウリング楽しみです。

終わり!

|

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »