« 13年ブレイク候補芸人を観る!byさんまのまんま新春スペシャル | トップページ | アイドルユニットTokyo Cheerのメジャーデビューについて考える! »

第63回紅白歌合戦歌手別視聴率について考えるbyひるおび

本日は5日あたりにスポーツ紙でも取り上げると思われます第63回紅白歌手別視聴率について

ついさきほどTBSの「ひるおび」を観ていて一部発表されていたのでそのことについて思うところを

まずは歌手別視聴率TOP5と「ひるおび」が注目していた歌手の視聴率ですが
1位:SMAP 49.4%
2位:いきものがかり 47.9%
3位:プリンセスプリンセス 47.6%
4位:嵐 46.4%
5位:斉藤和義 46.1% 

まあ妥当でしょう、今回の紅白は話題になった人が少なかったですしトリと大トリが最高視聴率の1位、2位を獲ることは

3位のプリプリに関しては今回の紅白が最後ということもありますし往年の名曲披露だったことですしが、5位の斉藤和義さんは2年前のドラマの主題歌にも関わらず視聴率を取ったのは根強い人気を証明、嵐の5位はやはり今年も人気は衰えないなということを見せてくれた感じです。

続いては「ひるおび」が注目した歌手ですが
ゴールデンボンバー 33.7%
水森かおり 36.1%
ももいろクローバー 40.6%
AKB48 38.6%
きゃりーぱみゅぱみゅ 40.7%
美輪明宏 45.4%
EXILE 45.2%

という感じです 

金爆は何かしらやらかすのでは?と期待した視聴者がいたんでしょうが思ったよりも普通の演出でした。会場全体を巻き込んだのは流石でしたがやっぱり事前に怒られたからでしょうね

水森さんは小林幸子さんが出場しないということで衣装に注目してくださいという前フリがありましたから気になった人が多かったんでしょう

美輪さんは流石というか一番注目されていたと言っても過言ではないので、だが順番的には嵐の後だったことも良かったかもしれないですが、パフォーマンスは圧倒的でした。

EXILEは強いなやっぱり、衰え知らず

きゃりーちゃんはもう可愛かったー!紅白後にTBSのカウントダウン番組に出演した際に披露した新曲の「ふりそでーしょん!」がチョー可愛かったー

さてここからが今回書きたかったことではあるんですけど、紅白にてももクロとAKB48の視聴率対決の結果がでました。

ももクロの勝利という結果です。まあ単純にももクロの勝ちといっていいのかはわかりませんが今回においてはですかね。初登場時の環境などが違うのでなんともいえないですけど数字は残酷ですから

歌の登場順は今回視聴率を取り上げたももクロ→AKB48→きゃりーちゃんという流れだったので明らかにAKB48の順番になった際にチャンネルを変えた人が多かったということでしょう。

まあこの結果が今年のAKB人気を左右するとは思っていませんが、明らかに人気は下降してきているとは思います。今年最初に発売するシングルの結果を見てからでも遅くはないかな

とにかくももクロは念願の紅白出場を果たして次の目標は国立競技場でのコンサートらしいのでAKB陣営がどのように考えるのか?状況をハッキリさせるために一度ぐらいは握手券付きなしで販売して現状を見ることも必要かと思ってはいますけどね

ということで紅白歌合戦の一部の歌手別視聴率についてでした。

終わり!

|

« 13年ブレイク候補芸人を観る!byさんまのまんま新春スペシャル | トップページ | アイドルユニットTokyo Cheerのメジャーデビューについて考える! »

映画・テレビ」カテゴリの記事