« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

AKB48宮澤・高城の海外移籍について考える!

さて本日はAKB48ネタです。あまりにも驚いてしまったので記事を読んで思った事を書いてみようかと、その記事のタイトルは

AKB48夢舞台初日に「再組閣」 宮澤&高城が“海外移籍”へ…波乱の幕開け

という東京ドーム公演で発表された組閣についてです。

Aakaigaiisekinsbig

まず単純にただただ驚きました。AKBは好きですがこういうことを望んでいたわけじゃないので

多分今回はあっちゃんの卒業がメインだったはずだが今回の組閣の発表で一気に卒業の雰囲気がぶっ壊れた感じです。正直チームA・K・Bのメンバーの入れ替わりだったり、SKEやNMBなどの兼任などどうでもいい海外移籍組の事しか印象が無い。

そんなAKBのこれからどうなる?とファン以外も思ってしまうような状態に対象になったメンバーはSNH48へ宮沢佐江・鈴木まりや、JKTへ高城亜樹・仲川遥香の4人。この面々AKBのチームと兼任と思いきや完全移籍ということに

彼女たちが望んで移籍なのかそれとも運営側に何か意図するものがあったのか?この記事を書いた後に当人たちがブログ等で思いのたけを打ち明けるかもしれませんが・・・

初日からこのサプライズ残り2日間でどのような発表があるのか怖いです。

このことで彼女たちを推しているファンたちも動揺していることでしょうし、特に宮澤・高城の2人はそれぞれDivaとフレンチ・キスという派生ユニットにも所属中。彼女たちが完全移籍した際にはグループ自体どうなることやら

だがそもそも本当に中国とインドネシアに引っ越すのか?という点があります。特に今の日本と中国の関係上女性2人を移籍させるのはどうなのか?とAKBファンでなくても思うはず。そしてインドネシアの方は治安などがあまりはっきりわからないので何とも言えないが彼女たちが耐えられるのか?という思いもあります。

あーAKBこれを持って破滅へ向かうのかなー。やり過ぎ感が否めない。

だが彼女たちが望んでいくならもちろん応援します。AKB世界戦略に向けていよいよ動き出したということなので、鈴木さんに関しては望んでの移籍っぽいですからhttp://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120723-987803.html

完全移籍としても半年もしくは1年で戻ってくる可能性もありますしローテーションで行くのも悪くないのではと思います。さらに他メンバーと差がつきますからね移籍した面々が活躍することでAKBの名がさらに売れますし個人として活躍できれば現地のメディアに取り上げられ番組でレギュラーだったり映画出演だったり個人とキャリアアップも可能ですから、特に選抜メンバーや派生ユニットに選ばれていないメンバーに関しては露出がそもそも日本国内でも少ないのでね

それにAKBグループの場合はAKB48とSKE48以外は弱いイメージがあるので選抜経験メンバーが現地に行って見本的な役割をするのも悪くないです。

ルーマニアの事件があってすぐに海外に若い女性を行かすなんて本当であればおかしな話ではありますけどね。

今回色々な事を書かせて頂いていますがまだ詳細が発表されたわけでないため見守るしかないです。東京ドーム公演中に海外移籍について是非とも話してほしい。そうでないとただの島流しみたいにファンは感じてしまうので

とにかく今後の展開次第でまた記事として思う所を書くかもしれません。

それにしてもホントすごい戦略だ秋元康。これでAKBからまた目が離せなくなりますし明日のスポーツ紙の一面もよほどじゃない限りはこのネタでしょう。

僕だってこの記事を読んですぐに思う所を書いてみようと思ってしまいましたし、まったくもって完敗だなという感じです。

ということでAKBが新展開を見せた東京ドーム公演初日残り2日、どのようなサプライズが待っているのか楽しみです。

終わり!

|

富士山芸人を観るbyアメトーク

さて本日は久々にアメトークです

今回のくくりは富士山芸人。富士山登ろうと思う気はさらさらないですが今回の話を聞いてもしかしたら心変わりするかもしれない!という期待を込めて観ておりました。

では観ていきましょう。

勝俣さんを先頭に登場しくくりを発表した芸人たちですが、勝俣さんは短パン姿でない珍しさ、富士山は短パンで行ったら大変なことになると水道橋博士はこの格好は上級者だと説明、勝俣さんも上機嫌で熱を逃がしてくれるというもスタジオ裏で熱いと言っていたことが発覚。

劇団さんはドレスコードが引っかかるということだが、元々あらかじめ富士山に登る予定ではなくある収録でクソスベってしまい帰りに車を運転していると富士山からおいでよ!と言われてそのまま登頂。だがクソスベったのは治らず未だに引きずっていると

まずは富士登山の基本情報から(スタジオの客席は100人中2人)
登山時期:7月上旬~9月上旬(梅雨が開けてなかったり、雪が残っていたら山開きは遅れる)
山開き:7月1日

収録の一昨日前に富士山に登頂した天津・木村さん、宮迫さんに群を抜いてヒマだからなと辛辣な言葉を浴びせられるも、今回はお土産としてミニ金剛杖をプレゼント!

時期的にまだ山頂に雪が残っているそうで10年7月上旬に登頂した際の写真が披露されました。

2ヶ月の登場者数:30万人。人数が多いので行列が出来る。
登山ルート:吉田・富士宮・須走・。
吉田ルート:初級者向けで6割近く、新宿から五合目までバスが出ている。富士山は五合目からスタート。登り6時間20分、下りは3時間30分。高低差は1406m
富士宮ルート:登り6時間30分、下りは2時間40分。高低差1320m
須走ルート:登り5時間10分、下り2時間40分。高低差1710m。帰りは砂走り
御殿場ルート:登り9時間、下り3時間50分。高低差2260m、上級者向け、天津・木村さんは御殿場ルートを登って人っ子一人合わなかったとのこと。
山小屋元祖室:夕食のカレーが人気で、寝室は雑魚寝2畳に3人くらい。
オススメ登山プラン:1泊2日五合目出発13時で山頂・ご来光4:00

ご来光は是非とも見てもらいたいと勝俣さん、頂上でも差があり頂上が剣ヶ峰3776m

続いては富士山で撮った写真公開です。
ほっしゃん。:いまの奥さんと98年に登った写真。凄くしんどいので登っているとケンカになった。1回目は奥さんが高山病にも、2回目も酸素ボンベまで準備したが7合目まで登ったら酸素ではなくヘリウムだった。

水道橋博士:体力が無いから登らないということは関係なく5歳の長男と登っている08年の写真を披露。おんぶもだっこも出来ないから自力で登ったとのこと。景色は絶景で父子でこの風景を見ているというのば良かったが最終的にたどり着いたら息子は力尽きてダウン。下山する際は子供は下山することを考えて泣く1時間泣き叫び、ヘリコプターやタクシーを呼んでと叫んでいたとのこと。

なだぎ武:芸人ばかりで行った11年の写真。2700のツネがウケると思ってスーツで来たが途中で山の恐ろしさを知ったのかダウン寸前になっていた。寒さと疲れと闇と孤独で悲惨な状態に、だが劇団さんは余裕で登ったと07年の写真を披露するも泣きそうな写真

天津・木村:写真ではなく3年前のVTRを披露。山頂で吟じている映像、富士山登ったが周りは霧がいっぱい~いっぱい~おっぱい~!と富士山関係ない映像を、だが日本一高い所で詩吟をするのが・・・と説明するも宮迫さんにあの時は良かったときだろ?とまたもイジられる始末。今だったらエロなしで素敵さを伝えれるとスタジオで吟じるも女の人のおっぱい責める時にーついついー五合目あたりから攻めてしまうーと大スベリ。芸能界と言う山で高山病寸前だと勝俣さんに

勝俣:ご来光の写真。だが顔は映らずとも髪型で勝俣さんと判別可能。ご来光は博士曰く空気のカーテンが開く感じがすると、勝俣さんはさらに登るからにはご褒美が必要で頂上で何を食べたらうまいかを考えている。第3位:カップヌードル。第2位:崎陽軒のシウマイ弁当、第1位:桃の缶詰。もつ鍋も食べたが帰りが辛かった

博士は富士山の写真を皆撮っていることがまったく分からなかったが、富士山に登ると写真を撮りたくなり富士山の裾野でキャンプをするようになったとも

続いては富士山あるあるです。
なだぎ:7合目から8合目は長い。8合目を苦労して登ったと思ったらさらに本八合目があるとそこでモチベーションが下がる。そこを登り切って9合目に

博士:9合目から頂上は目の前のように感じるが10m歩いたら休憩しないといけないぐらい辛い。

ひとり:ゆっくり歩いているとスピードを上げて登っている人がいる、だが抜かれるのが悔しくてメモ帳を取りだしてここで俳句を書いているフリをしていた。

辛くなったらどうする?
天津・木村
:外国の人が多いのでしんどい時は外国の女性の後ろを歩いて大きなお尻を見ながら歩く。それによってスリップストリーム状態で抜きやすくなる。

勝俣:睡魔も酷くてどうしようもなくなった際に、登りながらAVの歴代ベスト10を思いだしながら登っている。そうするとあっという間に頂上へ

ひとり:バイオトイレがあり有料なのでせっかくだから楽のしみにしていたらオナラしか出なかった。勝俣さんは女性と男性が共同で個室に女性が入ってきたら屁ばっかりで一度出るもまた入ってきたら屁ばかり、黄色い服を着た女の人だった。自身がトイレを終えた後に登っていたら硫黄クサかったので前を見たらその女の人が歩いていた

ひとり:登山成功は新しい自分を見つけれると思ったが人生が変わった感じはしなあった。だがみな曰く一人で登ったからだと仲間といたら違ったはずと

ひとり:下山した時に一気に登って一気に下りたので膝が笑うという状態でなく膝が爆笑状態になりトイレがまともに出来なかった。

勝俣:下山の方が辛い。
ほっしゃん。:気持ちが終わっているから下山は辛い

下山あるある?
博士
:雨雲が上から見えるので下に行くと雨雲が近づいてくるのが分かり、下山している時には雨雲に対して止まって待つか行くべきかなど自然との闘いになる。
勝俣:雲が這い上がってくる時がありまったく見えなくなる事もある。
なだぎ:下山後にムラムラしてくる。富士山の後なので山ガールのAVを買ってしまう。山ガールの危険な性癖という作品があるとのこと
ひとり:下山する時はすれ違いざまに顔を指されることがあり、気づかれたら写真を撮ったりもするが数年後品川駅で待っていたらその時に写真を撮った人と出会い先日「入籍したんです」と言われ、今度青山で友達だけの結婚パーティーをするので誘われたが事務所に止められているのでと断った。

富士山登って変わったことは?
なだぎ
:富士山へ親近感が出る。
勝俣:富士山の上を飛行機で通ると俺はあそこにいたんだ!と思う。
ほっしゃん。:人生を何合目か例える、勝俣さんは所ジョージさんの言葉で芸能界にいるとみな頂上を目指すが僕は五合目でお土産を売っていたい

ひとりさんはアメリカのメジャーリーガーが素人は成功するまで練習する、プロは失敗するまで練習すると良い言葉を言うも富士山に関係ないので全員から総ツッコミを受ける羽目に

続いては名物富士山土産です。

焼きや下時間には行列が出来る大人気の富士山めろんぱん。五合目で焼いているパンダとのこと。味はチョコがかかっていて美味しい。
富士山印鑑。オスと富士山のデザインの中に自分の名前が富士山五合目簡易郵便局で購入可能。この印鑑で本日笑いを取っていない木村さんが笑いをとろうとチャレンジするも笑い起きず、宮迫さんいないと思いますと

最後は富士山の空気という商品。富士山の空気がたっぷり入っているそうだがスタジオで開けて吸うも雨上がりの2人反応なし。パッと開けた瞬間に気分は変わると、その空気で木村さん最後のチャレンジするもど、ど、ど、どうですかね?と言葉に詰まり笑い起きず、木村辞めると思います!と宮迫さんいビシッと決められ、ホトちゃんにこのまま富士山に行こうと言われていました。

という感じで終わった今回ですが

やっぱり僕は富士山に登らなくていいやとなんだろうか昨今の山ガールなど色々アクティブな女性なども増えているが山は別にイイです。

ですが話は非常に面白かったし興味は持ちました。だが興味を持ったレベルです、そもそも何でいきなり富士山芸人を放送したのか疑問に持ってしまいました。

うーんここ最近のアメトークはほぼ2回以上見ているのですが今回に関しては2回目観ないかもしれません。あまりに自分とかけ離れ過ぎていたのかもしれないです。

なので感想もイマイチ浮かんでこないのでこんな感じになっていますが、とにかく富士山は素晴らしい!という感じですかね。

ということで富士山芸人、DVDに収録されるような感じではなかったですが勉強になりました。

終わり!

|

ミスiD(アイドル)2013初代グランプリ・玉城ティナについて考える!

さて本日は知らぬ間に開催されていた謎のオーディション「ミスiD2013」についてhttp://www.transit-web.com/issue/miss-id/Photo そのオーディションでグランプリに輝いたのが写真の玉城ティナさんです。国民的美少女コンテストのグランプリが発表された最近ですがこの子の方が僕は期待してます。

なんと彼女は14歳

まあ昨今では当たり前のような年齢ではありますが、記事によると彼女は人気女性ファッション誌「ViVi」10月号(発売中)に登場するとのこと。

そんな彼女グランプリに選ばれて記事抜粋
「ViVi」のモデルになったことを受け、玉城は「お話を聞いた時は、『うーんと。いやいやいや!え?』ってなり過ぎて、『これは夢だー』と思い、ほとんどノーリアクションでした」と明かし、「『ViVi』を最初に見た時、『この雑誌に絶対出たい!』っていうのがあって、洋服が大好きだし、しかも読み漁るほど大好きな雑誌だし、『どーしよー!』と思ってます。今も! モデルのお仕事をいっぱい楽しんで、表現できるようにしたいです」と意気込みを語った。

さらに、「モデルアイドルってすごく幅広い活動ができるし、アイドル雑誌などしか読まなかった人も、ファッション雑誌を読んでもらえるきっかけになればいいなーと思いますっ! まだまだまだまだですが、見守ってやってください(笑)」とアピールしていた。

まったく知らなかったこのオーディションですがファイナリスト20人を見て見るとなかなかの面々。このオーディションのコンセプトはこれからの時代にふさわしい新しいアイドルを発掘し育てるオーディションとのことでアイドル戦国時代に彼女がどのような活躍を見せてくれるのは非常に楽しみ、そもそも「ViVi」にどのような感じで登場するのかが楽しみでしょうがない。

だが彼女をどのようにプロデュースしていくかによってはすぐに埋もれてしまうような気がしています。正直なんだかんだ言っても同年代で活躍する人間が多すぎる、さらにこのオーディション自体が言っちゃ悪いが世間的な認知度が低すぎる。

だからこそ期待しております。

国民的美少女コンテストやホリプロスカウトキャラバンなんかに負けないような輝きを見せてほしい。というより僕的には木村カエラちゃんみたいな感じになるのかなーと勝手な予想をしております。

ということで知らぬ間に開催されていたオーディションで輝く逸材を見つけたのでとりあえず取り上げてみました。玉城ティナちゃん頑張って

終わり!

|

13代目『国民的美少女』吉本実憂・小澤奈々花について考える!

さて本日は13代目国民的美少女コンテストにてグランプリが決定したのでそのことについてです。http://beamie.jp/contest2012.html

今回は何と!2人選ばれたそうで、それが応募総数10万2564通の中から福岡県出身の高校1年生・吉本実憂さん(15)新潟県出身の中学1年生・小澤奈々花さん(13)とのこと。

Photo ココ数年、国民的美少女コンテストの結果について色々考えていますが今回も微妙ですねー。ルックスなどは問題ないですあくまで芸能界で売れるかな?という点で受賞者一覧http://beamie.jp/contest2012.html

オスカープロモーション主体のこのコンテストではあるがただでさえ所属タレントが多いにもかかわらず美少女コンテストを開催する意図が見えない。言いたくないが今はAKB全盛の時にオスカーの力であれば映画の主演・出演などは簡単ではあるがそこから一歩抜け出すには厳しいと思うのは僕だけでしょうか

一応今回、記事を読んでいると他にも下記
グランプリのほか、モデル部門賞をオーストラリア出身の中学3年生・若山あやのさん(14)、演技部門賞を神奈川県出身の中学2年生・白鳥羽純さん(13)、東京都出身の中学2年生・山木コハルさん(13)、音楽部門賞を神奈川県出身の中学2年生・末永真唯さん(14)、グラビア賞を兵庫県出身の中学1年生・籠谷さくらさん(12)、マルチメディア賞を東京都出身の中学1年生・上水口萌乃香(かみなぐち ほのか)さん(13)、審査員特別賞を大阪府出身の小学6年生・井頭愛海さん(12)、高知県出身の小学6年生・尾崎真花さん(12)が受賞した。

という感じである。正直言わせて頂くと若すぎる全員。http://beamie.jp/contest2012.htmlサイトを見ても一番上が15歳、たしかに少女というキーワードがあるが若けりゃいいというわけでないし、若いと中高と進むにつれて進路について真剣に考えるようになるため結局は芸能界から引退なおかつ目がでなければ20歳ぐらいで引退ということも多いはず

それにこのグランプリお判りの人はいると思いますがグランプリが売れるとは限らない。というよりは売れないことが多く他の賞を受賞した方が売れる傾向が強い。歴代受賞の一覧を見るとhttp://beamie.jp/contest2012.html今でも一線で活躍中(ここでの一戦はドラマの主演クラスで活躍できている)人は米倉涼子上戸彩武井咲ぐらいですかね。主演ではないが活躍しているのは福田沙紀河北麻友子忽那汐里原幹恵とか、そして賞も何も受賞していない本選出場でゴリ押しされている剛力彩芽という感じかな。あくまで僕の主観では

この中でグランプリ受賞者は上戸彩と河北麻友子ぐらいです。オスカーがグランプリはゴリ押ししている認識なんですけどねー、なぜか2番手3番手の順位の方が売れる傾向が強い悲しさ。それに今回見た感じでは飛びぬけて売れる子はいないかなと

難しいなー今回も正直お笑い、ジャニーズも上がなかなか人気が落ちないので下の世代の活躍が難しいですけど10代の女性タレントの世界もすでにモデル・アイドル・女優もトップランナーと言われる人たちが多いのでオスカーのゴリ押しがあってもねー、そもそもオスカー自体が武井咲・剛力彩芽とゴリ押し中で他の受賞者が不遇な待遇のイメージが強いのにさらに若い子を事務所に所属させて売れるか分からない状態を作り上げる。バーター出演でどれだけ輝きを残せるか?という感じでしょうか

なんか悲しいです。

一応、第10回以降の大会の受賞者の経歴を調べてみたのですが何かしらの賞を受賞したのが20人ほどプロフィールを見て見ましたが面だって活躍しているのはごくわずか、中にはプロフィールも見当たらない人もいたりです。ドラマ・映画の主演やCM出演などをすれば偉いというわけではないのは百も承知しているが選ばれたのにまったく露出が無いのはやっぱり悲しすぎるますよね。

ということで色々思う所はありますが選ばれた以上は素敵な女性になって活躍して欲しいものです。

終わり!

|

放送開始11年「はねるのトびら」9月終了という記事を読んで

さて今回は

放送開始11年「はねるのトびら」9月終了

という記事を読んで、記事抜粋。
フジテレビのバラエティー「はねるのトびら」(水曜・後7時57分)が、9月26日の2時間スペシャルで放送を終了することが18日、分かった。同局では「秋の改編に伴うもの」と説明している。

さてさて10年以上続いた番組が終わるということはここ数年で多かったがフジテレビがお笑い番組を終了させるのは異例と言うかようやくと言うか

まあフジテレビは今年になって視聴率がテレビ朝日、日本テレビ、フジテレビと3番手ぐらいまで落ちることもあり視聴率が厳しくなってきている。僕が別でも調べているドラマも好調ではない。そもそも世間の声を無視して韓流重視の放送し過ぎたツケということもあるが、はねトビに関してはキングコング梶原さんの生活保護の不正受給問題によるものだろう。この問題が無ければ終了は無かったと思われる。

そうでなければ他にもとっくに終了していてもおかしくない番組ばかり「笑っていいとも」「SMAP×SMAP」「とんねるずのみなさんのおかげでした」などなど。僕の大好きな番組なのではあるが決して視聴率が好調な番組ではない。

だたこの3番組に共通して言えるのは顔となるタレントが世間的に問題になるような事件・事故などを起こしていない。

笑っていいともも9月に終わるのではと囁かれていたが27時間テレビの成功などあったりタモリさんもまだまだやれるということで終わらないということになった感じです。まあ笑っていいとも終了の噂が立った際は後釜はジャニーズVS吉本みたいな感じにもなってましたけどね。

まあSMAPに関しては吾郎ちゃんと剛くんが謹慎した期間もあるがあくまで自己責任のレベルであるし、ファンの差さえとにかく強い。SMAP全員が出演するレギュラー番組が存在しているのがフジテレビだけというのもあるのだろう。視聴率というよりは残さないとダメという傾向の方が強くなっているのかなとフジテレビの中では、なにせ僕もここ最近はスマスマは録画で裏のしゃべくり007を観てますし

とんねるずも番組内でお笑いコンビのずんのやすさんがケガをしたがあくまでとんねるずというよりは番組制作上の問題でありとんねるず自身に問題はない。お笑いで事故が起きるのは過去からも考えられることであり芸人が文句を言う事はない。売れていない芸人であればなおさらである文句を言ってもいい事はない、ここは力関係の問題が考えられるため悲しい事実ではあるが昔からとんねるずの番組を見ている人たちにとっては今の方が生ぬるくなっていますので、世間が過剰に反応しているだけ、僕にはそんなレベル。本来ならとっくに終わっていてもいいだろうと思うような企画ばかりですから

だがはねトビに関しては番組改編に伴いとあるが生活保護の不正受給問題が響いたとしか思えない。同じく母親が不正受給をしていた次長課長の河本さんも露出が一気に減りました。だが河本さんの場合は活動を自粛すればいいだけの話だが、梶原さんはレギュラーという立場なので出さないわけにはいかない。だが世間の声はそれを許さない

番組改編という言葉で濁されている感じがするが世間の声を反映させたというのがあくまで僕の考えです。

ということで単純に番組改編の可能性もありますけどこういう記事は裏をとりあえず考えるのが楽しいので今回は記事として扱ってみました。

終わり!

|

HKT48突然の5人脱退について考える!

さて本日は昨日から一部の間で話題になっているHKT48のメンバーの5人だった位の件について色々と

今回の脱退理由は運営側からは脱退について説明はナシ。だが一部事実とはわかりませんがネット上で書かれているのはファンとの交流及び未成年による飲酒・喫煙

脱退することになったメンバーですが、記事抜粋
「HKT48」のメンバー5人がグループを同時に脱退した。公式ブログで18日に発表された。週刊誌のグラビアを飾るなど人気の菅本裕子(18)や今年の選抜総選挙の速報で62位の江藤彩也香(14)といった有望株をはじめ、古森結衣(14)谷口愛理(13)研究生の仲西彩佳(16)の5人が脱退。いずれも昨年11月のグループ設立時から活動する1期生だ。

正直言うと知名度的にはファンぐらいしか知らないだろうレベル。だがHKT48と言えばAKB48の指原莉乃が移籍したことで一気に注目度が上がったため今回の問題もネットのトップニュースになるぐらいの話題になったのだろう。

さてこの脱退の件だが一部で脱退メンバーが意味深な発言をしてという記事もありその記事が
古森を除く4人はAKBの全姉妹グループがファン交流に活用する「グーグルプラス」の更新を14日を最後にしておらず、15~16日の福岡市での劇場公演も休演した。古森は16日に、グーグルプラスに自身の卒業をほのめかしながら、「芸能界の世界が恐ろしいのも知りました。人って簡単に信じちゃだめなんだね」などと意味深な書き込みを載せた。この文章は数分で削除されものの、ファンの間では憶測が飛び交っていた。

「芸能界の世界が恐ろしいのも知りました。人って簡単に信じちゃだめなんだね」この一文なかなかの重みがあります。取りようによっては私はハメられたという意思表示にも感じる。だが人を簡単に信じちゃダメということは世の中の真理であるが、まだ若い何も分かっていない彼女たちを自分の利益として使おうと考える輩は多数いるわけです。かくいう自分もこのネタを記事にしてアクセス数のアップを図ろうとしている以上は同じようなものです。指原莉乃と同じパターンの可能性も無きにしも非ずですし

運営側がこの問題は明かさないのは今までのAKB48関連の脱退はほぼ男性との交際・交流などが多かった印象があり飲酒・喫煙については記憶にない。多分知れべばわかることなのだがあえて今回は調べませんが、ただ飲酒・喫煙だとしたら脱退は当たり前だし運営側が発表しない理由もなんとなくわかる気がする。そもそもAKBグループ全体のイメージダウンもさることながらメンバーのプライベートの管理がまったくできていないズサンな管理体制が発覚及び全員のプライベートの聞きだしなど以降の火消しの対応が多すぎる。

芸能界とは面白いもので未成年の飲酒・喫煙に関しては滅法厳しい。ジャニーズも飲酒・喫煙が発覚した途端に脱退することも多く、一部奇跡的に復帰する人間もいるが以前の人気を取り戻しているかというと微妙。元NEWSの内くんとかですね。だが未成年には厳しいのに成人した大人で麻薬などで逮捕されたにも関わらず復帰を果たす人間がいるなどそこの所のバランスがいまだによくわからない。昨今よく囁かれているのは麻薬で逮捕された酒井法子さんの復帰について

もう芸能界のモラルがよくわからない

話を戻して今回の脱退ですがAKBグループ全体としては一層身を引き締めなくてはいけないことになるが、それに先のある彼女たちのことなので別の形で夢に挑戦することにはなるだろう。だが彼女たちが気の毒なのはHKT48という出来立てのグループに所属していたということだろう。もしこれがAKB、SKEだったら?まあ同じことをしたら脱退なのは変わりないとは思うがそれが人気メンバーであれば奇跡的にHKTに行けということになるのだろう指原莉乃みたいに、だが彼女たちはグループの序列としては下位であるHKTにいたためにこれ以上移籍させる箇所が無い。研究生としてやり直しもきかない。イキナリ海外のJKT48に行け!とは言えない。

運営側は切るしかない。

あー夢半ばの彼女たちが自身の行いで夢を潰す。普段から私生活には気をつけないといけないということを改めて知らしめたくれた今回の出来事でした。

ということでHKT48に試練の訪れた12年夏彼女たちがどのように立ち上がるのか見守っていきたいと思います。

終わり!

|

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »