« 杏野はるな日本のTV番組批判について考える! | トップページ | 松坂桃李の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

NHK大河ドラマ『八重の桜』の視聴率について考える!

本日はNHK大河ドラマ「八重の桜」http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/の視聴率が放送2回目に急落したということで危ないのでは?という記事を読んで

正直1年間で視聴率を分析するのが本来のあるべき姿だと思うのですがNHKは不安になっているっぽい

そんな大河の初回の視聴率は21.4%、2回目が18.8%

それほど問題ないのでは?と感じてしまいますが、ここで記事抜粋
「大河ドラマ史上最低の平均視聴率だった前作『平清盛』の初回視聴率17.3%を上回ったのは当然のノルマだったでしょうが、宮崎あおい主演の『篤姫』の20.3%をも上回る好発進だっただけに、関係者のショックは大きかったようです」(テレビ情報誌編集者)
とのこと。

これって僕が思うにまだまだ盛り上がるべきところではないからじゃないの?と思っているんですけど「ゲゲゲの女房」の場合も同じようなことというよりはもっとも危ない状態でした。

初回の視聴率について僕く自身ネタとして取り上げたのですが第1話の視聴率が関東で14.8%、関西で10.1%にて、歴代で「どんど晴れ」の14.8%(関東地区)を下回り、ワースト1位
という結果だったわけです。

だがふたを開けてみれば皆さんご存じの通りにブームになったほどの作品以降のNHKの朝の連ドラの視聴率は以降から上がって行った印象です。

たしかに朝と夜時間帯は違えどまだ2話しか放送されていない状態でヤバいのでは?と考えるのは早すぎる。

06年~12年の大河ドラマの初回視聴率、最高視聴率、平均視聴率を書きますと
06年:功名が辻、19.8%(初回)・24.4%(最高)・20.93%(平均)
07年:風林火山、21.0%(初回)・22.9%(最高)・18.69%(平均)
08年:篤姫   、20.3%(初回)・29.2%(最高)・24.44%(平均)
09年:天地人  、24.7%(初回)・26.0%(最高)・21.18%(平均)
10年:龍馬伝  、23.2%(初回)・24.4%(最高)・18.72%(平均)
11年:江     、21.7%(初回)・22.6%(最高)・17.7%(平均)
12年:平清盛  、17.3%(初回)・17.8%(最高)・12.01%(平均)

という感じです。

06年からで観て初回が「天地人」の24.7%、最高視聴率が「篤姫」の29.2%、平均視聴率が「篤姫」の24.44%という結果です。

初回の視聴率だけを観ると篤姫はワースト3に入っているものの平均視聴率ではトップの結果に実は「篤姫」の視聴率を調べてみると初回が1年を通じて最低視聴率で最高視聴率を出したのが残り3話という48話目です。

初回視聴率が良かった「天地人」は4話目に26.0%を記録して以降この視聴率を超す事はありませんでした。最低視聴率は14.9%。大抵視聴率が下がる場合は裏番組で特別な事をやっていた可能性ありです。この日は8/23日だったので僕の予想では日テレで24時間テレビが放送されていた可能性や何か特別な事件が起こっていたかということが予想できます。

視聴率を分析していて面白いのが06年からの大河ドラマで最高視聴率を記録したのが
功名が辻:39話、風林火山:5話、篤姫:48話、天地人:4話、龍馬伝:5話、江:3話、平清盛:2話と大抵のドラマが5話以内時期としては1月もしくは2月に入ったタイミングで最高視聴率を獲得以降は下がったり上がったり

「篤姫」「功名が辻」みたいに終盤に差し掛かった頃から視聴率が上がるという場合もあったり

大河はその人の人生で話が作られていますが決してその人が一番輝いていた時期に視聴率が高いというわけではないということなんでしょう。

今回は新島八重(旧姓:山本)さんという正直言ってお馴染みではない人を取り上げていますが坂本龍馬という日本の歴史で誰もが習うベタベタな人だから視聴率が獲れるというわけではない。篤姫だって誰でも知っている人ではなかったはず

マイナーだから視聴率が獲れないではなくいかに面白いかにかかってくる、改めてここの部分を忘れてはいけない気がします。

とにかく年を通じて初めて評価されると思うので綾瀬はるかちゃんには素敵な八重さんを演じてもらいたいです!

ということで「平清盛」と同じような末路をたどるのか?「八重の桜」今後の展開に期待です。

終わり!

|

« 杏野はるな日本のTV番組批判について考える! | トップページ | 松坂桃李の素顔に迫るbyおしゃれイズム »

映画・テレビ」カテゴリの記事